アメリカ製品はどこに

アメリカ製品はどこに

車は前にも書いたけれど、ドイツ製フォルクスワーゲンを買った。ステレオ装置は小さなデンオンのもの、テレビはソニー、ヴィデオはシャープのものを買った。これらはもちろんみんな日本製。レコード・プレイヤーはB&O(デンマーク製)、ヘッドフォンはドイツ製。デスク・ランプはイタリア製。電子レンジはパナソニック、コーヒー・ミルはドイツ製。AT&Tのファックス・マシーン、これはアメリカ製だろうと思ったら、ちゃんと裏にメイド・イン・ジャパンと書いてあった。アイロンはドイツ製。(中略)これはいくら経済のグローバライゼーションが進行しているとはいえ、アメリカ経済にいささか問題があるんじゃないかと、経済事情に相当に疎い僕でさえ思う。

『やがて哀しき外国語』(講談社)からの引用です。引用した文章は、村上春樹さんが米国で生活を始めるにあたり購入した製品の国籍です。「じゃあいったいアメリカ製品はどこにあるのか」と探してみると、灯台下暗しで、小説を書いているコンピュータがアップル(当時アップルコンピュータ)製だったというオチでした。

いずれにせよ、アップル以外に米国製品がみつからないことに村上春樹さんは驚いています。

日本の台頭に驚き、そして復活した米国

日本の台頭に驚き、そして復活した米国

1980年代後半は米国が自信を失った時期で、劇画『ゴルゴ13』(発行巻数でギネス記録)でも、自動車、AV機器、白物家電など多くの工場が廃墟と化して、「ジャップのせいだ!」と叫んでいる場面があったことを記憶しています。

日本を懲らしめるには円高が手っ取り早いと、プラザ合意(1985年)で劇的な円高を押し付けたものの、ところがどっこい、優秀な日本の製造業は円高を吸収してしまいました。

一方、円高の影響を和らげるために実施された金融緩和によって円が溢れ、不動産や映画会社を日本企業が買収することにつながりました。

日本を弱くするための円高が、逆に日本を強くしてしまいました。

1987年の東芝機械ココム違反事件とそれに続く東芝製品をたたき潰すパフォーマンス、1988年のスーパー301条の発効、1989年の三菱地所によるロックフェラーセンターの買収/ソニーによるコロンビアピクチャーズの買収/盛田昭夫氏と石原慎太郎氏の共著『「NO」と言える日本 新日米関係の方策』(カッパ・ホームス)の出版といった時期です(米国で大きな仕事をする立場にありながら、正論を主張する盛田氏の偉大さに敬服します)。

しかしながら、調子に乗りすぎた日本は1989年をピークにして長期低迷期に入ります。

米国では、ルービン財務長官が就任すると、「強いドルは国益」としてドル高→米国に資金を還流させる戦略に転じ、米国は「世界の投資銀行」として復活(当時の米国の戦略に関しては、水野和夫氏『100年デフレ』(日本経済新聞出版)が秀逸です)します。

金融・保険・不動産・レンタル・リース産業がGDPの20%を稼ぐほどに成長すると同時に、ソフトウエア産業が飛躍し、GAFAの台頭を生み出しました。

こうして、結果的には、日本は成長を止め、アメリカは再び繁栄し、村上春樹さんの心配は杞憂に終わったことになります。

日本の新しい立ち位置

日本の新しい立ち位置

翻って日本。過去30年の日本は、日本の台頭に直面した50年前の欧米と同じ危機に直面していたと言えるかもしれません。

陸上の花形、マラソン。1960年代には重松森雄氏らの手によって、日本記録=世界記録という時代がありました。1970年代後半~1980年代前半には、宗茂氏、宗猛氏(いわゆる宗兄弟)、瀬古利彦氏、中山竹通氏がしのぎを削り、日本記録も世界記録に肉薄していました。

しかし、今やどうでしょう。オリンピックでメダルを取ったのは1992年、バルセロナの森下広一氏の銀メダルが最後です。

マラソン(や同じく花形の100m)で日本人が世界記録をだすことはもはや現実的ではないでしょう。

男子マラソンの記録の上位50位のうち49人はエチオピア人かケニア人(2021年2月時点)。これだけの占有率であることからすると、生まれ持っての素質の違いがあると言って過言でないでしょう。

ちなみに、男子100mの上位10人はジャマイカ人とアメリカ人が5人ずつです。

男子マラソン、男子100メートルともに、日本人はアフリカ系選手以外という意味では、検討しています。個人競技ではなく、リレーならば、リオデジャネイロで銀メダルを取っています。

しかし、運動神経に優れた少年少女から、「監督、私はどうしても金メダルをとりたいです」と言われたとき、マラソン(や100m)を勧める指導者はいないでしょう。

当然、順位に関係なくマラソンがやりたいという選手は別です。スポーツであれば世界的に成功しなくても、参加すること、努力すること自体に、意義はあります。

「頑張ったけど」は経営では許されない

経営の世界では、「社員にがんばってもらったけれど倒産した」は許されません。

貴重な人生を預けてくれた社員の能力の価値を、極大化できる舞台を提供することが経営者の責務でしょう。(一方、経営者が演出したいと思う能力の提供が社員の責務です)。

異質競争の場合、立ち位置の再考を

異質競争の場合、立ち位置の再考を

企業経営において、新しい競争相手が台頭し、調べてみると、競争条件がそもそも明らかに異なる・・・と感じた場合、すなわち、競争相手がキプチョゲ(2時間1分39秒のマラソン世界記録保持者)やウサイン・ボルトが競合だと判断した場合は、「いかに勝つか」ではなく「いかに競争を避けるか」が重要であり、自社の立ち位置を再考する必要があるでしょう。

米国は日本の台頭に対して「場」を劇的に変えたのです。

「場」の再定義については多くの戦略があろうかと思いますが、例えば筆者は以下があると考えています。
 

● 顧客にする

新興国と競争するのではなく、彼らの成長から恩恵を受ける立場に自社を置く。

⮚ キプチョゲのコーチになる。企業でいえばARM(知財)
⮚ シューズを供給する。企業でいえば村田製作所(材料)
⮚ トレーニング機器を提供する。企業でいえばファナック(機械)

● 活用する

新興国を競合としてみなすのではなく、活用する。

⮚ スポンサーになる。企業で言えばソフトバンク(投資家)
⮚ 競技会主催者になる。企業で言えばApple(iPhoneに自社製造部品は殆どない)

● 競争の焦点を変える

⮚ 「効率」ではなく「安全安心」で競う。例えばAirBus。
⮚ 新興勢力には「暖簾」で勝負する。例えばGUCCI。

● 全く違うことをする

そもそも「効率」で競争する必要がないことをする。例えばGoogle。

日本を顧客にしたGE

日本を顧客にしたGE

ちなみに、米国復活の象徴でもあったGE。同社は、順位3位以内の事業だけ残して、他からは撤退したと言われますが、ちょっと変わった見方もあります。それは、日本人との競争に勝てる気がしない。であれば、日本人と競争するのではなく、日本人を顧客にすることを考えよう、という発想で事業選択をしたとか。

例えば、医療機器(日本人がたくさん働いて病気になる可能性があるから)、航空機(日本人がたくさん出張するから)――出来すぎていて、さすがに邪推だとは思いますが、「いかに競争しないか」という考えに基づいたとしたらとても戦略的です。

地域限定の戦い

地域限定の戦い

閑話休題。「いや、私はそれでもマラソンで食べていくんだ」という場合は、地域を限定することも一案です。世界で50位でも日本で1位であれば生活はできると思います。

「日本1位」であればなにかにつけて声がかかるでしょう。

ただし、その場合、市場規模は世界の5%。

例えばサッカーでは世界のトップ選手は年収100億円以上になりますが、Jリーグでの日本人選手は上位でも数億円でしょう。

ニッチ=自社の価値を極大化できる場所を探す

いかに勝つかはもちろん重要ですが、同時にいかに競争をしないか、すなわち、自社(自分)の能力の価値を極大化できる場所の設定は重要な論点であると考えます(このことは、本連載の7~9回で述べた「ニッチとは何か」という極めて本質的な議論なのです)。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する。」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」
⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」
⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」
⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」
⑰「我々はいまのところそれを欠いている。決定的に欠いている。」
⑲「ヘンケルの製品、一生ものです」
⑳「おじさんは石とだって話ができるじゃないか」
㉑「世界中の虎が融けてバターになる」

関連記事

ポイズンピルの意味や株価への影響 事例まで解説

上場企業にとって自社株式は証券取引所を通じて売買されるため、基本的にどのような個人や法人が株主になるかは選べません。 そのため、株主が自社にとって友好的かどうかはわからず、時として経営陣の意にそぐわない提案を受けたり、株式を多く買占め、買収を仕掛けられたりする場合もあります。 例えば昨今、SBIホールディングスの新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)が話題になっています。現時点(2021年10月時点)では、新生銀行はSBIホールディングスの買い付けに対し、「株主共同の利益に資さない」として、条件付きの反対をしており、敵対的TOBに発展しました。 結果、新生銀行は2021年11月に臨時株主総会を開催し、ポイズンピルと呼ばれる買収防衛策を審議することを計画しています。 本記事では、会社にとって意にそぐわない買収に対する防衛策としてのポイズンピルについて、その意味や、株価への影響、事例について説明します。

プル戦略、プッシュ戦略とは?ふたつの違いと使い分け方について解説

自社の商品やサービスは、市場調査からサプライチェーンを経て、市場に出てからは顧客に認知してもらい、最終的に購入してもらうまで多くのプロセスを踏みます。 そのなかで重要な戦略のひとつがプロモーションであり、中間業者や顧客へのアプローチが売上につながります。 「プッシュ戦略」と「プル戦略」はそのアプローチについての考え方です。 今回は、マーケティングにおける押し引き「プッシュ戦略」および「プル戦略」について、それぞれの違いや実施方法、使い分けが有効な場面などを解説します。

ハロー効果とは?心理効果でビジネスを有利に進める方法を解説

近年、顧客の声を聞いたうえで市場へアクションを起こす「マーケットイン」の考え方が主流となっています。 そのなかで顧客の心理を紐解くことは強力な武器となり、これを引き出すのに役立つのが心理学です。 それ以外にも、心理学はマネジメントや人材育成など幅広いビジネスの分野に応用でき、おさえておけば有利にものごとを進められる可能性があります。 今回は、人の印象や評価にかかわる「ハロー効果」と呼ばれる心理現象について、それを利用したビジネスにおける活用方法も交えて解説します。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中