リカーリングは継続収益を得ることを目的としたビジネスモデル

リカーリングは、「Recurring=繰り返す」という意味で、「リカーリングレベニュー(Recurring Revenue)=継続利益」を得ることを目的としたビジネスモデルです。

プリンターとトナー、家庭用ゲーム機とソフトや、携帯電話と通話料金のように、製品やサービスを利用するために必要な消耗品やライセンスを販売し、定期収入を得ることを目指します。

リカーリングの先駆けとされているのが、アメリカの安全カミソリメーカーのジレット社です。

ジレット社はカミソリの本体(レーザー)を無料で配布し、利益率が高いカミソリの替刃を有料で販売しました。替刃は定期的に交換が必要なため、継続的な収益を得られます。

リカーリングビジネスを成功させるためには、安定したリカーリングレベニューを確保しつつ、ユーザーに費用が適正なものであることを納得してもらわなければなりません(リカーリングコスト=継続的に発生する費用)。

リカーリングビジネスには、それぞれメリットやデメリットがあるため、双方を評価しておくことが大切です。

サブスクリプションとの違いとは? 具体例とともに解説

リカーリングとよく似たビジネスモデルが「サブスクリプション(Subscription)」です。

リカーリング=継続利益のビジネスモデルですので、サブスクリプションはリカーリングの一種となりますが、一般的には「サブスクリプション=定額制」、「リカーリング=従量課金制(変動型)」と区別されるケースが大半です。具体例を挙げながら2つのビジネスモデルの違いを解説します。

リカーリング=コストが変動する従量課金制のサービス

リカーリングビジネスとしてよく挙げられるのは、電気代・水道代の支払いや、コピー機のインク代などの製品やサービスです。

電気代・水道代などの光熱費
電気や水道などを利用するためには、電気会社や水道局に使用料を払わなくてはなりません。

毎月電気や水道を使った量に応じた「利用料金」を支払います。

電気会社や水道局はユーザーからリカーリングレベニューを得て、サービス提供に必要なコストや設備投資を行っています。

コピー機のトナーやインクカートリッジ
プリンターやコピー機も、身近なリカーリングビジネスの例です。

電気や水道と違い、プリンターやコピー機の購入には初期コストが必要ですが、メーカーは機器で収益をあげるのではなく、トナーやインクカートリッジから多額のリカーリングレベニューを得ています。

メーカーはトナーやインクカートリッジの価格を調整し、機器の不具合へのアフターサービスを提供することで、顧客の維持に努めています。

サブスクリプション=コストが一定の定額制のサービス

一方、サブスクリプション・モデルのビジネスとしてよく挙げられるのは、動画視聴サイトやクラウドサービスの利用料金などの製品やサービスです。

動画視聴サイト(VOD)の定額見放題サービス
インターネットを通じ、パソコンやスマートフォン、タブレットから手軽に動画を視聴できるサービスは、多くの場合サブスクリプション・モデルを採用しています。

どれだけ動画を視聴しても料金が変わらない「定額見放題サービス」は、低コストで動画を視聴したいユーザーのニーズと合致し、大きな市場を形成しています。

企業側は映画、ドラマ、アニメなど多彩なラインナップを用意し、集めたユーザーを飽きさせない工夫をしています。

具体的にはNetflixなどが挙げられます。この他、Spotifyなどの音楽配信サービスもサブスクリプション・モデルです。

クラウドサービスの月額利用料金
インターネットを通じ、様々なサービスやアプリケーションをクラウド環境で提供するクラウドサービスも、サブスクリプション・モデルの典型です。

クラウドサービスの具体例としては、WebメールサービスのGmailの有料版などをふくむビジネスツールパッケージとしてGoogle社が展開している「G Suite」。

WordやExcelなどのツールを利用できるMicrosoft社の「Office365」があります。

リカーリングのメリットとデメリットは、顧客満足度

十分なリカーリングレベニューを得るには、顧客ファーストなビジネスを展開し、多くの顧客に継続してサービスを利用してもらう努力が必要です。

また、ここではユーザーの視点にも立ち、リカーリングのメリット・デメリットを解説します。

メリット:企業にとってもユーザーにとっても利益が平準化される

企業にとって、リカーリングビジネスの最大のメリットは、ユーザーを確保しつづける限り安定した収益を得られる点です。

製品やサービスを利用するために、ユーザーは毎月(または3ヶ月ごとや半年、1年単位で)費用を支払います。そのため、企業は定期購入をしてくれる顧客を確保し、顧客数を維持していくことに販売戦略を絞ることができます。

商品やサービスのライフサイクルに合わせて、リカーリングコストに抵抗が生まれないプライシングが重要です。

デメリット:運用コストと顧客満足度

リカーリングビジネスを成功させるには、顧客満足度をキープしつづける必要があります。

しかし、顧客へのサポートやアフターサービス、製品・サービスの運用保守やアップデートには、コストがかかります。一度買ったら終わりの買い切り型のビジネスモデルと比べ、バックオフィスの人員も増大します。

顧客としても、毎月使ったら使った分だけ料金を支払うため、製品やサービスの使用感、障害や不具合の少なさ、企業のサポート体制にはより一層敏感になります。

こうした部分は継続的にサービスを利用しなければ見えてこないため、買い切り型のサービスと比べて不満やストレスを溜め込みやすい原因となっています。

ユーザーを満足させ、他のサービスへ乗り換えを決断させないため、まず顧客ファーストを意識しましょう。

新しい収益モデル「リカーリング」の特長やメリットを理解しよう

リカーリングのポイントは新規顧客の獲得だけでなく、既存ユーザーの満足度を維持し続ける点にあります。

そのためにカスタマーエクスペリエンス(CX)の向上やカスタマーサクセスなどの理解も必須。

また、サービス・商品によってはリカーリングに向かないものもあるため、しっかり見極めることが重要です。

関連記事

MaaS(Mobility as a Service)とは?未来の移動手段の展望を事例とともに解説

近年、「〇〇 as a Service」という考え方が様々な業界で普及しています。顧客を「購入者」ではなく、「利用者」と捉え、商品をサービスとして、クラウド上で展開して、継続的に提供するビジネスモデルを指します。 例えば、ソフトウェア分野の「Software as a Service(SaaS)」やプラットフォーム分野の「Platform as a Service(PaaS)」、「Device as a Service(DaaS)」「Infrastructure as a Servie(IaaS)」などが代表的です。様々なサービスが生まれているため、「〇〇 as a Service」のことを「X as a Service(XaaS)」と呼びます。 このビジネスモデルによって、顧客はあらゆるサービスをクラウド上で手軽に利用できるようになりました。この潮流は「交通」「移動手段」にも波及しています。それが「MaaS」(マース)です。今回はMaaSについて、解決可能な社会課題や事例とともに解説します。

シェアド・リーダーシップとは?リーダーシップ論の変遷とともに解説~「経営人材」へのサプリメント■第1回

「リーダーシップ」に対する考え方が、近年変化している。多種多様なリーダーシップ論があふれているが、この記事ではチーム全体でリーダーシップを発揮するという「シェアド・リーダーシップ」を紹介する。

心理的安全性とは?生産性向上のための環境を~「経営人材」へのサプリメント■第2回~

Googleの労働改革プロジェクトの調査チームが、チームの生産性を向上させるためには「心理的安全性」を高めることだと発表してから、多くの企業が関心を示している。今回は、その「心理的安全性」とは何かを紹介する。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中