リカレント教育とは?

リカレント教育とは、生涯にわたって「就学」と「就労」を繰り返す教育システムのことで、「回帰教育」「循環教育」などと訳されます。仕事に就いてからも必要に応じて教育を受けることから、「社会人の学び直し」「大人の学び直し」とも言われ、近年、働き方が多様化する日本においても注目されるようになっています。

リカレント教育が推進される背景

リカレント教育が推進されているのは、大きく2つの背景があると考えられます。

「人生100年時代」の到来

この数十年で日本人の平均寿命は大きく延びており、「人生100年時代」はそう遠くない未来に現実のものになろうとしています。人生100年時代の到来は、定年後の人生が延びるということではなく、年齢・性別を問わず「働く期間が長くなること」に他なりません。

誰もが長く活躍していくためには、絶えず新しい知識・スキルを習得していく必要があり、そこで注目されているのがリカレント教育というわけです。政府も「人生100年時代構想」を掲げ、生涯学習の重要性を唱えています。リカレント教育によって常に知識・スキルの向上を図ることは、キャリアアップにつながるだけでなく育休・産休後の仕事復帰や定年後の再就職にもつながり、人生をより豊かなものにしてくれるはずです。

「Society 5.0」の到来

政府は、日本の再興戦略の目玉として「Society 5.0(超スマート社会)」の実現を掲げており、2030年を目途に具体化することを一つの目標としています。

Society 5.0が目指すのは、AIやIoT、ロボットなどの最先端技術を活用して、あらゆる人が快適に暮らせる社会をつくること。そこに至るまでには、様々な技術革新が起こり、市場は大きな変化を遂げるはずです。リカレント教育で知識・スキルをアップデートしていかなければ、これから起こる技術革新や市場の変化に対応していくことはできません。目まぐるしく変化する社会に適応し続けていくことこそ、リカレント教育の究極的な目標だと言えるでしょう。

海外のリカレント教育

日本においても社会人になってから大学に入る人、もしくは入り直す人は一定数います。しかしながら、諸外国に比べるとかなり少ないのが現状です。内閣官房人生100年時代構想推進室の資料(※)によると、高等教育機関(4年制大学)への25歳以上の入学者割合は、日本は他国と比べて著しく低く、OECD加盟国の平均が16.6%であるのに対し、日本は2.5%にとどまっています(2015年)。

※参照:リカレント教育 参考資料

欧米では、働きはじめてからも学習機会が必要になれば、比較的長期にわたって就学することが推奨されています。実際に、成人後の学士取得率も高く、リカレント教育が根付いていることが分かります。

スウェーデンのリカレント教育の事例

スウェーデンはリカレント教育という言葉を生み出した国であり、リカレント教育の先進国です。小国で人口が少ないこともあり、国民にリカレント教育を通して能力を高めながら長く働いてもらおうという考えのもと、様々な制度を設けています。

教育休暇法

教育休暇法は、在職者に対して教育訓練のための休暇を保障する法律です。在職者が教育訓練のために2年以上の就学休暇を取れる権利と、その後、復職する権利を保障しています。

成人教育義務資金法

成人教育義務資金法は、成人に学習資金を援助することを定めた法律です。労働市場訓練を受けている者に支給する「労働市場訓練手当」と、初頭・中等教育レベルの学習を希望する低学歴の成人に支給する「成人学生手当」があります。

SFI(Swedish For Immigrants)

SFIは、スウェーデン語を母語としない成人移民向けの教育制度です。住民登録されている16歳以上の者に、スウェーデン語の知識とスウェーデン社会について無料で学ぶ機会が与えられます。

国内のリカレント教育の事例

近年では、日本においても教育機関を中心にリカレント教育のプログラムを提供するところが増えています。

日本初の夜間大学院を運営する筑波大学

筑波大学の東京キャンパス社会人大学院は、社会人のための大学院。全国で最初に開設された夜間大学院として有名です。平日の夜間と土曜に開講されているので、フルタイムで仕事をしている社会人でも通うことができ、働きながら修士や博士の学位取得が可能。ビジネス、法学、心理、保健、医療、教育、福祉、スポーツウェルネスなど、多様な専門職業人育成が可能な大学院です。

女性の学びから就労までを支援する日本女子大学

日本女子大学のリカレント教育課程は、出産などのライフイベントで離職した女性へのキャリア教育を通して、高い技能・知識と働く自信・責任感を養い、再就職まで一貫して支援することを目的としています。1年間で、英語やIT、財務会計や簿記、経営分析や貿易実務、社会保険労務士の資格取得など女性のキャリアアップに役立つカリキュラムを学習可能。再就職支援も手厚く、高い就職率を誇っています。

従業員のリカレント教育を支援する企業

従業員がリカレント教育を通して知識・スキルを向上させることで、深められた専門性や知見が仕事に還元されます。また、外部での学習は人間的にも視野が広がるきっかけとなり、会社に戻ったときにイノベーションの原動力となる可能性もあるでしょう。このような期待から、人材戦略として従業員のリカレント教育を支援する企業も現れはじめています。

勉学休職制度:ヤフー株式会社

ヤフー株式会社の勉学休職制度は、普段の業務を離れて専門的知識や語学力をより集中的に習得できる機会を提供するための休職制度です。勤続3年以上の正社員を対象にしており、最長2年の期間で勉学休職を取得できます。休職期間に海外留学をする場合は、直近2年間のTOEICスコアが600点以上あること、などの条件があります。

育自分休暇制度:サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の育自分休暇制度は、「自分自身を育てる」という趣旨で設けられた制度で、会社を退社した後、最長6年以内の復職が認められます。「他の仕事を経験したい」「海外でボランティア活動したい」といった社員のチャレンジを応援する制度であると同時に、将来性の高い社員に幅広い視野を身に付けてもらうための制度だと言えます。

個人も企業もリカレント教育で競争力を高める時代へ

人生100年時代に備えるためにも、Society5.0に適応していくためにも、まずは個人がリカレント教育の重要性を認識することが重要です。さらに、国や大学などの教育機関だけでなく、企業も従業員のリカレント教育を支援するために既存の慣習を見直し、新しい制度を創設していく必要があるでしょう。これからの時代を生き抜く競争力を得るためには、個人にも企業にもリカレント教育が必要なのは間違いありません。

関連記事

ハイブリッドクラウドを導入するメリット・デメリットや活用事例を紹介

現在多くの企業は、業務効率化や生産性向上のため、IT化によって自社のサーバーやデータを管理する必要があります。 従来は企業内だけで通信するネットワーク内にサーバーを設置し、データを管理するオンプレミス(自社運用型)が主流でしたが、近年はクラウド環境の導入が進んでいます。 クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、誰でもアクセスできるインターネット経由でサービスを利用できる技術です。 さらにクラウド技術の活用が進むにつれ、最近では「ハイブリッドクラウド」という運用スタイルが広がっています。このスタイルには一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、ハイブリッドクラウドについての基礎知識やメリット・デメリット、ハイブリッドクラウドを活用した事例などを解説します。

実店舗が取り組みたい、位置情報を活用したマーケティングとは?

「緊急事態宣言で渋谷で7割減、梅田で8割減」――コロナ禍の外出制限下で、スマホの位置情報によって人の移動を計測したニュースを目にした方は多かったでしょう。スマホの位置情報は、現在位置の確認のだけではありません。災害への対応や道路の渋滞緩和など様々な分野で利活用が進んでおり、ビジネスにおいては特に実店舗のマーケティングにおいて大きな注目を集めています。今回は「位置情報マーケティング」について解説していきます。

スピンオフとスピンアウトの違いとは?国内外の事例や税制についても解説

近年、複数の市場に挑戦する多角化企業が事業を分離し、企業価値の向上のためにそれぞれの事業に集中特化した経営戦略を採用する事例が目立ちます。 こうした事業フォーカスを強化するための事業展開に、「スピンオフ」や「スピンアウト」と呼ばれる手法があります。 それぞれどのような共通点や違いがあり、どのようなメリットがあるのでしょうか?本稿では、国内外の事例や税制の観点も交えてご紹介します。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

3

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

4

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

5

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中