生産におけるリードタイムの意味

生産の依頼を受けてから商品を製造し、出荷するまでの期間を「生産リードタイム」と呼びます。

工場の作業フローや人員配置などの工夫次第で大きく短縮できることが特徴です。

生産リードタイム以外に、輸送にかかる「輸送リードタイム」や、原料の仕入れにかかる「購買リードタイム」などがあります。

リードタイムは、商品が生産されてから顧客のもとに届くまでの各工程で細分化されているのです。

生産リードタイムを短縮するメリット

生産リードタイムを短縮すると、以下のメリットが得られます。

  • 販売機会喪失リスクを抑えられる
  • 顧客満足度の向上
  • 在庫を最小限に抑えられる
  • 生産や管理コストの削減
  • キャッシュフローの改善
  • 生産にかかる業務の効率化

上記はいずれも、製造業において安定した経営のカギといえる重要なポイントです。

生産体制を見直し、生産リードタイムを短縮するだけで売り上げの伸長も期待できます。

販売機会喪失リスクを抑えられる

生産リードタイムを短縮することで、顧客を逃しにくくなります。

生産リードタイムを短縮すれば、顧客のもとに、より早く商品が届くでしょう。

すると、顧客はその利便性を評価し、急ぎの場合も積極的に利用しようとするでしょう。

競合企業がいる場合も、生産リードタイムが短いことで顧客に選ばれる可能性が高くなります。

顧客満足度の向上

生産リードタイムは、顧客満足度にも影響します。

注文した商品が手元に届くまでの期間は、短いに越したことはありません。

長く待たされると、顧客は配送途中で何かミスがあったことを懸念するでしょう。
また、注文した商品へのモチベーションも下がります。

購買意欲が高いうちに商品を届けることで、高い顧客満足度を維持できるのです。

在庫を最小限に抑えられる

生産リードタイムを短縮すると、自社工場における在庫を最小限に抑えられます。
製造した商品をすぐに出荷へ回せるため、在庫の管理に多くのスペースを必要としません。

また在庫が少ないことで、ピッキングや包装、出荷のフローの複雑化によるミスの発生リスクも抑えられるはずです。

生産・管理のコストを削減できる

生産リードタイムを短縮することで、生産や在庫管理にかかるコストを削減できます。
なぜなら製造した商品をすぐ出荷へ回せば在庫が少なくなり、在庫管理にあたる諸コストが削減できるからです。

また、生産リードタイムを短縮する際に生産フローも再構築すれば、より低コストで生産できる可能性があります。

限られたリソースの有効活用もできるでしょう。

キャッシュフローが改善できる

生産リードタイムを短縮すると、人件費などあらゆるコストが削減できます。
これにより、生産から売り上げが立つまでの期間が短く抑えられることで、キャッシュフローにも余裕が生まれるでしょう。

経営の観点から見ても、生産リードタイムの短縮は有効です。

生産にかかる業務を効率化できる

生産リードタイムを短くするには、生産における各工程を効率化する必要があります。
たとえば、受注システムを簡略化するなどです。

こうした取り組みによって、従来よりも生産フロー全体の効率化が図られ、結果的に人員削減やコストダウンに繋がります。

生産リードタイムを短縮する方法

生産リードタイムを短縮するためには、具体的に以下の方法があります。

  • スタッフを増員・再配置する
  • 生産環境を改善する
  • 生産ロットを少なくする
  • 生産計画を再考する
  • 作業ミスや不良品の発生防止を徹底する

生産リードタイムの短縮には製造現場全体をあらゆる角度から見直し、改善を図る必要があるのです。
人員、生産環境、生産方法、生産の品質など、順に目を向けて検討していきます。

スタッフを増員・再配置する

生産スタッフを増やせば、単純に人手が増えた分だけ生産がスピーディーになり、リードタイムを短縮できます。
また、既存のスタッフの配置を変えるだけでも生産リードタイムを短くできる場合もあります。

たとえば時間のかかる工程により多くの人員を配置し、その他の工程が業務を簡略化して調整するのも良いでしょう。
少人数の生産体制なら、スタッフ個々の適性によって配置を変えるのも1つの手です。

ただし、スタッフを増員すると人件費が高くなり、また配置を変えると新たな作業の研修や、慣れるまでの時間やコストが必要となります。
そのため、計画的な人員の配置が重要です。

生産環境を改善する

生産に用いる設備や機器を最新のものに変えることで、生産リードタイムを短くできる場合があります。

古い設備や機械を長く使っている場合は、より作業効率の良い最新型への交換を検討しても良いでしょう。
減価償却の問題はありますが、生産性が上がることで十分に初期費用をペイできる可能性があります。

ただし、伝統的な製法を守って生産しているなど、生産環境そのものが商品のアピールポイントとなっている場合は、例外となります。

生産ロットを少なくする

どうしても生産に時間がかかってしまう場合は、生産ロットを少なくすることも検討しましょう。

生産量が少なければ、より早く製造して出荷できます。
設備上、生産ロットを変えられない場合は、出荷ロットを分割することも手です(注1)。

生産計画を再考する

生産計画を見直して生産リードタイムを短縮することも可能です。

企業によっては、作業上のミスや遅れを警戒して必要以上に早く生産を開始し、リードタイムが長くなっている場合もしばしばあります。
このような場合、実態に即した適切な生産計画を立て直す必要があります(注1)。

作業ミスや不良品の発生防止を徹底する

作業ミスや不良品の発生は、リードタイムを長くする要因の1つです。
製造ミスやピッキングミスなどが頻発する場合は、原因を探り改善する必要があります。

不良品のない生産環境を徹底すれば、顧客のもとに届いてから返品が発生するリスクも軽減され、より高品質な生産が実現できるはずです。

生産リードタイムを短縮する際のポイント

生産リードタイムは、とにかく早く製造することを意識して各工程を簡略化すれば簡単に実現できます。

しかし、それでは本来の品質が損なわれてしまう場合もあります。
また、在庫を極端に少なくしすぎると、イレギュラーな発注に対応できないなどのリスクが高まります。

生産リードタイムの短縮は、あくまで自社と顧客にとってのメリットを追求しながら売り上げを伸ばすための手段です。
生産リードタイムを短縮することにばかり気を取られ、本来の目的を見失わないように注意が必要です。

生産の質は下げない

生産リードタイムの短縮を追い求めるあまり、生産の質そのものが低下するリスクがあります。
たとえば工程や在庫管理業務を簡略化しすぎた場合です。

製造業にとって、商品の品質は企業の信頼につながります。
いくらリードタイムが短くなっても、質の悪い商品が手元に届けば、顧客は二度とその商品を購入しようと思わないでしょう。

リードタイムの短縮は、商品の品質が下がらない範囲で検討する必要があります。

在庫は少なくしすぎない

少ない生産ロットですぐに出荷へ回すと、在庫が少なくなります。
在庫が少ないとメリットもありますが、ミスが発生した場合や機械の故障、イレギュラーな発注が発生した場合に対応しきれなくなるリスクがあります。

生産現場には、それぞれ「適正在庫」と呼ばれる最適な在庫量があります。

万が一の場合にも迅速に対応できる在庫量は、最低限確保しておくことが大切です。

長期的な経営において生産リードタイムは重要

生産リードタイムは、生産環境の効率性や充実度を測る上で重要な指標です。

顧客もまた、商品を選ぶ目安として生産リードタイムをチェックしています。

生産リードタイムをうまく短縮することで、自社にも顧客にもメリットのある生産体制が整えられるでしょう。

Frontier Eyes Onlineでは、製造業に関する情報以外にもビジネスに役立つ情報を幅広く提供しています。

ぜひ自社の発展に役立つ情報を見つけてください。

弊社メルマガは、下記のリンクから申し込めます。

引用(参考)
注1:リードタイム短縮方法の研究 | 福島和伸

関連記事

「中小企業活性化パッケージ」で事業再生は進むのか

コロナ禍が発生してから、既に2年。2022年3月、「中小企業の事業再生等に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」が取りまとめられると共に、中小企業庁・金融庁・財務省から当該ガイドラインを含む「中小企業活性化パッケージ(以下、活性化パッケージ)」が公表された。コロナ禍からの脱却、本格的な「Withコロナ」を見据えた事業再生の支援制度・枠組みの整備がなされたが、これを転換点として、果たして事業再生は進むのか。

事業承継・引継ぎ補助金制度から見える事業承継の潮流

中小企業庁所管の下、後継者不在による休廃業・解散企業数の抑制をすべく事業承継を促す支援策として、事業承継・引継ぎ補助金制度が施行されている。本稿では、事業承継・引継ぎ補助金制度の概要を解説すると共に、同制度から見える事業承継の潮流について考察する。

事業承継とは その方法や検討ポイントについて解説

団塊の世代が後期高齢者を迎える「2025年問題」がメディアに取り上げられる中、中小企業庁によると、全国の約3分の2の企業は後継者不在の状況だという。雇用創出、地域経済の発展、ひいては国力維持の観点からも、とりわけ日本の企業の99%以上を占める中小企業の事業承継問題は極めて重要な課題である。 本稿では、事業承継の定義、その方法や検討すべきポイントについて解説する。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

鉄道会社が進む道 100年続くモデルからの脱却

鉄道会社にとって、コロナの感染拡大により、「移動機会の減少」というリスクが一気に顕在化した。鉄道各社は、小林一三(阪急電鉄創業者)が確立した都市部での大量輸送と沿線開発を前提とするビジネスモデルを、早急に進化させる必要性が高まっている。

4

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

5

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中