メタバースとは

メタバースとは

メタバース(Metaverse)とは、一般的には仮想現実(VR)、拡張現実(AR)等の技術を用いて提供される仮想世界サービスです。論者により厳密な定義は異なりますが、仮想世界の中でユーザーが様々な行動、遊戯ができる、その中で自分の服や家などのアイテムを所有できるということが重要な要素であり、VRゴーグルを使ったサービスに囚われないものと考えるべきでしょう。

メタバースの特徴として、以下の点が挙げられます。

  • 複数のメタバース空間をまたがった体験が可能
  • 個人がその中で自分のアイテムを保有・売買をし、それを使って金銭を得られる(この概念は「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」と呼ばれています)

2021年12月に発表されたゴールドマンサックスのレポートによるとメタバースの市場規模ポテンシャルは約8兆ドルにものぼると予測されています。

NFTとは

NFTとは

上記、複数プラットフォーム間の経済活動を担保する仕組みとして注目されているのがNFTです。NFTとは「非代替性トークン(Non-Fungible Token)」の略称です。

仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術により、データに証明書、鑑定書を付与し、元来はサービス提供者側に依存していたデータの移転、保管をユーザー側で行うことが可能になります。

NFTで有名な事例の1つは、21年3月に、Twitter(ツイッター)社共同創業者CEOのジャック・ドーシー氏の初ツイートのNFTが291万5,835ドルでオークションに落札されたことでしょう。

NFTはあらゆるデジタルコンテンツへ活用されつつあり、ゲームデータやアート作品、スポーツコンテンツ等が代表的です。複製可能なこれまでのデータと異なり、データの唯一無二性が担保されるため、現実世界のモノと同様に、世界に1つしかない限定品であるという「資産価値の付与」がなされます。

NFT Market Reportによると、メタバースに限らないNFT市場の2021年の時価総額は、約170億ドルであるとされており、20年の時価総額から45倍にまで成長しています。

なぜメタバース×NFTは注目されているのか?

注目されている理由

ではメタバース×NFTはなぜ注目されているのでしょうか?

メタバースでは、現在のWeb、モバイル体験からさらに没入感を高める体験を得ることが可能になります。そこにNFTの仕組みを取り入れることで、これまでの、データを使用するという体験から所有するという体験も生まれ、ユーザーの体験価値が向上することが考えられます。

また、プラットフォーマーの作った既存の枠組みの中でのみ使用できたものが、NFTを用いることで、プラットフォームを超えてユーザーのデータ所有権、販売権が担保されます。以上より、ユーザー体験とデータの資産価値が向上することで、事業者としてビジネスモデルが大きく変わる、これまでプレイヤーだった側が、自分のデータ資産を創造・活用することができると期待されています。

以上から、既存のビジネスパラダイムを破壊するポテンシャルを秘めており、冒頭のMeta社をはじめ既に、多くの企業が投資、ビジネス展開をしているのが注目されている理由です。

メタバースとNFTの活用事例

メタバースとNFTの事例

では実際にどのようなビジネスが展開されているのでしょうか。ここからは事例を2つ紹介します。

事例➀:The Sandbox


1つ目はオンラインゲーム内にメタバースを実現したPixowl(ピクソウル)社(アメリカのゲーム開発会社)のThe Sandbox(ザ・サンドボックス)です。

The Sandbox はその名の通り、Minecraft(マインクラフト)のようなサンドボックス型(箱庭型)のゲームであり、ユーザーはゲーム世界内でブロックを使って建築物やアイテムを創作したり、作った建築物を使って遊んだりすることができます。

そして、The Sandboxでは仮想通貨「SAND」を使って、土地を購入して所有、貸出しすることが可能です。またSANDで自身や他のユーザーの作ったアイテムを売買できます。この仮想通貨SANDは、仮想通貨取引所を通じて現実の通貨と交換することも可能です。

事例②:NIKE


次はリアル世界でビジネスを展開している企業のメタバース進出事例です。現状の成功モデルとしてNIKE(ナイキ)が挙げられます。

NIKEは21年11月に、オンラインゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」内に、NIKE本社を模した没入型3D空間「NIKELAND」を開設しました。その中でユーザーは自身の操作するアバターを通じてさまざまなアクティビティを楽しんだり、NIKEブランドのアイテムを購入、着用、コレクションしたりすることが可能です。

また、NIKELANDには、米国ナイキの本社敷地内のバスケットボールコートやテニスコートが再現され、他のプレイヤーとのミニゲームで遊べます。ミニゲームでは着用しているアイテムによっては速く走れるなどの恩恵を受けることが可能です。

NIKELANDでは現状、NFTは使われていません。しかしNIKEは21年12月にNFTコレクターズアイテムを提供しているRTFKT(アーティファクト)社の買収を発表しており、今後、リアルの店頭やアイテムとも連動して限定NFTを使ったビジネス展開がさらに加速すると予想されています。

メタバースとNFTにおける現状と今後

メタバースとNFTの現状
しかし、まだまだ現在主要な企業の間でも賛否が分かれています。

ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat(VRチャット)」を提供しているVRChat社は22年1月にVRChatにNFTを統合させる計画はないことを発表しました。

また世界最大規模のPCゲームプラットフォーム「Steam(スチーム)」では、NFTや仮想通貨を取引できるゲームを禁止しています。

このように、まだまだ現状では未成熟、発展途上であり推定されているような拡大を望むには、以下の3点が必要とされています。

  • 現実での経済活動を代替する複数のメタバースの実現
  • 多数のユーザーの参加とユーザー間の活発な交流の実現
  • システムや法整備などのそれを担保するための仕組みの整備

日本市場では既存の有力IP(Intellectual Property)が権利関係でがんじがらめになっている間に、メタバース×NFTを活用した新しいIPの出現により、市場を席巻するというシナリオが考えられます。特に既存のIPホルダーはスピード感を持って検討にあたる必要があるでしょう。

まとめ

以上のように、メタバースではNFTがすでに活用されビジネス展開がされており、今後さらに拡大するポテンシャルがあります。

現状をみるとNFTはおそらく当面の間、仮想通貨のようにそれ自体の活用による価値ではなく、資産形成の側面で拡大、話題になることが多いと考えられます。資産形成目的に限らないビジネス展開のためには、ユーザー側がメタバースに参加するための体験価値の向上、インセンティブ設計が重要になるでしょう。

どのような未来が実現するにせよ、今後全く新しいサービスが現れることは確実であり、今後も注視すべきでしょう。

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中