「リーマン後」牽引した中国の経済対策

building

コマツが公表している世界の建設機械需要は、リーマン・ショック時には、2007年度の32万台強から2009年度には約21万台にまで急減した。しかし、同需要は、2010年度約30万台、2011年度約32万台と、底打ちから約2年で過去最高水準にまで回復した。

この牽引役となったのは、中国の経済対策だ。中国政府は、4兆元(約60兆円)の資金を投じ、低価格の分譲・賃貸住宅の建設、農村インフラ整備、高速道路、鉄道などの交通インフラ整備などのために公共投資を積極化させた。

これに伴い、中国での建設機械需要は、2008年4.4万台→2009年度7.4万台→2010年度11万台と急増し、世界需要に占める中国の構成比は2007年度の15%から2010年度には36%を占める規模にまで拡大した。

新興国での建設機械需要も急回復

建設機械の需要

前述の中国の経済対策は、中国の高い経済成長を持続させ、リーマン・ショックで大幅に下落していた鉄鉱石、銅、原油などの資源の需要と価格の回復をもたらした。これに伴い、東南アジア、中南米、中近東などでは、資源国の財政状態が改善したため、インフラ投資が活発化。これが新興国での建設機械の需要回復にも繋がり、日米欧と中国を除く地域の建設機械需要は、2009年度約7万台をボトムに、2011年度には約13万台と中国と同様に急回復を見せた。

新型コロナの影響が資源価格を直撃

Oil pump, wellhead, pipeline silhouette

今回の新型コロナウィルスの影響拡大は、資源価格の下押し要因となっている。新型コロナの影響により、世界各国での外出自粛・禁止や海外渡航の禁止・手控えなどによる原油需要の減少、世界各国での自動車生産の減少、などが、原油や鉄鉱石の価格に逆風となっている。

原油価格(WTI先物価格)を見ると、2009年のリーマン・ショック時のボトムである約40ドル/バレルから2011年には100ドル/バレル超と急回復したが、4月20日には15ドル割れと21年振りの安値を記録した。4月12日には「OPECプラス」(石油輸出国機構と非加盟の主要産油国で構成)で日量970万バレル(各国の基準生産量の23%相当)という歴史的規模の減産で合意したものの、原油需要の減少懸念を払拭できるものとはならなかった。今後は、新型コロナ収束後の経済活動の回復ペースが鍵となろうが、その回復ペースが鈍いようであると、原油価格の低迷が長引く可能性もあろう。

また、鉄鉱石のトン当たり価格は、原油と同様にリーマン・ショック後の下落から2011年には150ドル超と過去最高値を更新したが、直近では80ドル台で推移している。2020年に入っての鉄鉱石の価格は、産油国での供給減少や中国での増産により、比較的堅調な推移となっているが、新型コロナの影響によって、自動車生産や建設投資の停滞が長引くことになれば、鉄鉱石価格は軟化する懸念もありそうだ。

WTI

建設投資に向かわない経済対策

新型コロナの影響が経済活動に与えるマイナス効果が大きくなってきているため、主要国では経済対策を打ち出し始めている。既に、米国では、約2兆ドル(約220兆円)の経済対策を打ち出している他、日本や欧州諸国などでも経済対策を検討している。

ただ、リーマン・ショック後に世界景気を牽引した中国は、新型コロナウィルスの影響で全国人民大会が延期されていることや中国国内での感染者数の増加が抑制されていることもあり、リーマン・ショック後のような大規模な具体的な経済対策を公表していない。

各国から打ち出されている経済対策は、金融、所得、税制面などが主体であり、インフラ整備など建設投資の拡大を誘発させるものは乏しい。また、原油価格の急落に伴い、北米でのシェールガス・オイルの開発投資を抑制する動きが強まっている。こうした状況を勘案すると、今回は、リーマン・ショック後とは異なり、経済対策の効果がインフラ投資の拡大、資源の需要拡大と価格上昇に繋がる可能性は低いため、建設機械の需要低迷が長期化するリスクもありそうだ。

関連記事

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊦ 将来編

㊤現状編では、国内外の植物工場ビジネスの近況について述べてきたが、㊦ではその中での戦い方について筆者の考えを記したい。

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中