「リーマン後」牽引した中国の経済対策

building

コマツが公表している世界の建設機械需要は、リーマン・ショック時には、2007年度の32万台強から2009年度には約21万台にまで急減した。しかし、同需要は、2010年度約30万台、2011年度約32万台と、底打ちから約2年で過去最高水準にまで回復した。

この牽引役となったのは、中国の経済対策だ。中国政府は、4兆元(約60兆円)の資金を投じ、低価格の分譲・賃貸住宅の建設、農村インフラ整備、高速道路、鉄道などの交通インフラ整備などのために公共投資を積極化させた。

これに伴い、中国での建設機械需要は、2008年4.4万台→2009年度7.4万台→2010年度11万台と急増し、世界需要に占める中国の構成比は2007年度の15%から2010年度には36%を占める規模にまで拡大した。

新興国での建設機械需要も急回復

建設機械の需要

前述の中国の経済対策は、中国の高い経済成長を持続させ、リーマン・ショックで大幅に下落していた鉄鉱石、銅、原油などの資源の需要と価格の回復をもたらした。これに伴い、東南アジア、中南米、中近東などでは、資源国の財政状態が改善したため、インフラ投資が活発化。これが新興国での建設機械の需要回復にも繋がり、日米欧と中国を除く地域の建設機械需要は、2009年度約7万台をボトムに、2011年度には約13万台と中国と同様に急回復を見せた。

新型コロナの影響が資源価格を直撃

Oil pump, wellhead, pipeline silhouette

今回の新型コロナウィルスの影響拡大は、資源価格の下押し要因となっている。新型コロナの影響により、世界各国での外出自粛・禁止や海外渡航の禁止・手控えなどによる原油需要の減少、世界各国での自動車生産の減少、などが、原油や鉄鉱石の価格に逆風となっている。

原油価格(WTI先物価格)を見ると、2009年のリーマン・ショック時のボトムである約40ドル/バレルから2011年には100ドル/バレル超と急回復したが、4月20日には15ドル割れと21年振りの安値を記録した。4月12日には「OPECプラス」(石油輸出国機構と非加盟の主要産油国で構成)で日量970万バレル(各国の基準生産量の23%相当)という歴史的規模の減産で合意したものの、原油需要の減少懸念を払拭できるものとはならなかった。今後は、新型コロナ収束後の経済活動の回復ペースが鍵となろうが、その回復ペースが鈍いようであると、原油価格の低迷が長引く可能性もあろう。

また、鉄鉱石のトン当たり価格は、原油と同様にリーマン・ショック後の下落から2011年には150ドル超と過去最高値を更新したが、直近では80ドル台で推移している。2020年に入っての鉄鉱石の価格は、産油国での供給減少や中国での増産により、比較的堅調な推移となっているが、新型コロナの影響によって、自動車生産や建設投資の停滞が長引くことになれば、鉄鉱石価格は軟化する懸念もありそうだ。

WTI

建設投資に向かわない経済対策

新型コロナの影響が経済活動に与えるマイナス効果が大きくなってきているため、主要国では経済対策を打ち出し始めている。既に、米国では、約2兆ドル(約220兆円)の経済対策を打ち出している他、日本や欧州諸国などでも経済対策を検討している。

ただ、リーマン・ショック後に世界景気を牽引した中国は、新型コロナウィルスの影響で全国人民大会が延期されていることや中国国内での感染者数の増加が抑制されていることもあり、リーマン・ショック後のような大規模な具体的な経済対策を公表していない。

各国から打ち出されている経済対策は、金融、所得、税制面などが主体であり、インフラ整備など建設投資の拡大を誘発させるものは乏しい。また、原油価格の急落に伴い、北米でのシェールガス・オイルの開発投資を抑制する動きが強まっている。こうした状況を勘案すると、今回は、リーマン・ショック後とは異なり、経済対策の効果がインフラ投資の拡大、資源の需要拡大と価格上昇に繋がる可能性は低いため、建設機械の需要低迷が長期化するリスクもありそうだ。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中