O2Oとは

O2O( Online to Offline)は、インターネット店舗(オンライン)と実店舗(オフライン)を連携させて、消費者の購買活動を活性化させるマーケティング施策です。

具体的には企業がスマホアプリやWebサイト、SNS、メールマガジンといったオンラインツールでクーポンを配布し、実店舗へ集客するといった手段が挙げられます。

最先端のO2O事例では、ITを駆使してマーケティング効果を上げています。顧客の位置情報をスマホで入手できれば、顧客が店の近くに来たときに、電子クーポン券をスマホに送信することが可能など、O2Oでは顧客データの電子化が容易なため、マーケティング効果を測定しやすいメリットがあります。

拡大するO2Oの市場規模

サイバーエージェントとデジタルインファクトの共同で行われた市場調査によると、2018年の国内のO2O関連の広告市場は135億円でしました。同社はさらに、2023年には2018年の12倍の1,616億円に到達すると予測しています。

出典
サイバーエージェント調べ

O2Oは「オムニチャネル」や「OMO」と何が違うのか

O2Oとよく比較される概念として「オムニチャネル」と「OMO」があります。

O2Oとオムニチャネル、OMOの違いを解説します。

オムニチャネルとO2Oとの違いとは

オムニチャネルは、販売するタッチポイント(チャネル)を複数持つ考え方です。実店舗だけでなく、カタログやオンラインストア、ECサイトなどオンライン、オフラインを問わずチャネルを増やします。これらすべてのチャネルを統合して「総合販売チャネル」をつくるのがオムニチャネルです。

OMOとO2Oとの違いとは

OMO(Online Merges Offline)とは、「オンラインとオフラインの融合」です。

O2Oやオムニチャネルは、オンラインとオフラインが別々に存在するという前提のもとでの考え方です。

それに対して、OMOは、オンラインとオフラインがすでに融合した世界を想定し、そのなかでシームレスにマーケティングを考えていきます。

O2Oの事例

O2Oの事例として、家具大手のニトリとアルコール飲料大手のキリンの取り組みを紹介します。

ニトリはリアル店舗の購買体験を拡充するためにO2Oを導入

ニトリは2018年8月に「O2O推進室」という部署を設置するほど、O2Oに力を入れています。

O2Oの具体的な取り組みのひとつが、スマホアプリのアップデートです。2019年8月に「ニトリアプリ」に画像検索機能を追加しました。

たとえば、ユーザー(消費者)が、友人の家で素敵なソファを見つけたとします。ユーザーがスマホでそのソファを撮影し、ニトリアプリに取り込むと、そのソファアに似たニトリのソファアが画面に表示されます。

それだけではなく、そのソファアの値段やそのソファを扱っている店舗もわかります。

参考
「ニトリ、画像から似た商品を検索 アリババのエンジンを国内で初採用」日本経済新聞

キリンは「客と店の間に割って入るため」にO2Oを実施

飲料メーカーのキリンのビジネスモデルは、BtoBtoCという特徴があります。キリンは消費者が購入する最終消費財をつくっていますが、キリンがそれを消費者に直接売ることは少なく、キリンは小売店や飲食店や卸売店にビールなどを販売します。

それでB(キリン)toB(実店舗)toC(消費者)となるわけです。

BtoBtoCの欠点は、キリンが消費者の動向をつかみづらいことです。そこでキリンは「客と店の間に割って入るため」にO2Oを実施することにしました。キリンがその際に用いたツールLINEです。

店頭でキリンの飲み物を購入すると、LINEポイントが貯まるキャンペーンを実施しました。消費者は、どこかのサイトに登録することなく、LINEでキャンペーンに参加できます。この「縛りのなさ」が、このキャンペーンの最大の特徴です。

消費者はキリンの商品を3本買わないとLINEポイントをもらえませんが、1本買うだけでキャンペーンへ参加可能です。

もし消費者が1本買ってキャンペーンに参加したものの、2本目をなかなか買わなかったとき、キリンはLINEで、リマインドのお知らせを消費者に送信します。

この施策は消費者に、キャンペーンに参加していることを意識させ、2本目、3本目の購入を狙うことが目的です。

このキャンペーンの参加者数は、以前に行ったハガキを使ったキャンペーンをはるかに上回ったそうです。

また「タピネス(Tappiness)」というサービスでは、キリンの自動販売機で飲料を購入したあとに、スマホを自動販売機にかざすと、ドリンクポイントが貯まります。

このサービスの目的は消費データの収集です。「誰が、どの自動販売機で、どの商品が、いつ、どれだけ売れたか」というデータを集めることで、マーケティング資料にすることができます。

その結果、缶コーヒーは、自販機ユーザーの10%が、自販機のコーヒーの売上の45%を購入していることなどがわかりました。タピネスは「自販機というリアルの販売ツール」と「スマホというネットツール」をつなぎ、マーケティングリサーチを行った好事例といえます。

参考
午後の紅茶 ザ・マイスターズ &ファイア ワンデイ スプリングキャンペーン│キャンペーン│キリン
Tappiness(タピネス)|キリン

オンラインとオフラインの融合は必要不可欠

いまや「実店舗だけ」でも「ECサイトだけ」でも、販売量を増やすことはできません。さらにいえば、実店舗とECサイトの双方を展開するだけでも足りないでしょう。デジタルを活用してリアルの売上を増やし、リアルでデジタルの売上を増やしていくO2Oは、今後当たり前になっていくでしょう。

キリンの事例と同様に、リアルとデジタルの融合したデータの蓄積が重要になります。アマゾンが実店舗を出している理由はフィジカルとデジタルの融合です。キャッシュレス時代で、年代、性別、時間帯などで、どの商品がどういう頻度で売れるのか、などのデータを蓄積しています。

データが蓄積されると、次はAIによる分析・解析を行います。そうなると正確にユーザーに対してリコメンドできますし、売上予測も正確になります。企業はオムニチャネル化やO2O化を進めながら、OMOの準備に取り掛かる必要があるでしょう。

関連記事

デコンストラクション(脱構築)とは?バリュー・チェーン再構築について解説

企業経営者らに向けて、近年注目されている「デコンストラクション(脱構築)」の意味などを説明しています。この記事では、主にボストン・コンサルティング・グループ(以下、BCG)が提唱するデコンストラクション(バリュー・チェーンの再構築)に焦点を当て、ビジネス戦略のポイントやノウハウを分かりやすく解説していきます。

ダイナミックプライシングとは? 成功事例からメリットやデメリットを交えて価格戦略を紐解く

サービスや商品の価格設定は利益に直結するため、企業の根幹となります。原価や粗利、景気、需要や競合商品との比較はもちろんのこと、商品やサービスによってはその日の天気など様々な要因まで関係します。 そのため、価格設定は担当者や自社の経験や勘に頼ってしまう側面があります。しかし、この方法では消費者のニーズを正確に掴んだ上での値付けがしづらいという難点がありました。 一方で観光業界やスポーツ観戦チケットなどは、需要と供給に合わせて、価格を変動するダイナミックプライシング(変動価格制)が導入されていました。 ダイナミックプライシングは近年、テクノロジーの発展とともにAIやビッグデータなどのテクノロジーを活用することで様々な業界にも活用され始めています。 これまでリアルタイムで把握しにくかった業界や商品、サービスでも常に変化する需要と供給を的確に捉えることが可能となり、ダイナミックプライシングも進化を遂げています。 本記事では、AIやビッグデータを活用することで進化したダイナミックプライシングの特長や、メリット・デメリット、実際の導入事例を解説します。

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中