グローバルをターゲットに

akihabarastreet
写真説明:中国産ゲームのポスターや看板をよく見掛けるようになった

中国最大手のテンセントやNetEaseといったゲームメーカーは、最初からグローバルを見据えたタイトルプロデュースを行っている。自身の持つ豊富な資金力を活用して、各国市場で成功確率を高める施策を講じている。日本でも積極的なプロモーションを行っており、街中でもポスターを見掛ける事が増えた。

国内スマホゲーム市場は、開発費高騰と新規のヒットタイトルの創出が難しいといわれる厳しい環境下にある。ここでは、中国の開発力、資金力を活用してグローバルでのヒットタイトル創出の可能性について考察したい。

低迷する、国内市場

 
cyber sport gamer playing game
2012年2月にガンホー・オンライン・エンターテイメントが「パズル&ドラゴンズ」をリリースして以降、日本のスマホゲーム市場は、順調に拡大を続けてきた。

日本のスマホゲームは、「ガチャ」と呼ばれるアイテムやキャラクターを課金型“くじ引き”で収集するゲーム性が色濃く、中国や米国で好まれるPCオンラインゲームを祖とした「バトルロイヤル」(生き残り戦)や「MOBA」(複数対複数のプレイヤーが、敵陣の攻略を目指す)といったアクション性の色濃いゲームとは嗜好を異にする。

直近では、日本のスマホゲーム市場の成長率が鈍化傾向を見せている。日本のゲームは「収集性」が強いことからユーザーのスイッチングコストが高く、ミクシィの「モンスターストライク」など、旧来の大型タイトルが長く人気を維持している。

その分、資金力に劣る中小スマホゲーム会社にとって、新規タイトルでヒットを出すことが難しくなっている。開発費、マーケティングコストの負担も大きく、新規タイトルの開発はリスクの高い事業となっている。
新しいタイプのゲームを確立したくても、ヒットするかどうか予測がつきがたく、挑戦も困難な状況となっている。
それが、さらにゲーム市場の停滞を招く一因となっている。

豊富なIPが頼み

akihabaraeki
写真説明:日本が得意な「二次元」でも中国勢が開発力を強めている

スマホゲームの黎明期は、キャラクターやシナリオなどを新しく作成したオリジナルタイトルが中心であったが、近年は著名なマンガやアニメをベースにしたタイトルが、リリース初期からプレイヤーを集めやすいこともあり、ヒット確率が高いとされている。
「ドラゴンボール」を代表とする日本の有力IP(知的財産)の中には、中国や北米でも知名度が極めて高いものもあり、有力IPをベースとしたスマホゲームが、日本国内だけでなくグローバルでヒットするケースも見られる。

一方で、グローバル市場をターゲットとした中国、韓国のスマホゲームは、グローバルでのリクープを想定し、高額な開発資金を投入して美麗なグラフィックを実現しているケースが多い。そのような中国、韓国ゲームに対抗するために、日本メーカーが開発するスマホゲームも質の高いグラフィックを実装する必要があり、スマホゲーム開発費は大型タイトルで10億円以上に高騰している模様である。

進む、中国メーカーとの連携

テンセントと日本企業 (1)

このような状況を打破する一つの策として、最大のスマホゲーム市場を有し、開発力、資金力にも優れる中国のスマホゲーム関連企業と、日本の有力IPをベースとしたタイトルを共同開発することが挙げられる。日本と中国を中心として、グローバルに当該タイトルをリリースすることが可能だ。
特に、日本側は現状、アクション性の高いゲームタイトル開発で中国に劣後している。 新しいゲーム性を導入した有力IPベースのスマホゲームを日本でリリースするためには、中国のリソースを、積極的に活用することは有効な手法と考えられる。

日本のスマホゲーム会社KLab(「ラブライブ!」のゲームなどで知られる)は、かねてより中国のゲーム会社と連携を進め、漫画「Bleach」など日本のIPを活用したゲームタイトルを共同開発。日本、中国向けに当該タイトルをリリースしている。

View of Shenzhen downtown area

また、先日、テンセントが、中堅ゲーム会社「マーベラス」に20%資本出資し、筆頭株主となると発表した。上記の表を見るとおり、テンセントは日本企業への出資や共同開発を進めている。背景には、中国側が有力日本IPを用いたグローバルゲームタイトルを開発したいという意向も確認される。

日本の有力IPホルダーの多くは、中国企業に直接ゲーム化権を渡すことに対し、抵抗感が根強い。中国企業にとって直接日本企業と交渉するよりも、出資した日本の会社を通した方が、交渉がスムーズに進展する、という考えも念頭にある。

まとめ

このように、今後は日本の有力IPを梃子(てこ)として、日中間でのスマホゲーム共同開発が進展する可能性がある。それに伴い、資本異動やM&Aも考えられることから、スマホゲーム開発の新潮流として、動向に注目したい。

関連記事

「高値掴み」ではない MUFG バンクダナモンの減損損失を考える

「高値掴みが多い」と言われる日本企業のM&A。多額の減損損失が、大企業の経営を揺るがすことも珍しくない。一方で、クロスボーダーのM&Aでは、両国の制度の違いが絡まり、減損せざるを得ない稀有なケースもある。さて、今回は東京三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるインドネシア大手銀行、バンクダナモンの減損損失について、考えたい。

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中