マルチプル法の意味とは

マルチプル法(Multiple methods)は、企業価値を算出する手法のひとつです。

他の手法よりも比較的簡単に計算できるため、M&Aなどの経営戦略を決定する場面でよく使われています。

「マルチプル」は、企業価値を算出するための「倍率」という意味です。

この倍率を使って計算するマルチプル法は、「倍率法」「類似上場会社法」「乗数法」とも呼ばれています。

企業価値とは、会社の経済的な価値のこと。M&Aや投資などの経営戦略を行う場合の判断材料として、重要な意味を持っています。

特にM&Aでは、売る側は高く売りたいと思い、買う側はなるべく安く買いたいと思うので、適正な価値を定める必要があるのです。

マルチプル法の概要

マルチプル法は、類似する上場会社や事業との比較により、対象企業の価値を評価する手法のことです。

実際の場面では、どのような流れで評価を行っているのでしょう。

併せて、マルチプル法と一緒に紹介されることの多いDCF法は、どのようなものなのでしょうか。

ここでは、マルチプル法の考え方とDCF法との違いについて説明します。

マルチプル法の考え方

マルチプル法は、類似する上場企業の評価倍率を参考にして、対象となる企業の価値を算出する方法です。

この理論が成立する背景には、「対象企業と類似する上場企業には、同じ企業価値や株式価値がある」という考え方があります。

企業価値を評価する手法は主に以下の3種類があると言われています。
マルチプル法は「マーケット・アプローチ」に含まれる手法です。

  • マーケット・アプローチ…対象企業と類似する上場している会社や事業との比較により価値を算出する方法
  • インカム・アプローチ…対象企業の将来的に期待される利益やキャッシュ・フローから価値を算出する方法
  • ネットアセット・アプローチ…対象企業の貸借対照表の純資産をもとに評価を行う方法

DCF法との違い

M&Aなどで企業価値を算出する場合に、マルチプル法と並んでよく使われるのが「DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法」です。

DCF法はインカム・アプローチに分類されており、アプローチの方法がマルチプル法と大きく異なります。

DCF法では、将来的に見込まれる利益からリスクなどを差し引いて、現在の企業価値を評価します。

そのため、将来の経済や社会状況の変化などを予測する必要があり、マルチプル法に比べて、算出の難易度は高いです。

実際には、DCF法の欠点を補うためにマルチプル法が併用されるケースも多くあります。

マルチプル法のメリット・デメリット

マルチプル法は類似企業との比較により企業価値が簡単に算出できる一方で、類似企業の選定の難しさは否めません。

ここでは、マルチプル法のメリット・デメリットについて詳しく説明します。

メリット

マルチプル法のメリットは、大きく2点あります。

  • 計算が比較的簡単である
  • 客観性の高い評価ができる

DCF法などのインカム・アプローチに比べて、マルチプル法では複雑な計算や将来予測が不要であるため計算が比較的簡単です。

また、複数の類似企業の公開された財務資料や市場株価からの評価倍率の決定により、客観性の高い評価結果が得られるといえます。

デメリット

マルチプル法のデメリットは、「類似企業の選定が難しいこと」です。

マルチプル法は、類似企業から評価倍率を決めるため、どの企業を選ぶかによって最終的な結果が変化します。

類似企業や類似事業の選定は、算出する人の裁量に委ねられており、慎重な検討・判断が必要です。

マルチプル法で使われる指標4つ

マルチプル法は、類似する企業から算出した評価倍率をもとに、対象企業の企業価値を求めます。

マルチプル法で使われる指標(何の倍率を用いるか)は理論的にはたくさんありますが、ここでは現場でよく使われる「PER」「PBR」「EBIT」「EBITDA」の4つに絞って説明します。

それぞれの指標の意味と特徴、簡単な計算方法を知ることで、マルチプル法への理解を深めます。

PER

PER(Price Earnings Ratio)は、日本語に訳すると「株価収益率」を指します。

PER=時価総額(=株価×発行済み株式数)÷当期純利益 または
PER=株価÷1株あたりの純利益 

として求められます。

このように算出したPERに企業価値を算出したい会社の当期純利益を掛けると当該会社の時価総額を導出できます。

PBR

PBR(Price Book-value Ratio)は、訳すると「株価純資産倍率」です。

PERと並んで、株式市場ではよく使われる指標です。

PBRは、「株価を1株あたりの純資産で割った値」として算出されます。

PBR=株価 ÷ (1株あたり純資産=純資産 ÷ 発行済株式総数)

算出したPBRに企業価値を算出したい会社の純資産を掛けると当該会社の時価総額を求めることができます。

EBIT

EBIT(Earnings Before Interest and Taxes)は、直訳すると「利息、および税金控除前の利益」です。

EBITは「経常利益に支払利息を加え、そこから受取利息を差し引いた値」として計算できます。

EBIT=経常利益+支払利息−受取利息

EBITは資金調達の必要が高い企業の、本業での利益状況を見て企業価値を算出する際に、よく使われる指標です。

EBITDA

EBITDA(Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization)は、直訳すると「利息を控除する前、税引前の利益と減価償却費」です。

EBITDAは、「利息控除税引前の利益に減価償却費を加えた値」として算出できます。

EBITDA=営業利益+減価償却費
EBITDA倍率=事業価値(EV=Enterprise Value=株式時価総額+純有利子負債)÷EVITDA

算出したEBITDA倍率を当該企業のEVTDAに掛けると事業価値を計算できます。

マルチプル法による企業価値の計算方法と注意点

マルチプル法を使って企業価値を計算する際、類似企業の選定から、対象となる企業の企業価値を算出するまでには、ステップに沿って計算を行う必要があります。

ここでは、マルチプル法を実際に使用する場合の大まかな流れとともに、計算方法と計算式、計算する際の注意点について説明します。

全体像を把握すると、実務で使用する際のイメージが描きやすくなるでしょう。

計算方法と計算式

マルチプル法を使う場合、次のような流れにより、評価該当企業の企業価値を求めることができます。

  1. 少なくとも2社以上の類似企業をリストアップする
  2. 選定した各企業について、企業価値と株式価値を計算する
  3. 2で得られた価値の平均値を算出し、対象となる企業の財務指標などに掛ける

例えば、評価したい企業をA社、類似企業をB社、C社と設定し、EBITDA倍率を使用するとします。

A社の事業価値は以下の計算式により算出できます。

事業価値=A社のEBITDA×(B社とC社のEBITDA倍率の平均値)

計算する際の注意点

マルチプル法を使って計算する際の注意点は、主に2つあります。

  • 類似企業の選定を慎重に行うこと
  • マルチプル法にこだわり過ぎないこと

デメリットでも挙げたように、類似企業の選び方によって評価結果が大きく変化するため類似企業の選定には注意が必要です。

また、マルチプル法は現場でよく使われていますが、完璧な手法ではありません。

マルチプル法にこだわり過ぎず、他の手法も併用するとより正確な評価結果につながるでしょう。

企業価値を計算するために、マルチプル法は有効

企業価値を比較的簡単に算出できるマルチプル法。

マルチプル法の意味やメリットとデメリットなどをしっかりと把握した上で採用すれば、投資やM&Aなどの場面でより正確な判断が可能になります。

今回ご紹介した4つの指標や計算方法をしっかりと習得して、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

Frontier Eyes Onlineではこのような経営分析など、ビジネスで使えるさまざまな情報を提供しています。ぜひメルマガに登録してみてください。

関連記事

ポイズンピルの意味や株価への影響 事例まで解説

上場企業にとって自社株式は証券取引所を通じて売買されるため、基本的にどのような個人や法人が株主になるかは選べません。 そのため、株主が自社にとって友好的かどうかはわからず、時として経営陣の意にそぐわない提案を受けたり、株式を多く買占め、買収を仕掛けられたりする場合もあります。 例えば昨今、SBIホールディングスの新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)が話題になっています。現時点(2021年10月時点)では、新生銀行はSBIホールディングスの買い付けに対し、「株主共同の利益に資さない」として、条件付きの反対をしており、敵対的TOBに発展しました。 結果、新生銀行は2021年11月に臨時株主総会を開催し、ポイズンピルと呼ばれる買収防衛策を審議することを計画しています。 本記事では、会社にとって意にそぐわない買収に対する防衛策としてのポイズンピルについて、その意味や、株価への影響、事例について説明します。

プル戦略、プッシュ戦略とは?ふたつの違いと使い分け方について解説

自社の商品やサービスは、市場調査からサプライチェーンを経て、市場に出てからは顧客に認知してもらい、最終的に購入してもらうまで多くのプロセスを踏みます。 そのなかで重要な戦略のひとつがプロモーションであり、中間業者や顧客へのアプローチが売上につながります。 「プッシュ戦略」と「プル戦略」はそのアプローチについての考え方です。 今回は、マーケティングにおける押し引き「プッシュ戦略」および「プル戦略」について、それぞれの違いや実施方法、使い分けが有効な場面などを解説します。

ハロー効果とは?心理効果でビジネスを有利に進める方法を解説

近年、顧客の声を聞いたうえで市場へアクションを起こす「マーケットイン」の考え方が主流となっています。 そのなかで顧客の心理を紐解くことは強力な武器となり、これを引き出すのに役立つのが心理学です。 それ以外にも、心理学はマネジメントや人材育成など幅広いビジネスの分野に応用でき、おさえておけば有利にものごとを進められる可能性があります。 今回は、人の印象や評価にかかわる「ハロー効果」と呼ばれる心理現象について、それを利用したビジネスにおける活用方法も交えて解説します。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中