世界シェア半数、トップ7社中5社 影響力増した中国メーカー

図表

8月発表されたカウンターポイント・リサーチ社レポートによると、2020年4-6月スマートフォン・グローバル市場は、2億7600万台となり、前年同期比23%減、前四半期比6%減となった模様だ。ちなみに1-3月は2億9500万台(前年同期比13%減)であり、減少率は加速。現状で2020年のスマートフォン市場は12億台前後(2019年は14億8000万台)まで落ち込む可能性が指摘されている。想定以上に出荷台数が減少しているのはコロナの影響が大きく、高普及率の欧州と米州のようだ。一方で中国での出荷台数は、減少しているものの欧米と比較して減少率が少ない模様だ。

ファーウェイが初めて世界首位に 中国5社のシェア50%超え

結果として4-6月期のメーカー別出荷台数では、ファーウェイが僅かながらサムスンを超え、初めて世界トップとなった。ファーウェイの出荷台数は5480万台(前年同期比3%減、中国ウエイト70%超)に対し、サムスンは5420万台(同29%減)である。
ちなみにスマートフォン・トップ7のうち中国系が5社で、合計台数が1億3600万台(同13%減)。5社のグローバルシェアは約50%(前年同期44%)に達した。
また7社以外にスマートフォンを供給する企業は世界的に数十社あるが、それらを全部合計してもシェアはファーウェイ、サムスンを下回るまで縮小。存在感がなくなっている。

ファーウェイへの出荷停止、現実に

OPPOイメージ

一方、7月22日付「半導体微細加工技術が注目ポイント」で記載した流れに沿って、120日の猶予期間が終了し、9月15日に台湾TSMC社から中国ファーウェイへのスマートフォン向け半導体は出荷停止となった模様だ。

さらに米商務省は8月15日、ファーウェイ向けの規制対象を、「アメリカ由来の技術が使われた全ての半導体チップに拡大する」と発表。対象となる台湾メディアテックや韓国サムソン電子なども、システムチップをファーウェイ向けに供給するには、商務省の認可が必要となっている。
各社とも認可申請をしているようだが、承認されたとの報道はない。世界トップのスマートフォン企業に、コアデバイスが共有されないという異常事態が本当になってきた。

更に攻勢強める米国

こうした先端的技術で製造される半導体供給を絞る米国の姿勢はもう一段進展し、汎用的デバイスであるメモリ・有機ELディスプレイや画像センサ等にも波及してきている。これらの製品は、日本企業が一定以上のシェアを持つ(NAND型フラッシュメモリ=キオクシア、画像センサ=ソニー)。
現時点で半導体の米国技術由来のすべての半導体輸出において規制対象となっているのは、ファーウェイのみだが、仮に将来シャオミ・オッポ・ビーボ等他の中国スマートフォン企業まで加わると、世界のスマートフォンの半分以上向けにデバイスの供給が滞ることになる。

少なくとも数量ベースでは世界をリードしている中国企業に対し、収益性を数量に依存する装置産業的デバイス企業の対応が注目される。

予測困難な「在庫切れ」後のファーウェイ

図表

まずは短期的に、関連企業への業績インパクトは少なくない可能性がある。ただでさえコロナ環境下で数量・機能両面で市場が停滞しているスマートフォンの動向を見ると、特にハイエンド関連デバイスを主として、深刻に考える必要があろう。一方2021年半ば以降、ファーウェイが現在保有しているデバイスの在庫がなくなった段階で、中国のスマートフォン市場はどうなるのであろうか?予測は難しい。

ファーウェイの中国におけるスマートフォンシェアは、50%前後と言われており。世界最大市場である中国で、ファーウェイのスマートフォンが店頭から消えるという事態があり得る。

5G普及に影響

前述のようにデバイスの出荷規制が中国系企業全体に広がると、影響はさらに拡大する。また長期の観点では、5Gについてファーウェイ製採用の見合わせで、基地局の供給が既に問題となっている。5Gの普及が遅れる可能性が高く、5G応用を前提としたビジネスモデルを構築中の、多種多様な業界に対する影響もあり得る。

世界的なイノベーションに影響も

米国と中国の問題は、世界的なテクノロジーイノベーションにまで波及をし始め、1年後にどのような状況であるのか、あるいは長期的にどのような影響があり得るのか、今後IoTに関連するすべての企業において、戦略策定と十分なシナリオ策定、検証が重要と思われる。

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中