メタバースとは

メタバースとは

メタバースとは、3Dの仮想空間を意味する。大人数が同時に参加してゲームや買い物、仲間同士の交流など様々なサービスを経験することが出来る。

メタ(meta=超越した)とユニバース(universe=宇宙)を組み合わせた造語であり、文字通り仮想の世界を経験することが出来る。

メタバースサービスに関しては、2000年代初頭から存在していた。

グローバルで存在感を示した「セカンドライフ」(2003年サービス開始)は、3D空間の中でアバター同士が交流し、獲得した仮想通貨を現実の通貨に交換することも可能だ。

2010年あたりに日本の若年層に浸透したサイバーエージェントによる「アメーバピグ」などの成功例もあるが、現時点での最も有力なメタバースサービスとしては、Epic Gamesのオンラインゲーム「Fortnite」が挙げられる。

Fortnite上では、著名アーティストのオンラインライブが開催されるなど、ゲーム外でのコミュニティ要素も強まってきている。

FacebookからMetaに

FacebookからMetaに

2021年10月末に発表されたフェイスブック社の“Meta”への社名変更、並びに、事業の主軸を従来のSNSサービスから3D仮想空間を意味する“メタバース”の構築や関連サービスに遷移させる意向を示したこと、更に2021年だけでもメタバース関連へ100億ドル以上の投資を行うことは、IT関連業界やエンタメ関連業界を震撼させた。

Meta社もメタバースの本格的な普及は5~10年後と見込んでいるものの、それまでは高水準の投資が継続される見込みだ。

Meta社以外にも、マイクロソフトやソニーといった世界を代表するエンタメ関連企業も、2022年初頭に開催された米国家電ショー「CES」でメタバースへの取り組みを披露している。

メタバース運用には高い技術力が必要

メタバース運用には高い技術力が必要

メタバースの運用には、非常に多くの仮想空間上の分身となる3Dキャラクター(アバター)を、過不足なく、遅延なく動き回らせる必要がある。

それには、高度なオンラインゲーム関連技術と強力なクラウド技術が必要となる。

メタバースでも鍵を握るゲームエンジン

特に、PS5など最新のゲームコンソールと同等の、高品質なグラフィックを有するメタバースを効率的に構築するには、オンラインゲーム開発基盤のデファクトスタンダードであるUnreal Engineなどの“ゲームエンジン”が鍵を握ると考えられる。

参考記事「ゲームエンジンとは?映像コンテンツへの応用も

既にFortniteの開発元でUnreal Engineを展開するEpic Games社は、PS5/Xbox Series X/S向けに、映画「Matrix」をベースとしたプレイアブルなメタバースのデモを2021年12月にリリースしており、その技術力を誇示している。

マイクロソフトの狙いは、ゲーム技術

マイクロソフトの狙いは、ゲーム技術

また、マイクロソフトも相次いでコンソールゲーム会社の買収(2020年にベセスダ、2022年1月にActivision Blizzard)を進めている。強力なクラウド技術に加え、メタバース関連サービスの強化に乗り出す方針と見られる。

メタバース、日本の動きは?

メタバース、日本の動きは?

このようなグローバル企業の旺盛なメタバース構築意欲に対応し、国内でもメタバース構築を表明する企業も現れている。

NTTドコモは、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を運営する株式会社HIKKYとの資本・業務提携を2021年10月に発表。KDDIは2022年春から大都市に向けてリアルな街と仮想空間が融合するメタバース「VIRTUAL CITY」を展開する予定など、資金力/広範なユーザーを抱える携帯電話キャリアの取り組みが先行している。

エンタメ関連では、アバター販売で実績を有するグリーがメタバース関連事業への積極的な関与を表明するなど、徐々にメタバース事業化を目指す企業が広がってきている。

日本ならではの差別化が必要

ただし、国内企業がメタバースに対してMeta社のような巨額な資金を投入し得るとは考え難く、グローバルなメタバースに対して何らかの差別化を模索することとなるだろう。

その観点からは、ゲームでも見られるような、フォトルックなグラフィックに対して、アニメ調のセルルックを基盤とし日本アニメやキャラクターとの連携が容易なメタバースの構築が一つの解となりうると考えられる。

また、技術面に関しては、Unreal EngineやUnityといったゲームエンジンを活用して効率的にメタバースを構築する技術力を持つ会社が注目される可能性があるだろう。

メタバースを巡るM&Aに注目

先に述べたマイクロソフトのゲーム会社買収のように、メタバース運用に必要なゲーム技術、クラウド管理技術をM&Aによって獲得する動きは、十分考えられる。

2022年は、有力コンテンツ関連会社への出資/買収や、高い3DCG技術を有する会社の買収など、メタバースをテーマとするM&Aの動向にも注目したい。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

鉄道会社が進む道 100年続くモデルからの脱却

鉄道会社にとって、コロナの感染拡大により、「移動機会の減少」というリスクが一気に顕在化した。鉄道各社は、小林一三(阪急電鉄創業者)が確立した都市部での大量輸送と沿線開発を前提とするビジネスモデルを、早急に進化させる必要性が高まっている。

4

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

5

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中