ハードを超えた開発環境「ゲームエンジン」とは?

esports

現在、ゲームを楽しむことができるハードウェアは、専用ゲーム機、PC、スマートフォン、タブレットと多岐にわたっている。「フォートナイト」(Epic Games社)のように、各ゲーム機、スマホなどハードを超えて遊べるタイトルも増えている。

ユーザーを最大限獲得するために、可能な限りすべてのハードウェアに向けて、同一タイトルを供給することには経済合理性があると考えられるが、各ハードウェアに最適化されたプログラムでタイトルを供給すると、どうしてもコストが嵩むこととなる。したがって、開発効率化のためには、100%共通とはいかないまでも、可能な限りハードウェアの垣根を取り払った共通の開発環境でゲーム開発をすることが重要と考えられる。このようなハードウェアの固有性を可能な限り撤去したゲーム開発環境、またはミドルウェアを、「ゲームエンジン」と呼ぶ。

Unreal Engineによってゲームエンジンが普及

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲームエンジンの利用は、専用ゲーム機とPCに同一タイトルを供給してきたアメリカのゲーム会社が先鞭を付け、1998年にEpic Games社により発売された1人称シューティングゲーム(FPS)「Unreal」の開発過程で確立された技術基盤をベースとする「Unreal Engine」がその嚆矢となった。

Epic Games社は、Unreal Engineを同業他社にもライセンスアウトし、有力ゲームタイトルの開発にも採用された。現在では、Unreal Engineはゲームエンジンの一つのデファクトスタンダードとなっている(現在のバージョンは、Unreal Engine 4)。

その他、スマートフォンゲーム開発におけるゲームエンジンのデファクトスタンダードである米Unity Technology社の「Unity」、2Dゲーム開発で多用される中国の「Cocosエンジン」などが、ゲームエンジンの代表格である。

ゲームエンジンは映像制作にも活用可能

デスク

連綿と続くハードウェアの進化に寄り添う形で進化を遂げてきたゲームエンジンは、近年では専用の3D映像制作ツールを一部代替するケースも出てきている。

ゲームエンジンを使用して映像制作をすれば、同じ3Dモデルを、映像とゲームで使いまわすことが容易となる。コンテンツのメディアミックス展開が志向されるビジネス環境下では、開発効率化、モデル共用化のためにゲームエンジンの利用は今後も増加するものと考えられる。

日本でも、Unreal Engineを用いて、セルルックアニメ(表面上は2次元調のアニメでありながら、裏では3DCGで制作されるアニメ)とゲームの開発を一部共有化する動きも出てきている。また、Unreal Engineで作られた映像や3Dモデルを基にVRコンテンツを制作することも容易である。

実写の撮影を変える、ゲームエンジン

最近では、上述のような、メディアミックス展開との好相性だけではなく、“リアルタイム映像生成能力”を起因として、映像制作基盤におけるゲームエンジンの勢力拡大が見られる。ディズニーの新規動画配信サービス「ディズニープラス」のオリジナル実写ドラマである「Star Wars マンダロリアン」(Star Warsシリーズでの初めての実写ドラマ)では、Unreal Engine 4を活用して制作されている。「マンダロリアン」では、特撮スタジオILMが用意した巨大LEDスクリーンに、Unreal Engie4でリアルタイム生成された背景映像を流し、その前面で俳優が演技をすることで、映像作品として成立させるという新しい映像制作手法が用いられた(このスキームで全体の4割強が撮影された)。

古典的な特撮セットでの撮影や、緑色のCG合成用の布を用いた画像合成(クロマキーと呼ばれる)による撮影では、撮影後の映像編集(ポストプロダクション)に多大なコストと時間を要するが、ゲームエンジンのリアルタイム映像生成能力を活かしてポストプロダクションを含めた制作期間短縮を達成した実例となる。

ゲームエンジンへの対応が遅れる日本勢

このような巨大LEDスクリーンにリアルタイム映像生成能力を組み合わせる映像表現は、大型のアーティストライブにも取り入れられる可能性もあるだろう。もちろん、この手法にしても、国内の標準的なドラマ制作コストやライブ制作コストには見合わないと考えられるため、国内でこの手法が一般化するとは考え難いが、新しい映像体験の技術基盤として、ゲームエンジンの存在感は今後も拡大するだろう。

日本では、Unreal Engineのエンジニアは相対的に少ないとされており、グローバルでのゲームエンジンを活用した新しい映像体験の創出という潮流に乗り遅れる可能性がある。海外エンジニアの活用やM&Aによるエンジニアの確保など、新しい映像体験の確立にどのように取り組むか、エンタメ関連企業のゲームエンジンの活用動向に注目していきたい。

(参考記事)
https://3dtotal.jp/news/22284/

https://www.unrealengine.com/ja/

関連記事

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊦ 将来編

㊤現状編では、国内外の植物工場ビジネスの近況について述べてきたが、㊦ではその中での戦い方について筆者の考えを記したい。

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中