ハードを超えた開発環境「ゲームエンジン」とは?

esports

現在、ゲームを楽しむことができるハードウェアは、専用ゲーム機、PC、スマートフォン、タブレットと多岐にわたっている。「フォートナイト」(Epic Games社)のように、各ゲーム機、スマホなどハードを超えて遊べるタイトルも増えている。

ユーザーを最大限獲得するために、可能な限りすべてのハードウェアに向けて、同一タイトルを供給することには経済合理性があると考えられるが、各ハードウェアに最適化されたプログラムでタイトルを供給すると、どうしてもコストが嵩むこととなる。したがって、開発効率化のためには、100%共通とはいかないまでも、可能な限りハードウェアの垣根を取り払った共通の開発環境でゲーム開発をすることが重要と考えられる。このようなハードウェアの固有性を可能な限り撤去したゲーム開発環境、またはミドルウェアを、「ゲームエンジン」と呼ぶ。

Unreal Engineによってゲームエンジンが普及

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲームエンジンの利用は、専用ゲーム機とPCに同一タイトルを供給してきたアメリカのゲーム会社が先鞭を付け、1998年にEpic Games社により発売された1人称シューティングゲーム(FPS)「Unreal」の開発過程で確立された技術基盤をベースとする「Unreal Engine」がその嚆矢となった。

Epic Games社は、Unreal Engineを同業他社にもライセンスアウトし、有力ゲームタイトルの開発にも採用された。現在では、Unreal Engineはゲームエンジンの一つのデファクトスタンダードとなっている(現在のバージョンは、Unreal Engine 4)。

その他、スマートフォンゲーム開発におけるゲームエンジンのデファクトスタンダードである米Unity Technology社の「Unity」、2Dゲーム開発で多用される中国の「Cocosエンジン」などが、ゲームエンジンの代表格である。

ゲームエンジンは映像制作にも活用可能

デスク

連綿と続くハードウェアの進化に寄り添う形で進化を遂げてきたゲームエンジンは、近年では専用の3D映像制作ツールを一部代替するケースも出てきている。

ゲームエンジンを使用して映像制作をすれば、同じ3Dモデルを、映像とゲームで使いまわすことが容易となる。コンテンツのメディアミックス展開が志向されるビジネス環境下では、開発効率化、モデル共用化のためにゲームエンジンの利用は今後も増加するものと考えられる。

日本でも、Unreal Engineを用いて、セルルックアニメ(表面上は2次元調のアニメでありながら、裏では3DCGで制作されるアニメ)とゲームの開発を一部共有化する動きも出てきている。また、Unreal Engineで作られた映像や3Dモデルを基にVRコンテンツを制作することも容易である。

実写の撮影を変える、ゲームエンジン

最近では、上述のような、メディアミックス展開との好相性だけではなく、“リアルタイム映像生成能力”を起因として、映像制作基盤におけるゲームエンジンの勢力拡大が見られる。ディズニーの新規動画配信サービス「ディズニープラス」のオリジナル実写ドラマである「Star Wars マンダロリアン」(Star Warsシリーズでの初めての実写ドラマ)では、Unreal Engine 4を活用して制作されている。「マンダロリアン」では、特撮スタジオILMが用意した巨大LEDスクリーンに、Unreal Engie4でリアルタイム生成された背景映像を流し、その前面で俳優が演技をすることで、映像作品として成立させるという新しい映像制作手法が用いられた(このスキームで全体の4割強が撮影された)。

古典的な特撮セットでの撮影や、緑色のCG合成用の布を用いた画像合成(クロマキーと呼ばれる)による撮影では、撮影後の映像編集(ポストプロダクション)に多大なコストと時間を要するが、ゲームエンジンのリアルタイム映像生成能力を活かしてポストプロダクションを含めた制作期間短縮を達成した実例となる。

ゲームエンジンへの対応が遅れる日本勢

このような巨大LEDスクリーンにリアルタイム映像生成能力を組み合わせる映像表現は、大型のアーティストライブにも取り入れられる可能性もあるだろう。もちろん、この手法にしても、国内の標準的なドラマ制作コストやライブ制作コストには見合わないと考えられるため、国内でこの手法が一般化するとは考え難いが、新しい映像体験の技術基盤として、ゲームエンジンの存在感は今後も拡大するだろう。

日本では、Unreal Engineのエンジニアは相対的に少ないとされており、グローバルでのゲームエンジンを活用した新しい映像体験の創出という潮流に乗り遅れる可能性がある。海外エンジニアの活用やM&Aによるエンジニアの確保など、新しい映像体験の確立にどのように取り組むか、エンタメ関連企業のゲームエンジンの活用動向に注目していきたい。

(参考記事)
https://3dtotal.jp/news/22284/

https://www.unrealengine.com/ja/

関連記事

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

ランキング記事

1

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

2

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

3

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

4

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

5

村上春樹さんに学ぶ経営⑨どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?

過去2回、「ニッチ」とは「すきま」ではなく、はるかに深い概念であることを見てきました。では、どんな状態になると真の「ニッチ企業」になったといえるのでしょうか?

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中