ハードを超えた開発環境「ゲームエンジン」とは?

esports

現在、ゲームを楽しむことができるハードウェアは、専用ゲーム機、PC、スマートフォン、タブレットと多岐にわたっている。「フォートナイト」(Epic Games社)のように、各ゲーム機、スマホなどハードを超えて遊べるタイトルも増えている。

ユーザーを最大限獲得するために、可能な限りすべてのハードウェアに向けて、同一タイトルを供給することには経済合理性があると考えられるが、各ハードウェアに最適化されたプログラムでタイトルを供給すると、どうしてもコストが嵩むこととなる。したがって、開発効率化のためには、100%共通とはいかないまでも、可能な限りハードウェアの垣根を取り払った共通の開発環境でゲーム開発をすることが重要と考えられる。このようなハードウェアの固有性を可能な限り撤去したゲーム開発環境、またはミドルウェアを、「ゲームエンジン」と呼ぶ。

Unreal Engineによってゲームエンジンが普及

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲームエンジンの利用は、専用ゲーム機とPCに同一タイトルを供給してきたアメリカのゲーム会社が先鞭を付け、1998年にEpic Games社により発売された1人称シューティングゲーム(FPS)「Unreal」の開発過程で確立された技術基盤をベースとする「Unreal Engine」がその嚆矢となった。

Epic Games社は、Unreal Engineを同業他社にもライセンスアウトし、有力ゲームタイトルの開発にも採用された。現在では、Unreal Engineはゲームエンジンの一つのデファクトスタンダードとなっている(現在のバージョンは、Unreal Engine 4)。

その他、スマートフォンゲーム開発におけるゲームエンジンのデファクトスタンダードである米Unity Technology社の「Unity」、2Dゲーム開発で多用される中国の「Cocosエンジン」などが、ゲームエンジンの代表格である。

ゲームエンジンは映像制作にも活用可能

デスク

連綿と続くハードウェアの進化に寄り添う形で進化を遂げてきたゲームエンジンは、近年では専用の3D映像制作ツールを一部代替するケースも出てきている。

ゲームエンジンを使用して映像制作をすれば、同じ3Dモデルを、映像とゲームで使いまわすことが容易となる。コンテンツのメディアミックス展開が志向されるビジネス環境下では、開発効率化、モデル共用化のためにゲームエンジンの利用は今後も増加するものと考えられる。

日本でも、Unreal Engineを用いて、セルルックアニメ(表面上は2次元調のアニメでありながら、裏では3DCGで制作されるアニメ)とゲームの開発を一部共有化する動きも出てきている。また、Unreal Engineで作られた映像や3Dモデルを基にVRコンテンツを制作することも容易である。

実写の撮影を変える、ゲームエンジン

最近では、上述のような、メディアミックス展開との好相性だけではなく、“リアルタイム映像生成能力”を起因として、映像制作基盤におけるゲームエンジンの勢力拡大が見られる。ディズニーの新規動画配信サービス「ディズニープラス」のオリジナル実写ドラマである「Star Wars マンダロリアン」(Star Warsシリーズでの初めての実写ドラマ)では、Unreal Engine 4を活用して制作されている。「マンダロリアン」では、特撮スタジオILMが用意した巨大LEDスクリーンに、Unreal Engie4でリアルタイム生成された背景映像を流し、その前面で俳優が演技をすることで、映像作品として成立させるという新しい映像制作手法が用いられた(このスキームで全体の4割強が撮影された)。

古典的な特撮セットでの撮影や、緑色のCG合成用の布を用いた画像合成(クロマキーと呼ばれる)による撮影では、撮影後の映像編集(ポストプロダクション)に多大なコストと時間を要するが、ゲームエンジンのリアルタイム映像生成能力を活かしてポストプロダクションを含めた制作期間短縮を達成した実例となる。

ゲームエンジンへの対応が遅れる日本勢

このような巨大LEDスクリーンにリアルタイム映像生成能力を組み合わせる映像表現は、大型のアーティストライブにも取り入れられる可能性もあるだろう。もちろん、この手法にしても、国内の標準的なドラマ制作コストやライブ制作コストには見合わないと考えられるため、国内でこの手法が一般化するとは考え難いが、新しい映像体験の技術基盤として、ゲームエンジンの存在感は今後も拡大するだろう。

日本では、Unreal Engineのエンジニアは相対的に少ないとされており、グローバルでのゲームエンジンを活用した新しい映像体験の創出という潮流に乗り遅れる可能性がある。海外エンジニアの活用やM&Aによるエンジニアの確保など、新しい映像体験の確立にどのように取り組むか、エンタメ関連企業のゲームエンジンの活用動向に注目していきたい。

(参考記事)
https://3dtotal.jp/news/22284/

https://www.unrealengine.com/ja/

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中