ハードを超えた開発環境「ゲームエンジン」とは?

esports

現在、ゲームを楽しむことができるハードウェアは、専用ゲーム機、PC、スマートフォン、タブレットと多岐にわたっている。「フォートナイト」(Epic Games社)のように、各ゲーム機、スマホなどハードを超えて遊べるタイトルも増えている。

ユーザーを最大限獲得するために、可能な限りすべてのハードウェアに向けて、同一タイトルを供給することには経済合理性があると考えられるが、各ハードウェアに最適化されたプログラムでタイトルを供給すると、どうしてもコストが嵩むこととなる。したがって、開発効率化のためには、100%共通とはいかないまでも、可能な限りハードウェアの垣根を取り払った共通の開発環境でゲーム開発をすることが重要と考えられる。このようなハードウェアの固有性を可能な限り撤去したゲーム開発環境、またはミドルウェアを、「ゲームエンジン」と呼ぶ。

Unreal Engineによってゲームエンジンが普及

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲームエンジンの利用は、専用ゲーム機とPCに同一タイトルを供給してきたアメリカのゲーム会社が先鞭を付け、1998年にEpic Games社により発売された1人称シューティングゲーム(FPS)「Unreal」の開発過程で確立された技術基盤をベースとする「Unreal Engine」がその嚆矢となった。

Epic Games社は、Unreal Engineを同業他社にもライセンスアウトし、有力ゲームタイトルの開発にも採用された。現在では、Unreal Engineはゲームエンジンの一つのデファクトスタンダードとなっている(現在のバージョンは、Unreal Engine 4)。

その他、スマートフォンゲーム開発におけるゲームエンジンのデファクトスタンダードである米Unity Technology社の「Unity」、2Dゲーム開発で多用される中国の「Cocosエンジン」などが、ゲームエンジンの代表格である。

ゲームエンジンは映像制作にも活用可能

デスク

連綿と続くハードウェアの進化に寄り添う形で進化を遂げてきたゲームエンジンは、近年では専用の3D映像制作ツールを一部代替するケースも出てきている。

ゲームエンジンを使用して映像制作をすれば、同じ3Dモデルを、映像とゲームで使いまわすことが容易となる。コンテンツのメディアミックス展開が志向されるビジネス環境下では、開発効率化、モデル共用化のためにゲームエンジンの利用は今後も増加するものと考えられる。

日本でも、Unreal Engineを用いて、セルルックアニメ(表面上は2次元調のアニメでありながら、裏では3DCGで制作されるアニメ)とゲームの開発を一部共有化する動きも出てきている。また、Unreal Engineで作られた映像や3Dモデルを基にVRコンテンツを制作することも容易である。

実写の撮影を変える、ゲームエンジン

最近では、上述のような、メディアミックス展開との好相性だけではなく、“リアルタイム映像生成能力”を起因として、映像制作基盤におけるゲームエンジンの勢力拡大が見られる。ディズニーの新規動画配信サービス「ディズニープラス」のオリジナル実写ドラマである「Star Wars マンダロリアン」(Star Warsシリーズでの初めての実写ドラマ)では、Unreal Engine 4を活用して制作されている。「マンダロリアン」では、特撮スタジオILMが用意した巨大LEDスクリーンに、Unreal Engie4でリアルタイム生成された背景映像を流し、その前面で俳優が演技をすることで、映像作品として成立させるという新しい映像制作手法が用いられた(このスキームで全体の4割強が撮影された)。

古典的な特撮セットでの撮影や、緑色のCG合成用の布を用いた画像合成(クロマキーと呼ばれる)による撮影では、撮影後の映像編集(ポストプロダクション)に多大なコストと時間を要するが、ゲームエンジンのリアルタイム映像生成能力を活かしてポストプロダクションを含めた制作期間短縮を達成した実例となる。

ゲームエンジンへの対応が遅れる日本勢

このような巨大LEDスクリーンにリアルタイム映像生成能力を組み合わせる映像表現は、大型のアーティストライブにも取り入れられる可能性もあるだろう。もちろん、この手法にしても、国内の標準的なドラマ制作コストやライブ制作コストには見合わないと考えられるため、国内でこの手法が一般化するとは考え難いが、新しい映像体験の技術基盤として、ゲームエンジンの存在感は今後も拡大するだろう。

日本では、Unreal Engineのエンジニアは相対的に少ないとされており、グローバルでのゲームエンジンを活用した新しい映像体験の創出という潮流に乗り遅れる可能性がある。海外エンジニアの活用やM&Aによるエンジニアの確保など、新しい映像体験の確立にどのように取り組むか、エンタメ関連企業のゲームエンジンの活用動向に注目していきたい。

(参考記事)
https://3dtotal.jp/news/22284/

https://www.unrealengine.com/ja/

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中