マーケティング・コミュニケーションの意味とは?

マーケティング・コミュニケーションとは、売れる仕組みをつくるコミュニケーション活動全般です(注1)。広報やPRなどのコミュニケーション活動の展開で、顧客や見込み客との良好な関係を構築する戦略的なビジネス・プロセスと定義されています。

マーケティング・コミュニケーションの取り組みは、下記のとおりです。

  • テレビや新聞、街中の看板やポスターといった広告
  • プレスリリースや発表会、機関紙、刊行物などの広報(パブリシティ)
  • タイムセールや期間限定の割引、クーポンなどの販売促進
  • 電話やカタログ、メールマガジンなどのダイレクト・マーケティング
  • 店頭での実演販売や販売会、訪問販売などの人的販売

マーケティング・コミュニケーションの役割

マーケティング・コミュニケーションには、サービスとユーザーをつなげる役割があります。ユーザーにサービスを知ってもらい、興味を持ってもらうことが第一歩です。

マーケティング・コミュニケーションの一般的な役割の詳細を知ると、経営戦略に取り入れて展開する上で大きな強みとなるでしょう。

ここでは、マーケティング・コミュニケーションの役割について詳しく解説します。

サービスの有形化

マーケティング・コミュニケーションは第一に、製品やサービスをロゴ・マークやコミュニケーション・マークによって有形化する役割があります(注2)。

ロゴ・マークやコミュニケーションには、Apple社のリンゴマークのロゴ、デザインや文字で構成された大学のブランドイメージを表現したマークが、当てはまります。

顧客教育

顧客教育も、マーケティング・コミュニケーションの役割の1つです。事業者側が顧客教育を施すと、サービスの品質を維持しやすくなります。

具体的には、事業者が顧客の製品購入時に、取り扱い方法や自社の価値観などについて解説することが顧客教育といえます。こうした情報を顧客に伝えると、消費者が製品を大切にし、リピートする確率も向上するでしょう。

既存顧客の関係維持に特別な情報提供

既存の顧客との関係を長期的なものにするための特別な情報提供もマーケティング・コミュニケーションの役割として位置付けられます。

具体的な例として、来店して商品を購入した消費者に対し、後日はがきを送るなどが当てはまるでしょう。LINEやメールマガジンでの情報発信も、顧客との関係維持に役立つ情報提供です。こうした情報提供によって、製品やサービスの認知が高まり、リピーターが増えます。

マーケティング・コミュニケーションの成功事例

マーケティング・コミュニケーションが成功すると、サービスの認知度向上や、利用顧客増加などの効果を得られます。

ここでは、マーケティング・コミュニケーションの導入で実際に成功した事例を紹介しましょう。いずれも、マーケティング戦略の構築から、コミュニケーション活動が適切に行われ、顧客との関係構築に成功した事例です。

YouTube「好きなことで生きていく」

オンライン動画共有プラットフォームのYouTubeが、2014年に打ち出した「好きなことで、生きていく」と呼ばれる広告は、優れたマーケティング・コミュニケーションの筆頭事例といえます。

このキャンペーンの狙いは、動画配信を行うクリエイター「YouTuber」の募集です。現在も国内トップクラスのYouTuberとして活動するHIKAKINをはじめ、著名なYouTuberをテレビCMや街頭広告などで大体的にPRしました。

このキャンペーンによってYouTuberの認知度が飛躍的に高まっただけでなく、ユーザーの動画投稿への心理的障壁が下がり、YouTuberが増える契機になったといえるでしょう。

サウスウエスト航空「トランスファレンシー」

トランスファレンシー(Transfarency)は、Transparency(透明性)とFare(料金)を掛け合わせた造語です。サウスウエスト航空は、キャンペーンの一環として、燃油サーチャージを無料にする#FeesDontFlyというイベントを実施しました。

自社の航空サービスの優位性を説明した後、空港の荷物受け取りカウンターでギフトカードや無料チケットを搭乗客に手渡し、他のエアラインに払ったサーチャージ料を相殺します。そして次のフライトでサウスウエスト航空を選んでもらえるよう促し、多数のリピーターを獲得しました。

他にも、手荷物やフライトの変更方法、機内で提供される飲食物の料金などをテレビやラジオ、Webページで告知。顧客にとって親しみやすいブランドイメージの形成にも成功しています。

Dentsu Aegis Network「Dead Whale」

最後に紹介するのは、電通の連結子会社、Dentsu Aegis Network(DAN、現Dentsu International Limited)が2017年に実施した「Dead Whale」と呼ばれるマーケティング・コミュニケーションです。

DANは、2017年のASEAN(東南アジア諸国連合)サミット中に、海洋汚染が進むフィリピンの都市の海岸に、約22mのクジラの模型を設置しました。クジラはフィリピンの海岸に打ち上げられた160kgのプラスチック製の廃棄物を使って作成されたものです。ASEANサミットで海洋プラスチックが議題に挙げられ、話題を呼びました。

Dead Whaleは、沿岸の環境保護を訴える広告効果が強く、100カ国で15億のインプレッションを獲得。世界最大級の広告賞、カンヌライオンズでもゴールドライオンを獲得するなど、高い評価を得ました。

マーケティング・コミュニケーションを成功に導くポイント

マーケティング・コミュニケーションは、自社の商品やサービスを消費者に伝える手段ですが、より魅力的に見せる努力が必要です。ここでの「魅力」とは、情報コンテンツをメディアが進んで報道したり、多くの人がSNSで発信したりすることです。

ここからは、マーケティング・コミュニケーションを経営に取り入れて成功させるためのポイントを、魅力のあるコンテンツの作り方と併せて解説します。

PRプランニングをしっかり行う

優れたマーケティング・コミュニケーションの実行には、マーケティング戦略を策定する初期段階からのしっかりとしたPRプランニングが大切です(注1)。

PRプラニングは、広告や広報、販売促進といった適切なPR手法の選択はさることながら、他者に発信したくなるニュース作りが求められます。PR対象とする商品やサービスに、新規性・独自性が含まれていれば、第三者によって扱われ、露出が増えるでしょう。

第三者がレピュテーションを作るよう促す

マーケティング・コミュニケーションは、第三者のレピュテーション(評判)向上も重要です(注1)。第三者が商品やサービスの価値を評価し、拡散すると、商品、サービスの価値向上に直結します。

人が情報を広めたくなる要素には、下記が挙げられます。

  1. 相反する要素を併せ持つ「逆説、対立構造」
  2. 人の記憶に残りやすい「最上級、初、独自」
  3. 地域の情報を盛り込んだ「社会性、地域性」
  4. 人を起点としたストーリーである「役者、人情」
  5. 説明しやすい「キーワード、数字」
  6. トレンドを表現する「時流、世相、季節性」

これらの要素を意識して情報コンテンツを作ると、レピュテーションの向上が成功しやすくなるでしょう。

コンテンツ作りにこだわる

マーケティング・コミュニケーションは、人が発信したくなるコンテンツ作りが肝になります(注1)。発信者は、レピュテーションの形成で説明した6つの要素を踏まえたコンテンツ作りに注力するとともに、コンテンツの中のストーリーを作りも重要です。

ストーリー制作に重要なのは、事実に即したものである他、生活者に与えるメリットの創出です。ストーリーを生活者の環境に近づけるほど、ストーリーを受け取る消費者が商品やサービスに共感しやすくなります。

企業の経営戦略にマーケティング・コミュニケーションは有効

マーケティング・コミュニケーションは、多くの人が発信したいと思えるコンテンツ作りが重要であるとわかりました。

コンテンツが魅力的であれば、広告費を過剰に割かなくとも、自社の商品やサービスが市場に波及していきます。その結果、広告費の削減で利益が増えたり、リピーターを獲得しやすくなったりするでしょう。

Frontier Eyes Onlineでは、マーケティング・コミュニケーションなど、ビジネスで使えるさまざまな情報を提供しています。ぜひメルマガに登録してみてください。

関連記事

戦略と戦術の違いは?具体例やマーケティングにおけるポイントを解説

企業が成長し続けていくために、全体の方針を示す「戦略(経営戦略)」を立てることは必須です。 しかし、戦略を立てるだけでは、経営には不十分といえます。自社の強みを活かし、戦略を実現するために競合とわたりあっていくには、具体的な方法である「戦術」の策定も必要です。 戦略と戦術は、似ているようで異なります。そこで本記事では戦略と戦術の違いを解説し、事例やポイントを紹介します。

子会社設立のメリット・デメリットとは?経営者視点から徹底解説

子会社とは、意思決定の場面で親会社の支配を受ける会社のことです。節税効果の向上や経営の安定化などのメリットが期待され、M&Aなどでもよく採用されています。 メリットが注目される子会社設立ですが、もちろんデメリットもあります。また、子会社の設立や管理に際してのポイントを把握しておくことが大切です。 そこで本記事では、子会社の意味とともに、子会社設立のメリット・デメリット、子会社を有効活用するためのポイントについて経営者視点から解説します。

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中