MaaSとは?すべての交通サービスがICTでシームレスに接続する

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、「サービスとしてのモビリティ」。つまりICT(情報通信技術)を利用して、あらゆる交通機関・移動手段をシームレスにつなげるという概念です。

従来型のモビリティサービスでは、電車、バス、タクシー、カーシェアやサイクルシェアなどの交通サービスに対し、情報の収集や移動行程の設計、予約や支払いを利用者自身が個別で行う必要がありました。

一方、MaaSは、スマホアプリをはじめとした単一のプラットフォームを通じて、ワンストップで検索・予約・決済・利用の実現を目指します。

MaaSのパイオニアは北欧フィンランドの交通アプリ「Whim(ウィム)」

フィンランドの首都ヘルシンキでは、マイカーの利用者が増加したことで、深刻な交通渋滞が発生していました。それに伴い、都市部を中心に駐車場不足や、路上駐車の増加、さらには排気ガスの排出量増加による大気汚染など、さまざまな社会課題が顕在化していました。

深刻な交通渋滞という問題を抱えるフィンランド政府は、100以上の民間企業や団体、組織とMaaS型モビリティサービスの概念を生み出したサンポ・ヒエタネン氏と協力。同氏は、世界初となるMaaSのスタートアップ企業・MaaS Globaを2015年に創業。2016年に同社は、スマホアプリ「Whim」をリリースしています。

Whimは目的地を入力することで、複数の交通手段から最適な経路を自動で検索。最適な交通手段の予約から決済までを一括で行えるサービスとして、フィンランドで急速に普及しました。

現在では、イギリス、ベルギー、オーストリアなど欧米諸国でもサービス展開しており、2020年からは千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅周辺から実証実験が始まる予定です。

MaaSの5つのレベル。アナログ型のサービスから交通全体の最適化へ

スウェーデンのチャルマース工科大学の研究チームは、MaaSをレベル0〜4の5つの段階によって分類し、その進化度合を示しています。

レベル0:統合なし 従来のアナログ型の交通サービス。各種サービスの間で連携や意思疎通は見られず、それぞれ独立したサービスを展開している。
レベル1:情報の統合 情報がデジタル化され、各種事業者の間で情報共有がなされる。同一のプラットフォームで、目的地までの経路や所要時間、料金などを横断検索できる。スマートフォンの乗換案内アプリなどが代表例。
レベル2:検索・予約・決済の統合 同一のプラットフォーム上での交通案内だけでなく、各種交通機関の予約・発券・決済がシステム化される。既存の乗換案内アプリに決済機能が加わり、各種事業者への運賃の支払いが可能になる。
レベル3:サービス提供の統合 あらゆる交通・移動手段の統合がさらに進む。公営・民間を問わず、交通機関だけでなくシェアリングサービスも加わり、あらゆる移動手段が利用可能になる。また、一定区域内の移動サービスが乗り放題になるプラットフォームやサブスクリプションサービスが想定される。
レベル4:政策の統合 事業者レベルの努力に加え、国や自治体のサポートが得られる。観光開発やスマートシティなどの政策とMaaSが結びつき、交通渋滞の解消や高齢者の利便性の向上といった社会課題の解決が期待される。

現在、日本のMaasはレベル1の段階にあり、交通機関の時刻表や料金などの情報が各事業者で共有されていますが、レベル2の予約や決済のサービスレベルまでは統合されていません。

MaaSが解決する2つの社会課題とメリット

では、MaaSが国内で広く普及すると、どのようなメリットや社会課題を解決できるのでしょうか。

1.地方の移動手段の不足を解消。交通の利便性を向上できる

人口流出、高齢化がすすむ地方では、交通機関従事者も減少しており、採算性の観点からも、交通サービスの持続が困難になりつつあります。

移動手段の不足をMaaSによって移動手段と利用者をリアルタイムにマッチングできれば、交通サービス効率化の実現できます。

このように利用者の予約情報をもとにして最適なタイミングで配車を行うサービスを「AIデマンド交通」と呼びます。

2.都市部での渋滞問題を解決。大気汚染などの環境問題を解消する

MaaSが普及し、マイカーを公共交通機関に置き換えれば、都市部の交通渋滞を減らせます。路上駐車や駐車場不足などの都市問題が解消され、排気ガスの減少により大気汚染の改善も期待されます。

前述のフィンランドの例では、環境に配慮して交通手段の優先順位が決められており、自家用車は低く設定されています。そのためMaaSが普及することで、大気汚染やCO2排出量などの環境問題にも好影響があると考えられています。

【2020年】国内でのMaaSの導入事例や実証実験の現在

トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社モネ・テクノロジーズは、さまざまな企業や自治体と連携し、MaaSの共通のプラットフォームとなる「MONETプラットフォーム」の実証実験を行っています。

ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」というサービス面のノウハウと、トヨタの「全ての人に移動の自由を」というモビリティのビジョンを組み合わせ、便利で安心安全な未来の交通サービスをユーザーに提供するのが、MONETプラットフォームの目的です。

MONETプラットフォームには、配車・予約の機能のほか、交通情報や車両データなどを各事業者と共有する仕組みが備わっています。

日野・ホンダなど、トヨタ以外の自動車メーカーも参加を表明しており、今後大きなMaaSプラットフォームに成長していくことが期待されています。

【MaaS事例2】JR東日本「変革2027」

JR東日本は、2020年に「リアルからデジタルへ」「マスからパーソナルへ」といった市場変化に伴い、Suicaを活用した「MaaS・Suica推進本部」を設置しました。

目的は2027年までに「24時間、あらゆる生活シーンで最適な手段を組み合わせて移動・購入・決済等のサービスを利用できる環境を実現」することです。その一環として全日空空輸株式会社(ANA)、みんなのタクシー株式会社などと連携を進めています。

【MaaS事例3】小田急電鉄のアプリ「EMot(エモット)」

小田急電鉄株式会社は、2019年10月に共通データ基盤「MaaS Japan」を活用したMaaSアプリ「EMot」の実証実験を開始。以降、サービスを拡充しています。

箱根エリアの観光をお得に簡単に楽しめる「デジタル箱根フリーパス」や自家用車から公共交通機関へのシフトを推奨するバス無料チケットの発行などアプリ内で移動や食事などのライフスタイルに関わるすべてのサービスを一気通貫で提供することを目指しています。

多岐にわたるMaaSのサービス

maasのカオスマップ
上図は、ボールドライト株式会社が発表したMaaS業界のカオスマップです。上記の事例で紹介したサービスは、いわゆる統合型と呼ばれています。

MaaSと一口に言っても統合型以外にも、カーシェア、シェアサイクル、ライドシェア、シェアパーキング、自動運転、相乗り、配車など実に多岐に渡り、今後、さらに業界では激しい競争が見込まれます。

現状のMaaS論には課題も存在する

人々の移動を快適にし、便利で安心安全な暮らしを実現するためには、MaaSの導入は欠かせません。

しかし、現状のMaaS論には、抜け落ちている論点も存在します。それが「負の外部性」「反復化による価値低下」「移動時間の重要性」です。

詳細については下記の記事をご覧ください。

関連記事:MaaS狂騒曲

<参考>
「移動」の概念が変わる? 新たな移動サービス「MaaS(マース)」 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

関連記事

ハイブリッドクラウドを導入するメリット・デメリットや活用事例を紹介

現在多くの企業は、業務効率化や生産性向上のため、IT化によって自社のサーバーやデータを管理する必要があります。 従来は企業内だけで通信するネットワーク内にサーバーを設置し、データを管理するオンプレミス(自社運用型)が主流でしたが、近年はクラウド環境の導入が進んでいます。 クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、誰でもアクセスできるインターネット経由でサービスを利用できる技術です。 さらにクラウド技術の活用が進むにつれ、最近では「ハイブリッドクラウド」という運用スタイルが広がっています。このスタイルには一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、ハイブリッドクラウドについての基礎知識やメリット・デメリット、ハイブリッドクラウドを活用した事例などを解説します。

スピンオフとスピンアウトの違いとは?国内外の事例や税制についても解説

近年、複数の市場に挑戦する多角化企業が事業を分離し、企業価値の向上のためにそれぞれの事業に集中特化した経営戦略を採用する事例が目立ちます。 こうした事業フォーカスを強化するための事業展開に、「スピンオフ」や「スピンアウト」と呼ばれる手法があります。 それぞれどのような共通点や違いがあり、どのようなメリットがあるのでしょうか?本稿では、国内外の事例や税制の観点も交えてご紹介します。

景気循環の波「キチン・サイクル」とは?その定義やメカニズムについて

景気循環の波を語る上で欠かせない「キチン・サイクル(キチンの波)」とは、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、キチン・サイクルの定義やメカニズムに言及し、その他、3つの波について詳しく解説していきます。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中