MaaSとは?すべての交通サービスがICTでシームレスに接続する

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、ICT(情報通信技術)を通じ、マイカー以外のあらゆる交通機関をシームレスにつなげるという概念です。

従来型のモビリティサービスでは、電車、バス、タクシー、カーシェアやサイクルシェアなどの交通サービスに対し、情報の収集や移動行程の設計、予約や支払いを利用者自身が個別で行う必要がありました。

一方、MaaSは、スマホアプリをはじめとした単一のプラットフォームを通じて、ワンストップで検索・予約・決済・利用の実現を目指します。

MaaSのパイオニアは北欧フィンランドの交通アプリ「Whim(ウィム)」

フィンランドの首都ヘルシンキでは、マイカーの利用者が増加したことで、深刻な交通渋滞が発生していました。それに伴い、都市部を中心に駐車場不足や、路上駐車の増加、さらには排気ガスの排出量増加による大気汚染など、さまざまな社会課題が顕在化していました。

深刻な交通渋滞という問題を抱えるフィンランド政府は、MaaS型モビリティサービスを世界で初め立ち上げたスタートアップ企業・MaaS GlobalのCEOサンポ・ヒエタネン氏と協力し、2014年にMaaSを発表しました。

MaaS Globalは2016年にMaaSのパイオニアと呼ばれるスマホアプリ「Whim」をリリースしています。Whimは目的地を入力することで、最適な経路を自動で検索し、さまざまな交通機関を自由に乗り降りできる画期的な定額制サービスとして、フィンランドでは広く知られています。

MaaSの5つのレベル。アナログ型のサービスから交通全体の最適化へ

スウェーデンのチャルマース工科大学の研究チームはMaaSを5つの段階によって分類しました。

レベル0:統合なし 従来のアナログ型の交通サービス。各種サービスの間で連携や意思疎通は見られず、それぞれ独立したサービスを展開している。
レベル1:情報の統合 情報がデジタル化され、各種事業者の間で情報共有がなされる。同一のプラットフォームで、目的地までの経路や所要時間、料金などを横断検索できる。スマートフォンの乗換案内アプリなどが代表例。
レベル2:検索・予約・決済の統合 同一のプラットフォーム上での交通案内だけでなく、各種交通機関の予約・発券・決済がシステム化される。既存の乗換案内アプリに決済機能が加わり、各種事業者への運賃の支払いが可能になる。
レベル3:サービス提供の統合 あらゆる交通・移動手段の統合がさらに進む。公営・民間を問わず、交通機関だけでなくシェアリングサービスも加わり、あらゆる移動手段が利用可能になる。また、一定区域内の移動サービスが乗り放題になるプラットフォームやサブスクリプションサービスが想定される。
レベル4:政策の統合 事業者レベルの努力に加え、国や自治体のサポートが得られる。観光開発やスマートシティなどの政策とMaaSが結びつき、交通渋滞の解消や高齢者の利便性の向上といった社会課題の解決が期待される。

現在、日本のMaasはレベル1の段階にあり、交通機関の時刻表や料金などの情報が各事業者で共有されていますが、レベル2の予約や決済のサービスレベルまでは統合されていません。

MaaSが解決する2つの社会課題

MaaSが国内で広く普及することで、どのような社会課題の解決に貢献するのでしょうか。。

1.地方における移動手段の不足を解消し、交通の利便性を向上させる

人口の流出が続く地方では、交通機関従事者が減少し、交通サービスの持続可能な供給が困難になりつつあります。

また、少子高齢化により、マイカーを運転できる人が少なくなり、移動手段が不足し始めています。そこでMaaSによって、地域の移動手段と利用者をリアルタイムにマッチングすることで、交通サービス効率化の実現が期待されます。

利用者の予約情報をもとにして最適なタイミングで配車を行うサービスを「AIデマンド交通」と呼びます。

2.都市部での渋滞問題を解決し、大気汚染などの環境問題を解消する

MaaSが普及し、マイカーを公共交通機関に置き換えれば、都市部の交通渋滞を減らせます。

路上駐車や駐車場不足などの都市問題が解消され、排気ガスの減少により大気汚染の改善も期待されます。

【2020年】国内でのMaaSの導入事例や実証実験の現在

日本においても、都市計画や観光開発もふくめたMaaSが構想されており、令和元年から全国各地で実証実験がスタートしています。

今回はトヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社モネ・テクノロジーズの事例を紹介します。

トヨタ自動車とソフトバンクがつくるMaaSのプラットフォーム

モネ・テクノロジーズは、さまざまな企業や自治体と連携し、MaaSの共通のプラットフォームとなる「MONETプラットフォーム」の実証実験を行っています。

ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」というサービス面のノウハウと、トヨタの「全ての人に移動の自由を」というモビリティのビジョンを組み合わせ、便利で安心安全な未来の交通サービスをユーザーに提供するのが、MONETプラットフォームの目的です。

MONETプラットフォームには、配車・予約の機能のほか、交通情報や車両データなどを各事業者と共有する仕組みが備わっています。

日野・ホンダなど、トヨタ以外の自動車メーカーも参加を表明しており、今後大きなMaaSプラットフォームに成長していくことが期待されています。

現状のMaaS論には課題も存在する

人々の移動を快適にし、便利で安心安全な暮らしを実現するためには、MaaSの導入は欠かせません。

しかし、現状のMaaS論には、抜け落ちている論点も存在します。それが「負の外部性」「反復化による価値低下」「移動時間の重要性」です。

詳細については下記の記事をご覧ください。

関連記事:MaaS狂騒曲

<参考>
「移動」の概念が変わる? 新たな移動サービス「MaaS(マース)」 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

関連記事

シェアド・リーダーシップとは?リーダーシップ論の変遷とともに解説~「経営人材」へのサプリメント■第1回

「リーダーシップ」に対する考え方が、近年変化している。多種多様なリーダーシップ論があふれているが、この記事ではチーム全体でリーダーシップを発揮するという「シェアド・リーダーシップ」を紹介する。

心理的安全性とは?生産性向上のための環境を~「経営人材」へのサプリメント■第2回~

Googleの労働改革プロジェクトの調査チームが、チームの生産性を向上させるためには「心理的安全性」を高めることだと発表してから、多くの企業が関心を示している。今回は、その「心理的安全性」とは何かを紹介する。

「ニューノーマル」って言うな!

「ニューノーマル」や「新しい生活様式」という言葉が、市民権を獲得し始めている。「これからは過去の常識が通用しなくなる」「元には戻らない」といった、勇ましい言葉が跋扈(ばっこ)している。しかし、我々人間は過去において、コロナ禍とは比較にならないほど大きな、断層的な変化を乗り越えてきた。現在、我々の眼前にあるのは本当に「ニューノーマル」なのだろうか。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中