MaaSとは?すべての交通サービスがICTでシームレスに接続する

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、ICT(情報通信技術)を通じ、マイカー以外のあらゆる交通機関をシームレスにつなげるという概念です。

従来型のモビリティサービスでは、電車、バス、タクシー、カーシェアやサイクルシェアなどの交通サービスに対し、情報の収集や移動行程の設計、予約や支払いを利用者自身が個別で行う必要がありました。

一方、MaaSは、スマホアプリをはじめとした単一のプラットフォームを通じて、ワンストップで検索・予約・決済・利用の実現を目指します。

MaaSのパイオニアは北欧フィンランドの交通アプリ「Whim(ウィム)」

フィンランドの首都ヘルシンキでは、マイカーの利用者が増加したことで、深刻な交通渋滞が発生していました。それに伴い、都市部を中心に駐車場不足や、路上駐車の増加、さらには排気ガスの排出量増加による大気汚染など、さまざまな社会課題が顕在化していました。

深刻な交通渋滞という問題を抱えるフィンランド政府は、MaaS型モビリティサービスを世界で初め立ち上げたスタートアップ企業・MaaS GlobalのCEOサンポ・ヒエタネン氏と協力し、2014年にMaaSを発表しました。

MaaS Globalは2016年にMaaSのパイオニアと呼ばれるスマホアプリ「Whim」をリリースしています。Whimは目的地を入力することで、最適な経路を自動で検索し、さまざまな交通機関を自由に乗り降りできる画期的な定額制サービスとして、フィンランドでは広く知られています。

MaaSの5つのレベル。アナログ型のサービスから交通全体の最適化へ

スウェーデンのチャルマース工科大学の研究チームはMaaSを5つの段階によって分類しました。

レベル0:統合なし 従来のアナログ型の交通サービス。各種サービスの間で連携や意思疎通は見られず、それぞれ独立したサービスを展開している。
レベル1:情報の統合 情報がデジタル化され、各種事業者の間で情報共有がなされる。同一のプラットフォームで、目的地までの経路や所要時間、料金などを横断検索できる。スマートフォンの乗換案内アプリなどが代表例。
レベル2:検索・予約・決済の統合 同一のプラットフォーム上での交通案内だけでなく、各種交通機関の予約・発券・決済がシステム化される。既存の乗換案内アプリに決済機能が加わり、各種事業者への運賃の支払いが可能になる。
レベル3:サービス提供の統合 あらゆる交通・移動手段の統合がさらに進む。公営・民間を問わず、交通機関だけでなくシェアリングサービスも加わり、あらゆる移動手段が利用可能になる。また、一定区域内の移動サービスが乗り放題になるプラットフォームやサブスクリプションサービスが想定される。
レベル4:政策の統合 事業者レベルの努力に加え、国や自治体のサポートが得られる。観光開発やスマートシティなどの政策とMaaSが結びつき、交通渋滞の解消や高齢者の利便性の向上といった社会課題の解決が期待される。

現在、日本のMaasはレベル1の段階にあり、交通機関の時刻表や料金などの情報が各事業者で共有されていますが、レベル2の予約や決済のサービスレベルまでは統合されていません。

MaaSが解決する2つの社会課題

MaaSが国内で広く普及することで、どのような社会課題の解決に貢献するのでしょうか。。

1.地方における移動手段の不足を解消し、交通の利便性を向上させる

人口の流出が続く地方では、交通機関従事者が減少し、交通サービスの持続可能な供給が困難になりつつあります。

また、少子高齢化により、マイカーを運転できる人が少なくなり、移動手段が不足し始めています。そこでMaaSによって、地域の移動手段と利用者をリアルタイムにマッチングすることで、交通サービス効率化の実現が期待されます。

利用者の予約情報をもとにして最適なタイミングで配車を行うサービスを「AIデマンド交通」と呼びます。

2.都市部での渋滞問題を解決し、大気汚染などの環境問題を解消する

MaaSが普及し、マイカーを公共交通機関に置き換えれば、都市部の交通渋滞を減らせます。

路上駐車や駐車場不足などの都市問題が解消され、排気ガスの減少により大気汚染の改善も期待されます。

【2020年】国内でのMaaSの導入事例や実証実験の現在

日本においても、都市計画や観光開発もふくめたMaaSが構想されており、令和元年から全国各地で実証実験がスタートしています。

今回はトヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社モネ・テクノロジーズの事例を紹介します。

トヨタ自動車とソフトバンクがつくるMaaSのプラットフォーム

モネ・テクノロジーズは、さまざまな企業や自治体と連携し、MaaSの共通のプラットフォームとなる「MONETプラットフォーム」の実証実験を行っています。

ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」というサービス面のノウハウと、トヨタの「全ての人に移動の自由を」というモビリティのビジョンを組み合わせ、便利で安心安全な未来の交通サービスをユーザーに提供するのが、MONETプラットフォームの目的です。

MONETプラットフォームには、配車・予約の機能のほか、交通情報や車両データなどを各事業者と共有する仕組みが備わっています。

日野・ホンダなど、トヨタ以外の自動車メーカーも参加を表明しており、今後大きなMaaSプラットフォームに成長していくことが期待されています。

現状のMaaS論には課題も存在する

人々の移動を快適にし、便利で安心安全な暮らしを実現するためには、MaaSの導入は欠かせません。

しかし、現状のMaaS論には、抜け落ちている論点も存在します。それが「負の外部性」「反復化による価値低下」「移動時間の重要性」です。

詳細については下記の記事をご覧ください。

関連記事:MaaS狂騒曲

<参考>
「移動」の概念が変わる? 新たな移動サービス「MaaS(マース)」 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

関連記事

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

村上春樹さんから学ぶ経営⑥ 靴箱の中で生きればいいわ

通勤にかかる時間。2時間/日×250日/年×40年間=2万時間。死ぬ時に後悔すること間違いないでしょう。2万時間の効率化は極めて有意義だと思います。同時に、「人を見たらウイルスと思え」といった極端な文言が見られたほど、人と人との距離をとることが推奨される社会。しかし、そこに潜む危険について考えてみたいと思います。それでは、今月の文章です。

インサイドセールスで営業効率化!フィールドセールスとの違いやメリットなど

インサイドセールスとは、電話やメールなどでのコミュニケーションを通して見込顧客のニーズを育てていく営業スタイルです。もともとアメリカで生まれた営業手法ですが、近年は日本でも注目されています。フィールドセールス主体の営業活動からインサイドセールスとの併用へシフトする企業が増えています。 今回はインサイドセールスについて、導入するメリットや考えられるデメリット、成功させるためのポイントなどを解説していきます。

ランキング記事

1

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~

弊社のネットメディア立ち上げにあたり、できれば面白いことを書きたいと考えました。筆者の出自はハイテク産業の調査であり、ハイテク産業に関するあれこれを書くことが期待されていることでしょう。ただ、それではつまらない。なにせ私の著作の一つは『経営危機には給料を増やす ~ 世界一位企業をつくった天邪鬼経営』(日本経済新聞出版)。もちろん、時にはハイテクさんに関することも書くとして、変わった切り口で経営を議論していきたいと考えました。

3

ドローン宅配のメリット&課題を解説!物流に革命を起こすのはAmazonか?楽天か?

かねてから物流業界は、ドライバー不足や再配達の増加が課題とされていました。そこに、新型コロナウイルスの影響で宅配需要が急増し、物流業界はいまだかつてない窮地に陥っています。そんな物流業界の救世主として期待を一身に集めているのが「ドローン宅配」です。 今回は「空に革命を起こす」と言われるドローン宅配について、メリットや懸念点などを中心に解説していきましょう。

4

「PCR」で読み解くポストコロナのサービス業

「つながりたい」「つながりたくない」。ポストコロナの消費者は、矛盾する2つの欲求を抱える。サービス業は両立できないニーズにどう応えるのか。「PCR」(Place/Point,Content,Remote)をキーワードに読み解いた。

5

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

人気のキーワード