無形文化遺産「和食」

無形文化遺産「和食」

和食は2013年にユネスコの無形文化遺産に登録された。伝統技術といった分野の登録・保護が主な目的で2010年に「食」が対象となった。それをきっかけに、フランスの美食術、メキシコの伝統料理などが登録された。

和食は、南北に伸びた日本の国土も相まって地域独自の発展を遂げた。太平洋側と日本海側にて水揚げされる魚介類が異なり、地域ごとに異なる出汁・醤油・日本酒等の文化が存在。

地域の郷土料理に合わせた味・文化が育まれてきた。

※筆者も、両親が鹿児島、自身の育ちは関東のため、帰省すると味の違いに驚くことがある。

中小企業が支える「和食」

中小企業が支える「和食」

▲出所:国税庁「酒のしおり」、しょうゆ情報センター「醤油の統計資料」、経済産業省「工業統計」よりFMI作成
注:酒税法改定の観点から2017年データで統一比較、ソース製造業のみ「工業統計」従業員4人以上の事業所数を採用

日本国内の洋食関連と和食関連メーカーの企業数を比較した場合、洋食関連メーカーの方が少なく、和食関連メーカーの方が多く存在する市場である。

これは市場規模の大小とメーカー数が相関しているわけではなく、洋食関連に比べ和食関連メーカーは中小企業が多いことを意味する。

地場スーパーの存在

スーパーマーケットの業界構造も「日本の食文化≒和食」の特徴を表している。

日本のスーパーマーケット市場は、大手全国チェーンの他に“地場スーパー”の存在感も大きい。その背景は、先に述べた“地域の味”に合わせた品揃えが全国チェーンに比べ、地場スーパーの方が優れているためと言われる。

世界での和食ブームは幻想?

世界での和食ブームは幻想?

海外における和食文化の広がりはどうだろうか。健康志向も相まって世界では和食ブームが広がっているとも耳にする。

農林水産省の調査によると海外における日本食レストランの数は2006年には約2.6万店だったが、2019年には約15.6万店まで増加(アジアでは約10.1万店、北米では約2.9万店存在)。13年間で6倍(年平均成長率15.5%)と急増している。

一方で、人口10万人当たりの和食レストランの店舗数を見ると、アジアが2.2店、北米では5.1店舗。

日本の中華料理店は41.6店(ラーメン店・中華そば店を除いた中華料理店の場合は11.7店)であり、まだまだ及んでいないのが実態である。

輸出は増えても、国内減少を吸収できない

輸出は増えても、国内減少を吸収できない

▲出所:国税庁「酒のしおり」、財務省「貿易統計」よりFMI作成

また先に述べた日本酒の「国内消費量」と「海外輸出量」の推移を比較すると、どうなるのか?

海外への輸出量は10年前と比較すると2倍以上と着実に増加している一方で、国内消費量の減少をカバーしていない。

この現象は日本酒に限ったことだけではなく、他の和食市場の多くが同様である。海外への輸出量は国内消費に比べ極僅かであり、国内消費量に至っては減少の一途を辿っている。

国内市場の減少背景は、人口減少だけでなく、食生活の欧米化により日本人が和食を選択しなくなった結果と言える。(主食用米の1人当たり消費量も減少)

熾烈な競争

熾烈な競争

また、海外市場は成長市場であるため、各企業の競争は熾烈だ。

比較的海外で受け入れられる日本のビールにおいても、アメリカのスーパーでは4大メーカーの主力ブランドのみが棚にあれば良い方で、それ以外が棚を取っていることは稀である。

日本国内のコンビニやスーパーの棚を見れば、殆どが国内メーカーの製品である。海外製品はビールであればバドワイザーかハイネケン、ホットソースであればタバスコといった主要メーカーのみが並ぶ。海外で和食食材は、限られた棚を確保する必要がある。

つまり、中堅以下の難しさが伺える。

国内(域内)or海外(域外)の“まえ”に

国内(域内)or海外(域外)の“まえ”に

海外市場の競争が激しく国内市場も縮小。となれば「ピボット」や「多角化」を図ることで他市場への参入を考える。

但し、国内(域内)or海外(域外)かに関係なく、最も重要なのは自社の優位性・競争力を見極め、正しいビジネス領域で正しい経営を行うことだ。また周辺領域の進出に際し、ケイパビリティ(組織、企業の持つ能力)が足りない部分があるならば、それを補完することだ。

コンサルティングの現場では、国内(域内)経済の縮小に怯え、闇雲に周辺領域に進出し、失敗しているケースを多々目にする。

門外不出・秘伝のワナ:裸の王様

門外不出・秘伝のワナ:裸の王様

伝統的な和食関連のメーカーでは門外不出・秘伝の製法を守るため、創業一族による経営が続いてきたケースが多い。

代表以外の幹部も一族で固められていることも多く、社内外における創業家の存在は非常に大きい。この事自体は決して悪いことではないが、先に述べた周辺領域への進出に際しては足枷になる。

自社・自身の専門を超え、新たな領域への進出に至っては、外部の活用・連携といった「新たな視点・意見を取り入れる」ことが重要である。別の視点・意見を寄せ付けず、幹部や周辺にイエスマンばかりを配置すると「裸の王様」にもなりがちだ。あえて批判や反論をする幹部・外部の存在が重要である。

組織運営に求められる「伝統的正当性」

一方、大規模な事業ポートフォリオの入れ替えには強烈なリーダーシップ・権威も必要となる。

新領域を育たてるためには時間を要し、また社内での逆風にさらされることも珍しくない。

外部から招聘した人材は内部人材とは直ぐには馴染めず、創業家の後ろ支えが必要なことも多い。

マックス・ウェーバーが著した「支配の諸類型(経済と社会)」によれば、組織統治のためには「伝統的正当性」「合法性」「カリスマ性」の3類型が存在する。つまり、創業家によって歴史を繋いできた伝統産業では「伝統的正当性」が担保され、大胆な戦略転換に適している。

未来は、作るもの

市場縮小は避けられない。国内人口は減少し、和食文化を支えてきた胃袋の数は減少する。

未来に残すべき“文化”があるならば根性論に陥るのではなく、コントロール”可能なモノ“と”不可能なモノ“を見極め、冷静に手を打つことだ。リーダーが行うべきは“成り行き”に身を任せるのではなく、“未来を変えるため、未来に投資する旗振り役”になることだ。

▼出所:国税庁「酒のしおり」
しょうゆ情報センター「醤油の統計資料」
経済産業省「工業統計」
財務省「貿易統計」
総務省統計局「平成28年経済センサス」

関連記事

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

ベトナムの事例から見る海外事業成功の秘訣 「長生き」するにはサステブルな体制の構築を

昨今、海外事業展開に関する相談が増えている。その内容は「コロナ後の海外事業の再活動」という“攻め”の相談から「海外進出をした事業の立て直し・撤退」という“守り”の相談まで様々だ。物理的に往来するには厳しい状況が続くが、充電期間と前向きに捉え、中期の視点で海外事業に関して検討する、再検討する「チャンス」である。今回は教育・人材派遣事業を皮切りに、昨今では小売り・AI・ロボティクスと広く展開、現在13カ国で事業を行っているTribe Holdings Japanの山本氏をゲストに、海外事業成功のヒントを紹介する。

オタク経済からナマケモノ経済へ 変わる中国の食文化

EC先進国の中国では新型コロナウイルス拡散以降、外食デリバリー事業や外食製品や生鮮食品のECビジネスが急激に拡大した。オタク経済からナマケモノ経済への生活習慣の変化と、安全志向の強まる中国食品市場を考察する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中