アントレプレナーシップとは? 定義は「企業家(起業家)精神」を持つ次世代リーダー

まず「アントレプレナーシップ」とはどのような意味を持つのでしょうか。アントレプレナーシップの定義と、今求められている背景を解説します。

アントレプレナーとは「企業家(起業家)」という意味

アントレプレナーとは、もとはフランス語で、企業経営に関わる「企業家」を指す言葉です。

日本では「起業家」の活躍が取り上げられた時期に広まった経緯もあり、スタートアップやベンチャー企業の経営者を指す場合もあります。最近は経営者に限らず、社内で新規ビジネス・事業をを担当する一般社員もアントレプレナーと呼ばれます。

またアントレプレナーとしての資質を「アントレプレナーシップ」と言います。
そのためアントレプレナーシップとは、日本語では「企業(起業)家精神」と訳されることが多くなっています。

ハーバード・ビジネススクールのH・スティーブンソンによると、アントレプレナーシップの定義を「コントロール可能な資源を超越して機会を追求すること」としています。[1]

もしあなたが新規ビジネスを立ち上げるとなったとき、時間・資本・労働力など様々な制約に直面とします。そうしたリソース不足といった困難を創意工夫で乗り越え、革新的なモノやサービス、イノベーションを生み出すことができる人材こそが、アントレプレナーシップを持った人材と言えるでしょう。

なぜアントレプレナーシップが重要なのか?イノベーション創出が求められる理由

では、なぜ今、アントレプレナーシップを持った人材が注目されるのでしょうか。その一因として、ビジネス環境の劇的な変化が挙げられます。

IoTや人工知能、ブロックチェーンなどのデジタルトランスフォーメーション(DX)への対応や、新型コロナ(COVID-19)によるビジネス環境の変化など、既存の概念や価値観を越えて、イノベーションを創出できる人材の価値がより高まっています。

また、消費者のニーズが多様化も挙げられます。製品やサービスのライフサイクルが短くなっているため、イノベーションにもスピード感が求められる時代になりました。さらに人口減少時代の日本では、海外市場進出や拡大にも目を向けて、グローバルなリーダーを育成することが求められます。

多様な価値観を理解し、世界規模で起こるイノベーションに反応するためには、アントレプレナーシップに富んだ人材の育成が必要になります。

しかし、アメリカのコンサルティング会社、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の調査では、日本企業にはイノベーションを起こす力が不足しているという結果が出ています。

最もイノベーションにすぐれるとされた50社の企業のうち、ランクインした日本企業はわずか2社(36位・37位)。[2]

トップ10をほぼ独占した形のアメリカ企業や、合計9社がランクインしたドイツ企業と比べると後れをとっています。こうした現状があり、アントレプレナーシップを持った人材が、日本において重要視されているのです。

アントレプレナーシップを持つ次世代リーダーの教育・育成が不可欠

アメリカ企業などに対抗して、日本企業がグローバル市場で競争力を増やすためには、アントレプレナーシップに富んだ人材の確保が必要なことを解説しました。

しかし、労働生産人口が減少し、人材獲得競争が激しい日本では優秀な人材を採用できるチャンスはあまりありません。つまり社内でイノベーションを起こせる人材を育成する方が確実です。

しかし、イノベーション創出やリーダーシップを発揮する人材を後天的に教育・育成できるのでしょうか? またアントレプレナーシップに必要とされるスキルはどのようなモノなのでしょうか?

アントレプレナーシップに必要とされる3つの資質

アントレプレナーシップは、3つの資質に分けられます。

マネジメント能力と力強いリーダーシップ

まず必要とされるのが、マネジメント能力とリーダーシップです。新規ビジネスの創出を期待する企業は、多くの場合、イノベーションに特化した部門を社内に設置しています。

こうした部門を機能させるためには、力強いリーダーとしてゴールに向けたビジョンを示し、集団の合意形成や相互理解をうながせる的確なマネジメント能力が重要です。

人脈・人的ネットワークを構築する力

また、社内の人的資本や金融資本といった限られたリソースを管理し、ビジネスチャンスを最大限に活かすためには、周囲のサポートが欠かせません。アントレプレナーシップを持った人材には、組織内の既得権益や利害関係にとらわれず、冷静なアドバイスを与えてくれるサポート体制を構築する能力、人を惹きつける能力やこコミュニケーションも求められます。

イノベーションを生み出す創造性

もちろん、新商品の開発や、新たなビジネスモデルの導入には、高い創造力が必要です。しかし、これまでにないアイデアだけが重要なのではありません。

収益を改善するために、製品の値上げや人員の増加といった単純な戦略が有効なこともあります。時流やマーケットの変化をすばやく察知し、柔軟な戦略を立てられる能力が求められているのです。

アントレプレナーシップ教育の現状

近年、アントレプレナーシップを学ぶことができる大学やビジネススクールは多くなっています。アントレプレナーシップ教育の現状について、具体的な事例をもとに解説します。

海外の大学ではアントレプレナーシップ教育が熱心に行われている

海外の大学ではアントレプレナーシップ教育が盛んで、様々なプログラムが用意されています。

特にトヨタ自動車の豊田章男社長を輩出した米ハブソン大学は、学生全員に実際に起業してもらうプログラムを用意するなど、実践的なアントレプレナーシップ教育が高い評価を受けています。

また、ハーバード・ビジネススクールでは、ケースメソッドと呼ばれる手法を使い、会計管理、競争戦略論、マーケティング、オペレーションマネジメントなど、アントレプレナーシップを身につけるのに必要な素養を分野別に学ぶことができます。

日本のアントレプレナーシップ教育のビジネススクールの例

日本でも近年、アントレプレナーシップ教育に力が入っています。
たとえば、東京大学の「アントレプレナー道場」というプログラムでは、起業に必要な素養や心構えを学べます。

早稲田大学もアントレプレナーシップ教育に力を入れており、2014年にはグローバルリーダーの育成を目的としたグローバルエデュケーションセンター(GEC)」を設立しています。

民間のビジネススクールでも、新規ビジネスの創出に関心がある人に向けたセミナーの開催が増えてきました。

文部科学省も「次世代アントレプレナー育成事業(EDGE NEXT)」を実施

文部科学省は、2017年から「次世代アントレプレナー育成事業(EDGE NEXT)」を実施し、国内のアントレプレナーシップ教育を推進しています。

EDGE NEXTとは、起業やイノベーション創出に挑戦する人材育成プログラムを全国各地の大学などから公募し、通過者に年間3,000万円~5,000万円程度を支援する事業です。

アメリカと比べるとやや後れが見られるものの、日本でも徐々にアントレプレナーシップを学べる環境が整いつつあります。

アントレプレナーシップを学んだ人材を獲得するか・育成するか

アントレプレナーシップは誰でも学ぶことができます。学生は大学のプログラムに参加でき、社会人は民間のビジネススクールを利用できます。

新規ビジネスを創出したい企業は、アントレプレナーシップを学んだ学生を採用しつつ、若手ビジネスマンを中心に社内教育を施すことで、アントレプレナーシップを持つ自社社員の数を増やせるでしょう。

アントレプレナーシップを持つ人材を確保したい企業は、今からでも遅くありません。

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑳ おじさんは石とだって話ができるじゃないか

五輪に関するネット上の匿名での投稿(すなわち本音)をみると高評価が多く、無事に終わって本当に良かったと思います。ゆくゆくは二つの五輪(オリンピックとパラリンピック)の統合と、差別をなくした上で「WeThe15」ではなく「WeThe100」(弱みが全くない人など存在しません)の実現を期待したいところです。

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

混流生産とは?メリットや種類、自動車業界の詳細な事例を紹介

混流生産は、1つの生産ラインに複数の品種を混ぜて流す生産形態です。市場の動きへの柔軟な対応を可能にする多品種少量生産の1種で、自動車業界を筆頭にさまざまな業界に導入されています。 需要が多様化した成熟市場に不可欠な生産方式ですが、資金や技術の不足から導入できない企業は少なくありません。とりわけ、知識不足が導入する上でのネックとなっています。 そこで、本記事では、混流生産の定義やメリット、自動車業界で展開される実例を紹介します。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中