「ESG」が企業価値に直結する

「ESG」が企業価値に直結する

2021年2月13日付の日本経済新聞の記事によると、大手小売業のイオンが全国290のショッピングセンターを自治体に貸し出し、新型コロナウイルスのワクチン接種会場として提供する方針を固めたようだ。

同記事では、旅行代理店大手のJTBや人材派遣-サービスのパーソルHDが、ワクチン接種関連事務を自治体から請け負う方針でもあることも伝えている。

これらのワクチン接種支援に限らず、コロナ禍による非常時対応と「ESG(環境、社会、ガバナンス)経営」の機運の高まりが相まって、社会貢献活動による企業価値への「正のフィードバック」の経路は複線化しつつある。

筆者が注目するのは以下3点だ。

ブランド価値の高まり

第1に、社会貢献活動を通した企業の「ブランド価値」の高まりである。2020年には、コロナ禍で窮境にあるサービス業を積極的に利用する「エール(応援)消費」が話題となった。それ以前からも、企業やブランドがアクティブに発信する価値観や社会的な取り組みに対するエンドユーザーの共感を背景とした「ダイレクトマーケティング」の機運は高まっていた。D2Cブランドや売らない店舗等が端的な例だ。

株式価値(時価総額)に影響するESG

第2のフィードバック経路は、企業価値の主な構成要素である「株式価値(株式時価総額)」に対するESG等の非財務情報が与えるインパクトである。上場企業の株価への影響力が大きい機関投資家によるESG投資(環境、社会、ガバナンスに配慮した投資銘柄の選別)の動きに加えて、ESG関連銘柄で組成される株価指数やETF(上場投資信託)も増加傾向にある。

ESGへの取り組みは、いまや企業価値向上とは不可分である。

若い人材獲得とESG

若い人材獲得とESG

第3のポイントは、ESGの取り組みを通じた人材獲得だ。例えば、国内外の評価機関によるESGスコアで高評価を獲得する丸井グループでは、サステナビリティの取り組みや情報発信を強化した結果として、自社の企業理念に共感する若年層人材の獲得において、顕著なプラス効果が見られたという。

「守り」のESGから「攻め」のESG

「守り」のESGから「攻め」のESG

企業にとってのESG戦略の位置づけは、環境規制やコーポレート・ガバナンス・コード(CGC)等の遵守といった「守り」の戦略から転じて、消費者、株主、従業員の支持獲得による企業価値向上という「攻め」の打ち手として再定義されていくであろう。

冒頭で紹介したイオン等のケース以外にも、コロナ禍におけるESG強化によって「社会的資本」としての企業価値向上の事例は多数あった。

マスク不足への対応

マスク不足への対応

コロナ感染拡大後に消費者が最初に直面した問題が、マスクの流通在庫の枯渇であった。これに対して、シャープやアイリスオーヤマといった(マスク製造とは畑違いの)製造業が急遽マスクの生産ラインを稼働させたことや、ファッション企業がマスクや消毒液の製造に乗り出したことは記憶に新しい。

ユニクロを運営するファーストリテイリングは、2021年11月末時点で世界26の国・地域に計1,600万枚超の医療用マスクを寄贈している。

航空会社の人材受け入れ

家電量販店大手のノジマが、国際便の運航停止で苦境に陥った日本航空や全日空から出向社員を受け入れると表明したことも世間の注目を集めた。

また、コロナ禍による「巣ごもり消費」の追い風を受けるフードデリバリー業界でも、同業界大手の出前館が飲食店の従業員を配達スタッフとして受け入れる取り組みを拡げている。

医療従事者へのサービス提供

逼迫する医療現場で働く人々に対する支援の動きも拡がった。リラクゼーション施設運営のりらくは、横浜市と協力して、医療従事者に対する無償のサービス提供を行った。

化粧品大手のコーセーは、医療従事者を対象に化粧品36万点を寄贈すると発表した。婦人靴の企画・開発を行うダブルエーは、医療従事者向けに「ORTR」ブランドのスニーカー5万足を提供することを21年2月に発表し、多方面から反響を呼んでいる。

ESGで企業価値の共創を

多くの企業にとって、消費者、株主、従業員等のステークホルダーとの価値共創に向けたESG対応の重要性が高まっている。コロナ影響のみならず、コーポレート・ガバナンス・コード(CGC)改定や東証市場区分変更などの資本市場改革、国際的な環境規制の強化、ネットメディア・SNSの隆盛によって、この傾向は2021年以降も加速していくであろう。企業価値の最大化に向けた「攻めのESG戦略」の検討が急がれる。

関連記事

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

フィジカルインターネットとは?物流業界変革の構造や業界動向を解説

ECの普及により物流量が増加している今、物流業界は人手不足や労働環境の悪化、トラックの積載率の低下(注1)など深刻な課題を抱えています。 この課題を解決する方法として注目されているのが「フィジカルインターネット」です。 フィジカルインターネットは、インターネットの網の目のような通信網をフィジカル(物理的)な物流業界で応用する考え方です。 本記事では、フィジカルインターネットの構造を解説し、実現へ向けた企業各社の動きを紹介します。

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中