コロナ影響を除くと、大幅増益!?

国内の大手電機メーカーの2020年4-6月期業績は8月12日、東芝の発表で出揃った。従来からコメントしてきた大手8社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士通、パナソニック、シャープ、ソニー、キヤノン)の集計値は、売上高8兆4069億円(前年同期比15.7%減)、営業利益3115億円(41.8%減)。営業利益率は5.4→3.7%へと低下した。

「巣ごもり」でゲームが好調なソニーを除く7社は、決算発表時にコロナの業績に対する影響額を公表。その集計値は売上高で1兆1982億円、営業利益で3231億円と巨額になる。

コロナの影響額を足し戻すと、売上高は9兆6051億円(3.7%減)、営業利益は6346億円(18.5%増)、営業利益率は6.6%と試算される。

もちろんコロナの影響が本格化した3月以降、様々なコスト面での対策が取られ、単純に足し戻した数値は、実体は異なると推測されるが、4-6月期の減収の中で利益率を大幅に向上させるコストダウンや事業ポートフォリオ改変が行われたのであろうか?

Withコロナで企業間格差が拡大、富士通・ソニーが好調

個別企業の営業利益は、国内の法人向けサービスが好調だった富士通がコロナ影響を加味しても大幅増益、コロナ影響額をコメントしなかったソニーが実質営業増益維持、と2社が突出して好決算だった。

一方、キヤノン・東芝は営業赤字化し、パナソニックも調整前営業利益は赤字化。日立製作所・三菱電機・シャープの3社の営業利益は概ね半減した。

同じ業界内の個別企業で、これだけ収益変動率が異なるのは珍しい。
8社間で現実に過去数年にわたり事業ポートフォリオ転換を積極的に推進してきた企業群と、改革途上で既存事業の落ち込みにより営業損益が赤字~収支均衡前後まで悪化した企業群には、明らかに収益面での差があり、その格差が拡大している。

個別企業でコロナの影響を足し戻すと、さらに格差が興味深い。富士通が突出しているのは変わらないが、足し戻した営業増益率は、東芝>シャープ>パナソニック>キヤノン、となる。日立製作所・三菱電機の2社は減益だったとしている。
これらには事業別収益構成から見てかなり違和感があり、やはり構造改革において遅行している企業群が、結果としてコロナの影響が大きく、また業績悪化要因をコロナに「寄せている」とのイメージが強い。

ようやく出そろった20年度業績予想

19年度決算発表時に20年度予想の公表を見送っていた企業も、4-6月期決算発表と併せ20年度予想を公表した。
8社計では売上高39兆円(7.3%減)、営業利益1兆7110億円(34.9%減)。コロナの影響額(ソニーが未公表のため7社合計値)は、売上高で3兆160億円・営業利益で8970億円。
これを足し戻すと、売上高は42兆160億円(0.2%減)・営業利益は2兆6080億円(0.8%減)とちょうど横ばいとなる。ただし、個別企業ベースではコロナの影響額を足し戻すと、特に4-6月期と同様に大きく企業間での違いが鮮明となる。
コロナ影響額を足し戻したベースで営業増益率の高い順に並べると、シャープ(108.7%増)>東芝(53.3%増)>キヤノン(23.1%増)>富士通(18.3%増)>パナソニック(2.1%増)>日立製作所(0.6%減)>三菱電機(1.8%減)>ソニー(26.7%減)、となる。

構造的なコロナの影響、現在各社の事業別収益構成、構造改革の動き、現時点で判明しているM&Aのインパクトなどを考慮すると、2020/7-9月期からの鋭角的回復→拡大を前提とするこの増益率順には違和感を持つ。
現在の予想営業増益率順が、今後の下方修正率順になるリスクも感じる。

予想上回る米国企業の業績

米商務省が7月30日に発表した2020年4-6月期米国GDP成長率(速報値)は、-32.9%と統計開始以来のマイナスとなったが、7月中旬から発表されている米国企業の決算は、事前予想を上回っている企業が大半のようだ。
ゴールドマン・サックスのレポートによると、4-6月期決算で事前のアナリスト予想を上回った会社数は過去最多となった模様だ。
今後の見通しも上方修正方向に動いており、SP500ベースでの2020年のEPS予想は2019年比で19%減だが、前回予想比で+13%上方修正、2021年は31%増益が見込まれるとしている。
特に個別企業で見ると、テクノロジー系の大企業における収益拡大が全体をけん引している印象が強い。GAFAに代表されるこれら企業群は、Withコロナの環境で成長率・収益性ともに向上させている企業も多くみられる。
大半のテクノロジー企業は、コロナウイルスの影響額等、外部環境激変による定量的ネガティブインパクトをコメントしておらず、日本とは対照的だ。

事業環境激変を転換のチャンスに!

事業環境がドラスチックに変化する中、モデレートな構造改革や事業ポートフォリオ転換・ビジネスモデル転換、などでは追い付かない。レガシーによる非効率性を持たない新興事業者が参入・台頭し、過去のビジネスモデルを破壊しながら、新たな成長を遂げるのは何度も繰り返してきた歴史だ。
過去日本の大手企業は後手に回ってきたが、逆に激変期に入り再び大きなチャンス期を迎えているとも考えられる。現実に富士通やソニーの収益性向上、比較的堅調な日立製作所・三菱電機は良い例だ。これらは、企業それぞれのMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)をクリアに定義し、事業の取捨選択を行ってコア事業を明白化。コア事業では勝てる方程式を詳細なベンチマーキングと中長期予測により策定、素早く実行するべきだ。

勇気をもってレガシーの切り離しを!

アクティビストの台頭に加え、CGC(コーポレートガバナンス・コード)導入でガバナンス体制が大きく変わり、少なくとも名目上は企業価値の持続的拡大が経営の最大目的となった中、日本企業における経営体制への株主からの圧力は、過去類を見ないほど高い。
現在時点で予想される範囲で2021年は多くの企業が経営者交代時期・中計最終年度などを迎える。
コロナ等外部環境の影響による収益悪化と事業環境の急速な変化、Withコロナを前提とする新たなMVV・中長期ゴール等の経営方針を含む経営チームの交代、等がレガシー切り離しの理由となりえる。

余力あるうちに構造改革を

幸い大半の企業は財務的に余力のある状態にあり、現在は抜本的な構造改革やM&Aを含むコア事業への投資が可能な状態と推測される。ピンチをチャンスに変えるため、まずは企業・事業規模の大幅な縮小を伴ったとしても、勇気をもってレガシーを切り離す必要があろう。少なくともここ半年のニュースフローでは、パナソニック・東芝・シャープ等も抜本改革へ向けた準備を行っているとの印象が強く、今後注目される。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中