デコンストラクション(脱構築)とは

デコンストラクション(deconstruction)とは、フランスの哲学者、ジャック・デリダが掲げた哲学的思考の理論で、既存の枠組みや体系を解体し、新たに構築し直すことを意味します。また、解体した枠組みや体系の中から要素を抽出し、新しい枠組みを構築することを表します。

デコンストラクションは、破壊を意味する「destruction」と、構築を意味する「construction」を合わせた造語で、日本語訳では「脱構築」と呼ばれます。

元々は、哲学的思考の方法として用いられてきたデコンストラクション。しかし近年、BCGがビジネスの観点からデコンストラクションを再定義。ビジネス戦略に関する変革の試みを表す言葉として、デコンストラクションの概念がさまざまなビジネスシーンで注目されています。

BCGが掲げるデコンストラクション

BCGが提唱するデコンストラクション(脱構築)は、一言で言うと「バリュー・チェーンの再構築」です。バリュー・チェーン(価値連鎖)とは、原材料の調達や製造、物流、販売、マーケティングといった一連の工程で、サービスの価値が付与されていくこと。さらに、各工程でどのような付加価値がどれくらい産み出されているのかを分析し、課題を発見したり最適化したりする試みなどを表します。

また、イノベーションの影響によりバリュー・チェーンの構造が解体され新しいビジネスシステムが登場し、これまで当たり前と見なされていた事業活動のルールや定義、ビジネス構造が根本的に変わることをも意味します。

こうしたバリュー・チェーンの再構築は、特に金融や証券、出版、印刷、通販、自動車などの業界で顕著に見られるようで、パソコンやスマートフォンなどの端末に加え、インターネットを始めとする情報通信技術の発展により、既存のバリュー・チェーン構造が破壊されていると言われています。

バリュー・チェーン再構築のポイント

BCGはバリュー・チェーンの再構築について、以下の5つのチェックリストを挙げています。

1.バリュー・チェーンの中で、費用対効果が低い部分はどこか
2.自社の事業で、ネットワーク化によって影響を受ける部分はどこか
3.どのような新しい事業活動や、能力が必要になるか
4.自社の戦略的資産のうち、負債となるものは何か
5.自社の事業は、顧客のバリュー・チェーンの一部であるのか、全部であるのか

これらは、企業がデコンストラクションを考える上で重要なポイントです。企業経営者らはバリュー・チェーンの再構築を検討する際、まずは上記5つの項目に沿って自社のバリュー・チェーンやビジネスモデルを見つめ直し、客観的な視点で分析する所から始めましょう。

デコンストラクションの手法について

デコンストラクション(バリュー・チェーンの再構築)の手法は、1.レイヤーマスター(専門分野特化型)、2.オーケストレーター(外部資源利用型)、3.マーケットメーカー(既存チャネル改善型)、4.パーソナルエージェント(顧客第一主義型)に大きく分けられます。以下、それぞれの手法について、具体的に解説していきます。

レイヤーマスター

レイヤーマスターとは、バリュー・チェーンの特定のプロセスに特化し、競争の優位性を築く企業を指します。パソコン産業を例に挙げると、半導体の生産に注力するインテルや、OSの開発に力を注ぐマイクロソフトなどが、レイヤーマスターに当たります。

ビジネスの上流から下流までの工程を自社で抱え込むのではなく、バリュー・チェーンの一部に焦点を当てて資源を投入し、他社との優位性を築く方法が、このレイヤーです。

オーケストレーター

オーケストレーターとは、自社が抱えるバリュー・チェーンのうち、価値をより発揮できるプロセス以外をアウトソーシング(外注)し、最適化する企業のこと。

具体的には、原材料の調達や製造、物流、販売、マーケティングなどのうち、コストの大きなプロセスを外注するなどして、新たなバリュー・チェーンを構築し全体の価値を高めようとしていく考え方です。

マーケットメーカー

マーケットメーカーとは、複数企業を取り巻くバリュー・チェーンにおいて、その弱みや欠点を分析し、プロセスの間に入る形で市場を開拓していく企業を指します。ビジネスの川上・川下を結びつけるマーケットメーカーは、競合がいない分、新たなビジネス価値の創出につなげられる可能性を秘めています。

パーソナルエージェント

パーソナルエージェントとは、一種の販売代理店として企業と顧客の間に入り、市場での影響力を高める企業のことです。その典型的な例は、大手通販サイトのアマゾンドットコムやヤフーショッピングなど。

これらの企業は、店舗に向けてアドバイスを行ったり管理をしたりする他、顧客の購買プラットフォームとして機能。供給側と需要側双方に対して、強い影響力を保持しています。

弊社FMIがお客様のデコンストラクションをサポート

デコンストラクション(脱構築)に関する理解は深まりましたでしょうか。哲学の域から派生したデコンストラクションは、今やビジネスシーンでも非常に注目される概念です。特にイノベーションが進む昨今、バリュー・チェーンの再構築は、企業経営を行う事業主にとって重要な課題となることは言うまでもありません。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、デコンストラクションなどのビジネス課題を経営のスペシャリスト集団がきめ細かにサポート。顧客が抱える課題に寄り添い、最適なソリューションやプランニングなどを提供しています。是非これを機に、現在お客様が抱える悩みや課題がございましたらご相談ください。

関連記事

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

商品やサービスを売るために役立つコミュニケーション活動が「マーケティング・コミュニケーション」です。メディアのデジタル化により企業と顧客の双方向のやり取りが可能になり、その重要性は高まっています。 企業は広告や広報、SNSといった多彩な領域でマーケティング・コミュニケーションの展開が求められていますが、正しく実行できている企業は多くありません。 本記事では、マーケティング・コミュニケーションの意味から役割、成功事例まで解説していきます。

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中