リスクシナリオの設定、保守的な売上高・損益の予測が第一歩

図①

コロナ禍の影響が当面継続するとの想定のもと、特に資金繰りが逼迫状況にある事業者においては、リスクシナリオの設定、業績の将来予測が改めて重要となる。

そのためにも、改めてコロナ影響後の損益実績推移を把握分析することとなる。まずは売上高について、前年同月比での減少幅が大きい場合は、特に月次での実績推移を並べ、影響度合いを確かめることが、将来予測の第一歩となる。

上記の図1は、コロナ禍における売上高の月次推移をイメージしたものである。

2020年4-5月における1回目の緊急事態宣言時など、数カ月での減収影響度に基づき、コロナ影響が暫く継続する前提のもと、エリア・店舗別や数量×単価などセグメント分解も行いつつ、当面の売上高を保守的に予測することが必要となる。

そのうえで、コスト構造分析に基づき損益・資金繰り予測も行い、赤字幅や資金繰り上のマイナス幅を定量把握する(いつまでに幾ら足りなくなる)こと、ひいては調達が必要となる金額を見定めるべきだ。

補助金制度の拡充 ~「中小企業等事業再構築促進事業」とは~

歌舞伎町イメージ

次にファイナンスについて、コロナ関連での制度としては、雇用助成金制度、コロナ緊急融資や資本性劣後ローンなど、官民から数多くの制度・施策が打ち出されており、既に利用されている事業者も多いと思われる。

ここでは以下、補助金制度のうち、現在検討が進められている「中小企業等事業再構築促進事業」をご紹介する。

2020年12月末、経済産業省中小企業庁より、「事業再構築補助金」の制度が公表された。その制度概要は以下の通りである。

1 制度の対象

1 申請前の直近6ケ月間のうち、任意の3カ月の合計売上高が、コロナ以前の同3カ月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等

2 事業計画を認定支援期間や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等

3 補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0~5.0%以上増加、又は従業員1人当たり付加価値額の年率平均3.0~5.0%以上増加の達成

2 補助制度概要(中小企業の場合)

1 補助金:通常枠100万円~6,000万円、卒業枠6,000万円超~1億円
2 補助率:2/3

2021年1月初旬時点では、「令和2年度第3次補正予算案」としての成立前段階であるが、これを機に、例えばネット販売事業や省力化・非接触化へのシステム・インフラ投資など、コロナ対応力強化に向けた使途をあわせて検討していくことが事業目的として想定されていることを特筆したい。

一方で資金繰りの観点からは、補助金等だけでは不十分で、借入返済のリスケ状態を余儀なくされている事業者が増加傾向にある。

「特例リスケ」の出口戦略

図②

2020年4月に中小企業再生支援協議会にて「特例リスケ計画」の策定支援事業が開始され、以降、多数の中小企業において当該事業に基づく利用申請が為されている。
2020(令和2)年度第2四半期(7~9月)においては、特例リスケ計画策定支援を完了した件数は944件、前年同期における再生計画の策定支援先件数203件と比較しても、4倍以上という相当な申込件数であった。

当該事業の活用は通常、原則全ての取引金融機関に対して元金返済猶予の要請を実施。1年間の新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール計画を策定するものである。

早期に計画策定・猶予を得た事業者においては、そろそろリスケ期間の満了が迫りつつあるところ、いわゆる「出口戦略」が課題となる。

その際に改めて必要重要なのが、経営計画の策定となる。

特例リスケ制度では簡易的な資金繰り等の計画で済ませていたケースが多いものと思われるが、コロナ第3波が猛威を振るうような状況下、リスケ(の継続)だけでは資金繰りに余裕はなく、更なる対策も必要となろう。

なお、この特例リスケ制度は中小企業を対象としているが、当該制度(企業規模)に限らず、リスケ状態にある事業者はコロナ禍で相当に増えているのが実務上の実感である。このような状況下では、同様の対応が取引金融機関などステークホルダーから求められる。

外部環境の好転を期待せず、「自分の身は自分で守る」

図3

外部環境としては、支援制度の更なる拡充・延長や、ワクチン開発等によるコロナ沈静化が見込まれるかもしれない。

だが大事なのは、「自分の身は自分で守る」意識のもと、もう暫くは外的環境の好転をあまり期待せず、保守的に損益・資金計画を見通したうえで、ビジネスモデルの変革、財務戦略(追加調達手段)の立案推進が望まれる。

資本増強手段の模索

資金繰りイメージ

前述した補助金や借入リスケ対応に加えて、赤字損益状態が続く企業においては、デットファイナンスの安定調達(取引金融機関とのリレーション維持)のためにも、自己資本の毀損への対応、即ち資本増強も経営課題となる。

筆者における昨今の実務経験上、多くの経営不振企業においては、新たなスポンサー候補を闇雲に探索するというよりも、既存の主要取引先などステークホルダーに対する支援要請を試みるケースが多いように感じる。

足元を見られないために

厳しい状況ではあるが、弱者としての単なる支援要請では相手に足元を見られ、期待する支援検討を得られない。
合理化等の自助努力は当然のこと、自社における強み、相手先目線での(潜在的な)魅力を再確認のうえ、投資・支援の意義を見出していただく働きかけが重要ではないか。

なお、広義での資本増強策として、「みなし自己資本」にはなるが、主要取引金融機関によるDDS(デット・デット・スワップ)や資本性劣後ローンの検討も選択肢となる。

1月19日には、金融庁等より政府系・民間金融機関等に対して、「新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえた資金繰り支援等について」の要請が為された。詳細は割愛するが、「資本性劣後ローンの積極的な実施・活用」について、最大限の配慮が要請されている。

また、既往債務の条件変更時において、経営改善計画書や資金繰り等の徴求を省略する等の運用についても言及されているが、計画書等の提出の要否と事業改革や資金繰り対策の実質的な(再)検討は別、と解釈している。

ステークホルダーとの対話も活路

リモートワーク・会食自粛が恒常化しつつあるなか、関係者との対話機会が減り、ひいては情報取得・初動の遅れが懸念される。「諦めない」事業者においては、外部環境の悪化を言い訳にせず、官公庁・取引金融機関・株主・主要取引先等ステークホルダーからの情報収集・支援も得て、ポストコロナに向けた出口戦略を早期具体的に模索していくことを望みたい。

参考▽
中小企業庁「事業再構築補助金」
金融庁「新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえた資金繰り支援等について」

関連記事

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

クロスボーダー経営 PMIにもリアル×デジタルのバランスが重要

クロスボーダー経営は、多くの企業にとって今後避けて通れない道だ。特にM&Aを活用したPMIは重要な位置づけを占める。難易度の高いクロスボーダー経営を成功に導くキーワードとして、今回は「ファクトベース」「ロジック」「多様性」「デジタル」を取り上げる。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中