ボーンデジタルとは

hachiイメージ
▲米津玄師は、今年からストリーミングサービスへの楽曲提供を始めた

当初よりデジタルでのコンテンツ消費を前提として制作されるスタイルは“ボーンデジタル”と呼称される。ネットで人気が出たデジタルコンテンツを、逐次他のデジタルフォーマットにライセンスアウトして、当該コンテンツの経済圏を大きくしていくパターンが特徴だ。
紙の書籍やCDを発売することもあるが、あくまでも副次的な存在で、作品がたとえ大ヒットしてもネット上の無料公開をやめない例がほとんどだ。

音楽だけでなく漫画、アニメ業界でも、ネット動画配信や、電子コミック、小説投稿サイトといったデジタルプラットフォームの普及に伴い、コンテンツのヒットパターンに同様の変化が見られる。

従来型「ドラマ主題歌→CDヒット」からの転換

YOASOBIイメージ

音楽業界であれば、旧来型ヒットパターンは、地上波キー局が製作するドラマに楽曲を提供し、パッケージメディアであるCD販売を伸ばし、アーティストの認知を向上させるというものであった。ドラマがヒットすれば、ドラマのビデオなりDVDといった映像パッケージ販売が好調に推移し、ヒットドラマに使用されたアーティスト/楽曲のCD販売や、原作書籍というパッケージメディアも潤うという構図が一般的であった。

もちろん、現在でもこのようなパターンでアーティスト/楽曲がヒットする事例は数多く存在する。しかし、若年層の“テレビ離れ”、“ネット接触時間の増大”は、旧来型ヒットパターンではない経路で新たなヒットコンテンツを創出する契機となっている。

先に挙げた音楽業界では、10年以上前から、ネット上での若年層のバズが新たなアーティストの誕生を促してきた。
今や、現代を代表するアーティストとなった米津玄師も、もともと「ハチ」名義でVocaloidプロデューサー(ボカロP)として、ニコニコ動画を中心に活躍していたことはよく知られている。

あいみょんも、地道にインディーズ活動からスタートし、ネット動画を通じて女性の反響/共感を高めていったことなどにも、ネット上での若年層のバズの影響力が垣間見える。

投稿小説サイト コンテンツの「源流」に

タナトスの誘惑イメージ

このような若年層のバズを、投稿小説と音楽とを絡めることでスパイラル的に生起させようという試みが見られるのは、ソニーミュージックの投稿小説サイト「monogatary.com」だ。
2020年を代表するヒット曲となったYOASOBIの「夜に駆ける」(19年12月配信)は、短篇投稿小説「タナトスの誘惑」を原作としている。(2020年7月20日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で総再生回数1億回を突破)。

YOASOBIは、その後も「あの夢をなぞって」(原作「夢の雫と星の花」)、「たぶん」(原作「たぶん」)など、「monogatary.com」上の投稿小説をモチーフにした楽曲を続々とリリース。YOASABIの楽曲のモチーフとなった小説が「monogatary.com」の上位にそろってランクインするなど、投稿小説と楽曲の相乗効果が確認される。

Re:ゼロ 投稿小説のヒット

投稿イメージ
▲Re:ゼロの続編は、数日ごとにネット上で更新されている

小説投稿サイト「小説家になろう」の投稿小説を初出とした「Re:ゼロから始める異世界生活」(Re:ゼロ)は、ネット上のヒットから書籍化され、すでに24巻まで刊行。アニメも大ヒットしている。最近では、パチスロやスマホゲームもリリースされるなど、様々なメディアに進出している。

「レム」や「ラム」など人気キャラクターの誕生で、現在を代表する人気作品に成長した現在でも、Re:ゼロは「小説家になろう」において全編無料で読むことが可能なほか、続編も数日ごとにリリースされている。

ボーンデジタルはビジネスを変える

PS5イメージ
▲プレイステーション5は、ディスクドライブのないモデルも登場した

このような“ボーンデジタル”コンテンツの浸透は、コンテンツの旧来型ヒットパターンに依拠しパッケージ販売を前提としたビジネスモデルに依存してきた企業に、“ボーンデジタル”コンテンツを発信する新しい事業開発を促すこととなるだろう。

その中で、“ボーンデジタル”コミックを電子化された既存作品に組み合わせて配信可能な電子コミック配信事業者は、コロナ禍の“巣ごもり消費”で好調な収益を計上していると見られる。既に、DeNAの電子コミック事業「マンガボックス」にTBSが出資する、「LINEマンガ」運営会社が韓国NAVER社に実質買収されるなど、業界全般にM&Aが活性化している。

存在感増す投稿小説サイト

今後は、「monogatary.com」の成功に触発され、コンテンツの源流、ならびに投稿小説と他のデジタルコンテンツとの同時配信プラットフォームとして、小説投稿サイトが改めて注目される可能性があるだろう。

関連記事

「ESG」による攻めの経営 企業価値向上と不可分に

国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから、1年が経過した。この間、感染防止や医療体制の整備、あるいは雇用環境や企業業績の悪化といった社会課題に対して、多くの企業が様々な支援活動を行ってきた。「ESG(環境、社会、ガバナンス)」戦略が「企業価値」に与える影響は増しており、「社会的資本」としての企業の在り方が問われている。

成長加速・寡占化する半導体産業

世界の半導体市場は、コロナ禍にもかかわらず拡大を続けている。一方で、ファウンダリー(半導体製造業者)は、台湾のTSMCが急成長を遂げており、兆円単位の設備投資でライバルを突き放し、寡占化が進んでいる。日本においては、一部分野で競争力が残っているうちに、国家単位のプロジェクトで半導体製造=フィジカル領域での競争力を早急に強化する必要がある。

対面販売、共有されない顧客データ 化粧品業界DXへの壁

日本の化粧品業界が得意とする「対面販売」の仕組みが、EC強化やデジタル化の動きの妨げとなっている。業界の慣習では、顧客データは販売店が管理する仕組みで、メーカー側に共有されない。対面販売に支えられてきた化粧品大手にとって、デジタル化推進、特にオンラインとオフラインの融合に必須といえる、「生の顧客データ」が蓄積されないという、大きな課題に直面している。

ランキング記事

1

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」

世界は複雑に見えます。しかしながら、真理は覆い隠されているだけで実は単純なのかもしれません。複雑にみえる物事を解きほぐし、真理を見出す力。優れた経営者は持っています。一方で、偉大な経営者が難解な経営学用語を使っているのを筆者は聞いたことがありません。 それでは今月の文章です。

3

「ESG」による攻めの経営 企業価値向上と不可分に

国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから、1年が経過した。この間、感染防止や医療体制の整備、あるいは雇用環境や企業業績の悪化といった社会課題に対して、多くの企業が様々な支援活動を行ってきた。「ESG(環境、社会、ガバナンス)」戦略が「企業価値」に与える影響は増しており、「社会的資本」としての企業の在り方が問われている。

4

「原神」のヒットが促す変革 中国miHoYo社製ゲーム

中国miHoYo(ミホヨ)社開発のスマホゲーム「原神」のヒットが続いている。2020年9月に公開され、直近の日本でのアンドロイドの課金ランキングでは1位、中国のiOSの課金ランキングでは6位となっている。高額な開発費による美麗なグラフィックに加え、任天堂「ゼルダの伝説」に似たオープンワールド型アクションRPGを、スマホで実現した意欲作であり、今後のゲーム開発のあり方を大きく変える力を秘めている。

5

【パワハラ防止法施行】パワハラ対策の注意点と方法を解説 経営陣はどう対応すべきなのか

パワーハラスメント(パワハラ)が、企業のレピュテーション上の大きなリスクとなっている。ESG投資が盛り上がりを見せる中、株価等にも大きな影響を与える状況となっている。改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が6月に施行されたのを機に何が変わるのか、そしてどのような対策が求められるのかを解説する。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中