ボーンデジタルとは

hachiイメージ
▲米津玄師は、今年からストリーミングサービスへの楽曲提供を始めた

当初よりデジタルでのコンテンツ消費を前提として制作されるスタイルは“ボーンデジタル”と呼称される。ネットで人気が出たデジタルコンテンツを、逐次他のデジタルフォーマットにライセンスアウトして、当該コンテンツの経済圏を大きくしていくパターンが特徴だ。
紙の書籍やCDを発売することもあるが、あくまでも副次的な存在で、作品がたとえ大ヒットしてもネット上の無料公開をやめない例がほとんどだ。

音楽だけでなく漫画、アニメ業界でも、ネット動画配信や、電子コミック、小説投稿サイトといったデジタルプラットフォームの普及に伴い、コンテンツのヒットパターンに同様の変化が見られる。

従来型「ドラマ主題歌→CDヒット」からの転換

YOASOBIイメージ

音楽業界であれば、旧来型ヒットパターンは、地上波キー局が製作するドラマに楽曲を提供し、パッケージメディアであるCD販売を伸ばし、アーティストの認知を向上させるというものであった。ドラマがヒットすれば、ドラマのビデオなりDVDといった映像パッケージ販売が好調に推移し、ヒットドラマに使用されたアーティスト/楽曲のCD販売や、原作書籍というパッケージメディアも潤うという構図が一般的であった。

もちろん、現在でもこのようなパターンでアーティスト/楽曲がヒットする事例は数多く存在する。しかし、若年層の“テレビ離れ”、“ネット接触時間の増大”は、旧来型ヒットパターンではない経路で新たなヒットコンテンツを創出する契機となっている。

先に挙げた音楽業界では、10年以上前から、ネット上での若年層のバズが新たなアーティストの誕生を促してきた。
今や、現代を代表するアーティストとなった米津玄師も、もともと「ハチ」名義でVocaloidプロデューサー(ボカロP)として、ニコニコ動画を中心に活躍していたことはよく知られている。

あいみょんも、地道にインディーズ活動からスタートし、ネット動画を通じて女性の反響/共感を高めていったことなどにも、ネット上での若年層のバズの影響力が垣間見える。

投稿小説サイト コンテンツの「源流」に

タナトスの誘惑イメージ

このような若年層のバズを、投稿小説と音楽とを絡めることでスパイラル的に生起させようという試みが見られるのは、ソニーミュージックの投稿小説サイト「monogatary.com」だ。
2020年を代表するヒット曲となったYOASOBIの「夜に駆ける」(19年12月配信)は、短篇投稿小説「タナトスの誘惑」を原作としている。(2020年7月20日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で総再生回数1億回を突破)。

YOASOBIは、その後も「あの夢をなぞって」(原作「夢の雫と星の花」)、「たぶん」(原作「たぶん」)など、「monogatary.com」上の投稿小説をモチーフにした楽曲を続々とリリース。YOASABIの楽曲のモチーフとなった小説が「monogatary.com」の上位にそろってランクインするなど、投稿小説と楽曲の相乗効果が確認される。

Re:ゼロ 投稿小説のヒット

投稿イメージ
▲Re:ゼロの続編は、数日ごとにネット上で更新されている

小説投稿サイト「小説家になろう」の投稿小説を初出とした「Re:ゼロから始める異世界生活」(Re:ゼロ)は、ネット上のヒットから書籍化され、すでに24巻まで刊行。アニメも大ヒットしている。最近では、パチスロやスマホゲームもリリースされるなど、様々なメディアに進出している。

「レム」や「ラム」など人気キャラクターの誕生で、現在を代表する人気作品に成長した現在でも、Re:ゼロは「小説家になろう」において全編無料で読むことが可能なほか、続編も数日ごとにリリースされている。

ボーンデジタルはビジネスを変える

PS5イメージ
▲プレイステーション5は、ディスクドライブのないモデルも登場した

このような“ボーンデジタル”コンテンツの浸透は、コンテンツの旧来型ヒットパターンに依拠しパッケージ販売を前提としたビジネスモデルに依存してきた企業に、“ボーンデジタル”コンテンツを発信する新しい事業開発を促すこととなるだろう。

その中で、“ボーンデジタル”コミックを電子化された既存作品に組み合わせて配信可能な電子コミック配信事業者は、コロナ禍の“巣ごもり消費”で好調な収益を計上していると見られる。既に、DeNAの電子コミック事業「マンガボックス」にTBSが出資する、「LINEマンガ」運営会社が韓国NAVER社に実質買収されるなど、業界全般にM&Aが活性化している。

存在感増す投稿小説サイト

今後は、「monogatary.com」の成功に触発され、コンテンツの源流、ならびに投稿小説と他のデジタルコンテンツとの同時配信プラットフォームとして、小説投稿サイトが改めて注目される可能性があるだろう。

関連記事

AppleCarに照準?成長の車載分野に舵 LGエレクトロニクス

LGエレクトロニクス(LG電子)が、成長分野への投資に舵を切ろうとしている。企業価値(EV)の面でSumsung電子との差が開いていたが、家電やテレビなど成熟分野でので収益性を改善。EVベースでは日本のパナソニック・富士通・三菱電機に近づいてきた。赤字続きのスマホから撤退し、成長分野である車載製品への投資を拡大する。大胆なポートフォリオ転換の背景には、AppleCar計画が視野に入っている可能性もある。

スーパーアプリとは何か?ヤフー・LINEが目指す新たなプラットフォームは

ヤフーを擁するZホールディングスとLINEとの経営統合が発表されて以降、「スーパーアプリ」という言葉が日本で話題となりました。 スーパーアプリとは、ひとつのアプリ内にさまざまなサービスを統合したアプリです。 なぜ現在「スーパーアプリ」が注目されているのでしょうか? 本稿では、スーパーアプリの概要や特徴、海外でのスーパーアプリの成功事例や日本国内における取り組みなどを紹介していきます。

人間に「残る仕事」は何か?技術革新で「消える仕事」「生まれる仕事」

AIやロボットに代表される技術革新の台頭により、今後は流通・サービス業に従事する労働者にとって「消える仕事」と「残る仕事」の選別が本格化していく。一方で、デジタルサービスの周辺領域では、新たに「生まれる仕事」がある。どんな仕事が人間に残され、そして生まれるのか。最近の企業事例を紹介しながら、第4次産業革命後における流通・サービス業の雇用問題について考察する。

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中