ボーンデジタルとは

hachiイメージ
▲米津玄師は、今年からストリーミングサービスへの楽曲提供を始めた

当初よりデジタルでのコンテンツ消費を前提として制作されるスタイルは“ボーンデジタル”と呼称される。ネットで人気が出たデジタルコンテンツを、逐次他のデジタルフォーマットにライセンスアウトして、当該コンテンツの経済圏を大きくしていくパターンが特徴だ。
紙の書籍やCDを発売することもあるが、あくまでも副次的な存在で、作品がたとえ大ヒットしてもネット上の無料公開をやめない例がほとんどだ。

音楽だけでなく漫画、アニメ業界でも、ネット動画配信や、電子コミック、小説投稿サイトといったデジタルプラットフォームの普及に伴い、コンテンツのヒットパターンに同様の変化が見られる。

従来型「ドラマ主題歌→CDヒット」からの転換

YOASOBIイメージ

音楽業界であれば、旧来型ヒットパターンは、地上波キー局が製作するドラマに楽曲を提供し、パッケージメディアであるCD販売を伸ばし、アーティストの認知を向上させるというものであった。ドラマがヒットすれば、ドラマのビデオなりDVDといった映像パッケージ販売が好調に推移し、ヒットドラマに使用されたアーティスト/楽曲のCD販売や、原作書籍というパッケージメディアも潤うという構図が一般的であった。

もちろん、現在でもこのようなパターンでアーティスト/楽曲がヒットする事例は数多く存在する。しかし、若年層の“テレビ離れ”、“ネット接触時間の増大”は、旧来型ヒットパターンではない経路で新たなヒットコンテンツを創出する契機となっている。

先に挙げた音楽業界では、10年以上前から、ネット上での若年層のバズが新たなアーティストの誕生を促してきた。
今や、現代を代表するアーティストとなった米津玄師も、もともと「ハチ」名義でVocaloidプロデューサー(ボカロP)として、ニコニコ動画を中心に活躍していたことはよく知られている。

あいみょんも、地道にインディーズ活動からスタートし、ネット動画を通じて女性の反響/共感を高めていったことなどにも、ネット上での若年層のバズの影響力が垣間見える。

投稿小説サイト コンテンツの「源流」に

タナトスの誘惑イメージ

このような若年層のバズを、投稿小説と音楽とを絡めることでスパイラル的に生起させようという試みが見られるのは、ソニーミュージックの投稿小説サイト「monogatary.com」だ。
2020年を代表するヒット曲となったYOASOBIの「夜に駆ける」(19年12月配信)は、短篇投稿小説「タナトスの誘惑」を原作としている。(2020年7月20日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で総再生回数1億回を突破)。

YOASOBIは、その後も「あの夢をなぞって」(原作「夢の雫と星の花」)、「たぶん」(原作「たぶん」)など、「monogatary.com」上の投稿小説をモチーフにした楽曲を続々とリリース。YOASABIの楽曲のモチーフとなった小説が「monogatary.com」の上位にそろってランクインするなど、投稿小説と楽曲の相乗効果が確認される。

Re:ゼロ 投稿小説のヒット

投稿イメージ
▲Re:ゼロの続編は、数日ごとにネット上で更新されている

小説投稿サイト「小説家になろう」の投稿小説を初出とした「Re:ゼロから始める異世界生活」(Re:ゼロ)は、ネット上のヒットから書籍化され、すでに24巻まで刊行。アニメも大ヒットしている。最近では、パチスロやスマホゲームもリリースされるなど、様々なメディアに進出している。

「レム」や「ラム」など人気キャラクターの誕生で、現在を代表する人気作品に成長した現在でも、Re:ゼロは「小説家になろう」において全編無料で読むことが可能なほか、続編も数日ごとにリリースされている。

ボーンデジタルはビジネスを変える

PS5イメージ
▲プレイステーション5は、ディスクドライブのないモデルも登場した

このような“ボーンデジタル”コンテンツの浸透は、コンテンツの旧来型ヒットパターンに依拠しパッケージ販売を前提としたビジネスモデルに依存してきた企業に、“ボーンデジタル”コンテンツを発信する新しい事業開発を促すこととなるだろう。

その中で、“ボーンデジタル”コミックを電子化された既存作品に組み合わせて配信可能な電子コミック配信事業者は、コロナ禍の“巣ごもり消費”で好調な収益を計上していると見られる。既に、DeNAの電子コミック事業「マンガボックス」にTBSが出資する、「LINEマンガ」運営会社が韓国NAVER社に実質買収されるなど、業界全般にM&Aが活性化している。

存在感増す投稿小説サイト

今後は、「monogatary.com」の成功に触発され、コンテンツの源流、ならびに投稿小説と他のデジタルコンテンツとの同時配信プラットフォームとして、小説投稿サイトが改めて注目される可能性があるだろう。

関連記事

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊤(短期業績からの分析)

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。 リーマンショック以降では最高水準となる。 今回の記事㊤では、21/4-6月期業績の動向と、アジアをリードするサムスン電子とTSMCについて。次回㊦は10月後半から発表される21/7-9月期の注目点について、言及したい。

高炉3社の収益は前年度の8倍へ 「失われた付加価値」奪還への挑戦

鉄鋼大手各社の業績が急ピッチで回復している。2022年3月期の高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)が公表している事業利益(神戸製鋼所は経常利益)計画の合計額は1兆300億円と、コロナ禍で苦しんだ前期の1,270億円の8倍の水準に達する。 この中には製鉄原料(鉄鉱石や原料炭)の在庫評価益など、実体の収益とは異なる会計上のかさ上げ要因が含まれている点に留意する必要がある。それでも、これらの特殊要因を除く3社合計の実質的な事業利益/経常利益の改善幅は5,100億円に達する。

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中