バーゼル条約とは?有害廃棄物の国境を超えた移動を規制する条約

バーゼル条約(Basel Convention)とは、船舶の航行などにともない、有害廃棄物が国境を越えて移動することを規制する国際条約です。

正式名称は「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」で、1989年にスイスのバーゼルで開かれた国際会議で採択されました。

バーゼル条約が規制する有害廃棄物の対象は、「附属書」に定められた廃棄物で、鉛蓄電池、廃油、シュレッダーくず、医療廃棄物などがあります。

2019年6月現在、187カ国がバーゼル条約に批准しています。なお、米国はOECD加盟国ですが、バーゼル条約は締結していません。

バーゼル条約が締結された経緯は、1980年代に多発した有害廃棄物の越境移動にあります。とくに欧米諸国から発展途上国へ有害廃棄物が運ばれ、環境汚染を引き起こすケースが多く、責任の所在を明らかにする国際的な枠組みを求める声が強まりました。

その後国連環境計画(UNEP)と経済協力開発機構(OECD)が協力し、バーゼル条約の締結に至りました。

バーゼル条約の3つの目的

バーゼル条約の目的は3つあります。

1.バーゼル条約の締約国から非締約国への有害廃棄物の輸出入の禁止

2.有害廃棄物の輸出が許されるケースでは、有害廃棄物の輸入国だけでなく経由国に対し、事前通告などの措置を義務付け

3.有害廃棄物が不法に持ち込まれた場合は、輸出側によって有害廃棄物を再輸入するなど、現状を回復する

有害廃棄物の不法な持ち込みを規制し、ゆくゆくは有害廃棄物の総量を減らしていくのが、バーゼル条約の目的です。

日本での動向は?1993年から日本でのルール適用が開始

日本は1993年9月17日にバーゼル条約を締結し、1993年12月16日からルール適用を開始しました。

当時の国内産業が、再利用可能な廃棄物を管理し、適切に輸出入を行っていた実績が認められたため、バーゼル条約の発行年(1992年)の翌年から適用がスタートしています。

バーゼル条約に対応するため、日本政府は1992年から「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(通称、バーゼル法)」の準備を進め、バーゼル条約の締結と共に施行しています。

バーゼル条約の改正ポイントは「プラスチックごみ」の規制

2019年5月10日にバーゼル条約の改正案が採択され、2021年1月1日から施行予定です。

企業は新たなルールに従って輸出入を行う必要があります。バーゼル条約の締約国会議は2年に一度開かれており、スイスのジュネーブで2019年4月19日~5月10日にかけて行われた第14回締約国会議(COP14)で今回の改正案が採択されました。

バーゼル条約の改正ポイントは、新たに「汚れたプラスチックごみ」を輸出する際に相手国の同意が必要となった点です。

近年、プラスチックによる海洋汚染が深刻化しており、2017年には中国が世界に先駆けてプラスチックごみの輸入を禁止するなど、プラスチックごみの越境移動を問題視する動きがありました。

バーゼル条約の締結国の間でも、有害な化学物質をふくむプラスチックごみや、リサイクルできない「汚れたプラスチック」を規制対象とすべきか議論がなされました。

ここでは、バーゼル条約の改正ポイントを解説します。

附属書の改訂

改正バーゼル条約では、どの廃棄物が規制対象の有害廃棄物に当たるかを決めるための「附属書」が改定されました。改定内容は次の通りです。
バーゼル条約の改正内容

日本国内のプラスチックごみの2018年度の輸出総量は、およそ100万トンです。

アメリカやドイツに次いで、日本は三番目のプラスチックごみ輸出国であり、環境省も早急に対策を打ち出す方針を発表しています。

今後、環境に有害な影響をおよぼすプラスチックごみや、リサイクルができない「汚れたプラスチックごみ」を対象として、輸出入が規制される点に注意が必要です。

プラスチックごみに関するパートナーシップの設立

もうひとつ重要なのが、プラスチックごみに関するパートナーシップが設立された点です。

このパートナーシップは、バーゼル条約の締結国を中心に横のつながりを強化し、情報共有や技術提供を行うことを目的としています。

たとえば、プラスチックごみの総量を減らすための技術的支援や、ごみ削減の取組み状況のモニタリングなどで、各国の協力を強化します。

また、プラスチックごみに関する財政的な支援も想定されています。

それぞれの締結国が一丸となって、プラスチックごみによる環境汚染を防ぐための国際的な枠組みが誕生しました。

バーゼル条約の改正ポイントを理解し、プラスチックごみの削減に取り組む

今回の改正によって、国内におけるプラスチックごみ処理の需要が高くなることが見込まれます。

コンビニチェーンやコーヒーチェーンなど、飲食業界では紙でできたストローを導入するなど、環境保全に対する企業の動向に今後も注目です。

参照
汚れた廃プラスチック、バーゼル条約で規制対象に(世界) | ビジネス短信 – ジェトロ

関連記事

持株会社とは?経営戦略としての特徴やメリット・デメリットを解説

会社法上、株式会社という会社の類型では、会社を最終的にコントロールする権限は株主が所有するという原則があります。 この原則を利用し、ある株式会社の株式を一定以上保有することで、その会社を戦略的に支配する「持株会社」という形態が存在します。 本稿では、持株会社の経営戦略としての特徴や、持株会社を設立するメリット・デメリット、財閥解体や金融ビッグバンとの歴史的関係について解説します。

GAFAも採用している話題の「デザイン思考」とは?概要や事例を解説

「デザイン思考」という言葉をご存知でしょうか。デザイン思考はユーザーの「共感」に根ざし、未知の課題や前例のない問題に対応できる新時代の思考法です。本記事では、デザイン思考の基本的な考え方や、国内外の成功事例について解説します。

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

ランキング記事

1

「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳

2020年3月1日、「経営の神様」と呼ばれたジャック・ウェルチ氏が死去しました。 1990年代後半、経済危機の最中にあった日本で、ウェルチ氏の存在はひときわ強い影響力を持ち、その言葉は「格言」として広まっていきました。しかし、最も有名な「選択と集中」という言葉に関しては、ウェルチ氏の意思が「誤訳」されて伝わっていました――。 フロンティア・マネジメントの代表取締役である松岡真宏が、機関誌「FRONTIER EYES vol.23」(2018年11月)に掲載した記事を再掲いたします。

2

村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~

前回予告いたしましたように、「村上春樹さんから学ぶ経営」を、シリーズでお届けして参ります。今回のテーマは、「差異化」です。まずは次の一文をお読みください。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

人気のキーワード