アドボカシー・マーケティングとは

一般的にアドボカシー・マーケティングとは、顧客から長期的に利益を獲得するため、徹底的に顧客にとっての最善を模索するマーケティングの考え方です。また、ロイヤリティが高い顧客(いわゆるヘビーリピーター)を戦略的に抱え込もうとする志向性そのものを、アドボカシー・マーケティングと呼ぶケースもみられます。

このマーケティング手法では、顧客の意向を最優先することで強い信頼を築き、リピーターの獲得などを目指します。具体例には、企業として発信しづらい自社の商品やサービスに関する欠点などについて、隠さず顧客へ情報発信することなどが挙げられます。

アドボカシー・マーケティングは、支援や擁護などを意味する「アドボカシー(advocacy)」とマーケティングを掛け合わせた用語で、”顧客第一主義のマーケティング”として認識されています。

日本では、米マサチューセッツ工科大学のグレン・アーバン教授の著書『アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業』が翻訳出版された2006年以降に国内で拡散し、現在さまざまなビジネスシーンで用いられているということです。

アドボカシー・マーケティングが注目される背景

アドボカシー・マーケティングが注目される背景には、「LTV:ライフタイムバリュー(顧客が取引を通じて企業に与えた価値の合計)」の考えや、「顧客が購買や申込を検討するに当たり、企業が発信する情報以外からも情報収集を行えるようになったこと」などが大きく関わっていると言われています。

例えば、TwitterなどのSNS、商品の口コミサイトでは、商品の使い勝手や実際の評判について、顧客はありとあらゆる情報を入手することが可能です。また、顧客は知りたい情報を企業に直接求めるのではなく、自身に最適なプラットフォームで、欲しいタイミングでスピーディーに情報を得ることができるようになっています。

こうした顧客ニーズへの対応は、ブランディングに負荷が掛かったり工数やコストが増えたりするため、短期的に会社の利益を考慮する企業では、度外視するケースがほとんどでした。しかし、LTVの考えが広まるにつれて、短期的利益の観点だけはなく、信頼やリピーターの獲得といった長期的利益の観点も企業が重要視する傾向に。結果、顧客の意向を優先的に考えるアドボカシー・マーケティングが注目されるようになったということです。

アドボカシー・マーケティングの手法

アドボカシー・マーケティングの代表的な手法の一つには、カスタマーサポートの強化が挙げられます。具体的には、コールセンターによる24時間365日の対応や、商品取引に関するスムーズなオンラインコミュニケーションなど。もちろん、これらは工数やコストが掛かるサービスですが、同時に顧客満足度の向上に大きく貢献する施策でもあります。

例えば、オンラインショッピングで買ったものを返品する際、コミュニケーションや返金などの対応に数日が掛かった。スマートフォンのインターネット接続状況が悪くなり、契約会社に問い合わせしたが電話が全くつながらない。これらを経験した多くの顧客は次のサービス利用を考える際、おそらく他のプラットフォームに切り替えることを真っ先に考えるのではないでしょうか。

このように、企業がターゲットのリテラシーや企業コストを考慮するがあまり、アフターサービスの内容などを複雑かつ限定的なものにする傾向が昨今しばしばみられます。若年層をメインターゲットにする一部のIT企業では、高齢者のITリテラシーを酌量し、問い合わせ媒体を全てオンラインに。また、サービスの解約を防ぐため、消費者が分かりにくいよう複雑な仕組みに。こうした施策はリピーター育成を阻害するどころか、企業に対するイメージを悪くさせる要因にもつながります。

アドボカシー・マーケティングの事例

オンラインで靴を販売する米国の「Zappos」社では、ユニークなマーケティング施策が行われています。顧客は(購入から365日以内)送料無料で返品ができる他、基本的に注文の翌日に商品を受け取ることが可能。また、カスタマーサポートチームが24時間365日、顧客対応を行います。さらに、オンラインでの接客だけではなく、電話による接客も積極的に行っているとのこと。こうした試みには、顧客第一主義といった同社の思想が大きく反映されています。

一見すると、企業の運営を難しくさせるこれらの施策ですが、このアドボカシー・マーケティングが、正にビジネスを成り立たせているといいます。同社では、新規顧客の獲得に力を注ぐ代わり、既存顧客の育成としてリソースを投入。結果ロイヤリティの高い顧客が生まれ、これらのヘビーユーザーが口コミなどを掲載し、新規顧客の獲得に貢献しているということです。

実際、米国のコンサルティング会社「Bain & Company」のディレクター、フレデリック・ライクヘルド氏が提唱したとする「1:5の法則(新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかる)」や、「5:25の法則(顧客離れを5%改善すると利益が最低25%改善する)」などを考えると、Zappos社の戦略は誤りと断言はできないでしょう。
「アドボカシー・マーケティングとは 山岡隆志先生インタビュー」

アドボカシー・マーケティングの注意点

アドボカシー・マーケティングでは、長期的な視点に立ち、運用方法やメリット、デメリットを捉えなければなりません。これは、アドボカシー・マーケティングが短期的な利益の獲得を狙うものではなく、ライフタイムバリューの最大化などを目指す手法であるためです。

長期的に利益をもたらすヘビーリピーターの育成は、時間が掛かるのが一般的。投入するリソースや期限、計画、コストはもちろんのこと、そのメリットやデメリットなどについて、数ヶ月、数年間のスパンで施策を考える必要があります。

加えてアドボカシー・マーケティングでは、顧客の意向を第一優先に考えて施策を行うため、(短期視点では)人的・金銭的コストが増加します。また、成果が伴わなかった場合、企業はさまざまなビジネスリスクを背負うことになるでしょう。

最新のマーケティング事情については弊社FMIにご相談を

アドボカシー・マーケティングに関する理解は深まりましたでしょうか。フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ビジネスの成功に必要となるノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

戦略と戦術の違いは?具体例やマーケティングにおけるポイントを解説

企業が成長し続けていくために、全体の方針を示す「戦略(経営戦略)」を立てることは必須です。 しかし、戦略を立てるだけでは、経営には不十分といえます。自社の強みを活かし、戦略を実現するために競合とわたりあっていくには、具体的な方法である「戦術」の策定も必要です。 戦略と戦術は、似ているようで異なります。そこで本記事では戦略と戦術の違いを解説し、事例やポイントを紹介します。

子会社設立のメリット・デメリットとは?経営者視点から徹底解説

子会社とは、意思決定の場面で親会社の支配を受ける会社のことです。節税効果の向上や経営の安定化などのメリットが期待され、M&Aなどでもよく採用されています。 メリットが注目される子会社設立ですが、もちろんデメリットもあります。また、子会社の設立や管理に際してのポイントを把握しておくことが大切です。 そこで本記事では、子会社の意味とともに、子会社設立のメリット・デメリット、子会社を有効活用するためのポイントについて経営者視点から解説します。

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中