アドボカシー・マーケティングとは

一般的にアドボカシー・マーケティングとは、顧客から長期的に利益を獲得するため、徹底的に顧客にとっての最善を模索するマーケティングの考え方です。また、ロイヤリティが高い顧客(いわゆるヘビーリピーター)を戦略的に抱え込もうとする志向性そのものを、アドボカシー・マーケティングと呼ぶケースもみられます。

このマーケティング手法では、顧客の意向を最優先することで強い信頼を築き、リピーターの獲得などを目指します。具体例には、企業として発信しづらい自社の商品やサービスに関する欠点などについて、隠さず顧客へ情報発信することなどが挙げられます。

アドボカシー・マーケティングは、支援や擁護などを意味する「アドボカシー(advocacy)」とマーケティングを掛け合わせた用語で、”顧客第一主義のマーケティング”として認識されています。

日本では、米マサチューセッツ工科大学のグレン・アーバン教授の著書『アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業』が翻訳出版された2006年以降に国内で拡散し、現在さまざまなビジネスシーンで用いられているということです。

アドボカシー・マーケティングが注目される背景

アドボカシー・マーケティングが注目される背景には、「LTV:ライフタイムバリュー(顧客が取引を通じて企業に与えた価値の合計)」の考えや、「顧客が購買や申込を検討するに当たり、企業が発信する情報以外からも情報収集を行えるようになったこと」などが大きく関わっていると言われています。

例えば、TwitterなどのSNS、商品の口コミサイトでは、商品の使い勝手や実際の評判について、顧客はありとあらゆる情報を入手することが可能です。また、顧客は知りたい情報を企業に直接求めるのではなく、自身に最適なプラットフォームで、欲しいタイミングでスピーディーに情報を得ることができるようになっています。

こうした顧客ニーズへの対応は、ブランディングに負荷が掛かったり工数やコストが増えたりするため、短期的に会社の利益を考慮する企業では、度外視するケースがほとんどでした。しかし、LTVの考えが広まるにつれて、短期的利益の観点だけはなく、信頼やリピーターの獲得といった長期的利益の観点も企業が重要視する傾向に。結果、顧客の意向を優先的に考えるアドボカシー・マーケティングが注目されるようになったということです。

アドボカシー・マーケティングの手法

アドボカシー・マーケティングの代表的な手法の一つには、カスタマーサポートの強化が挙げられます。具体的には、コールセンターによる24時間365日の対応や、商品取引に関するスムーズなオンラインコミュニケーションなど。もちろん、これらは工数やコストが掛かるサービスですが、同時に顧客満足度の向上に大きく貢献する施策でもあります。

例えば、オンラインショッピングで買ったものを返品する際、コミュニケーションや返金などの対応に数日が掛かった。スマートフォンのインターネット接続状況が悪くなり、契約会社に問い合わせしたが電話が全くつながらない。これらを経験した多くの顧客は次のサービス利用を考える際、おそらく他のプラットフォームに切り替えることを真っ先に考えるのではないでしょうか。

このように、企業がターゲットのリテラシーや企業コストを考慮するがあまり、アフターサービスの内容などを複雑かつ限定的なものにする傾向が昨今しばしばみられます。若年層をメインターゲットにする一部のIT企業では、高齢者のITリテラシーを酌量し、問い合わせ媒体を全てオンラインに。また、サービスの解約を防ぐため、消費者が分かりにくいよう複雑な仕組みに。こうした施策はリピーター育成を阻害するどころか、企業に対するイメージを悪くさせる要因にもつながります。

アドボカシー・マーケティングの事例

オンラインで靴を販売する米国の「Zappos」社では、ユニークなマーケティング施策が行われています。顧客は(購入から365日以内)送料無料で返品ができる他、基本的に注文の翌日に商品を受け取ることが可能。また、カスタマーサポートチームが24時間365日、顧客対応を行います。さらに、オンラインでの接客だけではなく、電話による接客も積極的に行っているとのこと。こうした試みには、顧客第一主義といった同社の思想が大きく反映されています。

一見すると、企業の運営を難しくさせるこれらの施策ですが、このアドボカシー・マーケティングが、正にビジネスを成り立たせているといいます。同社では、新規顧客の獲得に力を注ぐ代わり、既存顧客の育成としてリソースを投入。結果ロイヤリティの高い顧客が生まれ、これらのヘビーユーザーが口コミなどを掲載し、新規顧客の獲得に貢献しているということです。

実際、米国のコンサルティング会社「Bain & Company」のディレクター、フレデリック・ライクヘルド氏が提唱したとする「1:5の法則(新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかる)」や、「5:25の法則(顧客離れを5%改善すると利益が最低25%改善する)」などを考えると、Zappos社の戦略は誤りと断言はできないでしょう。
「アドボカシー・マーケティングとは 山岡隆志先生インタビュー」

アドボカシー・マーケティングの注意点

アドボカシー・マーケティングでは、長期的な視点に立ち、運用方法やメリット、デメリットを捉えなければなりません。これは、アドボカシー・マーケティングが短期的な利益の獲得を狙うものではなく、ライフタイムバリューの最大化などを目指す手法であるためです。

長期的に利益をもたらすヘビーリピーターの育成は、時間が掛かるのが一般的。投入するリソースや期限、計画、コストはもちろんのこと、そのメリットやデメリットなどについて、数ヶ月、数年間のスパンで施策を考える必要があります。

加えてアドボカシー・マーケティングでは、顧客の意向を第一優先に考えて施策を行うため、(短期視点では)人的・金銭的コストが増加します。また、成果が伴わなかった場合、企業はさまざまなビジネスリスクを背負うことになるでしょう。

最新のマーケティング事情については弊社FMIにご相談を

アドボカシー・マーケティングに関する理解は深まりましたでしょうか。フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ビジネスの成功に必要となるノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

商品やサービスを売るために役立つコミュニケーション活動が「マーケティング・コミュニケーション」です。メディアのデジタル化により企業と顧客の双方向のやり取りが可能になり、その重要性は高まっています。 企業は広告や広報、SNSといった多彩な領域でマーケティング・コミュニケーションの展開が求められていますが、正しく実行できている企業は多くありません。 本記事では、マーケティング・コミュニケーションの意味から役割、成功事例まで解説していきます。

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中