アドボカシー・マーケティングとは

一般的にアドボカシー・マーケティングとは、顧客から長期的に利益を獲得するため、徹底的に顧客にとっての最善を模索するマーケティングの考え方です。また、ロイヤリティが高い顧客(いわゆるヘビーリピーター)を戦略的に抱え込もうとする志向性そのものを、アドボカシー・マーケティングと呼ぶケースもみられます。

このマーケティング手法では、顧客の意向を最優先することで強い信頼を築き、リピーターの獲得などを目指します。具体例には、企業として発信しづらい自社の商品やサービスに関する欠点などについて、隠さず顧客へ情報発信することなどが挙げられます。

アドボカシー・マーケティングは、支援や擁護などを意味する「アドボカシー(advocacy)」とマーケティングを掛け合わせた用語で、”顧客第一主義のマーケティング”として認識されています。

日本では、米マサチューセッツ工科大学のグレン・アーバン教授の著書『アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業』が翻訳出版された2006年以降に国内で拡散し、現在さまざまなビジネスシーンで用いられているということです。

アドボカシー・マーケティングが注目される背景

アドボカシー・マーケティングが注目される背景には、「LTV:ライフタイムバリュー(顧客が取引を通じて企業に与えた価値の合計)」の考えや、「顧客が購買や申込を検討するに当たり、企業が発信する情報以外からも情報収集を行えるようになったこと」などが大きく関わっていると言われています。

例えば、TwitterなどのSNS、商品の口コミサイトでは、商品の使い勝手や実際の評判について、顧客はありとあらゆる情報を入手することが可能です。また、顧客は知りたい情報を企業に直接求めるのではなく、自身に最適なプラットフォームで、欲しいタイミングでスピーディーに情報を得ることができるようになっています。

こうした顧客ニーズへの対応は、ブランディングに負荷が掛かったり工数やコストが増えたりするため、短期的に会社の利益を考慮する企業では、度外視するケースがほとんどでした。しかし、LTVの考えが広まるにつれて、短期的利益の観点だけはなく、信頼やリピーターの獲得といった長期的利益の観点も企業が重要視する傾向に。結果、顧客の意向を優先的に考えるアドボカシー・マーケティングが注目されるようになったということです。

アドボカシー・マーケティングの手法

アドボカシー・マーケティングの代表的な手法の一つには、カスタマーサポートの強化が挙げられます。具体的には、コールセンターによる24時間365日の対応や、商品取引に関するスムーズなオンラインコミュニケーションなど。もちろん、これらは工数やコストが掛かるサービスですが、同時に顧客満足度の向上に大きく貢献する施策でもあります。

例えば、オンラインショッピングで買ったものを返品する際、コミュニケーションや返金などの対応に数日が掛かった。スマートフォンのインターネット接続状況が悪くなり、契約会社に問い合わせしたが電話が全くつながらない。これらを経験した多くの顧客は次のサービス利用を考える際、おそらく他のプラットフォームに切り替えることを真っ先に考えるのではないでしょうか。

このように、企業がターゲットのリテラシーや企業コストを考慮するがあまり、アフターサービスの内容などを複雑かつ限定的なものにする傾向が昨今しばしばみられます。若年層をメインターゲットにする一部のIT企業では、高齢者のITリテラシーを酌量し、問い合わせ媒体を全てオンラインに。また、サービスの解約を防ぐため、消費者が分かりにくいよう複雑な仕組みに。こうした施策はリピーター育成を阻害するどころか、企業に対するイメージを悪くさせる要因にもつながります。

アドボカシー・マーケティングの事例

オンラインで靴を販売する米国の「Zappos」社では、ユニークなマーケティング施策が行われています。顧客は(購入から365日以内)送料無料で返品ができる他、基本的に注文の翌日に商品を受け取ることが可能。また、カスタマーサポートチームが24時間365日、顧客対応を行います。さらに、オンラインでの接客だけではなく、電話による接客も積極的に行っているとのこと。こうした試みには、顧客第一主義といった同社の思想が大きく反映されています。

一見すると、企業の運営を難しくさせるこれらの施策ですが、このアドボカシー・マーケティングが、正にビジネスを成り立たせているといいます。同社では、新規顧客の獲得に力を注ぐ代わり、既存顧客の育成としてリソースを投入。結果ロイヤリティの高い顧客が生まれ、これらのヘビーユーザーが口コミなどを掲載し、新規顧客の獲得に貢献しているということです。

実際、米国のコンサルティング会社「Bain & Company」のディレクター、フレデリック・ライクヘルド氏が提唱したとする「1:5の法則(新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかる)」や、「5:25の法則(顧客離れを5%改善すると利益が最低25%改善する)」などを考えると、Zappos社の戦略は誤りと断言はできないでしょう。
「アドボカシー・マーケティングとは 山岡隆志先生インタビュー」

アドボカシー・マーケティングの注意点

アドボカシー・マーケティングでは、長期的な視点に立ち、運用方法やメリット、デメリットを捉えなければなりません。これは、アドボカシー・マーケティングが短期的な利益の獲得を狙うものではなく、ライフタイムバリューの最大化などを目指す手法であるためです。

長期的に利益をもたらすヘビーリピーターの育成は、時間が掛かるのが一般的。投入するリソースや期限、計画、コストはもちろんのこと、そのメリットやデメリットなどについて、数ヶ月、数年間のスパンで施策を考える必要があります。

加えてアドボカシー・マーケティングでは、顧客の意向を第一優先に考えて施策を行うため、(短期視点では)人的・金銭的コストが増加します。また、成果が伴わなかった場合、企業はさまざまなビジネスリスクを背負うことになるでしょう。

最新のマーケティング事情については弊社FMIにご相談を

アドボカシー・マーケティングに関する理解は深まりましたでしょうか。フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ビジネスの成功に必要となるノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

クロスボーダー経営 PMIにもリアル×デジタルのバランスが重要

クロスボーダー経営は、多くの企業にとって今後避けて通れない道だ。特にM&Aを活用したPMIは重要な位置づけを占める。難易度の高いクロスボーダー経営を成功に導くキーワードとして、今回は「ファクトベース」「ロジック」「多様性」「デジタル」を取り上げる。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中