フリー・トゥ・プレイ(F2P)とは

フリー・トゥ・プレイ(F2P)とは

フリー・トゥ・プレイ(F2P)は、ゲームのダウンロードは無料だが、武器やアイテムの購入や、「ガチャ」を引く際に課金する仕組みだ。当初、オンラインゲームの多くは月額の料金制だったが、1990年代末の韓国製のオンラインゲームをきっかけにF2Pが普及した。ゲームの間口を広くし、熱心なユーザーからはより多くの課金ができる事から、現在ではスマートフォンゲームだけでなく、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。

代表的なタイトルは、Epic Games社製「Fortnite」で、Switch版の登場により特に未成年から若年層に同タイトルのプレイ機会が拡がった。グローバルで人気ジャンルとなっているバトルロイヤル型ゲームについて、日本国内での認知を拡げたと見られる。

Switch向けF2Pゲームタイトルについても、グローバル、PC向けに展開されている海外人気タイトルが移植されるケースが多い。

ニンジャラ成功の背景

ニンジャラ成功の背景

日本製F2Pアクションゲームの存在感が見られない現況下で、健闘をみせているのが、ガンホー・オンライン・エンターテイメント製の「ニンジャラ」だ。Switch専用に開発/リリースされ(2020年6月)、21年5月までにグローバルで700万ダウンロードを突破するヒットを達成している。

ガンホーにとっても、2012年のサービス開始から9年が経過したパズル&ドラゴンズ(パズドラ)に続く、主力タイトルに位置づけている。

「ニンジャラ」は、任天堂製の人気3Dアクションゲーム「スプラトゥーン」でも見られた、カジュアルな画面テイストを特長としている。最大8人での対戦を気軽に楽しむことができ、敷居が高く見られがちな3Dオンラインアクションゲームを、初心者にも親しみやすくアピールすることに成功している。

テンセントと共同開発のMOBA「ポケモンユナイト」への期待

テンセントと共同開発のMOBA「ポケモンユナイト」への期待

「ニンジャラ」に続くSwitch向けF2Pゲームとして期待されるのは、株式会社ポケモンがテンセントと共同開発している「ポケモンユナイト」である。同タイトルは、ポケモンをベースとしたシリーズ初の5対5チーム戦略バトルゲーム(MOBA:マルチプレーヤー・オンライン・バトル・アリーナ)であり、2021年7月にSwitch向けに、9月にスマートフォン向けにリリースされる予定である。

eスポーツを含むグローバルのオンラインゲームシーンでは、MOBAは主要タイトルとなっている。しかし、日本での一般的な人気/認知が低いとされており、最有力IPの一つであるポケモンをベースとした同タイトルが、どこまで国内、そして中国を含めたグローバルでの人気を得られるかが注目される。

「ニンジャラ」の成功に続き、「ポケモンユナイト」がグローバルで高評価を獲得するケースでは、3Dアクションゲーム開発を不得手とする国内スマートフォンゲーム会社の開発スタイルに一石を投じる可能性が考えられる。

ユーザーがスマホゲームに求めるクオリティは高まっており、開発費も高騰している。「課金ガチャ」に依存する新作カードゲームタイトルのヒット確率の低下など、昨今の国内スマートフォンゲーム開発は、従来よりもリスクが高まっている。

スマートフォンゲーム各社は、過去の開発資産を活かせない3Dアクションゲームなどの新規ジャンル開拓にさらに消極的となるという悪循環が見られる。

期待される任天堂Switch向けF2P

期待される任天堂Switch向けF2P

2021年3月末で、グローバル8,459万台の普及を達成した任天堂のコンソールゲーム機「Switch」は、持ち運び可能なコンソールゲーム機というユニークな地位を確立。従来のポータブルゲーム機の用途も包含することで、国内では他のゲーム機を圧倒する2,004万台という普及台数を誇っている。

日本のゲーム業界の悪循環を打破する契機として、まずはSwitch向けにF2Pアクションゲームを開発/リリースして、人気度合いを見極めたうえでスマートフォン版をリリースする開発スタイルが考えられる。

Switchという単一ハード向け開発では、スマートフォン各機種への調整の手間が不要となるため開発費が効率化される他、UnityやUnreal Engineなどの汎用ゲームエンジンをベースに開発すれば、主要部分が共通化されているため、のちにスマートフォン版を展開する際にもSwitch版での開発資産を有効に活用することが可能となる。

まずはSwitchから、の流れを

将来的にeスポーツ拡大を目論む業界各社にとって、eスポーツ向けに国内で開発された人気タイトル確立は不可欠だ。ヒット確率が低くなっているスマホゲームで新規アクションゲームのヒットを狙うより、“ヒット可能性のリトマス試験紙”として、先行的にSwitch向けにグローバルeスポーツの主要ジャンルであるバトルロイヤルやMOBAゲームをリリースするといった開発スタイルが考えられるだろう。今後のSwitch向けF2Pゲーム展開とヒット状況、ならびにゲーム各社の取り組みに注目していきたい。

関連記事

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

フィジカルインターネットとは?物流業界変革の構造や業界動向を解説

ECの普及により物流量が増加している今、物流業界は人手不足や労働環境の悪化、トラックの積載率の低下(注1)など深刻な課題を抱えています。 この課題を解決する方法として注目されているのが「フィジカルインターネット」です。 フィジカルインターネットは、インターネットの網の目のような通信網をフィジカル(物理的)な物流業界で応用する考え方です。 本記事では、フィジカルインターネットの構造を解説し、実現へ向けた企業各社の動きを紹介します。

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中