フリー・トゥ・プレイ(F2P)とは

フリー・トゥ・プレイ(F2P)とは

フリー・トゥ・プレイ(F2P)は、ゲームのダウンロードは無料だが、武器やアイテムの購入や、「ガチャ」を引く際に課金する仕組みだ。当初、オンラインゲームの多くは月額の料金制だったが、1990年代末の韓国製のオンラインゲームをきっかけにF2Pが普及した。ゲームの間口を広くし、熱心なユーザーからはより多くの課金ができる事から、現在ではスマートフォンゲームだけでなく、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。

代表的なタイトルは、Epic Games社製「Fortnite」で、Switch版の登場により特に未成年から若年層に同タイトルのプレイ機会が拡がった。グローバルで人気ジャンルとなっているバトルロイヤル型ゲームについて、日本国内での認知を拡げたと見られる。

Switch向けF2Pゲームタイトルについても、グローバル、PC向けに展開されている海外人気タイトルが移植されるケースが多い。

ニンジャラ成功の背景

ニンジャラ成功の背景

日本製F2Pアクションゲームの存在感が見られない現況下で、健闘をみせているのが、ガンホー・オンライン・エンターテイメント製の「ニンジャラ」だ。Switch専用に開発/リリースされ(2020年6月)、21年5月までにグローバルで700万ダウンロードを突破するヒットを達成している。

ガンホーにとっても、2012年のサービス開始から9年が経過したパズル&ドラゴンズ(パズドラ)に続く、主力タイトルに位置づけている。

「ニンジャラ」は、任天堂製の人気3Dアクションゲーム「スプラトゥーン」でも見られた、カジュアルな画面テイストを特長としている。最大8人での対戦を気軽に楽しむことができ、敷居が高く見られがちな3Dオンラインアクションゲームを、初心者にも親しみやすくアピールすることに成功している。

テンセントと共同開発のMOBA「ポケモンユナイト」への期待

テンセントと共同開発のMOBA「ポケモンユナイト」への期待

「ニンジャラ」に続くSwitch向けF2Pゲームとして期待されるのは、株式会社ポケモンがテンセントと共同開発している「ポケモンユナイト」である。同タイトルは、ポケモンをベースとしたシリーズ初の5対5チーム戦略バトルゲーム(MOBA:マルチプレーヤー・オンライン・バトル・アリーナ)であり、2021年7月にSwitch向けに、9月にスマートフォン向けにリリースされる予定である。

eスポーツを含むグローバルのオンラインゲームシーンでは、MOBAは主要タイトルとなっている。しかし、日本での一般的な人気/認知が低いとされており、最有力IPの一つであるポケモンをベースとした同タイトルが、どこまで国内、そして中国を含めたグローバルでの人気を得られるかが注目される。

「ニンジャラ」の成功に続き、「ポケモンユナイト」がグローバルで高評価を獲得するケースでは、3Dアクションゲーム開発を不得手とする国内スマートフォンゲーム会社の開発スタイルに一石を投じる可能性が考えられる。

ユーザーがスマホゲームに求めるクオリティは高まっており、開発費も高騰している。「課金ガチャ」に依存する新作カードゲームタイトルのヒット確率の低下など、昨今の国内スマートフォンゲーム開発は、従来よりもリスクが高まっている。

スマートフォンゲーム各社は、過去の開発資産を活かせない3Dアクションゲームなどの新規ジャンル開拓にさらに消極的となるという悪循環が見られる。

期待される任天堂Switch向けF2P

期待される任天堂Switch向けF2P

2021年3月末で、グローバル8,459万台の普及を達成した任天堂のコンソールゲーム機「Switch」は、持ち運び可能なコンソールゲーム機というユニークな地位を確立。従来のポータブルゲーム機の用途も包含することで、国内では他のゲーム機を圧倒する2,004万台という普及台数を誇っている。

日本のゲーム業界の悪循環を打破する契機として、まずはSwitch向けにF2Pアクションゲームを開発/リリースして、人気度合いを見極めたうえでスマートフォン版をリリースする開発スタイルが考えられる。

Switchという単一ハード向け開発では、スマートフォン各機種への調整の手間が不要となるため開発費が効率化される他、UnityやUnreal Engineなどの汎用ゲームエンジンをベースに開発すれば、主要部分が共通化されているため、のちにスマートフォン版を展開する際にもSwitch版での開発資産を有効に活用することが可能となる。

まずはSwitchから、の流れを

将来的にeスポーツ拡大を目論む業界各社にとって、eスポーツ向けに国内で開発された人気タイトル確立は不可欠だ。ヒット確率が低くなっているスマホゲームで新規アクションゲームのヒットを狙うより、“ヒット可能性のリトマス試験紙”として、先行的にSwitch向けにグローバルeスポーツの主要ジャンルであるバトルロイヤルやMOBAゲームをリリースするといった開発スタイルが考えられるだろう。今後のSwitch向けF2Pゲーム展開とヒット状況、ならびにゲーム各社の取り組みに注目していきたい。

関連記事

攻勢強まる韓国「Webtoon」2強 「NAVER」「Kakao」のグローバル戦略

日本でも、韓国発電子コミックWebtoonの存在感が増している。世界2強である「Kakao」は日本国内では「ピッコマ」、「NAVER」は「LINE マンガ」という名前で展開。世界最大のマンガ市場を抱える日本のコンテンツ産業は、新しい時代への対応が求められている。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊤(短期業績からの分析)

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。 リーマンショック以降では最高水準となる。 今回の記事㊤では、21/4-6月期業績の動向と、アジアをリードするサムスン電子とTSMCについて。次回㊦は10月後半から発表される21/7-9月期の注目点について、言及したい。

高炉3社の収益は前年度の8倍へ 「失われた付加価値」奪還への挑戦

鉄鋼大手各社の業績が急ピッチで回復している。2022年3月期の高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)が公表している事業利益(神戸製鋼所は経常利益)計画の合計額は1兆300億円と、コロナ禍で苦しんだ前期の1,270億円の8倍の水準に達する。 この中には製鉄原料(鉄鉱石や原料炭)の在庫評価益など、実体の収益とは異なる会計上のかさ上げ要因が含まれている点に留意する必要がある。それでも、これらの特殊要因を除く3社合計の実質的な事業利益/経常利益の改善幅は5,100億円に達する。

ランキング記事

1

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

2

「日本製鐵がトヨタを提訴」の衝撃 業界最大手同士の大型裁判

「日本製鉄がトヨタ自動車を提訴」。2021年10月中旬に出たこのニュースを受け、鉄鋼業界に激震が走った。国内製造業の頂点に君臨するトヨタ自動車と、鉄鋼最大手の日本製鉄。長い間蜜月にあった両社が、裁判で争う事態は誰も想像していなかったからだ。

3

印刷業界の現状と展望は?直面する課題や打開に向けた取り組みを紹介

ポスターや雑誌といった印刷物を発行し、商取引を通じて利益を上げる印刷業界。日本活版印刷の始祖にあたる本木昌造が1869年に活版伝習所を興したのをきっかけに生まれた印刷業界は、印刷技術の発展とともに業容を拡大させてきました。 しかし、インターネットの普及に伴う紙媒体の広告費縮小、エンドユーザーにあたる出版社や新聞社の業績悪化によって、業界全体が厳しい状況に置かれています。 本記事では、そうした印刷業界の現状や課題とともに、現状打破に向けた取り組みを紹介します。

4

オーバーアロットメントとは 株価への影響や事例とともに解説

企業において新規株式公開や公募増資を担当されている方、また証券会社でこれから引受を請け負う若手の方、または今後それらの仕事を志す方等に向けて、今回は「オーバーアロットメント」という公募・売り出しの関連手法・用語について解説していきます。

5

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中