コト消費の次に来るもの 小売業界

allbirds shop harajuku

1月10日に東京・原宿でオープンしたアメリカのD2Cブランド「Allbirds」のコンセプトショップが話題だ。「世界一快適なスニーカー」をうたうAllbirdsの商品は、原則としてオンライン限定の取り扱い。D2Cとは「Direct to(2) Consumer」の略語で、小売店など既存の販路を介さず、ブランド企業による直販チャネルを主とする新興ブランドの総称である。

allbirds-shoe

D2Cブランドの顧客戦略は、リアル店舗での陳列やプロモーションに頼らずに、SNS、ウェブサイト、オリジナル雑誌の発行などのメディアを通じて自ら情報発信やライフスタイル提案を行い、若年層を中心とした消費者と「友人のような関係」を構築していくことに特徴がある。Allbirdsの他にも、眼鏡の「Warby Parker」、マットレスの「Casper」、アパレルの「Everlane」といったD2Cブランドがアメリカを中心に急成長している。

既存のブランド企業の中からも、リアル店舗を主たる販路とするビジネスモデルからD2Cブランドへの転身を図る動きが出ている。世界最大のスポーツブランドであるNIKEが急速な勢いで販売チャネルの転換(店舗→自社オンライン販売)を進めている。また、音響機器のBOSEは2020年1月、北米、欧州、日本、オーストラリアの全ての店舗(119店)を閉鎖すると発表して、流通業界を震撼させた。

D2Cブランドのような新興企業やアマゾンのようなEC事業者の攻勢を受けるリアル店舗に残された道は、店舗での価値ある体験、いわゆる「コト消費」を提供することにあるというのが、最近の流通業界の定説となりつつある。これは確かに説得力のある話だ。実際の商品に触れる、新しい商品に出会うといった購買体験はもちろん、カフェでくつろぐといったコト消費の場としての空間提供は、リアル店舗ならではの価値だ。しかし、本当に「体験スペース」だけがリアル店舗が生き残る唯一の道なのだろうか。

Googleが買収「Pointy」、Amazon ECへの対抗策とは

買収と対抗策

リアル店舗が生き残る「第2の道」を思索するうえで、「米GoogleがアイルランドのITスタートアップPointy社を買収」という1月14日のニュースは示唆的であった。Pointyのサービスは、リアル店舗の店頭在庫情報を順次把握し、Googleの検索結果などを通じて消費者に公開するというものだ。
ECで商品購入する際の〈検索ツール〉として、往年のGoogleは圧倒的なシェアを誇っていたが、昨今はアマゾンが急速な追い上げを見せている。巨大倉庫を拠点としたアマゾンのECサービスに対して、Googleはリアル店舗網を巻き込んだ陣形を組んだと言えるだろう。

Pointyは小規模小売店向け中心のサービスだが、店頭の在庫情報をリアルタイムで公開するというサービスは、大手小売業がアマゾンやD2Cブランドに対抗するうえでの戦略としても注目できる。身近な店舗に現在どのような商品が並び、いくつ在庫が残っているか事前確認できることは、消費者にとって「時間価値」が高いサービスだ。それがたとえ徒歩5分圏内の店であっても、ほしい商品が欠品していないかどうか、そもそも取り扱いがあるかどうかを確認せずに来店することは、往復10分の移動時間を無駄にするリスクをともなう行為であるためだ。

例えば、家電製品の特殊な仕様、形状の乾電池が切れてしまった場面を考えるとしよう。その家電製品を今すぐに使いたい。アマゾンなら確実に手に入るが、届くのは明日。もし自宅近くのコンビニに取り扱いがあれば、往復10分で手に入る。そんな時に、どのコンビニにほしい乾電池の販売在庫があるのかがわかれば、便利ではないだろうか。

コンビニのリアルタイム在庫情報がわからない現在の消費者が取り得る行動は、上記の電池がほしい場面で言うと、⑴家電製品が使えない不便を1日我慢してアマゾンで買う、⑵乾電池を求めて周辺のコンビニ数件を「はしご」する、⑶コンビニをはしごしたくないのでいっそのこと遠くの家電量販店まで行く――のいずれかだろう。スマホで最寄りのコンビニ店舗の在庫状況を確認してから行く、という新たな選択肢は、これら3つのどの選択肢よりも消費者の利便性や時間価値が高い。

スマホアプリなどによるリアルタイム在庫情報の開示サービスでは、ユニクロや無印良品といった小売専門店が先行している。しかし、在庫情報の提供が消費者にとって大きな価値をもたらすのは、ニッチ商品を含む幅広い品揃えを持つ「ロングテール」型の店舗や、中小型規模で面展開しているチェーン店舗であろう。コンビニ、ドラッグストア、家電量販店、ホームセンターなどが最たる例である。

デジタルサービス隆盛の時代にあって、リアル店舗が生き残る道は、体験型サービスだけではない。新しいデジタル技術を駆使して、店舗の品揃えやリアルタイムの在庫情報をオープンにすることで、EC事業者に対しては「時間価値」、D2Cブランド(NIKEのような既存ブランドの転換も含む)に対しては「品揃えの幅」を強みに、十分に戦っていけるのではないだろうか。

【参考】
Allbirds     https://www.allbirds.com/
Warby Parker  https://www.warbyparker.com/
Casper     https://casper.com/
Everlane    https://jp.everlane.com/ja-jp/

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中