コト消費の次に来るもの 小売業界

allbirds shop harajuku

1月10日に東京・原宿でオープンしたアメリカのD2Cブランド「Allbirds」のコンセプトショップが話題だ。「世界一快適なスニーカー」をうたうAllbirdsの商品は、原則としてオンライン限定の取り扱い。D2Cとは「Direct to(2) Consumer」の略語で、小売店など既存の販路を介さず、ブランド企業による直販チャネルを主とする新興ブランドの総称である。

allbirds-shoe

D2Cブランドの顧客戦略は、リアル店舗での陳列やプロモーションに頼らずに、SNS、ウェブサイト、オリジナル雑誌の発行などのメディアを通じて自ら情報発信やライフスタイル提案を行い、若年層を中心とした消費者と「友人のような関係」を構築していくことに特徴がある。Allbirdsの他にも、眼鏡の「Warby Parker」、マットレスの「Casper」、アパレルの「Everlane」といったD2Cブランドがアメリカを中心に急成長している。

既存のブランド企業の中からも、リアル店舗を主たる販路とするビジネスモデルからD2Cブランドへの転身を図る動きが出ている。世界最大のスポーツブランドであるNIKEが急速な勢いで販売チャネルの転換(店舗→自社オンライン販売)を進めている。また、音響機器のBOSEは2020年1月、北米、欧州、日本、オーストラリアの全ての店舗(119店)を閉鎖すると発表して、流通業界を震撼させた。

D2Cブランドのような新興企業やアマゾンのようなEC事業者の攻勢を受けるリアル店舗に残された道は、店舗での価値ある体験、いわゆる「コト消費」を提供することにあるというのが、最近の流通業界の定説となりつつある。これは確かに説得力のある話だ。実際の商品に触れる、新しい商品に出会うといった購買体験はもちろん、カフェでくつろぐといったコト消費の場としての空間提供は、リアル店舗ならではの価値だ。しかし、本当に「体験スペース」だけがリアル店舗が生き残る唯一の道なのだろうか。

Googleが買収「Pointy」、Amazon ECへの対抗策とは

買収と対抗策

リアル店舗が生き残る「第2の道」を思索するうえで、「米GoogleがアイルランドのITスタートアップPointy社を買収」という1月14日のニュースは示唆的であった。Pointyのサービスは、リアル店舗の店頭在庫情報を順次把握し、Googleの検索結果などを通じて消費者に公開するというものだ。
ECで商品購入する際の〈検索ツール〉として、往年のGoogleは圧倒的なシェアを誇っていたが、昨今はアマゾンが急速な追い上げを見せている。巨大倉庫を拠点としたアマゾンのECサービスに対して、Googleはリアル店舗網を巻き込んだ陣形を組んだと言えるだろう。

Pointyは小規模小売店向け中心のサービスだが、店頭の在庫情報をリアルタイムで公開するというサービスは、大手小売業がアマゾンやD2Cブランドに対抗するうえでの戦略としても注目できる。身近な店舗に現在どのような商品が並び、いくつ在庫が残っているか事前確認できることは、消費者にとって「時間価値」が高いサービスだ。それがたとえ徒歩5分圏内の店であっても、ほしい商品が欠品していないかどうか、そもそも取り扱いがあるかどうかを確認せずに来店することは、往復10分の移動時間を無駄にするリスクをともなう行為であるためだ。

例えば、家電製品の特殊な仕様、形状の乾電池が切れてしまった場面を考えるとしよう。その家電製品を今すぐに使いたい。アマゾンなら確実に手に入るが、届くのは明日。もし自宅近くのコンビニに取り扱いがあれば、往復10分で手に入る。そんな時に、どのコンビニにほしい乾電池の販売在庫があるのかがわかれば、便利ではないだろうか。

コンビニのリアルタイム在庫情報がわからない現在の消費者が取り得る行動は、上記の電池がほしい場面で言うと、⑴家電製品が使えない不便を1日我慢してアマゾンで買う、⑵乾電池を求めて周辺のコンビニ数件を「はしご」する、⑶コンビニをはしごしたくないのでいっそのこと遠くの家電量販店まで行く――のいずれかだろう。スマホで最寄りのコンビニ店舗の在庫状況を確認してから行く、という新たな選択肢は、これら3つのどの選択肢よりも消費者の利便性や時間価値が高い。

スマホアプリなどによるリアルタイム在庫情報の開示サービスでは、ユニクロや無印良品といった小売専門店が先行している。しかし、在庫情報の提供が消費者にとって大きな価値をもたらすのは、ニッチ商品を含む幅広い品揃えを持つ「ロングテール」型の店舗や、中小型規模で面展開しているチェーン店舗であろう。コンビニ、ドラッグストア、家電量販店、ホームセンターなどが最たる例である。

デジタルサービス隆盛の時代にあって、リアル店舗が生き残る道は、体験型サービスだけではない。新しいデジタル技術を駆使して、店舗の品揃えやリアルタイムの在庫情報をオープンにすることで、EC事業者に対しては「時間価値」、D2Cブランド(NIKEのような既存ブランドの転換も含む)に対しては「品揃えの幅」を強みに、十分に戦っていけるのではないだろうか。

【参考】
Allbirds     https://www.allbirds.com/
Warby Parker  https://www.warbyparker.com/
Casper     https://casper.com/
Everlane    https://jp.everlane.com/ja-jp/

関連記事

中国が席巻、スマホゲームの新潮流~中国の開発力と資金力の活用~

中国のゲームが、世界を席巻している。PCオンラインゲームやスマホゲームで世界一の市場に成長しているのに加え、開発力でも圧倒している。テンセント(騰訊)など中国大手は、豊富な資金を背景に各国のゲームメーカーに出資。日本のスマホゲーム市場でも、「荒野行動」(NetEase)など、中国開発タイトルが上位にランクインしている。

クラウドキッチンとは?Uber Eatsとともに変貌を遂げる飲食ビジネスのこれから

新型コロナウイルスの流行と、約2ヶ月に及ぶ緊急事態宣言による人々の外出自粛は、外食産業に深刻な影響をおよぼしています。一方で、ここ数年飲食業界で話題になっていた「クラウドキッチン」が、コロナショックによってさらなる注目を集めることになりました。 クラウドキッチンは、ネット注文&デリバリーに特化した新しいビジネスモデルです。Uber Eatsなどのデリバリーアプリの普及に後押しされる形で拡大しつつあるクラウドキッチンは、今後の飲食ビジネスを変容させる可能性を秘めています。本記事はクラウドキッチンについて、その仕組みや特徴、クラウドキッチンを活用するメリットなどを解説していきます。

エッジAIとは?概要からクラウドAIとの違い、事例まで解説

カメラを使った「顔認証システム」や、無人での自律走行が可能な「ロボット農機」など、末端のデバイス(カメラ、農機)に直接学習モデルを実装するケースが増えてきました。システムの末端(エッジ)にAIを搭載しているため、この技術を「エッジAI(edge AI)」と呼びます。 エッジAIの市場規模は年々拡大をつづけ、多くの産業分野で注目を集めています。本記事では、エッジAIの概要やクラウドAIとの違いについて、実際の導入事例を紐解きつつ解説します。

ランキング記事

1

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~

弊社のネットメディア立ち上げにあたり、できれば面白いことを書きたいと考えました。筆者の出自はハイテク産業の調査であり、ハイテク産業に関するあれこれを書くことが期待されていることでしょう。ただ、それではつまらない。なにせ私の著作の一つは『経営危機には給料を増やす ~ 世界一位企業をつくった天邪鬼経営』(日本経済新聞出版)。もちろん、時にはハイテクさんに関することも書くとして、変わった切り口で経営を議論していきたいと考えました。

3

ドローン宅配のメリット&課題を解説!物流に革命を起こすのはAmazonか?楽天か?

かねてから物流業界は、ドライバー不足や再配達の増加が課題とされていました。そこに、新型コロナウイルスの影響で宅配需要が急増し、物流業界はいまだかつてない窮地に陥っています。そんな物流業界の救世主として期待を一身に集めているのが「ドローン宅配」です。 今回は「空に革命を起こす」と言われるドローン宅配について、メリットや懸念点などを中心に解説していきましょう。

4

「PCR」で読み解くポストコロナのサービス業

「つながりたい」「つながりたくない」。ポストコロナの消費者は、矛盾する2つの欲求を抱える。サービス業は両立できないニーズにどう応えるのか。「PCR」(Place/Point,Content,Remote)をキーワードに読み解いた。

5

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

人気のキーワード