自宅にテレワーク環境を整備 不動産タイプ別の垣根が低くなりつつある

在宅ワークイメージ

不動産といえばまず思いつくのがマンション、そしてオフィスや店舗。最近は物流施設も成長著しい不動産タイプの一つと見られている。これらの不動産タイプにはそれぞれ固有の用途がある。
たとえば、マンションの用途は住まいであり、オフィスは働き場、リゾートは余暇を楽しむ場所、といった具合だ。住まいは生活や休息の場所であり、毎日の生活を快適に過ごせる機能があればそれでよいし、リゾートは2泊3日の休暇の期間をリラックスして楽しめる機能があれば十分、というのが従来の認識だ。

しかし最近は、この認識や考え方が変化している。
オンラインでの在宅勤務の拡大により、サラリーマン家庭を中心に、住まいに働き場としての機能を求める傾向が出つつあり、居住空間の中に仕事部屋の確保がしやすい戸建住宅の売れ行きが好調という現象が現れている。

またリゾートでもワークとバケーションを組み合わせて「ワーケーション」という概念まで存在する。即ち、不動産タイプ別の垣根が低くなりつつあり、個々の不動産タイプに求められる機能が単一ではなく複合的な機能が求められるようになってきた。

背景にライフスタイルやワークスタイルの多様化

 
ワーケーションイメージ

最近になって住まいに働き場としての機能が求められるようになってきたのは、コロナをきっかけとするテレワークによる在宅勤務の急速な拡大が背景にあることはいうまでもない。
しかし、コロナ以前から在宅勤務の拡大を示唆する動きはあった。それは長時間労働の是正、女性や高齢者の就労促進、副業解禁の動き等からなる一連の「働き方改革」の流れだ。
通勤時間を含めた労働時間の短縮化、子育て中の女性の労働市場への取り込み等の課題に対して、テレワークによる在宅勤務や住まいの近隣のシェアオフィスでの勤務というのは、一つの解として考えられる。

ワーケーションも登場

また、リゾート地で休暇を取りながらリモートワークで断続的に仕事をするというやり方や、リゾート地に移住してオフィスを構えたりシェアオフィスを利用したりというやり方も(これらが広く普及するとは考えにくいものの)一つのワークスタイルとして定着する可能性が高い。

少子高齢化の流れが今後も続き、生産年齢人口が伸びない中では、どのような企業であれ人材を確保しようとすれば、多様なワークスタイルを認めざるを得ない。
また一方で、情報技術は益々進化するだろうし、高度な情報技術を活用してMaaS(Mobility as a service)のように移動・交通の手段も進化してゆくことは疑いない。
それに伴い、人々の移動の動機やタイミングにも変化が生じ、あらゆる世代でライフスタイルやワークスタイルの多様化が今後も進むことも間違いないと思われる。

立地だけではダメ 多様化への対応は不可避

郊外の住宅イメージ

不動産といえば、まず立地である。競争力のある立地に平均的な質の建物を建てておけば、景気変動の波は避けられないもののテナント集めにさほどの苦労はいらない。賃貸借契約を結んでしまえば、あとは自動的かつ安定的に家賃収入が見込める――と、いうのが従来からの賃貸業の理想であろう。

しかし、現実はそれほど甘くない。

マクロでみれば人口や世帯の減少が今後も続く一方、新しい不動産の供給圧力も高水準が続き、東京であってもテナント獲得競争は厳しさを増す。
不動産である限り、今後も立地の重要性は変わらないが、立地が良いというだけで、必ずしもテナントから選ばれるとは限らない。テナントのニーズが多様化しているのであれば、不動産もその多様化に応えていかなければ、投資に見合うだけの収益を生み出せないリスクが高まると考えざるを得ない。

「入居後」の需要に応える

多様化に応えるためには、テレワークを前提とした複合用途の住宅や宿泊施設の開発をする等のハードの作り込みにノウハウとクリエイティビティ、即ち企画力が必要になることは言うまでもない。

しかしハードを主体とする商品力の向上のみならず、テナントの入居後も不断に変化するテナントや利用者のニーズに合ったサービスを運営面で提供し続ける必要がある。

例えば、現在一部のシェアオフィスが行っているような、スタートアップを中心とするテナントのコミュニケーションの仕掛け作りをして、オープンイノベーションを促進するようなサービスである。

不動産全体がオペレーショナル・アセットに

weworkイメージ

不動産の中でも、その運営の巧拙によって生み出される収益に差が出るタイプの不動産は「オペレーショナル・アセット」と分類される。
ホテルや介護施設が代表例である。一方、オフィスや住宅は従来オペレーショナル・アセットとはみなされていなかった。しかし、テナントのニーズが多様化し、不動産タイプ別の垣根が低くなり複合用途の不動産が増える現状では、オフィスや住宅もひっくるめて不動産全体がオペレーショナル・アセット化しつつあるといっても過言ではないだろう。
そこで求められるのは、ハード面でもソフト面でも、変化し多様化するテナントのニーズに応えられるサービスの質である。

不動産業はサービス業である。

これからテナント獲得競争が更に厳しくなると予想される中で、選ばれる不動産であるためには、立地に加えて企画・運営面でのサービス力の向上が益々重要性を増すと思われる。

まとめ

テレワークによる在宅勤務をきっかけに、住宅に働き場としての機能が求められる等、不動産の多機能化が進んでいる。背景にあるのはライフスタイルやワークスタイルの多様化だ。多様化に応えるためには、不動産の商品企画や運営面でのサービス力の向上が欠かせない。

関連記事

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

ランキング記事

1

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

2

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

3

「7+1」のキーワードから読み解く 2021年のM&A展望

「今年は厳しかった」 この時期のM&A業界に携わる人々の一年の感想である。しかし、振り返ってみると日本企業によるM&Aは緊急事態宣言期間中こそ手探りであったが、6月以降は活況であったとみていい。

4

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

5

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中