自宅にテレワーク環境を整備 不動産タイプ別の垣根が低くなりつつある

在宅ワークイメージ

不動産といえばまず思いつくのがマンション、そしてオフィスや店舗。最近は物流施設も成長著しい不動産タイプの一つと見られている。これらの不動産タイプにはそれぞれ固有の用途がある。
たとえば、マンションの用途は住まいであり、オフィスは働き場、リゾートは余暇を楽しむ場所、といった具合だ。住まいは生活や休息の場所であり、毎日の生活を快適に過ごせる機能があればそれでよいし、リゾートは2泊3日の休暇の期間をリラックスして楽しめる機能があれば十分、というのが従来の認識だ。

しかし最近は、この認識や考え方が変化している。
オンラインでの在宅勤務の拡大により、サラリーマン家庭を中心に、住まいに働き場としての機能を求める傾向が出つつあり、居住空間の中に仕事部屋の確保がしやすい戸建住宅の売れ行きが好調という現象が現れている。

またリゾートでもワークとバケーションを組み合わせて「ワーケーション」という概念まで存在する。即ち、不動産タイプ別の垣根が低くなりつつあり、個々の不動産タイプに求められる機能が単一ではなく複合的な機能が求められるようになってきた。

背景にライフスタイルやワークスタイルの多様化

 
ワーケーションイメージ

最近になって住まいに働き場としての機能が求められるようになってきたのは、コロナをきっかけとするテレワークによる在宅勤務の急速な拡大が背景にあることはいうまでもない。
しかし、コロナ以前から在宅勤務の拡大を示唆する動きはあった。それは長時間労働の是正、女性や高齢者の就労促進、副業解禁の動き等からなる一連の「働き方改革」の流れだ。
通勤時間を含めた労働時間の短縮化、子育て中の女性の労働市場への取り込み等の課題に対して、テレワークによる在宅勤務や住まいの近隣のシェアオフィスでの勤務というのは、一つの解として考えられる。

ワーケーションも登場

また、リゾート地で休暇を取りながらリモートワークで断続的に仕事をするというやり方や、リゾート地に移住してオフィスを構えたりシェアオフィスを利用したりというやり方も(これらが広く普及するとは考えにくいものの)一つのワークスタイルとして定着する可能性が高い。

少子高齢化の流れが今後も続き、生産年齢人口が伸びない中では、どのような企業であれ人材を確保しようとすれば、多様なワークスタイルを認めざるを得ない。
また一方で、情報技術は益々進化するだろうし、高度な情報技術を活用してMaaS(Mobility as a service)のように移動・交通の手段も進化してゆくことは疑いない。
それに伴い、人々の移動の動機やタイミングにも変化が生じ、あらゆる世代でライフスタイルやワークスタイルの多様化が今後も進むことも間違いないと思われる。

立地だけではダメ 多様化への対応は不可避

郊外の住宅イメージ

不動産といえば、まず立地である。競争力のある立地に平均的な質の建物を建てておけば、景気変動の波は避けられないもののテナント集めにさほどの苦労はいらない。賃貸借契約を結んでしまえば、あとは自動的かつ安定的に家賃収入が見込める――と、いうのが従来からの賃貸業の理想であろう。

しかし、現実はそれほど甘くない。

マクロでみれば人口や世帯の減少が今後も続く一方、新しい不動産の供給圧力も高水準が続き、東京であってもテナント獲得競争は厳しさを増す。
不動産である限り、今後も立地の重要性は変わらないが、立地が良いというだけで、必ずしもテナントから選ばれるとは限らない。テナントのニーズが多様化しているのであれば、不動産もその多様化に応えていかなければ、投資に見合うだけの収益を生み出せないリスクが高まると考えざるを得ない。

「入居後」の需要に応える

多様化に応えるためには、テレワークを前提とした複合用途の住宅や宿泊施設の開発をする等のハードの作り込みにノウハウとクリエイティビティ、即ち企画力が必要になることは言うまでもない。

しかしハードを主体とする商品力の向上のみならず、テナントの入居後も不断に変化するテナントや利用者のニーズに合ったサービスを運営面で提供し続ける必要がある。

例えば、現在一部のシェアオフィスが行っているような、スタートアップを中心とするテナントのコミュニケーションの仕掛け作りをして、オープンイノベーションを促進するようなサービスである。

不動産全体がオペレーショナル・アセットに

weworkイメージ

不動産の中でも、その運営の巧拙によって生み出される収益に差が出るタイプの不動産は「オペレーショナル・アセット」と分類される。
ホテルや介護施設が代表例である。一方、オフィスや住宅は従来オペレーショナル・アセットとはみなされていなかった。しかし、テナントのニーズが多様化し、不動産タイプ別の垣根が低くなり複合用途の不動産が増える現状では、オフィスや住宅もひっくるめて不動産全体がオペレーショナル・アセット化しつつあるといっても過言ではないだろう。
そこで求められるのは、ハード面でもソフト面でも、変化し多様化するテナントのニーズに応えられるサービスの質である。

不動産業はサービス業である。

これからテナント獲得競争が更に厳しくなると予想される中で、選ばれる不動産であるためには、立地に加えて企画・運営面でのサービス力の向上が益々重要性を増すと思われる。

まとめ

テレワークによる在宅勤務をきっかけに、住宅に働き場としての機能が求められる等、不動産の多機能化が進んでいる。背景にあるのはライフスタイルやワークスタイルの多様化だ。多様化に応えるためには、不動産の商品企画や運営面でのサービス力の向上が欠かせない。

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中