中国の規制強化、低調だった2018年世界市場

作画イメージ

日本動画協会が2019年12月に発表した「アニメ産業レポート2019」によると、2018年の日本アニメ産業のグローバル市場規模は2兆1814億円(前年比0.9%)だった。これまで2009年からの10年間の推移をみると、2012年までは1兆3,000億円程度だったが、その後2013年~2017年は順調な右肩上がりで2兆円を突破。そのため、2018年になって成長がやや鈍化した。

近年、日本アニメ産業の成長要因となっていたのが、海外での売上増加だ。海外における売上は、2012年の2,408億円(構成比18%)から2017年には9,948億円(同46%)と約4倍に急拡大。しかし、2018年の海外売上は、1兆円を突破したものの、前年比ほぼ横ばいの1兆0,092億円(同46%)となっている。

2017年までの成長は、インターネット動画配信がグローバルで普及したことで番組販売が活発となり、また番組視聴による認知度向上によりアニメベースのゲームやグッズの売上が好調に推移したことが要因だった。

では、2018年に海外売上の成長が鈍化した理由は何なのか。考えられるのは、中国による日本アニメの規制強化だ。中国政府が2018年、日本アニメの総量を規制したり、配信内容を事前検閲したりして規制を強めた結果、中国の動画配信事業者の日本アニメ買い付けと配信の意欲が減退。それが一因となり、日本アニメ産業の成長が鈍った可能性が高い。

鬼滅の刃、天気の子…豊作だった2019年のアニメ市場

2019年に関しては、国内で、少年ジャンプ(集英社)連載中の「鬼滅の刃」が、アニメを起点(2019年4月より半年間放送)として大ヒットを記録した。鬼滅の刃の単行本の最新刊は、書店に不在という状況も見られるなど、漫画出版市場をも前年比プラスに導いた模様だ。結果、鬼滅の刃の大ヒットは関連市場への波及が期待され、また新海誠監督の最新作「天気の子」の着実なヒットや定番劇場アニメの堅調な興行成績も見られたことなどにより、アニメファンの関連消費に対する熱量が減退したとは考えにくいことから、2019年の国内アニメ市場は、前年比プラスで推移したものと期待される。

2019年の海外アニメ市場については、既にシーズン2制作が決定した「ウルトラマン」などがNetflixで配信された。Warner傘下のアニメ専門配信プラットフォームCrunch Rollで配信された「俺のヒーローアカデミア」が北米で好評価を得るなど、引き続きネット動画配信事業者によるグローバル配信が牽引役となり、関連市場を巻き込んで北米を中心に順調に推移したと考えられる。

一方、中国の規制強化が通年で影響し、日本アニメの買付意欲は減退したものと考えられる。後述するような、中国のアニメ配信と連動した関連商品展開の本格化は2020年以降と考えられることから、2019年の海外アニメ市場も、微増に留まったものと考えられる。

ネット配信業者との協業がカギ

コミックマーケット

2020年以降の日本アニメ産業を俯瞰しても、重要な課題は、少子高齢化の進展の影響が不可避な国内売上の減少を防ぎつつ、いかに海外売上を拡大するかという点にある。特に、米系のグローバルネット動画配信事業者との協業をいかに進め、中国でアニメ関連商品やサービスをいかに伸ばすかが鍵を握るだろう。

アメリカのインターネット動画配信の雄であるNetflixは、アニメ制作に関する意思決定の拠点を東京に置いている模様で、制作資金を積極的に拠出してオリジナルアニメ作品の配信を強化しているほか、日本の有力アニメ制作会社との事業提携を加速している。

既に、海外の視聴比率が90%を大きく超える日本アニメのタイトルも見られるようだ。また、動画配信事業を立ち上げたAppleや、動画配信プラットフォームを立ち上げたDisney、Crunch Rollを傘下に持つWarnerなどのグローバルプレーヤーも、オリジナルコンテンツへの投資を積極的に行うと見られ、アニメもその対象となる可能性が高い。

このような動画配信プラットフォームは、配信する動画コンテンツに関連するゲームやグッズ販売との連携を更に強めるものと見られ、海外売上の底上げに貢献するものと考えられる。

中国に関しては、総量規制の枠から外れて事前検閲が緩む、日本側との共同制作の動きが強まる可能性もある。それに加えて日本アニメ配信を得意とするBiliBiliは、フィギュアやプラモデルといった関連商材の販売を強化する動きも見られる。短期的にも、新型肺炎で外出が抑制される結果、中国では“巣ごもり消費”とも言うべきネット動画視聴やゲームへの消費が喚起されている模様であり、日本アニメの視聴頻度上昇がグッズやゲームといった関連商品、サービス消費に向けられるかも注目される。

“海外で躍動する日本アニメ”という姿を保持し続けるには、コンテンツのアイデアや資金調達を含む制作スキームを国内に閉じたままでは達成困難だ。日本のアニメ産業は、戦略面や人材面でグローバル対応力をますます強化することが求められることになるだろう。

関連記事

ヘルスケア事業に舵 花王、ライオン トイレタリー大手企業

コロナ禍で健康や衛生に対する意識が高まる中、花王やライオンなどトイレタリー(日用的な衛生商品、消費財)大手企業が、ヘルスケア事業の拡大を加速する方針を示している。消費者密着型のビジネスで蓄積したデータを活用し、消費者へのパーソナルサービス提供につなげることまでも視野に入っている。

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

どうして?息の長い「擬人化ブーム」を読み解く

軍艦から動物、細胞にいたるまで、何でもキャラクターにしてしまう「擬人化」ブームが続いている。2013年に軍艦を擬人化したゲーム「艦隊これくしょん」の登場以来、既存の有力IPに頼らず、オリジナルキャラクターを「量産」する手段として「擬人化」は広く認知されるに至った。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中