パワー半導体とは?電源(電力)をコントロールする

パワー半導体とは、電気を通す「導体」と電気を通さない「絶縁体」の中間の性質を持つ「半導体」の一種で、電源(電力)の管理や制御を行うデバイスです。

半導体といえば、CPUやメモリに使われるLSI(大規模集積回路)がよく知られています。

LSIは1,000個以上の素子を集積し、計算や演算を高速で行う機能を持ちます。

パワー半導体にはLSIと同じ半導体材料が使われていますが、交流の電力を直流に変換したり、電圧を調節したりして、主に電源(電力)をコントロールする役目を持ちます。

パワー半導体は高い電圧や大きな電流も制御可能です。

そのため、身の回りの電化製品だけでなく、大電流・大電圧を扱う発電・送電設備や、産業用ロボットのようなFA(ファクトリー・オートメーション)機器、建築業界での導入が進む次世代型のICT建機などに使われています。

パワー半導体が持つ4つの役割

電源(電力)をコントロールするパワー半導体は、4つの役割を持っています。

1. コンバータ(converter)

コンバータ(整流)とは、交流(AC)の電気を直流(DC)に変換する機能です。身の回りの家電製品の多くは、直流電圧で作動しています。

しかし、発電所からやってくる電気は交流電圧であるため、パワー半導体で変換を行っています。

2. インバータ(inverter)

インバータとは、コンバータとは逆に直流電圧を交流電圧に変換する機能です。

広義では、電圧や周波数を変化させる「インバータ装置」という意味でも使われます。

インバータ装置とは、インバータ回路だけでなく、コンバータ回路も組み合わせたデバイスです。

コンバータ回路が一旦直流に変換した電流を、インバータ回路で再度交流に変換し直し、電流の電圧や周波数を自在に調節します。

3. 周波数変換

周波数変換とは、交流の周波数を変換する機能です。デバイスによっては、特定の周波数でしか動かないものもあります。

たとえば、交流の周波数が50Hzの地域で、60Hzの周波数でしか動かない機器を動かす際、周波数変換を行います。

4. レギュレータ

レギュレータとは、直流の電圧を自在に変換したり、一定に保ったりする機能です。

主にコンバータ回路の一部を構成しており、コンバータが交流を直流に変換する際、電圧を安定させるために使われます。

レギュレータの作動原理には、電流が流れるスイッチのオンオフで電圧を調整するスイッチングレギュレータや、負荷をかけて電圧降下を誘発するリニアレギュレータの2種類があります。

パワー半導体の使用事例。家電の省エネ機能としても活躍

電源を自在にコントロールできるパワー半導体は、どのような機器や製品に使われているのでしょうか。

パワー半導体は、身の回りの家電・パソコン・電気自動車のほか、大電力・大電流の制御が必要な鉄道や新幹線、エネルギーインフラ、建設機械、商業ビルの電源管理などに使われています。

その中でも、冷蔵庫・洗濯機・エアコンのような家電製品における使用事例を取り上げてみましょう。

こうした家電には「インバータ装置」が搭載され、省エネに役立っています。

インバータ装置とは、すでに述べたようにコンバータ回路とインバータ回路を組み合わせ、電流の電圧や周波数を自在にコントロールするシステムです。

もし、エアコンや冷蔵庫にインバータが搭載されていなければ、モーターへの電源供給を細かく調節できません。

モーターが常にフル回転しているか、あるいは停止しているかの極端な二択となり、無駄な電力を消費してしまいます。

インバータ装置を搭載すれば、電源供給を調節してモーターの回転数を細かく制御し、必要な時に必要なだけ電力を使えます。

インバータ搭載のエアコンの場合、インバータ非搭載の製品と比べて、約58%もの省エネ効果が得られます。[注1]

パワー半導体の市場規模は2025年に243億ドルへ成長

家電製品のインバータ装置をはじめとして、パワー半導体はさまざまなデバイスに搭載され、市場規模を大きく拡大してきました。

矢野経済研究所の試算によれば、2019年のパワー半導体の世界市場規模は、186億1,600万ドルでした。

2025年には世界市場の支出額が243億5,100万ドルに達すると予測されています。[注2]

パワー半導体の市場が成長をつづける背景として、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)の世界的な広がりともなう、大規模データセンターの増加が挙げられます。

パワー半導体の将来

パワー半導体の分野では、大電力を「効率よく」「正確に」「低損失で」コントロールするため、日本国内でも精力的な研究開発が進められてきました。

しかし、シリコン(Si)をベースとした従来のパワー半導体には、電力消費量の高さや、電力損失の多さといった課題もあります。

そこで、SiC(炭化ケイ素、シリコンカーバイト)や、GaN(窒化ガリウム、ガリウムナイトライド)、Ga2O3(酸化ガリウム)といった新素子の研究開発が本格的にスタートしています。

SiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)の両材料は、すでに「次世代パワー半導体」として、市場への投入が本格的にはじまっています。

炭化ケイ素の特徴は、電力損失がシリコンより70~90%少なく、耐熱性が高い点です。また、電圧を調整する際のスイッチング速度も優秀で、車載システムへの用途を中心に需要が増大するとされています。

アルミ精錬の副産物として生じる窒化ガリウムも、炭化ケイ素に次いで需要が拡大している材料です。SiCと同様にスイッチング性能に優れており、とくに高周波の電源管理に優れています。

また、SiC・GaNにつづく「次次世代」の素材も、すでに開発がはじまっています。その1つであるGa203(酸化ガリウム)は、両材料よりも電力損失が少なく、市場投入に向けて研究開発が進んでいます。

日本がパワー半導体強国としての地位を確立できるか否かの分水嶺

パワー半導体の分野は、日本が国際競争力を保ち、「パワー半導体強国」としての地位を確立できる可能性を秘めています。

2018年には、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と東京農工大学の研究チームが、Ga203(酸化ガリウム)の低コスト生産への先鞭をつけました。[注3]

酸化ガリウムの製造販売は、すでに株式会社ノベルクリスタルテクノロジーが取り組んでおり、NICTや東京農工大、タムラ製作所と協力し、半導体市場をリードしつつあります。[注4]

また、京都大学の大学発ベンチャーである株式会社FLOSFIA(フロスフィア)は、高品質なGa2O3半導体層を形成する独自技術を応用し、世界最小のオン抵抗(電力損失)を持つパワーデバイスの開発に成功しました。[注5]

パワートランジスタという世界的な成長市場において、日本企業や大学発ベンチャーが大きな成果を上げつつあります。

パワー半導体は今後も目の離せない分野です。

【参考サイト】
[注1] DAIKIN インバータとは?
[注2] 矢野経済研究所 パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2020年)
[注3] NICT 世界初、イオン注入ドーピングを用いた縦型酸化ガリウム(Ga2O3)トランジスタ開発に成功
[注4] 株式会社ノベルクリスタルテクノロジー ϕ2インチ酸化ガリウムエピタキシャルウエハの量産を開始
[注5] 株式会社FLOSFIA パワーデバイス事業

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中