プラットフォームビジネスとは?

プラットフォームビジネスとは、商品や情報、サービスなどを提供する場所である「プラットフォーム」を作り、そこに小売業者と消費者を集めて経済圏を形成するビジネスです。このビジネスモデル自体は、古くから存在しています。その代表例が、百貨店です。

高島屋や三越などの百貨店は、事業者自体は商品を販売していません。百貨店という「場」にテナントを呼び込み、さまざまなブランドの商品一箇所で購入できるプラットフォームを作っています。

近年はインターネットの発達により、プラットフォームとしての「場」の提供が以前に比べ容易になりました。うまく参加者を集められれば早いスピードで成長できるため、近年関心が高まっています。

プラットフォームビジネスのモデルを紹介

国内にはインターネット上にプラットフォームを作り、「場」として提供するプラットフォームビジネスで成功を収めている企業が多くあります。

ここでは、日本を代表するプラットフォーマーである楽天、クラウドワークス、Uber Eatsについて、各々のビジネスモデルを紹介します。

楽天市場のモデル

楽天市場は、日本最大級のインターネットショッピングモールです。プラットフォームは楽天が提供しています。しかし、何も販売せずにプラットフォーマーとして場を提供しているだけでは大きな収益をあげることはできません。収益につながる別の事業や手段が必要です。

では、楽天はどのようにして大きな収益をあげているのでしょうか。それは、楽天カードを始めとした金融商品の販売です。楽天市場での商品購入には、楽天会員への登録が必要です。楽天は、会員登録をした消費者に対し「楽天カードに登録すれば楽天ポイント5倍」などの広告を行います。

このように、プラットフォームに集まった消費者を、金融商品やその他の事業に誘導して収益を生み出しています。このモデルは、プラットフォームビジネスで最も典型的な形です。多くのプラットフォーマーが、同じような経営戦略をとっています。

クラウドワークスのモデル

クラウドワークスは、仕事のマッチングサイトです。法人・個人に関わらず仕事をプラットフォームで発注し、在宅ワーカーが仕事を受注する仕組みです。クラウドワークスは、受注者の成果報酬から手数料を徴収し、収益を得ています。

クライアントがクラウドワークス上で仕事を発注し、受注者がその仕事を完了した場合、クライアントから受注者に成果報酬が支払われます。クラウドワークスはこの成果報酬に対し、受注者の報酬から5%〜20%の手数料を徴収します。

実際のやりとりは、クライアントと受注者の間でしか行われません。そのため、クラウドワークスは何もしなくても手数料を受け取って収益をあげられます。

Uber Eatsのモデル

近年話題となっているUber Eatsも、プラットフォームを使ったビジネスの一つです。

Uber Eatsは、レストランから徴収する商品の注文手数料と、配達パートナーから徴収するサービス手数料で収益を得ています。

消費者はUber Eatsのアプリ上で、食べたい商品を検索し、レストランに注文。Uber Eatsは注文を受けるとレストランへの料理依頼と、配達パートナーへの配達依頼を出します。その時々で配達可能なパートナーが依頼を受注し、商品を配達するシステムです。

このように、Uber Eatsは消費者とレストラン、レストランと配達パートナーとのマッチングを実現するプラットフォームを確立しました。さらに、2種類の手数料を徴収し、ビジネスとして成立させています。

プラットフォームビジネスのメリットと注意するべきリスク

プラットフォームビジネスでは、参加者が増えるとプラットフォームの価値が上がっていくというメリットがあります。

しかし、参加者が増える分、トラブルにもつながりやすいというデメリットもあるため、注意が必要です。

ここからは、プラットフォームビジネスのメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

プラットフォームビジネスのメリットは、「出店者か消費者どちらかが多ければ他方の参加者も増え、参加者が増えれば増えるほどプラットフォームとしての価値が上がる」という点です。

例えば、アウトドア商品を購入したい消費者がいたとします。1つのアウトドアブランドしか出店していないプラットフォームと、10個のアウトドアブランドが出店しているプラットフォームがあったら、ほとんどの消費者が後者のプラットフォームで検索するでしょう。

そして、多くの消費者は後者のプラットフォームを日常的に使うようになります。その結果、後者のプラットフォームは自然と消費者が集まるようになるでしょう。また、さらに多くの参加者の誘致にもつながります。

このように、一方の参加側の参加者がより多く参加すれば、他方の参加者も増えるようになるのが、プラットフォームビジネスのメリットです。

注意するべきリスク

プラットフォームビジネスを行う上で注意すべき点は、出店者やパートナーの品質の維持です。

例えば、Uber Eatsの配達パートナーの危険運転はニュースでも取り上げられ、問題になっています。また、クラウドワークスでも仕事を受託した側が仕事を行わず、訴訟問題に発展し話題になりました。

このような問題は、プラットフォーマーの印象の悪化につながるため、注意が必要です。出店者やパートナーがプラットフォームに悪影響を及ぼす対応・行動をした場合、ペナルティを与えるなどのルールを前もって決めておくと良いでしょう。

プラットフォームビジネスを実現するためのポイントとは

プラットフォームビジネスの成功には、参加者を増やしプラットフォームの価値の向上がポイントとなります。しかし、前述したようにプラットフォームビジネスにはデメリットも存在するため、事前にさまざまな工夫が必要です。

ここでは、プラットフォームビジネスを行う上で重要となる3つのポイントを解説します。

フリクションを減らす

プラットフォームビジネスを行う際、フリクション(軋轢や障壁)を軽減するとプラットフォームの成功率は高まります。

前述したUber Eatsは、「わざわざ配達員を雇うほどではない」というレストラン側と、「好きな時間に働きたい」という配達パートナーのフリクションを解決するプラットフォームです。他にも決済をアプリで行い、消費者の決済に対する不安を軽減しています。

このような、出店者や消費者のフリクションを減らす工夫が重要です。

参加者が自然に増えていく仕組みを作る

プラットフォームビジネスの成功には、プラットフォーマーが行動を起こさなくても自然と参加者が増えていく仕組み作りがポイントです。

例えば世界的に有名なプラットフォームであるFacebookは、ゲーム作りのインターフェースを公開しました。これにより多くの会社がFacebook内でゲームをリリースし、Facebookに多くの参加者を集めることに成功したのです。

このように、自社が参加者を呼び込まなくても、自然と参加者が増える仕組みの構築がプラットフォームビジネス成功のポイントの一つです。

単体では得られない価値を提供する

プラットフォームビジネスを成功させるための最後のコツは、単体では得られない価値の提供です。

たとえプラットフォームがどんなに優れた内容でも、一企業で成し遂げられるものであれば、他の企業の参入やリプレイスが起こります。

プラットフォーマーとしての地位の確立には、プレイヤーや消費者に一企業だけでは成し遂げられないような価値を提供できるプラットフォームを作りましょう。

多様化した市場を知りプラットフォームビジネスを成功へ

プラットフォームビジネスを成功させるためには、いくつかのポイントがあることがわかりました。

Uber Eatsのように、未だ現れていない魅力的なプラットフォームを作ることができれば、参加者は自動的に増えていきます。参加者の増加、他の企業では真似できないような価値を提供できる企業となり、ビジネスを成功に導けるでしょう。

Frontier Eyes Onlineでは、プラットフォームビジネスを始め、近年話題のビジネス情報を提供しています。ぜひメルマガに登録してみてください。

関連記事

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

コンサルに求められる考え方(マインドセット)・行動特性:現役コンサルが解説するコンサルタントスキルの体系化②

本論考では著者が実施している経験則をベースにした社内向けコンサルタント養成研修の内容をもとに、暗黙知となっているコンサルタントスキルを全5回にわたって体系的に解説する。前回は著者の実体験に基づく課題意識とコンサルタントスキルの全体像について紹介した。今回は全てのスキルの土台となるコンサルタントとしての「考え方・行動特性」について紹介する。

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中