プラットフォームビジネスとは?

プラットフォームビジネスとは、商品や情報、サービスなどを提供する場所である「プラットフォーム」を作り、そこに小売業者と消費者を集めて経済圏を形成するビジネスです。このビジネスモデル自体は、古くから存在しています。その代表例が、百貨店です。

高島屋や三越などの百貨店は、事業者自体は商品を販売していません。百貨店という「場」にテナントを呼び込み、さまざまなブランドの商品一箇所で購入できるプラットフォームを作っています。

近年はインターネットの発達により、プラットフォームとしての「場」の提供が以前に比べ容易になりました。うまく参加者を集められれば早いスピードで成長できるため、近年関心が高まっています。

プラットフォームビジネスのモデルを紹介

国内にはインターネット上にプラットフォームを作り、「場」として提供するプラットフォームビジネスで成功を収めている企業が多くあります。

ここでは、日本を代表するプラットフォーマーである楽天、クラウドワークス、Uber Eatsについて、各々のビジネスモデルを紹介します。

楽天市場のモデル

楽天市場は、日本最大級のインターネットショッピングモールです。プラットフォームは楽天が提供しています。しかし、何も販売せずにプラットフォーマーとして場を提供しているだけでは大きな収益をあげることはできません。収益につながる別の事業や手段が必要です。

では、楽天はどのようにして大きな収益をあげているのでしょうか。それは、楽天カードを始めとした金融商品の販売です。楽天市場での商品購入には、楽天会員への登録が必要です。楽天は、会員登録をした消費者に対し「楽天カードに登録すれば楽天ポイント5倍」などの広告を行います。

このように、プラットフォームに集まった消費者を、金融商品やその他の事業に誘導して収益を生み出しています。このモデルは、プラットフォームビジネスで最も典型的な形です。多くのプラットフォーマーが、同じような経営戦略をとっています。

クラウドワークスのモデル

クラウドワークスは、仕事のマッチングサイトです。法人・個人に関わらず仕事をプラットフォームで発注し、在宅ワーカーが仕事を受注する仕組みです。クラウドワークスは、受注者の成果報酬から手数料を徴収し、収益を得ています。

クライアントがクラウドワークス上で仕事を発注し、受注者がその仕事を完了した場合、クライアントから受注者に成果報酬が支払われます。クラウドワークスはこの成果報酬に対し、受注者の報酬から5%〜20%の手数料を徴収します。

実際のやりとりは、クライアントと受注者の間でしか行われません。そのため、クラウドワークスは何もしなくても手数料を受け取って収益をあげられます。

Uber Eatsのモデル

近年話題となっているUber Eatsも、プラットフォームを使ったビジネスの一つです。

Uber Eatsは、レストランから徴収する商品の注文手数料と、配達パートナーから徴収するサービス手数料で収益を得ています。

消費者はUber Eatsのアプリ上で、食べたい商品を検索し、レストランに注文。Uber Eatsは注文を受けるとレストランへの料理依頼と、配達パートナーへの配達依頼を出します。その時々で配達可能なパートナーが依頼を受注し、商品を配達するシステムです。

このように、Uber Eatsは消費者とレストラン、レストランと配達パートナーとのマッチングを実現するプラットフォームを確立しました。さらに、2種類の手数料を徴収し、ビジネスとして成立させています。

プラットフォームビジネスのメリットと注意するべきリスク

プラットフォームビジネスでは、参加者が増えるとプラットフォームの価値が上がっていくというメリットがあります。

しかし、参加者が増える分、トラブルにもつながりやすいというデメリットもあるため、注意が必要です。

ここからは、プラットフォームビジネスのメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

プラットフォームビジネスのメリットは、「出店者か消費者どちらかが多ければ他方の参加者も増え、参加者が増えれば増えるほどプラットフォームとしての価値が上がる」という点です。

例えば、アウトドア商品を購入したい消費者がいたとします。1つのアウトドアブランドしか出店していないプラットフォームと、10個のアウトドアブランドが出店しているプラットフォームがあったら、ほとんどの消費者が後者のプラットフォームで検索するでしょう。

そして、多くの消費者は後者のプラットフォームを日常的に使うようになります。その結果、後者のプラットフォームは自然と消費者が集まるようになるでしょう。また、さらに多くの参加者の誘致にもつながります。

このように、一方の参加側の参加者がより多く参加すれば、他方の参加者も増えるようになるのが、プラットフォームビジネスのメリットです。

注意するべきリスク

プラットフォームビジネスを行う上で注意すべき点は、出店者やパートナーの品質の維持です。

例えば、Uber Eatsの配達パートナーの危険運転はニュースでも取り上げられ、問題になっています。また、クラウドワークスでも仕事を受託した側が仕事を行わず、訴訟問題に発展し話題になりました。

このような問題は、プラットフォーマーの印象の悪化につながるため、注意が必要です。出店者やパートナーがプラットフォームに悪影響を及ぼす対応・行動をした場合、ペナルティを与えるなどのルールを前もって決めておくと良いでしょう。

プラットフォームビジネスを実現するためのポイントとは

プラットフォームビジネスの成功には、参加者を増やしプラットフォームの価値の向上がポイントとなります。しかし、前述したようにプラットフォームビジネスにはデメリットも存在するため、事前にさまざまな工夫が必要です。

ここでは、プラットフォームビジネスを行う上で重要となる3つのポイントを解説します。

フリクションを減らす

プラットフォームビジネスを行う際、フリクション(軋轢や障壁)を軽減するとプラットフォームの成功率は高まります。

前述したUber Eatsは、「わざわざ配達員を雇うほどではない」というレストラン側と、「好きな時間に働きたい」という配達パートナーのフリクションを解決するプラットフォームです。他にも決済をアプリで行い、消費者の決済に対する不安を軽減しています。

このような、出店者や消費者のフリクションを減らす工夫が重要です。

参加者が自然に増えていく仕組みを作る

プラットフォームビジネスの成功には、プラットフォーマーが行動を起こさなくても自然と参加者が増えていく仕組み作りがポイントです。

例えば世界的に有名なプラットフォームであるFacebookは、ゲーム作りのインターフェースを公開しました。これにより多くの会社がFacebook内でゲームをリリースし、Facebookに多くの参加者を集めることに成功したのです。

このように、自社が参加者を呼び込まなくても、自然と参加者が増える仕組みの構築がプラットフォームビジネス成功のポイントの一つです。

単体では得られない価値を提供する

プラットフォームビジネスを成功させるための最後のコツは、単体では得られない価値の提供です。

たとえプラットフォームがどんなに優れた内容でも、一企業で成し遂げられるものであれば、他の企業の参入やリプレイスが起こります。

プラットフォーマーとしての地位の確立には、プレイヤーや消費者に一企業だけでは成し遂げられないような価値を提供できるプラットフォームを作りましょう。

多様化した市場を知りプラットフォームビジネスを成功へ

プラットフォームビジネスを成功させるためには、いくつかのポイントがあることがわかりました。

Uber Eatsのように、未だ現れていない魅力的なプラットフォームを作ることができれば、参加者は自動的に増えていきます。参加者の増加、他の企業では真似できないような価値を提供できる企業となり、ビジネスを成功に導けるでしょう。

Frontier Eyes Onlineでは、プラットフォームビジネスを始め、近年話題のビジネス情報を提供しています。ぜひメルマガに登録してみてください。

関連記事

API化の効用とは? ~オープンイノベーションを加速させるビジネスツール~

API(Application Programming Interface)とは「あるシステムから別のシステムの機能やデータを容易に使うための仕組み」のことである。この記事では、APIを活用したビジネスの成功事例を紹介するとともに、そのメリットについて解説する。

バリュエーション(企業価値評価)とは 主な指標やアプローチも解説

M&A(Mergers and Acquisitions)はその名の通り企業の合併と買収なので、値付けはその最も重要な要素になります。つまり企業の値付けを行うバリュエーションはM&Aにおけるキーワードであるわけです。今回はそんなバリュエーションとは一体どういうもので、現場ではどのように用いられているか等について解説します。

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中