ペッキングオーダー理論とは

ペッキングオーダー理論は実証研究を踏まえ、米国企業の多くが資金調達においては、まず内部留保を活用し、不足部分をまず負債(借入や社債)。
そして最終手段として株式発行を行っているという理論です。

1961年にDonaldsonによって、この仮説が提唱されました。
Donaldsonが提唱した仮説を受け、日本でも有名なコーポレートファイナンスの著作を持つStewart MyersとNicholas Majlufが1984年に、情報の非対称性の問題が企業の資金調達活動に与える影響を理論的に分析し、ペッキングオーダー理論が成立しました。

トレードオフ理論との違い

企業価値を最大化する負債(Debt)と株主資本(Equity)の構成比について、負債の比率が高くなれば財務レバレッジが改善するとともに節税効果もあるため、資金効率の改善には寄与しますが、倒産のリスクが高まります。

一方で株主資本の比率が高くなれば、企業の健全性は改善しますが資金効率が悪くなります。

企業価値を最大化させるため、負債と株主資本の構成比の最も適したバランスを実現することを「最適資本構成」と呼びます。

最適資本構成に関し、負債の節税効果と財務的な困難に伴うコストのトレードオフ関係(どちらかを取れば、どちらかを犠牲にしなくてはならない)によって最適資本構成が導かれると考える理論を「トレードオフ理論」といいます。

トレードオフ理論は、企業は最適な負債比率を選択するという考え方で、ペッキングオーダー理論と比較されることが多い理論です。

ペッキングオーダー理論が内部留保を活用し、負債、株主資本という資金調達の順序を説明しているのに対し、トレードオフ理論が負債比率という観点にフォーカスして説明されているもので、どちらが良いとか正しいということはありません。

最適資本構成については非常に奥の深い論点であり、有名なMM理論も含め、現状において普遍的な正解が確認されておらず、各企業が手探り状態で資本構成の最適化を模索している状況といえます。

最適な資金調達の順番とは

冒頭ご説明のとおり、ペッキングオーダー理論では、企業の資金調達は以下の順で行われると説明されています。

  1. 内部留保
  2. 負債
  3. 株式発行

その理由として経営者と投資家の「情報の非対称性」があげられています。

情報の非対称性とは、情報が完全に共有されておらず、一方が有している情報を他方は有していないことから生じる、不均等な情報構造のことです。

資金調達の局面における情報の非対称性は、経営者は企業の内部で自ら経営の陣頭指揮をとっているため、現時点での企業価値(=株価)が適正か否かについて正しい情報をもっています。

その一方で投資家は定期的なIRなどで企業の情報を獲得することはできますが、経営者ほど正確かつタイムリーな情報を持っているとはいえません。

この点、企業経営に関し、経営者は情報の優位者であり、投資家は情報の劣位者であるといえます。

情報の非対称性が生じているとき、投資家にとっては現在企業で計画されている施策の良し悪しを正確に判断することはできません。

そのため、平均的な方法で判断せざるを得ず、結果的に将来的な収益性の高い企業の株価が割安に評価され、反対に将来的な収益性の低い企業の株価が割高に評価されることになります。

そのような状況においては、経営者は現在の株価が市場で本来の価値よりも高く評価されていれば株式発行を優先的に行いたくなり、反対に本来の価値よりも低く評価されていれば株式発行を敬遠したくなります。

ここで、収益性が高いにも関わらず過小に株価が評価されている企業は、新たな資金需要に際して株式発行は行わず、内部留保の活用や負債の活用を優先することになります。

このことから、ペッキングオーダー理論は、特に収益性の高い企業にとっては合理的な資金調達の順序を説明する理論ということができると考えられます。

この情報の非対称性による資金調達の順序については、資金調達における株式市場へのシグナルとして考えることもできるといわれています。

すなわち、株式発行を行うということは、経営者が現状の株価水準が本来的な価値よりも割高で、株式発行による資金調達が得であり、それが最も効率的と考えているということになります。

それは投資家にとっては逆に、本来の価値は現状の株価よりも低いということで、投資するには値しないというシグナルになってしまいます。

事実、公募増資のアナウンスに対して理論上は発行割合に応じた希薄化分の株価下落が起こるはずですが、実際は理論値よりも大きく株価が下落することが確認されています。

こういった事実は、公募増資を行う企業の経営者は、自社の株価が割高に評価されていると考えているという、投資家の判断によるものなのかもしれません。

日本企業の資金調達の実情は

株式での資金調達も可能な日本企業の資金調達についてみてみましょう。

ソフトバンクグループのように、株式市場での資金調達も十分に活用して成長資金を獲得している企業も少なからず存在します。

一方で、日本におけるPO(公募増資)は世界的な水準と比較すると少ないといわれています。

なぜなら、ペッキングオーダー理論に従っているというよりも、むしろ、日本の株式市場が中小規模の上場企業を中心に公募増資を行う環境がさほど整っておらず、公募増資のハードルが高いと考えられます。

また、国内における金融市場は銀行借り入れ(負債)が中心である歴史的背景があり、通常時においては銀行から機動的に必要な金額を低コストで調達できるという状況が影響していると考えられます。

ただ、この負債中心の資金調達は、最近注目されている「資本コスト経営」の文脈においては合理的な判断なのかもしれません。

というのも、資本コストとは負債コストと株主資本コストの加重平均であり、企業が最低限稼がなくてはならない期待収益率のことです。
銀行借り入れを中心とする負債金融環境が低コストで機動的であれば、資本コスト意識の観点からも優先的に負債による資金調達を選択することが合理的です。

そして、借入が大きくなり、自己資本比率が低くなるような健全性に疑問を持たれるような状況においてはじめて、株式調達を検討するといった流れとなるかと思われます。

まとめ

企業による資金調達の「順序」についてみてきました。

ペッキングオーダー理論は、経験的に観察される企業の資金調達手法について、情報の非対称性といった観点や最適資本構成の形成という観点から考察することができ、大変示唆に富む理論だと考えられます。

ここでもご紹介させていただいた、最適資本構成や資本コスト経営については、現在においても未だ定まった理論体系が形成されておらず、実務面においては各企業の財務担当中心に試行錯誤の中で検討され、学術界が実務面の実績をエビデンスとして実証研究を行っているという印象です。

各社各様の背景が存在しますが、自社にとっての最適資本構成を今一度検討し、効率的な財務運営を考え直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

東証新市場区分で、 M&Aは増加する

東証の新市場区分が、2022年4月から開始される。新市場区分においては流通時価総額や流通株式比率などの要件が付与されることに加え、一連のコーポレートガバナンス改革により、M&A件数が増加すると見込まれる。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊦日本的経営の行き詰まり

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。後半では、武士道精神をはじめとする日本人の気質とCGCの浸透について論じるとともに、日本企業に求められる企業風土改革について言及する。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。しかし、CGCが形式的に完備されている上場会社においても、製品不正や様々なコンプライアンス違反の不祥事が後を絶たない。この記事では、CGCの限界と日本の武士道精神に焦点を当てて論じるものである。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中