SARS拡散との類似点

消毒

2019年末から報道されている中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、2003年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)を思い出した方も多いと思う。

SARSと類似している点を挙げると、

  • 発生時期から公表までの時間が長い
  • 公表当初は伝染性が高くない旨を報道
  • その間大量の人の移動が行われた
  • 野生動物(蝙蝠)保有の病原菌をハクビシンなどが媒介
  • 野生動物の売買市場の存在
  • 治療薬が製造できていない

の6つが挙げられる。

なぜ感染が広がったのか。新型ウィルスの確認に時間がかかった点も原因だが、春節や全人代という中国特有の事情も関係していると考えられる。

SARSは2002年11月、広東省で発生。そこから香港、北京を中心に人の移動で感染が広がった。
2003年の春節は2月1~6日。全人代(全国両会)は3月開催。全人代の前には、各市、各省で両会の開催決議をするので、人の移動が最も激しくなる。

全国人民代表大会(全人代)と、同時に開催される中国人民政治協商会議を合わせて「両会」と呼ばれる

北京市では、就任したばかりの孟学農市長が、SARSの公表、対応が遅れたとして実質更迭された。そこで、アジア金融危機でも活躍した王岐山氏が市長代行となり、対応にあたって、沈静化。同年7月に収束宣言を行った。

結果、SARSにより世界全体で8,000人超える人が罹患し、その約1割が死亡した。(北京市約2,500人、香港約1,800人 発生地広東省約1,500人を上回る罹患者数だった)

今回、発生は2019年12月と言われ、2020年の春節は1月24-30日。全人代を3月5日に控えるなど、状況は似ている。 ※その後春節は人の移動制限を目的に2月2日まで延長。上海、北京等は2月9日まで延期(公共、医療、日用必需品は除外対象)。Foxconn(鴻海)等企業判断による10日からの操業変更も見られた。

人が居ない地下鉄

SARS発生後、食用野生動物の売買は禁止されていたが、貧農対策の側面もあり、徐々に緩和されていた。中国は大都市中心部における衛生状態はかなり改善したものの、衛生面に課題を抱えている地域も残っており、今回の新型肺炎の発生に繋がった。
中国にとって最大の祝日を控え、社会不安を煽る事を避けるため観察時間を要した結果、SARSと類似した経過となっている。

SARS発生時、北京に在住していた筆者の記憶では、北京から移動制限、高速道路検問対応は2月後半。迅速に帰国指示を出したアメリカと異なり、日本企業駐在員の帰国指示はほぼなく、自主性に任せるとの判断だった。
その後の発生他地域では、道路検問を実施し、さらに道路に石を積み、外部からの進入を阻止する農村もあった。

今回は、SARSより対応が早いと言えるが、当時と比較した移動スピード、移動者数から見ると内外で遅いとの批判がでている。
また、SNSを通じて、真偽を問わずさまざまな情報が流れている。
個人からの発信の多くは政府発表の数値が実情を反映しておらず、国内外での拡散は政府発表の数値以上に現地では医療不足、状況の悲惨さがあふれていることを訴えている。但し現在までの患者増加数を見ると国外で発信されている7-10万人との数値が現実味を帯びつつある。

政府は1月23日に武漢市と湖北省からの移動を原則禁止したほか、海外への団体旅行を1月27日から禁止した。北京等主要都市発着の長距離バスの運行や進入も停止した。
武漢へは、各地から医療関係者が1月23日から開始したが流動人口を含む武漢市約500万人が既に市外に移動しており、各地での拡散に歯止めがかからない状況となっている。(2月7日16時 中国衛生保健委員会発表 患者31,248人(湖北省、広東省、浙江省合計数24,142人)、死亡637人、疑似患者26,359人 経過観察186,354人 )

各市が人の移動制限を目的とし、春節休暇の延長、航空を含む公共交通手段の減少と防御のために各地域が隔離状態を作りっている。今後、各地で操業再開する中、拡散が継続するのであれば新たな制限策が出されると考える。

中国経済への影響は?

人気のない上海

百貨店にも人が居ない

SARS発生した2003年のGDP実質成長率は前年比10.0%。(2002年は9.1%) 1Q(1~3月)が11.1%増。2Q(4~6月)9.1%増に留まったが、下半期は10%となり、同年2Qと1Qでは2%弱の減速となった。今回、3か月後にピークアウトと仮定してみても、地域の広がりから前四半期比2%減で収まるとは思えない。

2003年時産業別GDP貢献率は第一次産業3.1%、第二次産業57.9%、第三次産業39%で、2019年時では各3.8%、36.8%、59.4%であり、世界の製造プラットフォームであった当時と構造が異なり、国内消費の占める割合が増えている。
人の移動制限による第三次産業への影響を考える。2019年春節時の小売、外食売上は約1兆元(15.5兆円)、旅行業同は5,100億元(7.9兆円)、映画興行収入は59億元(915億円)同年第一四半期GDPの約4.6%となる。これ以外に不動産売買、贈答品市場も大きな影響が出ているとみる。正式統計は出ていないが、外食売上は昨年同期の50-70%減少、旅行業、映画も同様大きな損失を被っている。
暗い話ばかりではない。前年比増加しているのが、Eコマース(EC)による宅配ビジネスとスマホゲーム。レストラン、小売店、映画館の休業増加と,人混みを避けたい心理からECでの購買に拍車がかかった。SARSの店舗一時閉鎖が中国Eコマース発展の契機と言われるが、アリババ、テンセント系の外食ケータリングは配送員の健康管理と顧客との無接触による荷渡し、更に外食以外生鮮品の配送も行う事で大きく伸ばしている。(温度帯小口物流の拡大)
また大手外食企業の休業による人件費負担減少とその人材活用として期間限定で配送員、スーパーでの就業支援を開始。(ワークシェアリング)
そしてEC大手JDは武漢市で無人車による配送(ニューテクノロジー)と今後の中国ビジネス変革につながる動きが見られている。今回を契機に市民の健康に対する意識は高まり、ヘルスケア関連ビジネスもこれまで以上に伸びが予想される。

今後も原材料、従業員の課題から、自動車等主要産業の再開は更に遅れる。本疾病の収束が遅れるほど、中国発世界経済へのマイナス影響は拡大する。
中国政府は稼働減少による中小企業、地域への金融支援を打ち出し倒産防止に努めているが、各国共同による疾病対策が必要と考える。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中