「インサイダー取引」とは 故意かどうか、利益を上げたかは関係ない

「インサイダー取引」とは 故意かどうか、利益を上げたかは関係ない

インサイダー取引とは、上場企業において

①「会社関係者・情報受領者」に当たる人物が、
②「重要事実」を
③「自身の職務等に関し知り」ながら、
④「公表」前に
⑤「株式等の売買」を、行う行為である。

インサイダーの要件に「故意」を加える解説がまま見られる。本件でも自社株式の購入承認期間の認識を「錯誤」し購入してしまったとの説明をしており、「故意」であることを否定している。

しかし、金融商品取引法第166条では故意、過失について言及しておらず、この点がインサイダー取引かどうかの判断基準になることはない。

そのため、情状酌量の効果も限定的と思われる。

また、金商法では、不正に利益を上げるもしくは損失を免れるといったことにも触れておらず、この点も要件から外れる。

本件の何が問題だったのか

本件の何が問題だったのか

会社は自社株式の購入に当たって、インサイダー取引防止の観点から自社株購入に当たって届出制を取っている。

本件についても、当該手続きに沿って役員からの申請と承認手続きが取られており、その点に問題は見られない。但し、役員は承認された2021年5月14日から20日の間ではなく、5月13日の正午に買い付けを行っていた点が社内規程違反とされた。取締役の行為の問題点である。

一方で、自社株購入の事実については証券取引等監視委員会(監視委員会)及び東京証券取引所(東証)に報告しているものの、社内規程に基づく処分の公表はそれから半年後の21年11月18日となっていた点である。社内処分が遅れた理由については、社内調査を行っていたとの記述はあるものの、具体的な説明はみられず、この対応の遅れが憶測を呼び、批判の的となったものと思われる。これが会社側の問題点である。

※2021年12月20日現在に公開刺された情報に基づいて記述しています

インサイダー取引だったのか

インサイダー取引だったのか

本件を改めてインサイダー取引の要件に照らしてみると、①社外取締役という「会社関係者」が、業績予想の修正や新規事業への参入といった②「重要事実」について、③「職務上知り得た」状況で④「公表」前に⑤「自社株」の買付を行っており、インサイダー取引が疑われる行為といえる。

一方で、本件については、購入者本人から会社に当日中に報告があり、更にその翌日には会社から東証及び監視委員会の情報提供窓口に報告が行われている。また、購入した株式の売却も行われなかった。

こうした対応が功を奏したのか、現在に至るまでインサイダー取引での処罰等は行われていない。

インサイダー取引の調査とは

インサイダー取引の調査とは

▲画像説明:日本取引所自主規制法人ポスター

日本取引所自主規制法人や監視員会では常に流通市場等の監視を行い、不公正取引等が疑われるものについては調査が行われる。

本件のように、適時開示後、ストップ高になったようなケースは、必ず調査対象となり、証券会社と連携し、購入者の特定、会社との関係や購入に不審な点がないかのチェックが入る。

インサイダー取引が疑われる取引があった場合は、株式発行元への照会、監査委員会から当該取引を行った者へヒアリング調査や時としてデジタルフォレンジックなどの手法を用いた調査が行われ、関係が洗い出される。

インサイダー取引についての知識、関心が高まっていることもあり、本人名義の口座での取引が少なくなっている点は当局も織り込み済みであり、当然のことながら調査のノウハウも持っている。「あそこまで調べられると知っていたら絶対に手を出さなかった。」という自主規制法人のポスターがあるが、まさにコピーの通りである。

具体的なインサイダー取引予防対策は

具体的なインサイダー取引予防対策は

インサイダー取引の予防策として、まず上場企業が取り組むものとして、インサイダー取引防止に係る規程を策定し、関係者に対し教育を行うことがまず必要となる。

また、自社株の購入に関して、バルミューダでは届出制をとっていたが、届け出制であったり、重要情報を共有する際に株の取引をしないように関係者に周知する仕組みを構築していたり、機密情報に触れる機会のある関係者に誓約書の提出を求めるなど、規程の策定や研修の実施に留まらない対応をしている企業も少なくない。

一方で、インサイダー取引防止規程についても作っておしまいではなく、定期的な見直しが必要である。ドンキホーテホールディングス(現PPIH)の前社長が知人にTOB公表前に自社株式の購入を推奨したことによって有罪判決を受けたが、2014年の金商法の改正で取引推奨が違法行為に加えられている。こうした変更を常に注意を払い、更新をすることが求められる。

社外取締役についても、情報管理の徹底を

コーポレートガバナンス・コードの改訂もあり、独立社外取締役を登用するケースが多くなっている。上場企業出身者であればインサイダー取引に関する知識もあるが、そうでない方も増えている。社外取締役等についても研修、インサイダー取引防止対象に含めたり、情報管理を徹底することが何よりも重要である。また、万が一、インサイダー取引に係る情報を入手した際には、バルミューダのように自主規制法人や監視委員会等に情報提供し、連携していくことも欠かせない。企業の皆様には、公正な市場を守ることを第一に対策、対応を進めることをお願いしたい。

関連記事

「G」(企業統治)を忘れていないか 日本の脆弱なESG

ここ数年、「ESG」投資という言葉がすっかりと普及した。しかし、E(環境)、S(社会)、G(企業統治)という3の視座が統合されるようになったのは、つい最近の話だ。日本では、「E」や「S」を過度に重視し「G」の軽視が懸念される。株主と経営者の死闘の末、「G」企業統治が醸成された米国の歴史を参考に、日本の企業統治について考えた。

新生銀行の事例に学ぶ「有事導入型買収防衛策」 敵対的TOB過去最多

敵対的TOB(株式公開買付け)が増加している。2021年は10月までに8件と、すでに過去最高の水準となった。コーポレートガバナンス・コード(上場企業のための企業統治の指針)の定着、タブー視されてきた事業会社間の敵対的買収などが大企業でも見られる様になった事、アクティビスト・ファンドの活発化などが背景にある。この記事では、最近の敵対的TOBの動向とともに、敵対的買収の脅威が表面化してから導入する「有事導入型買収防衛策」について考察する。

TCFDとは何か? 2022年度から何をすべきか

すべての上場企業にとって、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への対応が、急務となっている。2022年春の東証市場再編に合わせ、プライム上場企業に気候変動によるリスク情報の開示が、実質的に義務付けられる。TCFDとはそもそも何か?開示の対象となる企業は?開示すべき情報は?そして、2022年春以降何をすればいいのか。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中