花王、ライオンが歩調を合わせて次世代ヘルスケアへの注力を公表

花王、ライオンが歩調を合わせて次世代ヘルスケアへの注力を公表

トイレタリー、パーソナルケア業界の12月決算企業の2020年度業績が2月に相次いで公表された。決算説明会の席上では、経営陣から2021年度にとどまらず、長期のビジョンについても言及された。

この中で、花王とライオンは共に、従来の製品の枠にとどまらない、データを活用した新しいヘルスケア事業進出の方針を明確にした。

「もう一つの花王」が目指す未病・予防領域への進出

「もう一つの花王」が目指す未病・予防領域への進出

(参照:花王株式会社Webぺ―ジ、2020年12月期決算説明資料

花王は2020年12月に公表した「中期経営計画K25」で、「もう一つの花王」として新事業「デジタル・プレシジョンヘルスケア」を指導させると発表した。21年2月の決算発表時点ではより詳細な説明が加わり、既存事業と関連するビジネスモデルについて言及した。

花王はプレシジョンヘルスケアを、「高精度生態解析による恒常性強化ソリューションの提供」と説明。

例えばウイルスのような人体に危害を加える物質を研究し、本質的な危害の原因や、遺伝子レベルでの座標特定による伝搬経路や遮断方法などの周辺情報を網羅的に把握する。このデータをデジタル・プラットフォームとして、治療や予防の様々な領域で利用することを意図しているとのことである。

疾病予防事業への参入を示唆

疾病予防事業への参入を示唆

花王は2021年度から報告セグメントを変更。従来のヒューマンヘルスケア事業を分解し、洗剤やボディ・ヘアケアといった事業の中に、健康や衛生の概念を組み込んだ。更に新たなセグメントとして、「花王グループの基盤技術を活用して人類の命を守る」ライフケア事業を新設した。

既存事業で培った感染防御、表皮化学、菌やウイルスなどの基盤研究に加え、病理研究領域を強化することで、抗ウイルス技術による感染防止や、人体の恒常性回復による疾病予防事業への参入を示唆している。

花王は既存のコンシューマープロダクツにおいても、これらのデータを活用することでヘルス&ビューティー、衛生、環境といった付加価値を高めると共に、医療関連企業や大学、自治体などへのデータ・プラットフォームの提供といった連携も視野に入れている模様である。

ライオンは既存事業領域の拡張によりヘルスケア事業展開を加速

ライオンは既存事業領域の拡張によりヘルスケア事業展開を加速

(参照:ライオン株式会社Webぺ―ジ、2020年12月期決算説明資料

ライオンはコロナ感染拡大の影響を受けて、2020年度で終了した中期経営計画に続く新中期経営計画策定を先延ばしている。

その中で、2021年2月12日の決算発表と併せて、ライオンが2030年に目指す経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けた、中長期経営戦略フレーム「Vision2030」を公表した。

ライオンはこの中で「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」ことを企業の存在意義とし、4つの戦略領域での価値提供により事業成長をめざすとしている。

長期的な戦略領域のうちの3領域がオーラルヘルス、インフェクションコントロール、ウエルビーイングとヘルスケア関連事業となっているが、ここでも対象は「医療」ではなく「日々の生活の中での健康への貢献」に向いている。

口腔衛生の知見を生かす

口腔衛生の知見を生かす

特にライオンはオーラルケア領域では数十年にわたり児童の歯磨き教室やアジア地域での歯磨き習慣啓蒙の支援を続けており、口腔衛生の向上と健康状態改善に関する研究を蓄積している。

Vision2030ではこれを更に発展させ、蓄積した口腔健康情報と全身疾病との関連データを活用し、パートナーとも連携してオーラルヘルスを起点に様々な領域での健康増進や疾病予防に向けたソリューション提供までを目指している。

ウエルビーイング領域においては、消費者のセルフケア習慣を起点に、消費財の提供にとどまっていた既存事業の枠を超えて、ライフスタイルに寄り添った新たなサービス、ソリューションを提供する「心と体のトータル・ヘルスケア・サービサー」への進化を目指している。

いずれの領域でも、同社がこれまで消費者の生活に密着した製品提供を通じて蓄積したデータを活用し、個々の消費者へのパーソナルサービス提供にまでつなげることが視野に入っている。このためにライオンでも、外部パートナーとの連携を含めたデジタル推進を加速させることは不可欠となっている。

コロナ禍による生活意識の変化

コロナ禍による生活意識の変化

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生により、世界中でハンドソープや手指消毒液の需要が拡大。トイレタリー業界は、これら感染防止製品の供給に大きく貢献した。

従来からトイレタリー業界では、医薬品事業を有する米ジョンソン&ジョンソンやプロクター&ギャンブルのように、ヘルスケア領域と深くかかわりを持つ企業が多い。国内でもライオンはOTC医薬品事業を持ち、一方でロート製薬や小林製薬のように消費財に注力する医薬品メーカーも存在する。

しかし、今回の花王、ライオンの動きは従来とは異なり、生活者に密着した事業で蓄積したデータを活用し、医療やシステムなど異業種パートナーとの連携も視野に入れ、治療よりもむしろ、生活の中での健康増進や疾病予防をターゲットとしている。

まとめ

コロナ禍の中で人々の衛生や健康についての意識が高まり、持続可能な社会に対する企業の姿勢も問われる新しい時代に呼応した両社の新たな挑戦は、5年、10年という時間軸で消費者の生活に大きな変革を起こすことが期待される。

関連記事

排出権取引とは? 世界・日本の現状も解説

地球温暖化問題への取り組みをはじめとして地球環境に配慮する機運は年々高まっています。ESGやSDGsなど近年こうした言葉を目にする機会も増えたのではないでしょうか。こうした取り組みはいずれも環境問題を解決し持続性のある社会活動を目指すものですが、ビジネスにおいても例外ではありません。その中に「排出権取引」というものがあります。排出権取引は地球温暖化の直接的な原因とされている二酸化炭素の排出に係る企業や団体間の商取引です。本記事ではその概要について解説していきます。

フィジカルインターネットとは?物流業界変革の構造や業界動向を解説

ECの普及により物流量が増加している今、物流業界は人手不足や労働環境の悪化、トラックの積載率の低下(注1)など深刻な課題を抱えています。 この課題を解決する方法として注目されているのが「フィジカルインターネット」です。 フィジカルインターネットは、インターネットの網の目のような通信網をフィジカル(物理的)な物流業界で応用する考え方です。 本記事では、フィジカルインターネットの構造を解説し、実現へ向けた企業各社の動きを紹介します。

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中