「Fortnite」ゲームを超えた影響力

フォートナイトイメージ
▲Googleからブロックされ、EpicGamesの自前ウェブサイトでダウンロードする

iPhoneのアプリ配信プラットフォームであるApp Storeのビジネスモデルに、真っ向から異を唱える存在が、Epic Games社が提供する人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト)である。ゲーム内でプレーヤーに課金するたびに30%の手数料を徴収するAppleのビジネスモデルは、当然のようにゲーム内に独自の課金システムを導入することを規約で禁じており、「Fortnite」が独自の課金システムを導入したことから、Appleは規約違反を理由に、「Fortnite」の配信を停止した。Epic Games社は、Appleおよび同様のビジネスモデルを確立し「Fortnite」を配信停止としたGoogleを相手取り、訴訟を提起している。

EpicGames強気の背景

Epic Games社が強気の姿勢を示す背景には、「Fortnite」のゲームだけには留まらない影響力が考えられる。
「Fortnite」は、グローバルで3.5億ダウンロードを突破しており、2018年4月には、月間売上が300億円を突破したと推定されるなど、若年層を中心に高い人気を誇る“バトルロワイヤル”型ゲームである。
eスポーツの分野でも主要タイトルの一つとなっており、2019年7月に開催された世界大会の賞金総額はeスポーツ史上最高額の3000万ドルであった。グローバルネット動画配信事業者の雄であるNetflixも、TV画面を争うライバルとして「Fortnite」の名前を挙げるなど、ゲームとしての存在感は極めて大きい。

トラヴィス・スコット、米津玄師がゲーム内でイベント

ゲームに留まらない「Fortnite」の影響力は、「Fortnite」内でのバーチャルライブ開催が挙げられる。2019年より順次開催されてきたが、2020年4月に開催された人気ラッパー、トラヴィス・スコット氏の音楽イベント「Astronomical」では、累計で2,700万人が参加したことが判明している。日本でも、同8月には「Lemon」のヒットで知られる米津玄師氏がイベントを開催している。
コロナ禍でリアルライブイベントの開催が困難な環境下、「Fortnite」の若年層における高い人気を活用したバーチャルライブが、圧倒的な人数を動員可能なことは、「Fortnite」自体が、配信プラットフォームに依存しない優れたオンラインメディアであることを示している。

初代スーパーマリオ超え 「あつ森」の可能性

あつまれどうぶつの森イメージ

「Fortnite」だけではなく、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」もメディア化の兆しが見られる。
「あつまれ どうぶつの森」はSwitch向けゲームタイトルで、販売本数はグローバルで2200万本以上に達する。そのうち日本は700万本超、1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」の681万本を上回る。
同タイトルでは、著名アパレルや、有名美術館、一般企業などがデザインしたアイテムを入手できるほか、通信機能を利用して、有名タレントのバーチャル握手会や、バーチャル結婚式、卒業式なども行われるなど、様々なバーチャルイベントが開催されている。上記の「Fortnite」のようなバーチャルライブ開催も十分に可能であろう。
自民党総裁選でも候補者の「あつ森」利用の是非が議論となり、米大統領選でも民主党のバイデン氏が選挙活動へ活用した。

強まるタイトル獲得競争

今後も、グローバルで人気化するオンラインゲームは、密なオンラインコミュニケーションや、ゲームならではのキャラクタ操作などをベースとして、新しいメディアとして存在感を高めていくものと考えられる。先日ゲーム機Xboxを展開するマイクロソフトが、著名ゲームを多数リリースする非上場大手ゲーム会社のベセスダを買収した。Fortniteなどメディアのプラットフォームになりえるゲームタイトルの獲得合戦は強まる可能性があるだろう。GAFAやグローバルネット配信事業者などによるグローバルゲーム会社のM&Aにも注目したい。

関連記事

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

DX時代 生き残りかけた百貨店の今後

激動の2020年が暮れようとしている。世界中で猛威を振るった新型コロナウィルスの影響で、航空、鉄道、観光、外食といった人々の移動や余暇活動に携わる産業と同じく、流通小売業も打撃を受けた。特に深刻だったのは、インバウンド需要の消失と、自粛期間中の営業休止の2重苦を強いられた百貨店だ。この記事では、DXの時代の百貨店の今後と生き残り戦略について考察した。

「2050年ゼロカーボン」 CO2削減に向けたビジネスの変化

菅義偉首相は2020年10月26日、臨時国会の所信表明演説で、国内の温暖化ガスの排出を2050年までに「実質ゼロ」(ゼロカーボン)とする方針を表明した。この記事では、実現に向けたプロセスの全体像を整理するとともに、それに伴う今後のビジネスの変化について私見を述べたいと思う。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中