「Fortnite」ゲームを超えた影響力

フォートナイトイメージ
▲Googleからブロックされ、EpicGamesの自前ウェブサイトでダウンロードする

iPhoneのアプリ配信プラットフォームであるApp Storeのビジネスモデルに、真っ向から異を唱える存在が、Epic Games社が提供する人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト)である。ゲーム内でプレーヤーに課金するたびに30%の手数料を徴収するAppleのビジネスモデルは、当然のようにゲーム内に独自の課金システムを導入することを規約で禁じており、「Fortnite」が独自の課金システムを導入したことから、Appleは規約違反を理由に、「Fortnite」の配信を停止した。Epic Games社は、Appleおよび同様のビジネスモデルを確立し「Fortnite」を配信停止としたGoogleを相手取り、訴訟を提起している。

EpicGames強気の背景

Epic Games社が強気の姿勢を示す背景には、「Fortnite」のゲームだけには留まらない影響力が考えられる。
「Fortnite」は、グローバルで3.5億ダウンロードを突破しており、2018年4月には、月間売上が300億円を突破したと推定されるなど、若年層を中心に高い人気を誇る“バトルロワイヤル”型ゲームである。
eスポーツの分野でも主要タイトルの一つとなっており、2019年7月に開催された世界大会の賞金総額はeスポーツ史上最高額の3000万ドルであった。グローバルネット動画配信事業者の雄であるNetflixも、TV画面を争うライバルとして「Fortnite」の名前を挙げるなど、ゲームとしての存在感は極めて大きい。

トラヴィス・スコット、米津玄師がゲーム内でイベント

ゲームに留まらない「Fortnite」の影響力は、「Fortnite」内でのバーチャルライブ開催が挙げられる。2019年より順次開催されてきたが、2020年4月に開催された人気ラッパー、トラヴィス・スコット氏の音楽イベント「Astronomical」では、累計で2,700万人が参加したことが判明している。日本でも、同8月には「Lemon」のヒットで知られる米津玄師氏がイベントを開催している。
コロナ禍でリアルライブイベントの開催が困難な環境下、「Fortnite」の若年層における高い人気を活用したバーチャルライブが、圧倒的な人数を動員可能なことは、「Fortnite」自体が、配信プラットフォームに依存しない優れたオンラインメディアであることを示している。

初代スーパーマリオ超え 「あつ森」の可能性

あつまれどうぶつの森イメージ

「Fortnite」だけではなく、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」もメディア化の兆しが見られる。
「あつまれ どうぶつの森」はSwitch向けゲームタイトルで、販売本数はグローバルで2200万本以上に達する。そのうち日本は700万本超、1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」の681万本を上回る。
同タイトルでは、著名アパレルや、有名美術館、一般企業などがデザインしたアイテムを入手できるほか、通信機能を利用して、有名タレントのバーチャル握手会や、バーチャル結婚式、卒業式なども行われるなど、様々なバーチャルイベントが開催されている。上記の「Fortnite」のようなバーチャルライブ開催も十分に可能であろう。
自民党総裁選でも候補者の「あつ森」利用の是非が議論となり、米大統領選でも民主党のバイデン氏が選挙活動へ活用した。

強まるタイトル獲得競争

今後も、グローバルで人気化するオンラインゲームは、密なオンラインコミュニケーションや、ゲームならではのキャラクタ操作などをベースとして、新しいメディアとして存在感を高めていくものと考えられる。先日ゲーム機Xboxを展開するマイクロソフトが、著名ゲームを多数リリースする非上場大手ゲーム会社のベセスダを買収した。Fortniteなどメディアのプラットフォームになりえるゲームタイトルの獲得合戦は強まる可能性があるだろう。GAFAやグローバルネット配信事業者などによるグローバルゲーム会社のM&Aにも注目したい。

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中