「フードテック」とは

フードテック(Food-Tech)とは、フード(Food)とTechnologyを掛け合わせてできた用語で、食や料理の課題をITで解決する新しいサービスやノウハウなどを意味します。現在、新たな食の可能性として視線が注がれており、新しいビジネス領域として世界中から投資が集まっているといいます。

フードテックには、ITを活用した料理の自動化や、レストランでのロボットによる調理、また消費者の体調に合わせた食品の配達などが挙げられます。また、植物から作った代替肉や昆虫から作った食品などもフードテックに含まれるということです。

フードテックに特化したグローバルカンファレンス「スマートキッチン・サミット」の創設者、マイケル・ウルフ氏は、”世界全体のフードテックの市場規模は2025年までに700兆円規模に達する”などと発表。また、米調査会社のピッチブックによれば、2018年の世界の投資額は75億ドル(約8,100億円)にも達しており、今後新たなビジネス市場として注目されるとみられています。

フードテックによって解決が期待される課題

フードテックは現在、飢餓や人材不足といった課題解決の術として世界中で注目されています。ここでは、フードテックによって課題解決が期待されるさまざまな問題に言及し、それぞれ解決していきます。

食糧問題の解決

フードテックによって課題解決が期待される最も大きなトピックが食料問題です。天候不良による不作や、人口爆発による食料の需要過多などから、未だ開発途上国などを中心に飢餓問題が起こっています。

一方、膨大な量の食料が世界中で毎日廃棄されているといった問題もあり、国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」でも重要課題に掲げられています。

現在、国や企業が、大量生産できる作物の品種改良や、効率的な食料の管理・共有のシステム、長期的な食料保存の仕組みなどの研究開発を進めており、フードテックによる課題解決が世界中で期待されています。

食に関する人手不足の解消

生産のオートメーション化が進むものの、食品・外食産業は、依然多くのマンパワーによって産業が成り立っています。

しかし一部の地域では、人口減少などを発端とした労働者不足の問題が、近年顕著になっています。そこで注目されるのが、フードテックによる省人化です。例えば、全自動で調理を行うロボットや、食品管理をサポートするAIが開発されれば、外食産業などでの無人化が進み、人手不足の問題が劇的に解決されるとみられます。

菜食主義者らのための代替品の開発

宗教や動物愛護、健康などを理由に特定の食べ物を食べない人に向けた代替品の生産が、フードテックで期待されています。

その一つが、植物性たんぱく質による代替えミート。こうしたフェイクミートは、ベジタリアンやヴィーガン、フレキシタリアンらが多い国や地域で需要があり、2030年には市場規模が9兆円に上るとの予測もみられます。

こうしたフードテックの取り組みは国内でも注目されており、農林水産省は”食料供給などを海外に依存する日本にとって重要”とする報告書を発表。研究会などを設け、品質を巡るルールなどを検討する方針だということです。

食の安全確保

フードテックは、我々にとって最も身近なトピックである食の安全についても大きく関わるとされています。

その一つが、テクノロジーを活用した食品の安全管理。最新の研究では、食品が傷んでいるかどうかを診断するツールや、長期保存が可能な食品の梱包材料などの開発が進んでいるそうで、フードテックによって近い将来、食の安全が一層高まるとみられています。

また、企業にとって死活問題である食品への異物混入に関しても、フードテックを活用することで減らすことができるでしょう。

フードテックによるサービスや技術の事例

現在、国内外でフードテックに関する多様なサービスや技術が開発されています。

その一つが、日本のクックパッド株式会社などが開発を進める、レシピ連動調味料サーバー「OiCy Taste」。調味料が入ったさまざまなボトルが本体内に設置されており、スマートフォンからレシピを選択すると、サーバーが自動で最適な調味料を調合して作ってくれるというスマート家電です。

海外では、血液検査や基礎代謝の状況などを分析し、ユーザーの体に最適なレシピを提案する、米国スタートアップのサービス「Habit」。また、ユーザーの遺伝子検査結果を基にして外食メニューなどをレコメンドする、英国の「DNAfit + Vita Mojo」といったサービスが登場しています。

身近なところでは、食のデリバリー配達サービスなどを手掛ける「Uber Eats」も、広義の意味でのフードテックに含められます。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

フードテックに関する理解は深まりましたでしょうか。世界的な食料問題や我々の食卓の安全など、さまざまな課題解決の可能性を秘めるフードテック。その市場は今後数百兆円にも達するとみられ、今後さまざまなビジネスシーンに活用の幅が広がることでしょう。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また、以下のメールマガジンでは、最新のビジネス事情などを定期的に配信しております。

ランキング記事

1

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

2

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

3

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

4

白酒偏重、中国の酒造業を分析 「貴州茅台酒」時価総額トヨタ超え

中国の酒造業界で、蒸留酒「白酒」(báijiǔ)の割合が増加している。「貴州茅台酒」(Moutai,貴州省)のように、時価総額でトヨタ自動車を上回る企業も現れた。宴席の減少、健康志向、高齢化社会に向かう中でも、どうして拡大傾向を見せているのか。中国の酒造業の現状について考察する。

5

横浜市のIR(統合型リゾート)事業者有力候補 ゲンティン(Genting Singapore)とは

横浜市における統合型リゾート(IR)の事業者の選定が大詰めを迎えている。2021年6月11日に締め切った公募では、ゲンティン(Genting Singapore)とマカオでカジノを運営するメルコ(本社は香港)を中心にした2グループが応募したとみられる。この記事では最有力と目されるゲンティンを通じ、IRの方向性や他企業の参入機会を探る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中