「フードテック」とは

フードテック(Food-Tech)とは、フード(Food)とTechnologyを掛け合わせてできた用語で、食や料理の課題をITで解決する新しいサービスやノウハウなどを意味します。現在、新たな食の可能性として視線が注がれており、新しいビジネス領域として世界中から投資が集まっているといいます。

フードテックには、ITを活用した料理の自動化や、レストランでのロボットによる調理、また消費者の体調に合わせた食品の配達などが挙げられます。また、植物から作った代替肉や昆虫から作った食品などもフードテックに含まれるということです。

フードテックに特化したグローバルカンファレンス「スマートキッチン・サミット」の創設者、マイケル・ウルフ氏は、”世界全体のフードテックの市場規模は2025年までに700兆円規模に達する”などと発表。また、米調査会社のピッチブックによれば、2018年の世界の投資額は75億ドル(約8,100億円)にも達しており、今後新たなビジネス市場として注目されるとみられています。

フードテックによって解決が期待される課題

フードテックは現在、飢餓や人材不足といった課題解決の術として世界中で注目されています。ここでは、フードテックによって課題解決が期待されるさまざまな問題に言及し、それぞれ解決していきます。

食糧問題の解決

フードテックによって課題解決が期待される最も大きなトピックが食料問題です。天候不良による不作や、人口爆発による食料の需要過多などから、未だ開発途上国などを中心に飢餓問題が起こっています。

一方、膨大な量の食料が世界中で毎日廃棄されているといった問題もあり、国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」でも重要課題に掲げられています。

現在、国や企業が、大量生産できる作物の品種改良や、効率的な食料の管理・共有のシステム、長期的な食料保存の仕組みなどの研究開発を進めており、フードテックによる課題解決が世界中で期待されています。

食に関する人手不足の解消

生産のオートメーション化が進むものの、食品・外食産業は、依然多くのマンパワーによって産業が成り立っています。

しかし一部の地域では、人口減少などを発端とした労働者不足の問題が、近年顕著になっています。そこで注目されるのが、フードテックによる省人化です。例えば、全自動で調理を行うロボットや、食品管理をサポートするAIが開発されれば、外食産業などでの無人化が進み、人手不足の問題が劇的に解決されるとみられます。

菜食主義者らのための代替品の開発

宗教や動物愛護、健康などを理由に特定の食べ物を食べない人に向けた代替品の生産が、フードテックで期待されています。

その一つが、植物性たんぱく質による代替えミート。こうしたフェイクミートは、ベジタリアンやヴィーガン、フレキシタリアンらが多い国や地域で需要があり、2030年には市場規模が9兆円に上るとの予測もみられます。

こうしたフードテックの取り組みは国内でも注目されており、農林水産省は”食料供給などを海外に依存する日本にとって重要”とする報告書を発表。研究会などを設け、品質を巡るルールなどを検討する方針だということです。

食の安全確保

フードテックは、我々にとって最も身近なトピックである食の安全についても大きく関わるとされています。

その一つが、テクノロジーを活用した食品の安全管理。最新の研究では、食品が傷んでいるかどうかを診断するツールや、長期保存が可能な食品の梱包材料などの開発が進んでいるそうで、フードテックによって近い将来、食の安全が一層高まるとみられています。

また、企業にとって死活問題である食品への異物混入に関しても、フードテックを活用することで減らすことができるでしょう。

フードテックによるサービスや技術の事例

現在、国内外でフードテックに関する多様なサービスや技術が開発されています。

その一つが、日本のクックパッド株式会社などが開発を進める、レシピ連動調味料サーバー「OiCy Taste」。調味料が入ったさまざまなボトルが本体内に設置されており、スマートフォンからレシピを選択すると、サーバーが自動で最適な調味料を調合して作ってくれるというスマート家電です。

海外では、血液検査や基礎代謝の状況などを分析し、ユーザーの体に最適なレシピを提案する、米国スタートアップのサービス「Habit」。また、ユーザーの遺伝子検査結果を基にして外食メニューなどをレコメンドする、英国の「DNAfit + Vita Mojo」といったサービスが登場しています。

身近なところでは、食のデリバリー配達サービスなどを手掛ける「Uber Eats」も、広義の意味でのフードテックに含められます。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

フードテックに関する理解は深まりましたでしょうか。世界的な食料問題や我々の食卓の安全など、さまざまな課題解決の可能性を秘めるフードテック。その市場は今後数百兆円にも達するとみられ、今後さまざまなビジネスシーンに活用の幅が広がることでしょう。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また、以下のメールマガジンでは、最新のビジネス事情などを定期的に配信しております。

関連記事

AppleCarに照準?成長の車載分野に舵 LGエレクトロニクス

LGエレクトロニクス(LG電子)が、成長分野への投資に舵を切ろうとしている。企業価値(EV)の面でSumsung電子との差が開いていたが、家電やテレビなど成熟分野でので収益性を改善。EVベースでは日本のパナソニック・富士通・三菱電機に近づいてきた。赤字続きのスマホから撤退し、成長分野である車載製品への投資を拡大する。大胆なポートフォリオ転換の背景には、AppleCar計画が視野に入っている可能性もある。

スーパーアプリとは何か?ヤフー・LINEが目指す新たなプラットフォームは

ヤフーを擁するZホールディングスとLINEとの経営統合が発表されて以降、「スーパーアプリ」という言葉が日本で話題となりました。 スーパーアプリとは、ひとつのアプリ内にさまざまなサービスを統合したアプリです。 なぜ現在「スーパーアプリ」が注目されているのでしょうか? 本稿では、スーパーアプリの概要や特徴、海外でのスーパーアプリの成功事例や日本国内における取り組みなどを紹介していきます。

人間に「残る仕事」は何か?技術革新で「消える仕事」「生まれる仕事」

AIやロボットに代表される技術革新の台頭により、今後は流通・サービス業に従事する労働者にとって「消える仕事」と「残る仕事」の選別が本格化していく。一方で、デジタルサービスの周辺領域では、新たに「生まれる仕事」がある。どんな仕事が人間に残され、そして生まれるのか。最近の企業事例を紹介しながら、第4次産業革命後における流通・サービス業の雇用問題について考察する。

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中