「フェムテック(Fem-Tech)」とは

フェムテック(Fem-Tech)とは、女性(Female)とTechnologyを掛け合わせてできた用語で、女性が抱える健康課題をITで解決する新しいサービスやノウハウなどを意味します。ドイツの月経管理アプリ「クルー」の代表、アイダ・ティン氏が2012~13年頃、同社のサービスのビジネスを称するために造った言葉と言われています。

現在、フェムテックは女性の社会進出や晩婚化を背景に注目を浴び、市場調査やコンサルティングを行う米企業「フロスト・アンド・サリバン(調査レポート)」によると、2025年に世界で約5兆円の市場規模になるとも予測されています。

フェムテックには、生理日を記録するだけで分析や予測をしてくれるアプリや、骨盤底筋を鍛えるキット、また、オーガニック素材で作った生理用品をオンラインストアで販売するサービスなどが挙げられます。

フェムテック(Fem-Tech)が注目される背景について

フェムテックが注目される背景の一つには、女性にまつわる問題や課題を女性がオープンに語れるようになったこと。「#Me Too」運動などによって、女性が抱える問題が浮き彫りになったことなどが影響しているとされています。

また、生理現象などに関するテクノロジーが進歩したことも背景の一つ。例えば、これまで容易に数値化することができなかった身体的なデータについて、スマートフォンなどを活用し、女性が手軽に記録できるように。また、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)によって、研究機関などがリアルタイムにデータを蓄積したり解析したりできるようになりました。

フェムテック(Fem-Tech)が解決する課題

フェムテックがサポートする課題のトピックは、妊娠・不妊、月経、出産・子育てなど、多岐に渡ります。

妊娠・不妊
アプリ上で血圧や心拍数などの生理的な情報を記録し排卵日を手軽に確認したり、蓄積したデータを活用して自然な避妊対策を行ったり、また、望む時期での妊娠を可能にしたりします。高齢社会が進む日本では、高齢化に伴う妊娠・不妊の課題が浮き彫りになっており、フェムテックによる課題解決が期待されています。

月経・生理
女性が生理日を入力することで、生理周期を精緻に予測。アプリ提供元から、各時期で注意すべきさまざまな情報やアドバイスを女性がリアルタイムで受け取ることができるようになります。また、ナプキンなどの生理用品を定期的に受け取ることができるサブスクリプションサービスによって、女性のさまざまな負担を軽減します。

女性向けの健康情報サービス、ルナルナが実施したアンケート調査では、働く女性の8割以上が、生理痛やPMS(月経前症候群)による仕事への影響を感じていることが明らかに。また、バイエル薬品が日本人女性約2万人に実施した調査によると、これらによる労働力の低下がもたらす経済的損失は年間6828億円にも達するということです。

フェムテックによって生理・月経に関する多くの女性の課題が改善されれば、大きな経済効果をもたらすかもしれません。

出産・子育て
胎児の様子が、今まで以上に緻密にモニタリングできるようになると言われています。また、深部体温のモニタリングによって母体の体調を管理したり、アプリを活用して陣痛を家族に一斉通知したりするなど、出産に伴うさまざまな課題の解決を導きます。

また、乳児に関する悩みをオンラインで医師に相談することも可能に。子どもの体調に合わせた離乳食の提案をオンラインで受けるなど、子育てに関するサポートのオンライン化が期待されています。

フェムテック(Fem-Tech)を活用したサービスや提供企業

フェムテック(Fem-Tech)を活用したサービスや提供企業が拡大しています。ここでは、具体的なサービスの事例、企業を取り上げていきます。

「株式会社エムティーアイ(ルナルナ)」

フェムテックサービス、ルナルナを展開する株式会社エムティーアイは、フェムテックという言葉が誕生する以前から、生理日や排卵日の予測・管理ができるWebサービスを提供。フェムテックを索引する国内企業として、注目を浴びています。

2008年には、「新技術開発室」と呼ばれる専門の研究チームを作り、その後海外にAIラボ「MTI TECHNOLOGY Co.,Ltd.」を設立。フェムテックを取り巻くさまざまなデータの解析を進めています。

「ルナルナ メディコ」と呼ばれるサービスでは、ルナルナに記録した生理日や基礎体温などに関する体調の情報を、医師や患者が連携先の産婦人科や婦人科で閲覧・共有が可能に。また、治験サポートコースでは、治療内容やステップ、検査結果などに関する不妊治療のデータを、スマートフォン上で簡単に記録・閲覧することができるようになっています。

「Elvie(エルヴィー)」

2013年に設立された、英国企業の「Elvie(エルヴィー)」は、妊娠や出産を機に衰えやすいとされる骨盤底筋を鍛えるトレーニングデバイス「Elvie Trainer」などを展開しています。

小型のキットを膣内に挿入し、それらをアプリと連動させるなどして、女性の骨盤底筋を絞めるトレーニングをサポート。女性は、尿漏れや頻尿の原因にもつながる骨盤底筋の衰えを予防することが可能です。さらに、ハンズフリーで搾乳が可能なウェアラブル搾乳器「Elvie Pump」なども提供。

「Clue(クルー)」

クルーは、フェムテックという言葉を提唱したドイツ企業が展開する月経管理アプリです。次にやって来る生理の時期や、PMSの予測・分析を行うことができ、現在、1000万人超のユーザーを集めるなど、世界中で注目されています。

ユーザーは、生理の初日にアプリを開いて入力することで、システムが自動で生理周期を分析。また、妊娠しやすい時期について、アプリがユーザーに周知します。その他、さまざまな月経に関する情報をアプリ上で細かく管理することも可能です。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

フェムテックに関する理解は深まりましたでしょうか。女性にまつわる問題や課題が浮き彫りになる昨今、テクノロジーを活用した課題解決にさまざまな研究機関や企業が力を注いでいます。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。オウンドメディアやメールマガジンでは、お客様の悩みや課題の解決を導く、さまざまな情報を発信しています。

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」

わずか60年間で世界有数のハイテク企業になった東京エレクトロン。元社長の東哲郎氏による「私の履歴書」(日本経済新聞)。毎朝の楽しみでした。(手法でなく)考え方に関する記述が多いことに気づき、優秀な経営者とはやはりそうなのだ、と改めて勉強させられました。同時に、学生運動に参加し、大学に戻るまでの苦悩を重く読みました。それでは今月の文章です。

「カテゴリーキラー」とは?圧倒的な競争力を武器に展開する戦略

カテゴリーキラーは、特定の商品分野に集中して圧倒的な品揃えと低価格を武器に展開するマーケティング戦略です。 あらゆる商品をワンストップでそろえる百貨店などの業態とは対照的なのが特徴ですが、インターネットの普及などにより、その戦略も変容を迫られています。 今回はカテゴリーキラーの基本知識や戦略上大切となるポイント、優位性のメリットが得られる理由や、実際の企業事例などについて紹介します。

アート思考とは?注目される理由、実際に使われた事例も解説

新型コロナウイルスの流行、IT技術の普及など、変化が目覚ましい時代。新しいものが次々生み出される中で、常識にとらわれない斬新な考え方が必要になってきています。 そこで注目されているのがアート思考です。ロジカル思考、デザイン思考に続いて話題になっているアート思考は芸術家に近い思考法で、海外はもちろん日本の大企業でも取り入れている企業があります。 今回はそんなアート思考について詳しく解説していきます。

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中