「フェムテック(Fem-Tech)」とは

フェムテック(Fem-Tech)とは、女性(Female)とTechnologyを掛け合わせてできた用語で、女性が抱える健康課題をITで解決する新しいサービスやノウハウなどを意味します。ドイツの月経管理アプリ「クルー」の代表、アイダ・ティン氏が2012~13年頃、同社のサービスのビジネスを称するために造った言葉と言われています。

現在、フェムテックは女性の社会進出や晩婚化を背景に注目を浴び、市場調査やコンサルティングを行う米企業「フロスト・アンド・サリバン(調査レポート)」によると、2025年に世界で約5兆円の市場規模になるとも予測されています。

フェムテックには、生理日を記録するだけで分析や予測をしてくれるアプリや、骨盤底筋を鍛えるキット、また、オーガニック素材で作った生理用品をオンラインストアで販売するサービスなどが挙げられます。

フェムテック(Fem-Tech)が注目される背景について

フェムテックが注目される背景の一つには、女性にまつわる問題や課題を女性がオープンに語れるようになったこと。「#Me Too」運動などによって、女性が抱える問題が浮き彫りになったことなどが影響しているとされています。

また、生理現象などに関するテクノロジーが進歩したことも背景の一つ。例えば、これまで容易に数値化することができなかった身体的なデータについて、スマートフォンなどを活用し、女性が手軽に記録できるように。また、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)によって、研究機関などがリアルタイムにデータを蓄積したり解析したりできるようになりました。

フェムテック(Fem-Tech)が解決する課題

フェムテックがサポートする課題のトピックは、妊娠・不妊、月経、出産・子育てなど、多岐に渡ります。

妊娠・不妊
アプリ上で血圧や心拍数などの生理的な情報を記録し排卵日を手軽に確認したり、蓄積したデータを活用して自然な避妊対策を行ったり、また、望む時期での妊娠を可能にしたりします。高齢社会が進む日本では、高齢化に伴う妊娠・不妊の課題が浮き彫りになっており、フェムテックによる課題解決が期待されています。

月経・生理
女性が生理日を入力することで、生理周期を精緻に予測。アプリ提供元から、各時期で注意すべきさまざまな情報やアドバイスを女性がリアルタイムで受け取ることができるようになります。また、ナプキンなどの生理用品を定期的に受け取ることができるサブスクリプションサービスによって、女性のさまざまな負担を軽減します。

女性向けの健康情報サービス、ルナルナが実施したアンケート調査では、働く女性の8割以上が、生理痛やPMS(月経前症候群)による仕事への影響を感じていることが明らかに。また、バイエル薬品が日本人女性約2万人に実施した調査によると、これらによる労働力の低下がもたらす経済的損失は年間6828億円にも達するということです。

フェムテックによって生理・月経に関する多くの女性の課題が改善されれば、大きな経済効果をもたらすかもしれません。

出産・子育て
胎児の様子が、今まで以上に緻密にモニタリングできるようになると言われています。また、深部体温のモニタリングによって母体の体調を管理したり、アプリを活用して陣痛を家族に一斉通知したりするなど、出産に伴うさまざまな課題の解決を導きます。

また、乳児に関する悩みをオンラインで医師に相談することも可能に。子どもの体調に合わせた離乳食の提案をオンラインで受けるなど、子育てに関するサポートのオンライン化が期待されています。

フェムテック(Fem-Tech)を活用したサービスや提供企業

フェムテック(Fem-Tech)を活用したサービスや提供企業が拡大しています。ここでは、具体的なサービスの事例、企業を取り上げていきます。

「株式会社エムティーアイ(ルナルナ)」

フェムテックサービス、ルナルナを展開する株式会社エムティーアイは、フェムテックという言葉が誕生する以前から、生理日や排卵日の予測・管理ができるWebサービスを提供。フェムテックを索引する国内企業として、注目を浴びています。

2008年には、「新技術開発室」と呼ばれる専門の研究チームを作り、その後海外にAIラボ「MTI TECHNOLOGY Co.,Ltd.」を設立。フェムテックを取り巻くさまざまなデータの解析を進めています。

「ルナルナ メディコ」と呼ばれるサービスでは、ルナルナに記録した生理日や基礎体温などに関する体調の情報を、医師や患者が連携先の産婦人科や婦人科で閲覧・共有が可能に。また、治験サポートコースでは、治療内容やステップ、検査結果などに関する不妊治療のデータを、スマートフォン上で簡単に記録・閲覧することができるようになっています。

「Elvie(エルヴィー)」

2013年に設立された、英国企業の「Elvie(エルヴィー)」は、妊娠や出産を機に衰えやすいとされる骨盤底筋を鍛えるトレーニングデバイス「Elvie Trainer」などを展開しています。

小型のキットを膣内に挿入し、それらをアプリと連動させるなどして、女性の骨盤底筋を絞めるトレーニングをサポート。女性は、尿漏れや頻尿の原因にもつながる骨盤底筋の衰えを予防することが可能です。さらに、ハンズフリーで搾乳が可能なウェアラブル搾乳器「Elvie Pump」なども提供。

「Clue(クルー)」

クルーは、フェムテックという言葉を提唱したドイツ企業が展開する月経管理アプリです。次にやって来る生理の時期や、PMSの予測・分析を行うことができ、現在、1000万人超のユーザーを集めるなど、世界中で注目されています。

ユーザーは、生理の初日にアプリを開いて入力することで、システムが自動で生理周期を分析。また、妊娠しやすい時期について、アプリがユーザーに周知します。その他、さまざまな月経に関する情報をアプリ上で細かく管理することも可能です。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

フェムテックに関する理解は深まりましたでしょうか。女性にまつわる問題や課題が浮き彫りになる昨今、テクノロジーを活用した課題解決にさまざまな研究機関や企業が力を注いでいます。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。オウンドメディアやメールマガジンでは、お客様の悩みや課題の解決を導く、さまざまな情報を発信しています。

関連記事

ポイズンピルの意味や株価への影響 事例まで解説

上場企業にとって自社株式は証券取引所を通じて売買されるため、基本的にどのような個人や法人が株主になるかは選べません。 そのため、株主が自社にとって友好的かどうかはわからず、時として経営陣の意にそぐわない提案を受けたり、株式を多く買占め、買収を仕掛けられたりする場合もあります。 例えば昨今、SBIホールディングスの新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)が話題になっています。現時点(2021年10月時点)では、新生銀行はSBIホールディングスの買い付けに対し、「株主共同の利益に資さない」として、条件付きの反対をしており、敵対的TOBに発展しました。 結果、新生銀行は2021年11月に臨時株主総会を開催し、ポイズンピルと呼ばれる買収防衛策を審議することを計画しています。 本記事では、会社にとって意にそぐわない買収に対する防衛策としてのポイズンピルについて、その意味や、株価への影響、事例について説明します。

プル戦略、プッシュ戦略とは?ふたつの違いと使い分け方について解説

自社の商品やサービスは、市場調査からサプライチェーンを経て、市場に出てからは顧客に認知してもらい、最終的に購入してもらうまで多くのプロセスを踏みます。 そのなかで重要な戦略のひとつがプロモーションであり、中間業者や顧客へのアプローチが売上につながります。 「プッシュ戦略」と「プル戦略」はそのアプローチについての考え方です。 今回は、マーケティングにおける押し引き「プッシュ戦略」および「プル戦略」について、それぞれの違いや実施方法、使い分けが有効な場面などを解説します。

ハロー効果とは?心理効果でビジネスを有利に進める方法を解説

近年、顧客の声を聞いたうえで市場へアクションを起こす「マーケットイン」の考え方が主流となっています。 そのなかで顧客の心理を紐解くことは強力な武器となり、これを引き出すのに役立つのが心理学です。 それ以外にも、心理学はマネジメントや人材育成など幅広いビジネスの分野に応用でき、おさえておけば有利にものごとを進められる可能性があります。 今回は、人の印象や評価にかかわる「ハロー効果」と呼ばれる心理現象について、それを利用したビジネスにおける活用方法も交えて解説します。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

4

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中