工作機械受注に底打ち感

図表1
▲出所 日本工作機械工業会

11月の工作機械受注(速報)は前年比8%増の882億円と新型コロナ影響で落ち込んだ5月の512億円をボトムに回復基調にある。11月受注の内訳は、国内が同15%減の266億円、外需が同23%増の616億円。5月のボトム比では、国内が1.5倍、外需が約1.9倍、直近ピーク比では国内が35%、外需が57%と、外需が回復を牽引している。

外需の回復は、新型コロナの影響を早期収束させた中国の回復が早かったこと、自動車生産の回復で北米での受注が上向いてきたことなどによる。

今後の工作機械受注に関しては、回復基調が続くとの見方が多い。ただ、新型コロナの感染者増加が続いていることによる影響や米中貿易摩擦問題などが2021年の同受注動向の不透明要因だ。

EVシフトが加速 電気自動車の普及を加速させる政策のニュースが相次ぐ

teslaイメージ

電気自動車の普及が加速する可能性が強まってきた。従来、電気自動車にはコスト面やインフラ整備が問題視されていたが、バッテリーコストの低下、CO2削減を意識した国の政策によって、中国や欧州などで普及率が上昇している。

中国、欧州、北米では、概ね2030年以降に、ガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止するという政府の方針が相次いでいる。日本でも、菅政権が誕生して2030年代前半にはガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出した他、東京都も2030年に東京都での純ガソリン・ディーゼル車の販売をゼロとする方針を表明した。

こうした政策の後押しにより、電気自動車の世界的な普及は想定以上に早いペースで進む公算が強まってきた。

ガソリン車禁止が、工作機械受注に与える影響は? 

自動車業界でのEVシフトにより、電気自動車で不要となるエンジン、自動変速機に関わる投資は縮小していく公算が強い。工作機械の用途は、主に鉄やアルミニウムなどの金属の切削加工であり、エンジンや自動変速機の生産規模縮小は、工作機械業界にネガティブな影響を与えることになる。
また、自動車業界は、工作機械受注に占める構成比が3割強と高く、最大の顧客だ。

一方で、駆動用モータ、車載向け蓄電池、電動ブレーキ、インバータなどは、新たな自動車部品として電気自動車に搭載されることになり、その関連投資は増加することが予想される。

機械業界でもEV関連向けの受注が急拡大

図表2

▲出所 矢野経済研究所 

11月には、機械各社の上期決算が公表された。設備投資関連企業の収益は前年比で減収減益が相次いだ。その中で、EV関連向け機械設備の受注が急拡大していることが印象的であった。

日本製鋼所、芝浦機械は、リチウムイオン電池のセパレータフィルムを生産する機械を手掛ける世界大手である。両社ともに、7-9月期に入り、セパレータフィルム製造用の押出成形機の受注が回復している。

特に、芝浦機械(静岡県沼津市)は、中国のフィルムメーカーなどからの引き合いが活発で、仕事量としては2022年まで確保できており、生産能力増強も検討する必要がでてきている。
また、プレス機械大手のアイダエンジニアリング(相模原市)では、自動車メーカーの設備投資抑制の影響により、20年度上期の受注は前年比31%減と大きく落ち込んだ。

しかし、電気自動車の駆動用モータ向けは増勢を維持しており、自動車向けプレス機械に占める駆動用モータ向け構成比は19年度上期の21%から20年度上期37%へと大幅に上昇した。

EV普及は工作機械業界にはネガティブ要因

前述したように、EVシフトにより、電気自動車で不要となるエンジン、自動変速機に関わる投資は縮小していく公算が強い。電気自動車向け部品の関連投資は増加が見込まれるものの、部品点数は大きく減り、金属加工を主力としてきた工作機械業界にはネガティブ要因となりかねない。

工作機械業界でも、自動車依存度の高い企業は電気自動車関連向け製品への取り組みや、新たな事業領域の模索が必要となりそうだ。

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中