工作機械受注に底打ち感

図表1
▲出所 日本工作機械工業会

11月の工作機械受注(速報)は前年比8%増の882億円と新型コロナ影響で落ち込んだ5月の512億円をボトムに回復基調にある。11月受注の内訳は、国内が同15%減の266億円、外需が同23%増の616億円。5月のボトム比では、国内が1.5倍、外需が約1.9倍、直近ピーク比では国内が35%、外需が57%と、外需が回復を牽引している。

外需の回復は、新型コロナの影響を早期収束させた中国の回復が早かったこと、自動車生産の回復で北米での受注が上向いてきたことなどによる。

今後の工作機械受注に関しては、回復基調が続くとの見方が多い。ただ、新型コロナの感染者増加が続いていることによる影響や米中貿易摩擦問題などが2021年の同受注動向の不透明要因だ。

EVシフトが加速 電気自動車の普及を加速させる政策のニュースが相次ぐ

teslaイメージ

電気自動車の普及が加速する可能性が強まってきた。従来、電気自動車にはコスト面やインフラ整備が問題視されていたが、バッテリーコストの低下、CO2削減を意識した国の政策によって、中国や欧州などで普及率が上昇している。

中国、欧州、北米では、概ね2030年以降に、ガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止するという政府の方針が相次いでいる。日本でも、菅政権が誕生して2030年代前半にはガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出した他、東京都も2030年に東京都での純ガソリン・ディーゼル車の販売をゼロとする方針を表明した。

こうした政策の後押しにより、電気自動車の世界的な普及は想定以上に早いペースで進む公算が強まってきた。

ガソリン車禁止が、工作機械受注に与える影響は? 

自動車業界でのEVシフトにより、電気自動車で不要となるエンジン、自動変速機に関わる投資は縮小していく公算が強い。工作機械の用途は、主に鉄やアルミニウムなどの金属の切削加工であり、エンジンや自動変速機の生産規模縮小は、工作機械業界にネガティブな影響を与えることになる。
また、自動車業界は、工作機械受注に占める構成比が3割強と高く、最大の顧客だ。

一方で、駆動用モータ、車載向け蓄電池、電動ブレーキ、インバータなどは、新たな自動車部品として電気自動車に搭載されることになり、その関連投資は増加することが予想される。

機械業界でもEV関連向けの受注が急拡大

図表2

▲出所 矢野経済研究所 

11月には、機械各社の上期決算が公表された。設備投資関連企業の収益は前年比で減収減益が相次いだ。その中で、EV関連向け機械設備の受注が急拡大していることが印象的であった。

日本製鋼所、芝浦機械は、リチウムイオン電池のセパレータフィルムを生産する機械を手掛ける世界大手である。両社ともに、7-9月期に入り、セパレータフィルム製造用の押出成形機の受注が回復している。

特に、芝浦機械(静岡県沼津市)は、中国のフィルムメーカーなどからの引き合いが活発で、仕事量としては2022年まで確保できており、生産能力増強も検討する必要がでてきている。
また、プレス機械大手のアイダエンジニアリング(相模原市)では、自動車メーカーの設備投資抑制の影響により、20年度上期の受注は前年比31%減と大きく落ち込んだ。

しかし、電気自動車の駆動用モータ向けは増勢を維持しており、自動車向けプレス機械に占める駆動用モータ向け構成比は19年度上期の21%から20年度上期37%へと大幅に上昇した。

EV普及は工作機械業界にはネガティブ要因

前述したように、EVシフトにより、電気自動車で不要となるエンジン、自動変速機に関わる投資は縮小していく公算が強い。電気自動車向け部品の関連投資は増加が見込まれるものの、部品点数は大きく減り、金属加工を主力としてきた工作機械業界にはネガティブ要因となりかねない。

工作機械業界でも、自動車依存度の高い企業は電気自動車関連向け製品への取り組みや、新たな事業領域の模索が必要となりそうだ。

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中