費用対効果とは?意味を解説

「費用対効果が高い」とはかけた費用に対して、得られる効果が大きいことです。
商品開発やマーケティングの場面では多用されるので、ビジネスマンであれば知っておきましょう。

費用対効果の算出は、これから始めようとする事業や企画で利益が出るかを数値化して、成果の客観的な計測を可能にします。

そのため、社内におけるプレゼン機会や上司への提案の際に、費用対効果を意識するとスムーズです。

投資対効果との違い

投資対効果とは、投資に対してどの程度効果が出るかを検証する指標です。

一方、費用対効果は、かけた費用に対して得られる効果を検証します。

投資対効果は、費用対効果と比べ、かけるコストで得られる成果について、より長期的なスパンで捉えています。

例えば、企業が設備投資をして新製品を開発する場合は、リターンとしての効果はすぐには出ません。
設備の完成までに時間を要し、新製品の発売後も順調な売上が継続するか、短期間ではわからないためです。

費用対効果は短期的な成果を、投資対効果は長期的な成果を計る指標として、場面に応じた使い分けの意識が重要です。

費用対効果を使う場面

企業が利益を獲得するためには、ほとんどのケースで費用がかかります。

費用対効果は、ビジネスの場面で費用をかける理由を説明する重要な指標です。

  • 認知度向上のための広告出稿
  • 給与計算をするための会計システム導入
  • 類似した企画や案の比較

費用をかける理由や目的を数値化し明確にすると、企画や複数案の比較検討にも役立ちます。

費用対効果の計算方法

費用対効果の導出方法は、以下の通りです。100%を基準に、算出される数値が大きいほど、収益性が高く好ましいと判断されます。

(売上-費用)÷費用×100

算出された数値が100%未満になる場合は、利益<費用の赤字状態に陥ると考えられるため、企業は回避しなければなりません。 費用対効果の計算方法とROI(Return on Investment)について、詳しく解説します。

費用対効果の計算方法

費用対効果の計算に重要になるのが、「費用」と「効果」の定義付けです。

どこまでを「費用」とするのか、どこまでを「効果」とするのか、定義付けの有無により費用対効果の数値が変わります。

例えば、人件費や、利益が生まれるまでの時間の加味などです。

費用が大きくなるほど、費用対効果の数値は小さくなっていきます。

何をどこまで費用として計上するかは、社内での共有が必要です。

ROIの計算方法

費用対効果を表す指標を、英語の頭文字を取ってROI(Return on Investment)と言います。

ROIは、ビジネスシーンにおいて「費用対効果」と「投資対効果」どちらの意味でも使われます。
したがって、ROIの計算方法は(売上-費用)÷費用×100になります。

費用対効果と投資対効果の違いは「期間」です。
しかし、ROIの場合は同義で使用するため、費用対効果なのか投資対効果なのか、区別して用います。

また、ROIで算出した数値が100%未満であっても、直ちに悲観する必要はありません。

なぜなら、ROIは計算した時点での費用対効果、もしくは投資対効果を算出する指標だからです。

短期的な「費用」ではなく「投資」の場合、利益が出るまでに時間がかかるケースもあります。

ROIを短期的に判断すると、長期的なチャンスを逃すかもしれません。

ROIの数値は、費用対効果を高めるための参考と捉えると良いでしょう。

費用対効果の重要性

営利企業である限り、利益を出さなければ会社は存続しません。
費用対効果は、当該事業や企画が、費用を注ぎ込むべきなのかを判断する指標です。

費用対効果の導出で、規模の異なる事業の比較が容易になります。

管理職や経営に携わるポジションでは、部署全体の収益や会社単位での数値把握が求められます。

費用対効果の意味や計算方法の理解は、キャリアアップの視点からも重要です。

しかし、費用対効果が100%を下回ったり、想定されるような効果が出なかったりする場合は、どのような対策を講じれば良いでしょうか。

費用対効果の見直しで利益改善ができる

費用対効果を高める方法は、以下2点と考えられます。

  1. 売上を伸ばす
  2. 費用を抑える

例えば、100万円の費用で展示会に出展して売上が200万円だった場合、費用対効果は100%です。

売上を300万円まで上げれば、費用対効果は200%です。

費用を50万円に抑えれば、費用対効果は300%です。

売上を300万円まで上げて費用を50万円に抑えれば、費用対効果は500%です。

費用対効果の算出方法は、「売上」と「費用」のみで構成されています。
売上の向上、費用の削減、もしくは2つの方法のかけ合わせで、利益の改善が見込めます。

費用対効果を計算して、リスクヘッジができる

事業や企画を実行するかどうかの判断材料に費用対効果を用いれば、起こりうる失敗や損失の予測ができます。

例えば、新たな事業の検討案として、A案・B案・C案があるとします。

  • A案は最も費用は安いが売上予測も高くない
  • B案は最も費用は高いが売上予測がとても高い
  • C案は費用・売上どれをとっても無難な数値

仮に費用対効果が全て100%を超えていたとしても、起こりうる失敗の影響はそれぞれ違います。

費用対効果の算出により、起こりうる失敗による損失を客観的に捉え、リスクヘッジが可能になります。

費用対効果はビジネスマンに求められる意識

企業は、利益が効率的で大きければ大きいほど、成長していきます。
費用対効果は、いかに効率的に利益を生み出せるか判断できる指標です。

企画会議や社内プレゼンの際に、費用対効果を数値化して客観的に分析できれば、より良いプレゼンテーションになることは間違いありません。
費用対効果の算出により、社員間での利益と費用の想定額の共有も可能です。

費用対効果は、全てのビジネスマンが使いこなすべき指標の1つといえます。

費用対効果でビジネスを定量的に理解しよう

費用対効果はビジネスを定量的に捉えて、企業の存続に欠かせない利益をいかに効率的に生み出せるかを判断する指標です。
また、日常的な業務でも、費用対効果の検討は重要です。

「費用」の削減は可能か?
どうすれば「売上」を伸ばせるか?

効率的な利益を生むために、様々な側面から費用対効果を高める方法を模索・検討・試行することが大切です。

Frontier Eyes Onlineでは、「費用対効果」以外にもビジネスで役立つ様々な情報を発信しています。

関連記事

村上春樹さんから経営を学ぶ⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」

オリンピックが始まります。かつて日本のお家芸だった男子マラソンでは、アフリカ勢に押され、栄光は過去のものになりました。さて、経済では日本の台頭に苦しんだ米国は、正面から争うのではなく「競争の場」を変えることで復活しました。今度は日本がそれをやる番です。それでは今月の文章です。

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

ランキング記事

1

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

2

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

3

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

4

白酒偏重、中国の酒造業を分析 「貴州茅台酒」時価総額トヨタ超え

中国の酒造業界で、蒸留酒「白酒」(báijiǔ)の割合が増加している。「貴州茅台酒」(Moutai,貴州省)のように、時価総額でトヨタ自動車を上回る企業も現れた。宴席の減少、健康志向、高齢化社会に向かう中でも、どうして拡大傾向を見せているのか。中国の酒造業の現状について考察する。

5

横浜市のIR(統合型リゾート)事業者有力候補 ゲンティン(Genting Singapore)とは

横浜市における統合型リゾート(IR)の事業者の選定が大詰めを迎えている。2021年6月11日に締め切った公募では、ゲンティン(Genting Singapore)とマカオでカジノを運営するメルコ(本社は香港)を中心にした2グループが応募したとみられる。この記事では最有力と目されるゲンティンを通じ、IRの方向性や他企業の参入機会を探る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中