株価低迷の旧来型産業、伸びる「IT」

時価総額

既に少し古いが5月1日に公表された東京商工リサーチ「第4回新型コロナウイルスに関するアンケート」によれば(4月23~28日までに回答があった1万2717社の速報値)、コロナウイルス問題は既に77%の企業活動に影響を与え、さらに22%の企業が今後影響を受ける、としている。業種別では一次産業(農林水鉱業)で影響なしが全体の13%と比較的高いものの、それ以外は0-2%が影響なし、逆に言えば98-100%が影響を受ける、としている。既にインパクトはリーマンショックを上回ると言われ、流通・観光・レジャー関連はもとより、今後建設・不動産や、日本に基幹産業である自動車へ大きな影響を与えていくだろう。

コロナ影響がどの程度企業別のファンダメンタルズに影響を与えるのかが見えない中、日経平均株価は3月19日に16553円まで年初来で31%下落した後、5/15現在で21%程度リバウンド。年初来では16%低いものの、大幅に下落した印象は薄くなった。NYダウは同様に35%下落した後、27%リバウンドと、日経平均と近い動き。
一方、注目すべきはNASDAQ指数の動きだ。NASDAQ指数は、年初来3月23日まで24%下落した後、現時点で31%リバウンドし、年初来の水準を上回る。「コロナショックはどこ?」という印象である。

NASDAQ指数を構成する企業は、一部の例外を除き基本成長性の高いハイテク企業が中心である。有名なGAFAをはじめ、Microsoft・Intel・Netflixなど大半の米国グローバルハイテク系はNASDAQ上場。これらの企業のうち多くは、リーマンショック後の新しい技術をB2B/B2Cユーザーニーズに合致させ、成長を遂げてきた。

webkaigi
コロナ問題による様々な規制・自粛は、ネットワークを使用したB2B/B2Cでのニーズを再確認させ、使用せざるを得ないこ環境となったことで使用時の違和感をなくし、需要を加速度的に拡大させている印象がある。また新たな需要は、既存の普及したハードウエアである程度実現が可能であることも認識され、付加価値はコンテンツ・サービスへ移行していると思われる。

大手5社中、3社が大幅増益

Wall street sign in New York with American flags and New York Stock Exchange background.
日本より一足早く発表された米国大手NASDAQ企業5社(時価総額合計US$5.4兆、日本の2018年GDPはUS$約5兆)の2020年1-3月営業利益を見ると、時価総額順にMicrosoftがUS$130億(YoY25%増)、AppleがUS$134億(同▲4%減)、AmazonがUS$40億(同▲10%減)、GoogleがUS$80億(同21%増)、FacebookがUS$59億(同78%増)、と大手5社中3社が大幅増益。
Amazonは、基幹のクラウド事業AWSが33%増収・38%増益ながら、EC等の減益が影響。好調なMSはAzureが59%増と全体を大きく牽引している。他にコンテンツ・サービスのNetflixやゲーム大手ATVI(Activision Blizzard)なども事前想定に対し好調な決算を発表している。

gaming

ネットワーク化・デジタル化の波は、リーマンショック後の企業/個人の行動様式に大きな変革をもたらした。その波は、コロナショックによって、今後加速度をもって急速に進む可能性が高い。リーマンショック以降の2010年代半ばまでは、スマートフォンの国際的普及による成長と、それに伴うビジネスモデル変革が主体だったが、既にスマートフォンを含む各種スマートデバイスは普及が一定規模に達しており、成長余地に限界も見える。

一方、普及したスマートデバイスを用い、B2B/B2Cにおいてコンテンツ・サービスには、依然成長余地が高いものと考える。
上記5社で比較すると、最もPER(株価収益率)が高いのがAmazonで低いのがAppleとなっており、成長期待の異なりがバリュエーションにも反映されている。

まとめ

日本では、コロナ後の新しい時代に想定される環境下で、新たな成長によりGDPや雇用を支えることが期待できる産業分野や企業は、現時点で見つかっていない。このままだとリーマンショック後と同様、米国IT大手に加え、十分な力を蓄えた中国IT大手に、再び成長ポテンシャルを奪われてしまう懸念が強い。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中