株価低迷の旧来型産業、伸びる「IT」

時価総額

既に少し古いが5月1日に公表された東京商工リサーチ「第4回新型コロナウイルスに関するアンケート」によれば(4月23~28日までに回答があった1万2717社の速報値)、コロナウイルス問題は既に77%の企業活動に影響を与え、さらに22%の企業が今後影響を受ける、としている。業種別では一次産業(農林水鉱業)で影響なしが全体の13%と比較的高いものの、それ以外は0-2%が影響なし、逆に言えば98-100%が影響を受ける、としている。既にインパクトはリーマンショックを上回ると言われ、流通・観光・レジャー関連はもとより、今後建設・不動産や、日本に基幹産業である自動車へ大きな影響を与えていくだろう。

コロナ影響がどの程度企業別のファンダメンタルズに影響を与えるのかが見えない中、日経平均株価は3月19日に16553円まで年初来で31%下落した後、5/15現在で21%程度リバウンド。年初来では16%低いものの、大幅に下落した印象は薄くなった。NYダウは同様に35%下落した後、27%リバウンドと、日経平均と近い動き。
一方、注目すべきはNASDAQ指数の動きだ。NASDAQ指数は、年初来3月23日まで24%下落した後、現時点で31%リバウンドし、年初来の水準を上回る。「コロナショックはどこ?」という印象である。

NASDAQ指数を構成する企業は、一部の例外を除き基本成長性の高いハイテク企業が中心である。有名なGAFAをはじめ、Microsoft・Intel・Netflixなど大半の米国グローバルハイテク系はNASDAQ上場。これらの企業のうち多くは、リーマンショック後の新しい技術をB2B/B2Cユーザーニーズに合致させ、成長を遂げてきた。

webkaigi
コロナ問題による様々な規制・自粛は、ネットワークを使用したB2B/B2Cでのニーズを再確認させ、使用せざるを得ないこ環境となったことで使用時の違和感をなくし、需要を加速度的に拡大させている印象がある。また新たな需要は、既存の普及したハードウエアである程度実現が可能であることも認識され、付加価値はコンテンツ・サービスへ移行していると思われる。

大手5社中、3社が大幅増益

Wall street sign in New York with American flags and New York Stock Exchange background.
日本より一足早く発表された米国大手NASDAQ企業5社(時価総額合計US$5.4兆、日本の2018年GDPはUS$約5兆)の2020年1-3月営業利益を見ると、時価総額順にMicrosoftがUS$130億(YoY25%増)、AppleがUS$134億(同▲4%減)、AmazonがUS$40億(同▲10%減)、GoogleがUS$80億(同21%増)、FacebookがUS$59億(同78%増)、と大手5社中3社が大幅増益。
Amazonは、基幹のクラウド事業AWSが33%増収・38%増益ながら、EC等の減益が影響。好調なMSはAzureが59%増と全体を大きく牽引している。他にコンテンツ・サービスのNetflixやゲーム大手ATVI(Activision Blizzard)なども事前想定に対し好調な決算を発表している。

gaming

ネットワーク化・デジタル化の波は、リーマンショック後の企業/個人の行動様式に大きな変革をもたらした。その波は、コロナショックによって、今後加速度をもって急速に進む可能性が高い。リーマンショック以降の2010年代半ばまでは、スマートフォンの国際的普及による成長と、それに伴うビジネスモデル変革が主体だったが、既にスマートフォンを含む各種スマートデバイスは普及が一定規模に達しており、成長余地に限界も見える。

一方、普及したスマートデバイスを用い、B2B/B2Cにおいてコンテンツ・サービスには、依然成長余地が高いものと考える。
上記5社で比較すると、最もPER(株価収益率)が高いのがAmazonで低いのがAppleとなっており、成長期待の異なりがバリュエーションにも反映されている。

まとめ

日本では、コロナ後の新しい時代に想定される環境下で、新たな成長によりGDPや雇用を支えることが期待できる産業分野や企業は、現時点で見つかっていない。このままだとリーマンショック後と同様、米国IT大手に加え、十分な力を蓄えた中国IT大手に、再び成長ポテンシャルを奪われてしまう懸念が強い。

関連記事

「ニューノーマル」下でのASEANクロスボーダーM&Aのすすめ

コロナや新しい疫病の感染リスクは常に人類に付きまとう身近な存在となった。リスクを前提とした新たな経済活動「ニューノーマル」下において、当社(フロンティア・マネジメント)のようなM&A支援サービス業務に対する要望・期待にも変化が起こっている。この記事では、特にクロスボーダーM&Aに関して考察したい。

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

電子政府「エストニア」から学ぶ日本のデジタル化

「デジタル手続法」が2019年5月に成立し、同年12月に施行されました。この法案は「行政手続のオンライン化や添付書面等の撤廃等を実現する」ために、情報システムを整備することが目的です。 日本の行政は、「紙文化」や手続きの煩雑さなど、様々な課題があります。それらの課題を解決するための参考となるのが北欧のエストニア共和国です。 エストニアでは、全国民が電子身分証明書を所有し、世界初となる国政選挙のオンライン投票「(i-Voting)」や、電子国民制度「e-Residency」の構築・導入など、「e-Estonia」といわれる電子政府化への取り組みを進めています。 本記事では、エストニアの電子政府としての特徴から、そのような国家を構成している背景や国民にもたらしている恩恵などについて解説します。

ランキング記事

1

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~

弊社のネットメディア立ち上げにあたり、できれば面白いことを書きたいと考えました。筆者の出自はハイテク産業の調査であり、ハイテク産業に関するあれこれを書くことが期待されていることでしょう。ただ、それではつまらない。なにせ私の著作の一つは『経営危機には給料を増やす ~ 世界一位企業をつくった天邪鬼経営』(日本経済新聞出版)。もちろん、時にはハイテクさんに関することも書くとして、変わった切り口で経営を議論していきたいと考えました。

3

ドローン宅配のメリット&課題を解説!物流に革命を起こすのはAmazonか?楽天か?

かねてから物流業界は、ドライバー不足や再配達の増加が課題とされていました。そこに、新型コロナウイルスの影響で宅配需要が急増し、物流業界はいまだかつてない窮地に陥っています。そんな物流業界の救世主として期待を一身に集めているのが「ドローン宅配」です。 今回は「空に革命を起こす」と言われるドローン宅配について、メリットや懸念点などを中心に解説していきましょう。

4

「PCR」で読み解くポストコロナのサービス業

「つながりたい」「つながりたくない」。ポストコロナの消費者は、矛盾する2つの欲求を抱える。サービス業は両立できないニーズにどう応えるのか。「PCR」(Place/Point,Content,Remote)をキーワードに読み解いた。

5

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

人気のキーワード