キチン・サイクル(キチンの波)とは

キチン・サイクルとは、短期的に変動・循環する景気波動のこと。資本主義経済にみられ、約40カ月の周期を持つことが特徴です。企業の短期的な生産計画と、消費者の短期的な購買計画との関係によって起こり、企業が抱える在庫品の変動が主な原因とされています。

キチン・サイクルは、米国の経済学者、ジョセフ・A・キチンにより1923年に明らかにされ、ヨーゼフ・シュンペーターの『景気循環論』によって、「キチン循環(キチンの波)」と名づけられました。また、景気循環の一形態であるジュグラー・サイクルなどと比べ比較的周期が短いことから、「短期循環」や「小循環」、「在庫循環(インベントリー・サイクル)」などとも呼ばれています。

そもそも景気循環って?

景気循環とは、(資本主義経済で)経済活動が拡張する「好況」と、収縮する「不況」が交互に発生する周期的な変動のこと。また、「好況」「後退」「不況」「回復」4つの局面が順番に繰り返し現れる、循環的な経済の動きを意味します。

好況の最頂点は「景気の山」、不況の最低点は「景気の谷」と呼ばれ、経済学では、景気の谷から次の景気の谷までを1つの周期として捉えます。また、”好況から後退”、”後退から不況”、”不況から回復”、”回復から好況”の過程それぞれを「景気の調整局面」と呼んでいます。

キチン・サイクルのメカニズム

キチン・サイクルを理解する上で欠かせないのが、企業家による在庫への投資です。一般的に企業家は、在庫残高が”自社が適正と考える在庫残高の水準”を下回ると在庫の数を増やし、下回ると在庫の数を減らします。こうした在庫投資の増減は、関連企業などを巻き込む形で行われるため、経済全体の拡大・収縮につながるということです。

ここで、スーパーマーケットや百貨店などの小売店を例に挙げて考えましょう。商品が売れる好況期では、販売元は大量に商品を仕入れ、品切れが発生しないよう在庫として商品を大量に保管します。しかし、景気が後退し販売状況が悪くなると、商品の仕入れを減らし、在庫の数を調整します。

基本的に、販売元が仕入れの数を増加させると商品の製造元であるメーカーの売上は増え、仕入れの数を減少させるとメーカーの売上は下がります。同時に、メーカーの売上が上がれば製造元で働く労働者の賃金は向上し、売上が下がれば賃金は低下します。

販売や製造、物流業者などに関する労働者賃金の向上・低下は、企業の需要と供給に大きな影響を与え、経済に大きな波を生み出します。つまり、キチン・サイクルが在庫循環とも呼ばれるのは、このように在庫の変動が景気の循環に大きく関わっているためということです。

景気循環を語る上で欠かせない4つの波

景気循環の基本の基として、しばしば取り挙げられるキチン・サイクル。しかし、景気循環を深く知るには、その他3種類の波について理解しなければなりません。従ってここからは、キチン・サイクルを除く、ジュグラー・クズネッツ・コンドラチェフのサイクルに関して、詳しく解説していきます。

ジュグラー・サイクル

ジュグラー・サイクル(ジュグラーの波)とは、中期的に変動・循環する景気波動を意味します。「主循環」や「ジュグラー循環」、「中期波動」などと呼称され、平均9~10年間の周期で循環するのが特徴。景気循環の周期的な反復現象を初めて実証した仏の経済学者、クレマン・ジュグラーによって提唱され、現在も経済学のさまざまなシーンでその理論が用いられています。

ジュグラー・サイクルを理解する上で重要となるのが、起業家による設備投資の変動です。企業が生産設備を増設したりシステムを更新したりする時期になると、設備の開発・提供を手掛けるメーカーの売上が一定期間増加。結果として、そこで働く労働者の賃金が上昇します。

もちろん、企業による設備投資が落ち着くと、売上が減少し労働者の賃金が下がることになります。この様に、景気変動の波が設備投資に起因することから、ジュグラー・サイクルは、「設備投資循環」とも呼ばれます。

9~10年のスパンで景気循環のサイクルが集結する理由は、設備の耐用年数や更新時期などが10年程度であること。従ってキチン・サイクルと比較し、周期が長くなっています。

クズネッツ・サイクル

クズネッツ・サイクル(クズネッツの波)とは、住宅や工場などの建築需要を軸にして、変動・循環する景気波動を意味します。キチン・ジュグラーの波と比較し、周期が20年と長いのが特徴。これは、約20年のスパンで各種建築物の建て替えが発生するためといいます。

米国では、上記の様に建築の需要や投資をベースに景気循環が発生すると考えられていますが、一部の国では、国際収支や輸出といった要素が起因しているとの考えや傾向がみられるということです。

クズネッツ・サイクルは、ソ連で誕生した米国の経済学者、サイモン・クズネッツによって提唱され、別名「建築循環」や「クズネッツ循環」などとも呼ばれています。

コンドラチェフ・サイクル

コンドラチェフ・サイクル(コンドラチェフの波)とは、技術革新によって発生する、長期周期の景気循環(景気波動)を意味します。その周期は、景気循環の4つのサイクルうち最も長く、約50年に上るとされています。旧ソ連の経済学者、コンドラチェフによって提唱され、「長期波動」や「大循環」などと呼ばれています。

コンドラチェフの波を発生させる技術革新には、蒸気機関や鉄道、自動車、原子力、航空力学、各種デジタル技術など、産業の歴史を大きく動かす技術が挙げられます。しかし、これと同時に、政治や外交、戦争(軍事)、またそれに伴う国際秩序の変更などを含むものと考える説も有力視されているようです。

最新の景気循環を巡る議論では、デジタルやバイオ技術がけん引するといった予測に加え、人工知能やロボットが第5波を引き起こすとの予測など、さまざまな学説が提唱されているといいます。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

キチン・サイクルや景気循環に関する理解は深まりましたでしょうか。フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ビジネスの成功に必要となるノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

ハイブリッドクラウドを導入するメリット・デメリットや活用事例を紹介

現在多くの企業は、業務効率化や生産性向上のため、IT化によって自社のサーバーやデータを管理する必要があります。 従来は企業内だけで通信するネットワーク内にサーバーを設置し、データを管理するオンプレミス(自社運用型)が主流でしたが、近年はクラウド環境の導入が進んでいます。 クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、誰でもアクセスできるインターネット経由でサービスを利用できる技術です。 さらにクラウド技術の活用が進むにつれ、最近では「ハイブリッドクラウド」という運用スタイルが広がっています。このスタイルには一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、ハイブリッドクラウドについての基礎知識やメリット・デメリット、ハイブリッドクラウドを活用した事例などを解説します。

実店舗が取り組みたい、位置情報を活用したマーケティングとは?

「緊急事態宣言で渋谷で7割減、梅田で8割減」――コロナ禍の外出制限下で、スマホの位置情報によって人の移動を計測したニュースを目にした方は多かったでしょう。スマホの位置情報は、現在位置の確認のだけではありません。災害への対応や道路の渋滞緩和など様々な分野で利活用が進んでおり、ビジネスにおいては特に実店舗のマーケティングにおいて大きな注目を集めています。今回は「位置情報マーケティング」について解説していきます。

スピンオフとスピンアウトの違いとは?国内外の事例や税制についても解説

近年、複数の市場に挑戦する多角化企業が事業を分離し、企業価値の向上のためにそれぞれの事業に集中特化した経営戦略を採用する事例が目立ちます。 こうした事業フォーカスを強化するための事業展開に、「スピンオフ」や「スピンアウト」と呼ばれる手法があります。 それぞれどのような共通点や違いがあり、どのようなメリットがあるのでしょうか?本稿では、国内外の事例や税制の観点も交えてご紹介します。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

3

「7+1」のキーワードから読み解く 2021年のM&A展望

「今年は厳しかった」 この時期のM&A業界に携わる人々の一年の感想である。しかし、振り返ってみると日本企業によるM&Aは緊急事態宣言期間中こそ手探りであったが、6月以降は活況であったとみていい。

4

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

5

事業承継M&A オーナー経営者に配慮すべき4つの視点

事業承継M&Aを進める際に最も大切なのは、売り手側のオーナー経営者との向き合い方だ。多くの場合、オーナー経営者は大株主であり、資産家であり、地域の名士でもある。個人と会社の資産が一体となっている場合も多く、経済合理性だけでは話が進まない場合も多い。M&A交渉においてオーナー経営者と向き合う際の留意点を4つの視点からまとめてみた。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中