代表取締役 大西 正一郎

当社(フロンティア・マネジメント)は昨年9月7日、東京証券取引所市場第一部に指定替えを果たすことができました。これも日頃皆様よりご愛顧いただいた賜物であり、心より御礼を申し上げます。
 
さて、昨年はコロナに始まり、コロナに終わった年でありましたが、今年は、ワクチン等の浸透も期待されるため、コロナからの脱却を目指す年になるものと思われます。コロナによって昨年大きく変化したのは、DXの言葉に代表されるWEBやデジタルの世界です。WEBを活用したコミュニケーション手段、ECや宅配等及びWEBセミナーの浸透、そして紙を使用しないオンライン稟議や電子署名の浸透など、コロナ対策目的に加え、企業の効率化、コスト削減そしてマーケティング等を目的としたDXは、今年は更に進化して企業業務に定着するものと思われます。

もう一つの動きとして、パリ協定から始まった脱炭素化の動きは、米国の新政権の方針とも相俟って、世界中で加速度的に進展するものと思われます。再生可能エネルギー、電気自動車や燃料電池車、そして企業及び家庭での電化の浸透等の流れは、大きなうねりとなって各企業のビジネスに影響を与えていく事は必至です。

当社は、顧客の皆様のニーズに究極的に沿うサービスを提供する会社を標榜しており、これまでのサービス内容をブラッシュアップするとともに、上記の新しいニーズに応えられるよう、サービスラインの拡充を果たしていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

代表取締役 松岡真宏

謹賀新年。
今年は丑年ですが、馬の話から始めます。

西部劇などでネイティブ・アメリカンは颯爽と馬にまたがって現れます。彼らが先史時代から馬を巧みに操っていたと、我々は誤解しています。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史』によれば、アメリカ大陸には馬は元来いませんでした。大航海時代に欧州からの移民が馬をアメリカ大陸に輸入し、乗馬術とともにネイティブ・アメリカンに馬が広がったのです。

正月に家族で楽しむトランプ。ヨーロッパ独自の文化と考えがちですが、起源は中国にあります。その後、イスラムのマムルーク朝に伝わり、16世紀に入ってフランスで現在のようなトランプの原型となったといわれています(諸説あり)。

人間の営みや文化は、国境を超えることで世界中の生活様式に影響を与えてきました。そして、それらの変化を受け入れ、楽しみ、ポジティブに捉える人達こそが、人類史を作ってきたのです。

ヨハン・ホイジンガ氏は、人間活動や文化の根源には遊びが存すると、著書『ホモ・ルーデンス』で分析しました。遊びを楽しむ行為の殲滅は近代社会を滅ぼすとも主張しています。

制限を強いられる生活様式が昨年から続いています。これも一つの変化です。今年は、我々がこれをポジティブに捉える年にしていきたいと思います。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中