代表取締役 大西 正一郎

当社(フロンティア・マネジメント)は昨年9月7日、東京証券取引所市場第一部に指定替えを果たすことができました。これも日頃皆様よりご愛顧いただいた賜物であり、心より御礼を申し上げます。
 
さて、昨年はコロナに始まり、コロナに終わった年でありましたが、今年は、ワクチン等の浸透も期待されるため、コロナからの脱却を目指す年になるものと思われます。コロナによって昨年大きく変化したのは、DXの言葉に代表されるWEBやデジタルの世界です。WEBを活用したコミュニケーション手段、ECや宅配等及びWEBセミナーの浸透、そして紙を使用しないオンライン稟議や電子署名の浸透など、コロナ対策目的に加え、企業の効率化、コスト削減そしてマーケティング等を目的としたDXは、今年は更に進化して企業業務に定着するものと思われます。

もう一つの動きとして、パリ協定から始まった脱炭素化の動きは、米国の新政権の方針とも相俟って、世界中で加速度的に進展するものと思われます。再生可能エネルギー、電気自動車や燃料電池車、そして企業及び家庭での電化の浸透等の流れは、大きなうねりとなって各企業のビジネスに影響を与えていく事は必至です。

当社は、顧客の皆様のニーズに究極的に沿うサービスを提供する会社を標榜しており、これまでのサービス内容をブラッシュアップするとともに、上記の新しいニーズに応えられるよう、サービスラインの拡充を果たしていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

代表取締役 松岡真宏

謹賀新年。
今年は丑年ですが、馬の話から始めます。

西部劇などでネイティブ・アメリカンは颯爽と馬にまたがって現れます。彼らが先史時代から馬を巧みに操っていたと、我々は誤解しています。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史』によれば、アメリカ大陸には馬は元来いませんでした。大航海時代に欧州からの移民が馬をアメリカ大陸に輸入し、乗馬術とともにネイティブ・アメリカンに馬が広がったのです。

正月に家族で楽しむトランプ。ヨーロッパ独自の文化と考えがちですが、起源は中国にあります。その後、イスラムのマムルーク朝に伝わり、16世紀に入ってフランスで現在のようなトランプの原型となったといわれています(諸説あり)。

人間の営みや文化は、国境を超えることで世界中の生活様式に影響を与えてきました。そして、それらの変化を受け入れ、楽しみ、ポジティブに捉える人達こそが、人類史を作ってきたのです。

ヨハン・ホイジンガ氏は、人間活動や文化の根源には遊びが存すると、著書『ホモ・ルーデンス』で分析しました。遊びを楽しむ行為の殲滅は近代社会を滅ぼすとも主張しています。

制限を強いられる生活様式が昨年から続いています。これも一つの変化です。今年は、我々がこれをポジティブに捉える年にしていきたいと思います。

関連記事

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊦日本的経営の行き詰まり

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。後半では、武士道精神をはじめとする日本人の気質とCGCの浸透について論じるとともに、日本企業に求められる企業風土改革について言及する。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。しかし、CGCが形式的に完備されている上場会社においても、製品不正や様々なコンプライアンス違反の不祥事が後を絶たない。この記事では、CGCの限界と日本の武士道精神に焦点を当てて論じるものである。

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中