代表取締役 大西 正一郎

当社(フロンティア・マネジメント)は昨年9月7日、東京証券取引所市場第一部に指定替えを果たすことができました。これも日頃皆様よりご愛顧いただいた賜物であり、心より御礼を申し上げます。
 
さて、昨年はコロナに始まり、コロナに終わった年でありましたが、今年は、ワクチン等の浸透も期待されるため、コロナからの脱却を目指す年になるものと思われます。コロナによって昨年大きく変化したのは、DXの言葉に代表されるWEBやデジタルの世界です。WEBを活用したコミュニケーション手段、ECや宅配等及びWEBセミナーの浸透、そして紙を使用しないオンライン稟議や電子署名の浸透など、コロナ対策目的に加え、企業の効率化、コスト削減そしてマーケティング等を目的としたDXは、今年は更に進化して企業業務に定着するものと思われます。

もう一つの動きとして、パリ協定から始まった脱炭素化の動きは、米国の新政権の方針とも相俟って、世界中で加速度的に進展するものと思われます。再生可能エネルギー、電気自動車や燃料電池車、そして企業及び家庭での電化の浸透等の流れは、大きなうねりとなって各企業のビジネスに影響を与えていく事は必至です。

当社は、顧客の皆様のニーズに究極的に沿うサービスを提供する会社を標榜しており、これまでのサービス内容をブラッシュアップするとともに、上記の新しいニーズに応えられるよう、サービスラインの拡充を果たしていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

代表取締役 松岡真宏

謹賀新年。
今年は丑年ですが、馬の話から始めます。

西部劇などでネイティブ・アメリカンは颯爽と馬にまたがって現れます。彼らが先史時代から馬を巧みに操っていたと、我々は誤解しています。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史』によれば、アメリカ大陸には馬は元来いませんでした。大航海時代に欧州からの移民が馬をアメリカ大陸に輸入し、乗馬術とともにネイティブ・アメリカンに馬が広がったのです。

正月に家族で楽しむトランプ。ヨーロッパ独自の文化と考えがちですが、起源は中国にあります。その後、イスラムのマムルーク朝に伝わり、16世紀に入ってフランスで現在のようなトランプの原型となったといわれています(諸説あり)。

人間の営みや文化は、国境を超えることで世界中の生活様式に影響を与えてきました。そして、それらの変化を受け入れ、楽しみ、ポジティブに捉える人達こそが、人類史を作ってきたのです。

ヨハン・ホイジンガ氏は、人間活動や文化の根源には遊びが存すると、著書『ホモ・ルーデンス』で分析しました。遊びを楽しむ行為の殲滅は近代社会を滅ぼすとも主張しています。

制限を強いられる生活様式が昨年から続いています。これも一つの変化です。今年は、我々がこれをポジティブに捉える年にしていきたいと思います。

関連記事

「村上春樹さんから学ぶ経営」シリーズ

弊社執行役員・村田 朋博が連載する「村上春樹から学ぶ経営」シリーズ。2001年に「第14回日経アナリストランキング1位(半導体、電子部品)」となった村田が世の中の経営に対して、独自の切り口で議論する。

鉄スクラップ考②小資源国日本の貴重な資源

日本は言わずと知れた小資源国である。石炭や石油などの化石燃料をはじめ、多くの資源を輸入に依存している。しかし、その中で、豊富な蓄積量を誇る数少ない資源がある。それが、鉄スクラップである。前回の特集では、鉄スクラップが景気の先行指標として有用であることを述べたが、シリーズ第二弾の今回は、日本の鉄スクラップの市場動向についてみていきたい。

哲学とビジネス➀ (ジョン・スチュアート・ミルから学ぶこと)

哲学と聞くと、難しい学問のイメージがあり、実社会とは切り離された存在に感じられる。しかし、哲学は、物事の「本質」を洞察しながら、世の中の問題を解き明かすための「考え方」を見出す営みなので、実社会のビジネス上の課題解決にも役立つ学問のはずだ。今回は、イギリスの著名な哲学者であるジョン・スチュアート・ミルの考えをご紹介しながら、ビジネス界のテーマの本質を考えてみる。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

鉄道会社が進む道 100年続くモデルからの脱却

鉄道会社にとって、コロナの感染拡大により、「移動機会の減少」というリスクが一気に顕在化した。鉄道各社は、小林一三(阪急電鉄創業者)が確立した都市部での大量輸送と沿線開発を前提とするビジネスモデルを、早急に進化させる必要性が高まっている。

4

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

5

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中