ユニコーン企業3社のトップが自社の強みを詳しく紹介

写真説明 左上・櫻井崇之氏 右上・増山壽一氏 下・那小川氏(当日の画面より)

今回は、『中国×ロボットスタートアップ』をテーマとし、そのテーマに即した中国のユニコーン企業候補と目される下記の3社が紹介された。


・ROKAE (工業用軽量ロボットアームの開発・生産・販売)
・Standard Robots(倉庫・工場向けAMR(自立走行運搬ロボット)の開発・
 生産・販売)
・Seizet Technology(画像認識によるピースピッキングロボットアームシステ
 ムの開発・販売)

ファシリテーターは、Zuvaの代表取締役である櫻井崇之氏をはじめ、ゲストとして、過去に自らスタートアップを立ち上げ多額の資金調達を実施し、現在では日中のベンチャービジネス関連コンサルタントとしても活躍している那小川(NaXiaochuan、Zuva中国事業首席顧問)氏と、過去に経済産業省にて30年以上ベンチャーに関連する支援政策を手掛けてきた増山壽一氏の、合計3名で進行された。

●Zuva詳細
●イベントについて

オンラインイベントにおける工夫

本イベントでは、臨場感のある企業紹介を行うため、各対象企業のCEOに対して事前インタビューを実施しており、本イベント内ではそのインタビュー動画が流された。インタビューの中では、各企業の株主構成などの会社概要、従資金調達額等の会社規模、経営陣の経歴をはじめ、製品ラインナップ及びその特徴、販売実績などが紹介された。
インタビューは中国語で実施されていたが、動画内では日本語翻訳されており、日本人参加者も理解できるよう工夫がなされていた。
当初、対象企業の取り扱い製品がロボットということで、導入場面や活用イメージが湧きづらいことを懸念していた。しかし、インタビュー動画とは別に現地で撮影された独自の製品紹介動画も用意されており、動画と並行して、製品の特徴やどの産業・メーカーで実際に導入されているかなどの補足説明があり、各対象企業に対する理解不足がなくイベントに参加することができた。

また、上記の情報に加え、各企業における業界動向や最先端技術の応用例、さらに中国スタートアップ市場の変遷などの鮮度の高い情報が、那氏により分かりやすく解説された。
特に、日本企業が保有する技術との比較をしながら対象企業の解説をする場面もあり、非常にリスナーフレンドリーな説明が展開された印象だ。

尚、イベントの最後にはQ&Aセッションの時間もあり、各参加者から様々な質問が投稿され、個々人の疑問に答える時間が設けられた。ちなみに参加者からの質問はイベント中に気軽に投稿することができ(匿名可)、それをリアルタイムで回答してもらえる仕組みになっている。

筆者としての感想

筆者が感じたことは、


・中国スタートアップ市場の動向から最先端技術に関するリアルタイムな情報を
 得ることができる
・質問をその場で回答して貰えるため個人のニーズを満たしやすいこと
・他の参加者の質問およびその回答を聴いていると、イベントに参加する方々
 (事業会社の経営企画部門の方が多いと推察)がどのような視点でユニコーン
 企業を見ているのか、何を気にしているのかという点が分かること

以上3点が、魅力的であると感じた。

最大の魅力として感じたのは、単なるスタートアップとのミートアップイベントに終始せず、ファシリテーターの方々が持つスタートアップに関する知識・イベントテーマに関連した最新情報や、現地で実感することでしか取得し得ないスタートアップ市場の現状・今後の展望などを聴くことができる点だ。
本イベントは、今回も今後も無料で参加することができるが、筆者としてはお金を払ってでも取得したい情報を聴くことができ、得をした気分である。出資・提携を検討するスタートアップを探すという目的だけではなく、スタートアップ市場に関する鮮度の高い情報をキャッチアップするという目的でも本イベントは利用する価値がある。
担当する役職に関わらず幅広いビジネスパーソンの方々に、気軽に参加してみて欲しいと思うイベントであった。

中国から見た日本市場 ~ブランド力、市場機会は魅力である一方、高い言語の壁

参加者からの質問は、各対象企業の今後の意向(IPO、或いは企業売却等)や中国から見える日本市場の魅力と参入障壁、企業の製品技術に関わる事項まで、多岐にわたっていた。
ちなみに、中国から見える日本市場の魅力は、との問に対して、那氏は「主にブランド力と市場機会にある」と回答していた。
日本市場は中国に比べると人件費が高いため、費用削減を求める企業が多く、中国にとっては市場機会が多いと考えているようだ。その上、日本企業は安心・安全の高い品質・サービスを提供しているため、日本の大手企業が顧客にいることが中国の企業にとっては大きな実績となる。
品質が高いと世間に印象付けることで、ブランド力に課題を抱える中国企業が世界展開する際のアピールポイントとなるという。その一方で、参入障壁はやはり言語の壁にあると、那氏は回答していた。
中国企業には日本語を話せる人材も十分ではなく、日本人の雇用も容易でない。言語の壁によって相互理解が十分に深まっていないため、日本企業と中国企業の協業の成功例も数が少ないとの回答であった。

尚、技術的な質問についてはイベント中に回答することは難しいようであるが、イベント終了後のZuvaホームページから質問をすれば、Zuvaが各対象企業に対して直接質問を行い、回答を準備することも可能であるようだ。

次回は9月めど 「米国×AI」や「米国×自動運転」などをテーマに開催

上述の通り、今回のオンラインミートアップイベントのテーマは『中国×ロボットスタートアップ』で開催した。Zuvaによると、今後は米国を中心とした諸外国における、AIや自動運転などの世界的に注目されている事業を展開しているスタートアップとのオンラインミートアップイベントの開催を予定しているようである。

次回のイベントは、9月の中旬から下旬にかけて実施の準備を進めているので、今回参加された方々は勿論、都合がつかず今回参加できなかった方々も、次回は是非参加していただきたい。コロナ禍による影響で、容易に海外渡航できず、従来のように情報収集ができない現在の状況下において、同社のイベントは新規事業創出のアイデアや業務提携・出資の候補先検討の一助となる、有用な機会を提供できるものと考えている。

注1:フロンティア・マネジメントは2020年5月、海外スタートアップとの協業を支援すべく、海外スタートアップに関するデータベースを運営するZuva株式会社と資本業務提携を行い、7月にグローバルイノベーション推進室を設立した(https://ssl4.eir-parts.net/doc/7038/tdnet/1833529/00.pdf)。

関連記事

コロナ渡航制限下のシンガポールとM&A

シンガポールは、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、厳しい行動制限であるサーキットブレーカー(以下、CB)措置を経て、ここまでのところ経済活動の制限緩和と市中感染の抑え込みを両立させたように見える。長引く渡航制限や徹底した感染対策が生む経済や実務への影響、M&Aにおける示唆を整理する。筆者の見立てでは、1-2年後には、ローカル化されたM&Aが一挙に増えるとみている。

ニューリテールの動き追う、中国の一歩進んだ生鮮市場

中国では、ECによる生鮮販売が日本より先を行く形で拡大している。様々なビジネスモデルが登場し、受領時間も30分から1時間と進歩を続けている。コロナ禍で日本でも消費者意識が変化する中、生鮮の販売網はどう変わっていくのか。ビジネスモデルごとに現状をまとめた。

マレーシア「1MDB」事件は落着したのか?

マレーシア政界を揺るがし続けた「1MDB」(One Malaysia Development Berhad)をめぐる汚職事件が、一つの区切りを迎えた。ナジブ元首相に有罪判決が下され、不正に関与したとされるゴールドマン・サックス(アメリカの大手銀行)は同国政府に39億米ドルを支払うことで和解した。マハティール氏の再登場とその後の混乱、マレーシアの現状を知る上で欠かせない「1MDB」事件とは?同国の政治史を含め、整理してみた。

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

3

ダメ企業の株価が高いワケ  回復阻む市場原理

債務超過の可能性さえある業績不振企業が、株式市場で100円以上の高い株価で取引されている。株式市場参加者の合理的な行動によって、上場不振企業の株価が十分に下落しないためだ。不振企業の高株価は当該企業の資金調達の阻害要因であり、コロナ禍の今、政府からの時限的サポートが期待される。

4

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中