成長続く半導体市場

成長続く半導体市場

WSTS・世界半導体市場統計が2020年秋に発表した2021年の半導体市場の予想は469.4Bn米ドルで、2020年の33.1Bn米ドルと比べ8.4%の増加と見込む。ちなみに2019年は▲12%減、2020年は5.1%増と、概ね4年といわれている「シリコンサイクル」に沿った拡大の動きである。

半導体関連産業は、コロナ問題などを含む様々な政治・経済情勢が変化する中、シクリカル・グロース(景気に敏感)と位置付けられてきたが、高いフィジカルでの参入障壁により、寡占化が急速に進行。今後成長力が加速する可能性が出てきた印象が強い。

一部に限定される、日本の半導体産業の競争力

成長続く半導体市場

残念ながら日本での半導体産業全体の国際競争力は低下してしまったが、製造装置や材料、さらにセンサやメモリー・パワー系等、日本メーカーが開発・イノベーションをリードしてきた分野での競争優位性は維持している。

電子化が進む自動車や各種IT関連ハードなどを含め、半導体がモノづくり状で「産業のコメ」であることに変わりはない。

部分的とはいえ、日本は国際競争力を残し、かつ多くの優れたエンジニアがギリギリの現役である。

残された時間は少ないが、製造業全体の国際的競争優位性を維持・強化へ向け、可及的速やかに産学官の総力を結集し、数兆円単位の国家的プロジェクトが必要な時期と考える。

台湾TSMCの急成長と寡占化

台湾TSMCの急成長と寡占化

コロナショックによる急速かつ大幅な生産調整の反動に加え、米中貿易戦争の余波を受けた形で、ファンドリー(半導体製造)世界最大手であるTSMC(台湾積体電路製造股份有限公司・台湾新竹市)の売上拡大が加速している。

2015-2018年には韓国サムスンとの競争や、一部懸念を含む中国の台頭などで、成長に停滞感があったが、2019年からは加速感が出てきた。

TSMCの時価総額は一時60兆円を突破。2020年に60%程度上昇後、2021年も年初来で20%前後上昇している。

TSMCの2020年売上高は、1339Bn台湾ドルに達し、前年比で25%増加。過去10年のCAGR(平均成長率)12%を大きく上回る成長を達成。営業利益率は42.3%(2019年34.8%)、ROE29.8%(同20.9%)、FCFは315.4Bn台湾ドルに達している。歴史的に見ても2020年は成長・収益の両面で素晴らしいパフォーマンスだった。

売上はもちろんだが、営業利益率はリーマンショック以降で初の40%超となり、低下方向にあったROEも30%レベルへ上昇した。

ファーウェイ向けが減少しても、好調続く

台湾TSMCの急成長と寡占化

2019年には、米中対立のあおりを受け最大顧客であったファーウェイ社向けが、大きく供給量が減少した模様だが、TSMC社はファーウェイ社の競合先も顧客としており、影響は瞬間的だったようだ。

DX化・5G化や自動車の電子化などコンピューティングパワーのニーズが、環境問題やコロナ禍もあり、予想を上回って急速に拡大。2020年末から需要過多の状態にある。

需要に加速度感が出てきたビジネスに対応し、TSMCでは2021年の設備投資を25~28Bn米ドルと2020年比で45~63%増加させると発表した。

潤沢なキャッシュが支える過去最大3兆円の設備投資

台湾TSMCの急成長と寡占化

設備投資のレベルはもちろん過去最大で、投資の大半は3~5nmの微細プロセスに充当され、該当レベルの供給能力は大きく増加する見込みだ。

投資額は日本円だと3兆円レベルだが、高い収益性からくる営業キャッシュフローで、3兆円の投資は全く財務的にも問題はないと考える。

ちなみに2020年12月末の保有現預金残高は約3兆円。過去の設備投資は営業キャッシュフロー内でコントロールされている。

投資には米アリゾナでの新工場(2021年着工、2024年稼働予定、投資総額米ドル120億)の初期分が含まれている。

2020年インテル社は一部生産を外部へ委託する可能性を指摘されているが、TSMCのアリゾナ工場の存在を想定している可能性も、同様に指摘されている。

ライバルを突き放すTSMC

ライバルを突き放すTSMC

TSMCの設備投資増強に対し、競合先の投資増もアナウンスされているが、単純に売上高を比較すると2020年第3四半期まで格差が拡大しており、追い付かない。

世界2位サムスンの弱点

サムスンは、ファンドリービジネスも行っているが、一方でメモリ事業の圧倒的トップであり、収益性・供給責任の両面から、ファンドリービジネスへの投資には限界がある。

またサムスンは、スマートフォン等をはじめとして電子機器の世界的大手でもあり、顧客との競合関係になりやすい問題も、ファンドリー事業拡大には足枷になっている可能性が高い。他のファンドリーは、既に規模・財務力での差が大きく、先端分野での投資に限界があるため、キャッチアップは難しいであろう。

価格交渉力強めるTSMC

ライバルを突き放すTSMC

昨年後半からの需給タイト化→年末年始以降自動車生産上のボトルネック化、を受け、半導体価格決定権はファンドリー側、特にTSMCとなっている模様だ。

一部報道によれば、昨年秋以降に値上げを実施してきた車載用半導体は、年明け以降さらなる値上げ要請が行われ、TSMCにUMCも追随。NXPS(NXPセミコンダクター)・ルネサスエレクトロニクスなどはファンドリーから調達するコストが上昇するため、自動車メーカーへ値上げ要請を行っている模様だ。

最大で15%程度の値上げが打診されている模様で、環境を見る限り自動車メーカーは飲まざるを得ないと推測される。結果として車載用半導体の収益性回復+他アプリケーションでも同様の動き、となる可能性が高い。

寡占化の中、日本がとる道は?

過去日本は、産官学共同戦線を展開し、垂直統合と水平分業を組み合わせ、半導体産業で世界最強の時代があった。当時と比較し半導体産業は大きく拡大し、それに伴って高い技術・資金・顧客ベースなどの参入障壁を形成した。

2000年以降は、素材・材料~パッケージングの開発~生産~販売に至るまで、寡占化が急速に進行してきた。特にインテル社の生産外部委託報道は、2020年に新たなステージに入ったことを強く認識させている。

また米中貿易摩擦も、今後半導体産業に対し大きく関連してくる可能性があるだろう。中国は需要面で世界最大かつ「世界の工場」と位置付けられるが、半導体無しでは自動車を含む電子機器の生産は困難で、かつ半導体の製造には日欧米の装置がないと不可能だ。

兆円単位の国家単位のプロジェクトが不可欠

日本には、世界有数の素材・材料技術や製造装置関連技術、一部半導体における市場優位性がある。長期的観点での投資回収を前提とし、兆円単位でリスクがとれる国家プロジェクトにより、半導体産業の国際競争力強化を進めないと、自動車を含む製造業全体の地盤沈下が加速する懸念がある。

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中