ジョイント・ベンチャー(合弁企業)とは

ジョイント・ベンチャー(合弁企業または合弁会社)とは、2社以上の企業が共同で出資して会社を設立し、新たな事業を始めること。また、既存企業の株式の一部を買収し、その企業の株主や経営者と共に会社経営することを意味します。

しかし一般的には、前者の意味合いで語られるケースがほとんど。尚、設立された合弁企業は、公正取引委員会の企業結合ガイドラインで「共同出資会社」とも呼ばれます。

合弁会社は、会社法に基づく法人形態(「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」)の種類の一つではなく、あくまで共同出資によって設立された会社の総称です。したがって、会社法上、上記いずれかのカテゴリーに分類されることになります。

日本でジョイント・ベンチャーが始まったのは、「外資に関する法律(外資法)」などがきっかけとされています(1950年に施行され、80年に廃止)。

当時、日本では100%外資の出資による市場参入が認められていなかったため、外資系企業は日本に進出する際、日本企業と協力関係を築かなければなりませんでした。そこで、共同出資という枠組みで合弁企業が設立され始めたということです。

アライアンス(業務提携)との違い

ジョイント・ベンチャーと混同される言葉として、しばしばアライアンス(業務提携)が挙げられます。

その大きな違いは、経営に関する資産や資金、資源などの共有の有無。ジョイント・ベンチャーでは、複数企業がこれらを共有し長期的なパートナーシップを築くものの、アライアンスでは、事業レベルでの協力関係にすぎません。また、アライアンスのパートナーシップは非常に限定的です。

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)の経営で重要な出資比率

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)の経営では、一般的に出資の比率に応じて意思決定の権利を付与する仕組みが採られているため、出資の割合が特に重要です。

原則、株主総会で過半数の賛成を得ると決議ができるので、(A社とB社による合弁企業では)A社の出資比率が50%を超えるとA社の意思決定の力が大きく、反対に50%を下回ると意思決定の力が小さいことになるのです。

注意すべき点は、出資比率を等分するパターン。例えば、A社とB社の出資比率を50:50とした場合、両社の意見が対立すると意思決定がスムーズに進まない可能性があるでしょう。このため、出資の比率に差分を設けて合弁企業を設立するケースが昨今しばしばみられます。

また、出資の比率が小さい株主は意思決定の権利が小さいので、重要な項目について拒否権を与えるなどさまざまな取り決めを行う合弁企業もあるようです。

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)のメリット・デメリット

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)にはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットも同時に存在します。ここでは、ジョイント・ベンチャー双方のメリット・デメリットについて、具体的に解説していきます。

ジョイント・ベンチャーのメリット

ジョイント・ベンチャー最大のメリットは、コストやリスクを抑えられること。例えば、新たな会社の設立に1億円がかかる場合、1社では1億円の出資が必要ですが、他社と手を組めば5,000万円の出資で会社を設立できることが可能です。また、合弁企業の経営が困難になった場合、失う出資金のリスクも軽減されることになります。

さらに、ジョイント・ベンチャーでは、各企業が持つリソースやノウハウなどを共有・活用できるため、シナジー効果を発揮できる可能性が高まります。

例えば、「商品開発・市場リサーチ」、「調達・生産・物流」、「販売・マーケティング」のプロセスにおいて、3社がそれぞれの得意分野を担えば、1つの会社、1つのバリュー・チェーンとして相乗効果を産み出すことができるでしょう。

ジョイント・ベンチャーのデメリット

ジョイント・ベンチャーの主なデメリットは、自社の経営資源が他社に流出することです。合弁企業の経営では、各社のリソースやノウハウを共有するため、知的財産の流出や盗用などのリスクが少なからず存在します。

また、複数社が1つの会社経営に密接に関わるので、何らかの理由でパートナーが社会的信用を失った場合、自社の経営にも悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

さらに、出資の比率が等しかったり、比率に偏りがあったりするケースでは、意思決定のプロセスが上手く機能せず、また利害関係が複雑になる事例もあるようです。

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)の事例

最後に、ジョイント・ベンチャー(合弁企業)の事例を紹介します。その代表例は、ファームアイ株式会社。農業のリモートセンシングサービスを推進する事業会社として、ヤンマー株式会社とコニカミノルタ株式会社が2017年10月に設立した合弁企業です。

出資比率はヤンマーが51%、コニカミノルタが49%。ヤンマーの農業開発・販売リソースと、コニカミノルタのセンシング技術・開発リソース、双方の強みを生かすことで、先進的なサービスを展開しています。

ジョイント・ベンチャー(合弁企業)に関しては、弊社FMIに相談を

合弁企業に関する理解は深まりましたでしょうか。ジョイント・ベンチャーと聞くと、近年生まれた概念と思いきや、意外とその歴史は古いのです。

複数企業が共同で事業を行うこと。共同出資して会社を設立すること、それぞれをジョイント・ベンチャーと呼ぶケースがみられますが、基本的には後者がそれに当たります。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ジョイント・ベンチャーなどに関するビジネス課題について、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに支援。顧客が抱える疑問に寄り添い、さまざまな情報を提供しています。是非これを機会に、現在お客様が抱える悩みや課題がございましたらご相談ください。

関連記事

株主を整理するスクイーズアウトとは?方法や最新事例も解説

M&Aや組織再編の過程で、100%子会社化を目的とする場合、対象会社に存在する既存の少数株主を「締め出したい」というニーズが生じることがあります。 少数株主の排除のことをスクイーズアウトと呼びますが、従来はその課税関係が複雑で使い勝手が悪いことが多々ありました。 しかし、2017年度の税制改正で大幅に内容が改正され、現在では多くの機会で機動的にスクイーズアウトが活用されるようになりました。今回は、そのスクイーズアウトについて、方法や最新事例について解説します。

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

国際特許出願に、国家戦略はあるか 中韓が大幅増加

2020年の国際特許出願件数は27万5900件と、コロナ環境にもかかわらず過去最多を更新した。中国や韓国が大きく件数を伸ばす中、日本はどのような国家的な技術戦略をたてるべきか、考察した。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中