eスポーツの市場規模 現状はスポンサー頼み

若年層から注目度の高い、ゲーム対戦をスポーツ競技に見立てた「eスポーツ」の2019年国内市場規模は、前年比26.6%増の61億円、ファン数は同26.2%増の483万人であった(KADOKAWA Game Linkage調べ)。
市場規模の項目別割合は、スポンサー料が全体の約3/4を占める。eスポーツ大会を主催/協賛する大企業が、若年層へのブランド訴求効果をねらった広告宣伝費が、市場を支える構図となっている。

市場の成長に欠かせないアイテム/課金は9%、放映権料収入は8%にとどまっている。現状では、観戦者やメディアが、「eスポーツ」に付加価値を見出し、多額の資金を供出する状況にはない。
やや“話題先行”とも言いうる市場環境と考えられる。

eスポーツ市場の課題は収益源

KADOKAWA Game Linkageは今後について、、国内市場規模・ファン数はいずれも年約26%ずつ成長し、2023年には153億円、ファン数が1,215万人に増加すると予想している。
しかし、ファンの数と比較すると、市場規模の面が特に物足りないと考えられ、スポンサー料に頼った市場成長には限界があるだろう。

eスポーツ市場拡大対策は付加価値と投げ銭

ファン数増加のペースを上回る市場拡大を実現するには、

1.観戦者にeスポーツ観戦に対する付加価値を感じてもらう

2.ファンが好きなプレイヤーや、秀逸なプレイに対して少額ギフト(いわゆる“投げ銭”)を支払う習慣を確立する

という施策が有効だ。

1.eスポーツに、付加価値の確立を

1.「付加価値」に関しては、eスポーツに使用されるタイトルの拡充と、大会や参加プレーヤーのストーリー性の確立が必要となるだろう。

現在、日本のeスポーツで使われているゲームは、

1 「フォートナイト」など“バトルロイヤル”タイプ(海外で人気)
2 「鉄拳」「ストリートファイター」といった知名度の高い格闘ゲーム
3 コナミの「パワプロ」「ウイニングイレブン」などスポーツゲーム

の3タイプが主軸となっている。

確かに、上記タイトル群の知名度は高いが、世界中で高い人気と厚いファン層を誇る任天堂系のタイトルは含まれておらず、タイトル拡充の余地は十分にあるだろう。

eスポーツのゲームは、一部のタイトルに人気が集中している側面もある。
野球やサッカーなどのスポーツゲームは、現実のプロチームとの関連性を意識してeスポーツ大会を盛り上げるというストーリー性の付与が行われている。また、「フォートナイト」など世界大会で高額賞金が出るタイトルは、一般ファン層でも大会について興味を持ってもらえる。

しかし、その他のタイトルによるeスポーツ大会は、認知度は極めて低い。
まずは一般ファン層にどう認知させるかが大きな課題であり、大会を盛り上げるストーリー性の付与に、プロモーターの手腕が問われることとなるだろう。

2.「投げ銭」の有効性

2.「投げ銭」に関しては、Jリーグの取り組みが注目される。Jリーグ各チームは、コロナ禍による無観客試合での試合開催を見越し、新しい収入源の候補として、練習試合などでオンラインでの「投げ銭」を試験導入している。サポーターからの反響は、良好のようだ。

Jリーグとしても今後、正式開催試合にて「投げ銭システム」を導入する方針と報道されている。国内プロスポーツを代表するJリーグが「投げ銭」による新たな収入源を確保できれば、他のプロスポーツにも「投げ銭」導入が進展するだろう。

「投げ銭」の普及で市場拡大を

eスポーツは特に、オンライン実況での放送が主力になると予想されることから、「投げ銭」との親和性は良好と考えられる。一般ファン層の「投げ銭」という行動の定着は、市場拡大に大きくプラスに作用するだろう。

関連記事

メタバースで変わるエンタメ ゲーム会社へのM&A加速

“メタバース”への巨額投資が、エンタメ業界の構図を変えようとしている。多くの人が同時参加する仮想空間を運営するには、オンラインゲームの技術と高度なクラウド技術が必要で、大手企業によるゲーム会社のM&Aが加速する可能性もある。

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

3

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中