eスポーツの市場規模 現状はスポンサー頼み

若年層から注目度の高い、ゲーム対戦をスポーツ競技に見立てた「eスポーツ」の2019年国内市場規模は、前年比26.6%増の61億円、ファン数は同26.2%増の483万人であった(KADOKAWA Game Linkage調べ)。
市場規模の項目別割合は、スポンサー料が全体の約3/4を占める。eスポーツ大会を主催/協賛する大企業が、若年層へのブランド訴求効果をねらった広告宣伝費が、市場を支える構図となっている。

市場の成長に欠かせないアイテム/課金は9%、放映権料収入は8%にとどまっている。現状では、観戦者やメディアが、「eスポーツ」に付加価値を見出し、多額の資金を供出する状況にはない。
やや“話題先行”とも言いうる市場環境と考えられる。

eスポーツ市場の課題は収益源

KADOKAWA Game Linkageは今後について、、国内市場規模・ファン数はいずれも年約26%ずつ成長し、2023年には153億円、ファン数が1,215万人に増加すると予想している。
しかし、ファンの数と比較すると、市場規模の面が特に物足りないと考えられ、スポンサー料に頼った市場成長には限界があるだろう。

eスポーツ市場拡大対策は付加価値と投げ銭

ファン数増加のペースを上回る市場拡大を実現するには、

1.観戦者にeスポーツ観戦に対する付加価値を感じてもらう

2.ファンが好きなプレイヤーや、秀逸なプレイに対して少額ギフト(いわゆる“投げ銭”)を支払う習慣を確立する

という施策が有効だ。

1.eスポーツに、付加価値の確立を

1.「付加価値」に関しては、eスポーツに使用されるタイトルの拡充と、大会や参加プレーヤーのストーリー性の確立が必要となるだろう。

現在、日本のeスポーツで使われているゲームは、

1 「フォートナイト」など“バトルロイヤル”タイプ(海外で人気)
2 「鉄拳」「ストリートファイター」といった知名度の高い格闘ゲーム
3 コナミの「パワプロ」「ウイニングイレブン」などスポーツゲーム

の3タイプが主軸となっている。

確かに、上記タイトル群の知名度は高いが、世界中で高い人気と厚いファン層を誇る任天堂系のタイトルは含まれておらず、タイトル拡充の余地は十分にあるだろう。

eスポーツのゲームは、一部のタイトルに人気が集中している側面もある。
野球やサッカーなどのスポーツゲームは、現実のプロチームとの関連性を意識してeスポーツ大会を盛り上げるというストーリー性の付与が行われている。また、「フォートナイト」など世界大会で高額賞金が出るタイトルは、一般ファン層でも大会について興味を持ってもらえる。

しかし、その他のタイトルによるeスポーツ大会は、認知度は極めて低い。
まずは一般ファン層にどう認知させるかが大きな課題であり、大会を盛り上げるストーリー性の付与に、プロモーターの手腕が問われることとなるだろう。

2.「投げ銭」の有効性

2.「投げ銭」に関しては、Jリーグの取り組みが注目される。Jリーグ各チームは、コロナ禍による無観客試合での試合開催を見越し、新しい収入源の候補として、練習試合などでオンラインでの「投げ銭」を試験導入している。サポーターからの反響は、良好のようだ。

Jリーグとしても今後、正式開催試合にて「投げ銭システム」を導入する方針と報道されている。国内プロスポーツを代表するJリーグが「投げ銭」による新たな収入源を確保できれば、他のプロスポーツにも「投げ銭」導入が進展するだろう。

「投げ銭」の普及で市場拡大を

eスポーツは特に、オンライン実況での放送が主力になると予想されることから、「投げ銭」との親和性は良好と考えられる。一般ファン層の「投げ銭」という行動の定着は、市場拡大に大きくプラスに作用するだろう。

関連記事

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

ランキング記事

1

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

2

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

3

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

4

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

5

村上春樹さんに学ぶ経営⑨どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?

過去2回、「ニッチ」とは「すきま」ではなく、はるかに深い概念であることを見てきました。では、どんな状態になると真の「ニッチ企業」になったといえるのでしょうか?

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中