eスポーツの市場規模 現状はスポンサー頼み

若年層から注目度の高い、ゲーム対戦をスポーツ競技に見立てた「eスポーツ」の2019年国内市場規模は、前年比26.6%増の61億円、ファン数は同26.2%増の483万人であった(KADOKAWA Game Linkage調べ)。
市場規模の項目別割合は、スポンサー料が全体の約3/4を占める。eスポーツ大会を主催/協賛する大企業が、若年層へのブランド訴求効果をねらった広告宣伝費が、市場を支える構図となっている。

市場の成長に欠かせないアイテム/課金は9%、放映権料収入は8%にとどまっている。現状では、観戦者やメディアが、「eスポーツ」に付加価値を見出し、多額の資金を供出する状況にはない。
やや“話題先行”とも言いうる市場環境と考えられる。

eスポーツ市場の課題は収益源

KADOKAWA Game Linkageは今後について、、国内市場規模・ファン数はいずれも年約26%ずつ成長し、2023年には153億円、ファン数が1,215万人に増加すると予想している。
しかし、ファンの数と比較すると、市場規模の面が特に物足りないと考えられ、スポンサー料に頼った市場成長には限界があるだろう。

eスポーツ市場拡大対策は付加価値と投げ銭

ファン数増加のペースを上回る市場拡大を実現するには、

1.観戦者にeスポーツ観戦に対する付加価値を感じてもらう

2.ファンが好きなプレイヤーや、秀逸なプレイに対して少額ギフト(いわゆる“投げ銭”)を支払う習慣を確立する

という施策が有効だ。

1.eスポーツに、付加価値の確立を

1.「付加価値」に関しては、eスポーツに使用されるタイトルの拡充と、大会や参加プレーヤーのストーリー性の確立が必要となるだろう。

現在、日本のeスポーツで使われているゲームは、

1 「フォートナイト」など“バトルロイヤル”タイプ(海外で人気)
2 「鉄拳」「ストリートファイター」といった知名度の高い格闘ゲーム
3 コナミの「パワプロ」「ウイニングイレブン」などスポーツゲーム

の3タイプが主軸となっている。

確かに、上記タイトル群の知名度は高いが、世界中で高い人気と厚いファン層を誇る任天堂系のタイトルは含まれておらず、タイトル拡充の余地は十分にあるだろう。

eスポーツのゲームは、一部のタイトルに人気が集中している側面もある。
野球やサッカーなどのスポーツゲームは、現実のプロチームとの関連性を意識してeスポーツ大会を盛り上げるというストーリー性の付与が行われている。また、「フォートナイト」など世界大会で高額賞金が出るタイトルは、一般ファン層でも大会について興味を持ってもらえる。

しかし、その他のタイトルによるeスポーツ大会は、認知度は極めて低い。
まずは一般ファン層にどう認知させるかが大きな課題であり、大会を盛り上げるストーリー性の付与に、プロモーターの手腕が問われることとなるだろう。

2.「投げ銭」の有効性

2.「投げ銭」に関しては、Jリーグの取り組みが注目される。Jリーグ各チームは、コロナ禍による無観客試合での試合開催を見越し、新しい収入源の候補として、練習試合などでオンラインでの「投げ銭」を試験導入している。サポーターからの反響は、良好のようだ。

Jリーグとしても今後、正式開催試合にて「投げ銭システム」を導入する方針と報道されている。国内プロスポーツを代表するJリーグが「投げ銭」による新たな収入源を確保できれば、他のプロスポーツにも「投げ銭」導入が進展するだろう。

「投げ銭」の普及で市場拡大を

eスポーツは特に、オンライン実況での放送が主力になると予想されることから、「投げ銭」との親和性は良好と考えられる。一般ファン層の「投げ銭」という行動の定着は、市場拡大に大きくプラスに作用するだろう。

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中