世界的な老舗百貨店の破綻

図表1

百貨店業界の窮境は、海外ニュースからも明らかだ。米国では、2020年5月に老舗百貨店のニーマン・マーカス(Neiman Marcus)、8月にはロード&テイラー(Lord & Tailor)が立て続けに破産法適用を申請。欧州では、英国の老舗百貨店デベナムズ(DEBENHAMS)が再建計画を断念し清算手続き入りしたことが、年の瀬も迫った12月初旬に報じられている。
翻って、日本の百貨店業界における優勝劣敗はこれからが本番という印象である。上の表にまとめたように、日本百貨協会の総販売額は1991年の全盛時には9.7兆円であったが、2019年には5.7兆円とピークから40%強も減少している(コロナ禍の20年はそれ以下)。かたや、百貨店業界の総売場面積は91年が505万㎡であったのに対して、19年末は526万㎡と逆に4%増加しており、供給過剰な状態といえる。

地方都市の老舗百貨店の閉鎖等で総店舗数は減少したが、1990~2000年代に名古屋市や京都市、札幌市、福岡市など各地で相次いだ駅ターミナル立地型の大型店の開業ラッシュ(例ジェイアール名古屋タカシマヤなど )のプラス効果が勝り、売場面積は91年の販売額ピーク時を上回る水準に高止まりしているという構図だ。

中長期的に生き残れる百貨店は約半数か?

図表2

注:各国とも別館、分店、ショッピングセンター、駅ビルは含まないが、東京にはGINZA SIXと東急プラザ銀座をカウント
出所:国連統計局、日経MJ、各社ホームページよりフロンティア・マネジメント産業調査部作成

日本の百貨店業界の供給過剰は、他国の主要都市との比較においても明らかである。上の図では、日本の3大都市圏の百貨店の店舗数を、ニューヨーク、ロンドン、パリの3都市圏と比較したものだ(いずれも郊外の小規模な分店やアウトレット店は含まず、別館は本館の一部とカウント)。人口100万人当たりの店舗数(≒店舗密度)を見ると、日本の3大都市圏は0.7~0.8店と、ロンドンやパリの約2倍、ニューヨークに対しては約4倍の過密度となっていることが分かる。

欧米の大都市は東京以上に多くの観光客を抱えており、それも考慮すると、日本の百貨店の人口当たり密度はさらに際立ってくる。前述の時系列データ(売上はピークの6割だが店舗面積は微増)とあわせて考えても、日本の大都市圏の百貨店は、中長期的に現状の約半数程度しか生き残れないのではないかというのが筆者の見立てである。

DX時代に生き残るための百貨店の戦略は?

整理淘汰の波を乗り越えて生き残っていく百貨店は、大きく以下の3つの類型に分けられるであろう。

1 地域一番店
2 エリア再開発の核となる旗艦店
3 電鉄系企業によって運営されているターミナル店舗

①地域一番店

伊勢丹新宿イメージ

▲伊勢丹新宿店

第1に挙げるのが、地域一番店だ。エリアで圧倒的な集客力を持つことの重要性は定説となっているが、DX時代の今後は、その傾向はさらに鮮明になる。デジタルサービスによる購買体験が充実し、すきま時間の活用が進むDX時代にあっては、わざわざ足を運んで時間消費を行う「場」であり続けるには、従来にも増して高いハードルを越えねばならない。
このことは、ショッピング以上に大きな時間消費であるレジャー施設において、東京ディズニーリゾートとUSJの2強体制が進んでいること等からも明らかである。

②エリア再開発の核となる旗艦店

パルコイメージ

▲パルコと直結する大丸心斎橋店

第2が、エリア再開発の核となる旗艦店だ。直近では、東京・日本橋の高島屋や大阪・心斎橋の大丸(および隣接するパルコ)が典型例である。
これらの店舗は伝統的な商業集積エリアの一等地に構えられ、立地特性という点では長らく駅ターミナル立地の百貨店の後塵を拝してきたが、周辺区域の再開発の取り組みにより、街の魅力度と旗艦店の集客力の相乗効果が実現されつつある。
賃借物件であるターミナル店舗と違い、その多くが自社保有の不動産であることから、収益の安定性も高い。

③電鉄系企業によって運営されているターミナル店舗

名古屋百貨店イメージ

▲JR名古屋タカシマヤ

第3が、電鉄系企業によって運営されているターミナル店舗だ。上述のエリア再開発の旗艦店と違い、駅直結の複合施設(オフィス、ホテル、商業施設)を構成するパーツとしての百貨店である。これも第2分類のエリア再開発の旗艦店と構造は同じだが、異なるのはアセットオーナーが百貨店ではなく、電鉄企業であるという点だ。

これらの条件を満たすことは、圧倒的な顧客基盤と安定した固定収入(不動産収入)を確保することと同義であり、先進のショッピング体験とファッション情報の発信という百貨店本来の存在意義を取り戻していくための必要条件である。

更に加速する百貨店の再編

DX時代における百貨店業界の再編は、コロナ禍というある種の燃料投下によって、今後さらに加速していくであろう。百貨店の経営戦略においては、事業ポートフォリオの再考に加えて、店舗ポートフォリオの見極めも進めていく必要がありそうだ。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中