「大西 正一郎」の記事一覧

「コロナ倒産」に備える 日中の倒産関連実務の違い 変わる中国の倒産手続きとは

中国の倒産件数が近時、増加している。増加の一因になっているのが、中国における倒産手続きの変化だ。さらに、中国を現在直撃しているコロナウイルスによる新型肺炎の影響が拡大すると、大幅な中国企業の倒産増加が見込まれる。 本記事では、「コロナ倒産」に備え、中国の倒産手続きのあり方と日本における倒産手続きとの違いについて紹介する。

新「両利きの経営」のススメ 「変革型」経営者人材を育てよ

「経営者人材の育成」はどの企業でも重要課題とされているが、その中でも自らの企業のビジネスモデルを新たに構築する「変革型」の経営者人材を育成することは、難しい。本稿では、筆者のこれまでの経験を踏まえて、「変革型経営者人材」を育成するための処方箋をお伝えしたい。

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

事業再生の方法とは 実務歴30年の専門家が解説

「事業再生」という言葉はよく聞くものの、その方法や全体像、それぞれの特徴は、専門家以外ではあまり知られていない。筆者は、弁護士として事業再生の仕事に関わり、約30年のキャリアを有する。これまでの経験を踏まえ、難解な事業再生の特徴と方法について、やさしく解説していきたい。

新型コロナショックの拡大の影響と日本企業の対応

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)について、更なる流行拡大は避けられないという見方が強まっている。日本においては、現段階においてPCR検査の実施の絶対数(1日平均約900件)が少ないため、潜在的な感染者の実数の把握ができておらず、今後の感染のピークと終息時期を予測することが極めて困難となっている。 このような状況において、もし新型コロナウイルスの流行が日本で長期化した場合、日本企業は、どのように対処したらよいのであろうか。様々な角度から検討してみた。

ポストコロナ 地方銀行の生き残り戦略を探る ㊦戦略編「今、とるべき経営戦略」~経営統合、M&Aも視野に~

地方銀行のビジネスは、新型コロナショック後の混迷の時代にどのような戦略をとるべきなのだろうか。㊦の「戦略編」では、経営統合の可能性も含め、より実践的な生き残り戦略を検討する。

分散型電源の時代は来るか? カーボンニュートラルに向けた大転換

岸田政権下において、第6次エネルギー基本計画が閣議決定された。2030年のCO2の46%削減(2013年対比)、2050年カーボンニュートラルの実現が、日本の達成すべき目標として明確になった。再生可能エネルギー電源の大幅増加が不可欠となったが、そのためには大規模な発電施設に頼っていた電力網を、安定供給可能な範囲内で分散型電源に切り替えていく、発想の大転換が必要だ。

武士道精神とコーポレートガバナンス・コード㊤ CGCの現状

東京証券取引所は2021年6月、コーポレートガバナンス・コード(CGC)を改定し、社外取締役による監督強化を打ち出した。しかし、CGCが形式的に完備されている上場会社においても、製品不正や様々なコンプライアンス違反の不祥事が後を絶たない。この記事では、CGCの限界と日本の武士道精神に焦点を当てて論じるものである。

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊥ 第三の変化

コロナ以後の経済環境は多くの産業で「7割経済」と呼ばれる。業績は、コロナ前に回復することはないという意味だ。事業再生においても、Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法が求められる。㊥では、「7割経済」下に起こる「第三の変化」について考察する。

Webメディアローンチ挨拶

フロンティア・マネジメント株式会社の代表取締役である大西 正一郎と松岡 真宏が、Frontier Eyes Online開設にあたり、ご挨拶させていただきます。

ランキング記事

1

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

2

「日本製鐵がトヨタを提訴」の衝撃 業界最大手同士の大型裁判

「日本製鉄がトヨタ自動車を提訴」。2021年10月中旬に出たこのニュースを受け、鉄鋼業界に激震が走った。国内製造業の頂点に君臨するトヨタ自動車と、鉄鋼最大手の日本製鉄。長い間蜜月にあった両社が、裁判で争う事態は誰も想像していなかったからだ。

3

印刷業界の現状と展望は?直面する課題や打開に向けた取り組みを紹介

ポスターや雑誌といった印刷物を発行し、商取引を通じて利益を上げる印刷業界。日本活版印刷の始祖にあたる本木昌造が1869年に活版伝習所を興したのをきっかけに生まれた印刷業界は、印刷技術の発展とともに業容を拡大させてきました。 しかし、インターネットの普及に伴う紙媒体の広告費縮小、エンドユーザーにあたる出版社や新聞社の業績悪化によって、業界全体が厳しい状況に置かれています。 本記事では、そうした印刷業界の現状や課題とともに、現状打破に向けた取り組みを紹介します。

4

オーバーアロットメントとは 株価への影響や事例とともに解説

企業において新規株式公開や公募増資を担当されている方、また証券会社でこれから引受を請け負う若手の方、または今後それらの仕事を志す方等に向けて、今回は「オーバーアロットメント」という公募・売り出しの関連手法・用語について解説していきます。

5

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中