ガバナンス

企業経営におけるコーポレートガバナンスは、事業利益の最大化を実現するための企業統治における基本知識と言える。企業経営に携わる人間として知っておいて欲しい情報を掲載。

記事一覧

    Frontier Eyes Online編集部

「優越的地位の濫用」とは?公正な取引を阻害する違法行為

外国公務員等贈賄問題 贈収賄は“被害者なき犯罪”か ㊦ 被害者は国民

外国公務員等贈賄問題 贈収賄は“被害者なき犯罪”か ㊤ なくならない背景

コロナ禍を契機に 中小企業へのガバナンスを是正せよ

内部通報者を守るために 公益通報者保護法改正案、実務上のポイント

コロナウイルス拡大時における危機管理 事実確認より、人命優先を

    Frontier Eyes Online編集部

セクショナリズムとは?その意味や原因、問題点、対策方法を事例とともに解説

    Frontier Eyes Online編集部

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

    Frontier Eyes Online編集部

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

    Frontier Eyes Online編集部

かんぽ生命保険問題からみるコーポレートガバナンスの重要性

    Frontier Eyes Online編集部

コーポレートガバナンス・コード改訂のポイントとスチュワードシップ・コードとの違い

「企業の危機対応において大事なこと」~クライシスマネジメントの要点~

ゴーン事件における経営者不正(下) 組織の土壌改革への処方箋

ゴーン事件における経営者不正(上) 組織の土壌改革への処方箋

事業撤退・売却のタイミングの見極め方〜早期の事業撤退・完売戦略が唯一の選択肢か?〜

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

コロナ禍に倒産は減った

2020年の倒産件数(負債総額1千万円以上)は、7,773件と前年比7.2%減少した。コロナ禍ではあるが、金融機関における「つなぎ融資」が盛んに行われており、2000年以降で最低、約30年ぶりという低水準となった。しかし、コロナ禍が長期化する中で、融資先の業績に目をつぶり続ける事に、限界も出てきている。筆者としては2021年度後半くらいから、融資先の「見極め」が本格化するのではないかと予想する。

3

村上春樹さんから学ぶ経営⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」

今回は「創造的休暇」を手掛かりに、日々の仕事から時に離れてゆっくりと考えることの意義についてです。それでは、今月の文章です。

4

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ

韓国発のデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)作品の存在感が、日本でも増している。以前から韓流ドラマの原作となるなどして知られてきたが、最近では日本企業がアニメ化に関わり、世界に配信するという国際的な分業が確立しつつある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中