毛利 剛実 Takemi Mori

シニア・ディレクター、ファイナンシャル・アドバイザリー第2部 兼 アジア室 兼 事業開発部

職歴

1992年㈱日本興業銀行(現、㈱みずほ銀行)に入行、香港上海銀行(東京支店)、独立系マーチャントバンクを経て、2014年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

専門

アセアン市場

学歴

早稲田大学商学部卒業

執筆一覧

マレーシア「1MDB」事件は落着したのか?

マレーシア政界を揺るがし続けた「1MDB」(One Malaysia Development Berhad)をめぐる汚職事件が、一つの区切りを迎えた。ナジブ元首相に有罪判決が下され、不正に関与したとされるゴールドマン・サックス(アメリカの大手銀行)は同国政府に39億米ドルを支払うことで和解した。マハティール氏の再登場とその後の混乱、マレーシアの現状を知る上で欠かせない「1MDB」事件とは?同国の政治史を含め、整理してみた。

ASEAN諸国に政治保守化の動き 外資進出の阻害要因となるか

ASEAN諸国が、コロナ禍政治的に保守化する動きが拡がっている。おける最近の国ごとの政治環境に焦点を当て、日系企業からのM&Aを含む進出検討時の留意点を考えた。

「ニューノーマル」下でのASEANクロスボーダーM&Aのすすめ

コロナや新しい疫病の感染リスクは常に人類に付きまとう身近な存在となった。リスクを前提とした新たな経済活動「ニューノーマル」下において、当社(フロンティア・マネジメント)のようなM&A支援サービス業務に対する要望・期待にも変化が起こっている。この記事では、特にクロスボーダーM&Aに関して考察したい。

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

これまでの記事を読む>

人気記事

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

アセアン諸国「コロナ・ショック」耐性を分析すると…

コロナウィルスの感染拡大に伴い、ヒトの移動に制約が出ている。不確定要素の増加に伴い日系企業によるクロスボーダーM&A活動にとっても、慎重・静観対応となるケースが増えている。そこで、筆者が主に担当するアセアン諸国の経済について、コロナ・ショックに対する「耐性・安定性」について分類してみた。 ※あくまでも、経済力について、東南アジアでのコロナ蔓延が抑えられているという前提である。

「ニューノーマル」下でのASEANクロスボーダーM&Aのすすめ

コロナや新しい疫病の感染リスクは常に人類に付きまとう身近な存在となった。リスクを前提とした新たな経済活動「ニューノーマル」下において、当社(フロンティア・マネジメント)のようなM&A支援サービス業務に対する要望・期待にも変化が起こっている。この記事では、特にクロスボーダーM&Aに関して考察したい。

ASEAN諸国に政治保守化の動き 外資進出の阻害要因となるか

ASEAN諸国が、コロナ禍政治的に保守化する動きが拡がっている。おける最近の国ごとの政治環境に焦点を当て、日系企業からのM&Aを含む進出検討時の留意点を考えた。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

百貨店でデジタル接客強化を

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の影響で、百貨店の売上高は7割以上落ち込み、その後も思うように回復していない。現在の私たちを取り巻くwithコロナ時代、ニューノーマル時代において、百貨店は新たなビジネスモデルの開拓を求められている。この記事では、百貨店本来の強みを生かしつつ、デジタルで客をもてなす「デジタル接客」について解説する。

3

不動産価格は緩やかな下落局面に

不動産価格は、緩やかな下落局面に入り、2013年ごろから続いた上昇トレンドが終わろうとしている。どうして、急落しないのか?数年後の見通しは?コロナ禍によって変わる潮目を考察した。

4

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

オペレーショナル・エクセレンスの基礎知識と事例~競合優位と業務効率化を目指す~

オペレーショナル・エクセレンスとは、現場で徹底的にオペレーション(業務の管理や実行過程)を改革することで、競合優位性の獲得を目指す考え方です。さらに、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む時代では、オペレーション改革の次の段階が求められます。そこで今回はオペレーショナル・エクセレンスの基礎知識を特徴や事例とともに解説します。

人気のキーワード