福田 聡一郎 Soichiro Fukuda

シニア・アナリスト、産業調査部

職歴

1993年に三井信託銀行㈱(現、三井住友信託銀行㈱)に入行。八重洲口支店を経て、受託資産運用部にてバイサイド・アナリスト業務を担当。1999年に興銀証券㈱(現、みずほ証券㈱)、2000年に日興ソロモン・スミスバーニー証券会社(現、シティグループ証券)に入社し、セルサイド・アナリスト業務を担当。2003年から2005年にマイクロソフト㈱(現、日本マイクロソフト㈱)に在籍し、2005年日興シティグループ証券㈱(現、シティグループ証券)にセルサイド・アナリストとして復職。同社に2014年まで勤務し、フィールズ㈱を経て、2016年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、シニア・アナリストに就任。

専門

メディア・エンターテインメント業界

学歴

東京大学経済学部経済学科卒業、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)

執筆一覧

「ニンジャラ」の成功に見る、任天堂Switch向けフリー・トゥ・プレイ(F2P)の可能性

任天堂Switch向けゲーム「ニンジャラ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が、グローバルで700万ダウンロードを突破するなど好調だ。無料でゲームを始められ、アイテムなどで課金するフリー・トゥ・プレイ(F2P)は、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。日本製ゲーム(特にアクション)は、存在感の薄かったF2P分野で、ヒットを連発することができるだろうか。

「ビリビリ」急成長で変わる、コンテンツ産業の力学 「二次元」分野で圧倒

アニメなど二次元コンテンツ配信で圧倒的な存在感を示している中国の「ビリビリ」(bilibili)が、高成長を持続している。ネット配信とマーチャンダイジングの連動で、プラットフォームとして理想的な成長をみせており、日本産のコンテンツが中国展開する上でも不可欠な存在となっている。

どうして?息の長い「擬人化ブーム」を読み解く

軍艦から動物、細胞にいたるまで、何でもキャラクターにしてしまう「擬人化」ブームが続いている。2013年に軍艦を擬人化したゲーム「艦隊これくしょん」の登場以来、既存の有力IPに頼らず、オリジナルキャラクターを「量産」する手段として「擬人化」は広く認知されるに至った。

韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ

韓国発のデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)作品の存在感が、日本でも増している。以前から韓流ドラマの原作となるなどして知られてきたが、最近では日本企業がアニメ化に関わり、世界に配信するという国際的な分業が確立しつつある。

これまでの記事を読む>

人気記事

日本アニメ産業のグローバル市場規模、成長が鈍化 今後を占う

近年、日本アニメ産業の成長要因となっていたのが、海外での売上増加だ。しかし、2018年の海外売上は、1兆円を突破したものの、前年比ほぼ横ばいの1兆0,092億円(同46%)となっている。2020年以降の日本アニメ産業を俯瞰しても、重要な課題は、少子高齢化の進展の影響が不可避な国内売上の減少を防ぎつつ、いかに海外売上を拡大するかという点にある。

「ニンジャラ」の成功に見る、任天堂Switch向けフリー・トゥ・プレイ(F2P)の可能性

任天堂Switch向けゲーム「ニンジャラ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が、グローバルで700万ダウンロードを突破するなど好調だ。無料でゲームを始められ、アイテムなどで課金するフリー・トゥ・プレイ(F2P)は、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。日本製ゲーム(特にアクション)は、存在感の薄かったF2P分野で、ヒットを連発することができるだろうか。

ボーンデジタルが席巻 急速進化するコンテンツのヒットパターン

ボーンデジタルと呼ばれる、最初からデジタルでの消費を前提とするコンテンツが、急速に拡がっている。10年ほど前から、ニコニコ動画などからプロのクリエイターが誕生し、アニメファンなどを中心にヒットする事例はあった。しかし、ここ数年では米津玄師やYOASOBI(同年12月までCD未発売)、あいみょんなど、ヒットチャートの上位をネット発のアーティストが占め、従来のヒットパターンが大きく変わっている。

韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ

韓国発のデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)作品の存在感が、日本でも増している。以前から韓流ドラマの原作となるなどして知られてきたが、最近では日本企業がアニメ化に関わり、世界に配信するという国際的な分業が確立しつつある。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中