福田 聡一郎 Soichiro Fukuda

シニア・アナリスト、産業調査部

職歴

1993年に三井信託銀行㈱(現、三井住友信託銀行㈱)に入行。八重洲口支店を経て、受託資産運用部にてバイサイド・アナリスト業務を担当。1999年に興銀証券㈱(現、みずほ証券㈱)、2000年に日興ソロモン・スミスバーニー証券会社(現、シティグループ証券)に入社し、セルサイド・アナリスト業務を担当。2003年から2005年にマイクロソフト㈱(現、日本マイクロソフト㈱)に在籍し、2005年日興シティグループ証券㈱(現、シティグループ証券)にセルサイド・アナリストとして復職。同社に2014年まで勤務し、フィールズ㈱を経て、2016年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、シニア・アナリストに就任。

専門

メディア・エンターテインメント業界

学歴

東京大学経済学部経済学科卒業、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)

執筆一覧

攻勢強まる韓国「Webtoon」2強 「NAVER」「Kakao」のグローバル戦略

日本でも、韓国発電子コミックWebtoonの存在感が増している。世界2強である「Kakao」は日本国内では「ピッコマ」、「NAVER」は「LINE マンガ」という名前で展開。世界最大のマンガ市場を抱える日本のコンテンツ産業は、新しい時代への対応が求められている。

ゲーム規制で日本市場へ  攻勢強める中国ゲーム会社

いまや世界有数のゲーム大国となった中国で、未成年者(18歳未満)へのゲーム規制が行われた。自国での事業が大幅に制限される中、中国のゲーム会社は日本市場への攻勢を強めようとしている。既に始まっている人材の引き抜きや、制作会社への出資が加速する可能性もある。

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

「ニンジャラ」の成功に見る、任天堂Switch向けフリー・トゥ・プレイ(F2P)の可能性

任天堂Switch向けゲーム「ニンジャラ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が、グローバルで700万ダウンロードを突破するなど好調だ。無料でゲームを始められ、アイテムなどで課金するフリー・トゥ・プレイ(F2P)は、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。日本製ゲーム(特にアクション)は、存在感の薄かったF2P分野で、ヒットを連発することができるだろうか。

これまでの記事を読む>

人気記事

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

日本アニメ産業のグローバル市場規模、成長が鈍化 今後を占う

近年、日本アニメ産業の成長要因となっていたのが、海外での売上増加だ。しかし、2018年の海外売上は、1兆円を突破したものの、前年比ほぼ横ばいの1兆0,092億円(同46%)となっている。2020年以降の日本アニメ産業を俯瞰しても、重要な課題は、少子高齢化の進展の影響が不可避な国内売上の減少を防ぎつつ、いかに海外売上を拡大するかという点にある。

「ニンジャラ」の成功に見る、任天堂Switch向けフリー・トゥ・プレイ(F2P)の可能性

任天堂Switch向けゲーム「ニンジャラ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が、グローバルで700万ダウンロードを突破するなど好調だ。無料でゲームを始められ、アイテムなどで課金するフリー・トゥ・プレイ(F2P)は、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。日本製ゲーム(特にアクション)は、存在感の薄かったF2P分野で、ヒットを連発することができるだろうか。

韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ

韓国発のデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)作品の存在感が、日本でも増している。以前から韓流ドラマの原作となるなどして知られてきたが、最近では日本企業がアニメ化に関わり、世界に配信するという国際的な分業が確立しつつある。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中