福田 聡一郎 Soichiro Fukuda

シニア・アナリスト、産業調査部

             

職歴

1993年に三井信託銀行㈱(現、三井住友信託銀行㈱)に入行。八重洲口支店を経て、受託資産運用部にてバイサイド・アナリスト業務を担当。1999年に興銀証券㈱(現、みずほ証券㈱)、2000年に日興ソロモン・スミスバーニー証券会社(現、シティグループ証券)に入社し、セルサイド・アナリスト業務を担当。2003年から2005年にマイクロソフト㈱(現、日本マイクロソフト㈱)に在籍し、2005年日興シティグループ証券㈱(現、シティグループ証券)にセルサイド・アナリストとして復職。同社に2014年まで勤務し、フィールズ㈱を経て、2016年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、シニア・アナリストに就任。

専門

メディア・エンターテインメント業界

学歴

東京大学経済学部経済学科卒業、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)

執筆一覧

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

フロム・ソフトウェアの躍進 GOT原作者が参画「Elden Ring」に注目

フロム・ソフトウェアが2022年2月25日に発売した新作パッケージゲーム(アクションRPG)「Elden Ring」が、注目を集めている。海外のレビューで発売前から軒並み高評価を獲得していることに加え、世界的にヒットしたドラマ「Game of Thrones」原作者のジョージ・R・R・マーティン氏との協業が挙げられる。

メタバースで変わるエンタメ ゲーム会社へのM&A加速

“メタバース”への巨額投資が、エンタメ業界の構図を変えようとしている。多くの人が同時参加する仮想空間を運営するには、オンラインゲームの技術と高度なクラウド技術が必要で、大手企業によるゲーム会社のM&Aが加速する可能性もある。

攻勢強まる韓国「Webtoon」2強 「NAVER」「Kakao」のグローバル戦略

日本でも、韓国発電子コミックWebtoonの存在感が増している。世界2強である「Kakao」は日本国内では「ピッコマ」、「NAVER」は「LINE マンガ」という名前で展開。世界最大のマンガ市場を抱える日本のコンテンツ産業は、新しい時代への対応が求められている。

これまでの記事を読む>

人気記事

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

日本アニメ産業のグローバル市場規模、成長が鈍化 今後を占う

近年、日本アニメ産業の成長要因となっていたのが、海外での売上増加だ。しかし、2018年の海外売上は、1兆円を突破したものの、前年比ほぼ横ばいの1兆0,092億円(同46%)となっている。2020年以降の日本アニメ産業を俯瞰しても、重要な課題は、少子高齢化の進展の影響が不可避な国内売上の減少を防ぎつつ、いかに海外売上を拡大するかという点にある。

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

「ニンジャラ」の成功に見る、任天堂Switch向けフリー・トゥ・プレイ(F2P)の可能性

任天堂Switch向けゲーム「ニンジャラ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が、グローバルで700万ダウンロードを突破するなど好調だ。無料でゲームを始められ、アイテムなどで課金するフリー・トゥ・プレイ(F2P)は、コンソールゲーム機(家庭用ゲーム機)でも拡がりをみせている。日本製ゲーム(特にアクション)は、存在感の薄かったF2P分野で、ヒットを連発することができるだろうか。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中