福田 聡一郎 Soichiro Fukuda

シニア・アナリスト、産業調査部

職歴

1993年に三井信託銀行㈱(現、三井住友信託銀行㈱)に入行。八重洲口支店を経て、受託資産運用部にてバイサイド・アナリスト業務を担当。1999年に興銀証券㈱(現、みずほ証券㈱)、2000年に日興ソロモン・スミスバーニー証券会社(現、シティグループ証券)に入社し、セルサイド・アナリスト業務を担当。2003年から2005年にマイクロソフト㈱(現、日本マイクロソフト㈱)に在籍し、2005年日興シティグループ証券㈱(現、シティグループ証券)にセルサイド・アナリストとして復職。同社に2014年まで勤務し、フィールズ㈱を経て、2016年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、シニア・アナリストに就任。

専門

メディア・エンターテインメント業界

学歴

東京大学経済学部経済学科卒業、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)

執筆一覧

「Fortnite」「あつ森」 メディアとして存在感増す人気ゲーム

人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト、EpicGames)、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)など人気ゲームが、存在感を増している。多数の参加者同士による交流が活発で、ゲーム内で仮想社会が成立している。ゲームだけでなく、バーチャルイベントの開催など、メディアとしての機能を果たし始めている。

コロナ禍で際立つゲームビジネスの好調

コロナ禍による“巣ごもり消費”の影響で、グローバルでヒットタイトルを持つパッケージゲーム会社の収益が、好調に推移している。自宅に滞在せざるを得ない時間が増え、友人との交流にオンライン経由でゲームをプレイするというライフスタイルも、ゲームとの接触時間増を促していると考えられる。それに加え、店頭での販売からオンラインによるダウンロード販売へのシフトも、好調を牽引していると考えられる。

ゲームエンジンとは?映像コンテンツへの応用も

ハードを超えたゲームの開発環境(ミドルウェア)「ゲームエンジン」の用途が広がっている。アメリカなどでは、CG映像の制作に加え、実写映画の撮影にも活用されており、各方面の制作現場で存在感が増している。

eスポーツ(e-Sports)市場の分析と課題 「投げ銭」普及でスポンサー頼みから脱却を

ゲームを純粋な競技として楽しむ「eスポーツ」。日本でも年々市場は拡大しているものの、ファンの数ほどには収益が増えていない。市場を更に拡大するには、収益の多くをスポンサーの広告収入に頼る構造から脱却し、ギャラリーからの「投げ銭」など新たな収入源を育てる必要がある。

これまでの記事を読む>

人気記事

日本アニメ産業のグローバル市場規模、成長が鈍化 今後を占う

近年、日本アニメ産業の成長要因となっていたのが、海外での売上増加だ。しかし、2018年の海外売上は、1兆円を突破したものの、前年比ほぼ横ばいの1兆0,092億円(同46%)となっている。2020年以降の日本アニメ産業を俯瞰しても、重要な課題は、少子高齢化の進展の影響が不可避な国内売上の減少を防ぎつつ、いかに海外売上を拡大するかという点にある。

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

東京オリンピックラプソディ〜消費者の変化、商機を大胆予測!

2020年は、東京オリンピック(五輪)に加え、5Gのサービス開始など、日本の経済が大きく動くイベントが控えている。 グローバル化や訪日外国人の増加はすすみ、AIやIoTといったIT環境も進化。「モノからコト」へ消費の形が変わり、人々のライフスタイルも変わりつつある。 オリンピック後の日本の消費動向はどうなるのか。当社産業調査部の消費財を専門とする3人が、日本の消費動向について予測した。

中国が席巻、スマホゲームの新潮流~中国の開発力と資金力の活用~

中国のゲームが、世界を席巻している。PCオンラインゲームやスマホゲームで世界一の市場に成長しているのに加え、開発力でも圧倒している。テンセント(騰訊)など中国大手は、豊富な資金を背景に各国のゲームメーカーに出資。日本のスマホゲーム市場でも、「荒野行動」(NetEase)など、中国開発タイトルが上位にランクインしている。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

ノーベル経済学賞で再注目 オークション理論とは~「ゲーム理論」の大家が受賞

2020年のノーベル経済学賞は、スタンフォード大学のポール・ミルグロム教授とロバート・ウィルソン名誉教授の両名に授与された。「ゲーム理論」の一分野である「オークション理論」研究に関する功績が評価された結果だ。

2

「ニューノーマル」って言うな!

「ニューノーマル」や「新しい生活様式」という言葉が、市民権を獲得し始めている。「これからは過去の常識が通用しなくなる」「元には戻らない」といった、勇ましい言葉が跋扈(ばっこ)している。しかし、我々人間は過去において、コロナ禍とは比較にならないほど大きな、断層的な変化を乗り越えてきた。現在、我々の眼前にあるのは本当に「ニューノーマル」なのだろうか。

3

経営危機を乗り越えるリーダーとは
ダイエー、日本リースの案件から学ぶ

企業は、長年の間に倒産危機、敵対的買収、大規模災害、不祥事の発覚等の経営危機に直面することがある。現在、コロナ禍に直面している企業は、まさにこの代表例にあたるだろう。 筆者は、これまで日本リースやダイエーなど、様々な大規模事業再生案件等において経営危機に瀕した企業等を救済する役割を担ってきてきた。危機時のリーダーに必要な能力は何か。「平時」のリーダーとは何が違うのか。今までの経験から、危機を乗り越えるために求められる、リーダーの能力について整理した。

4

ポストコロナ 地方銀行の生き残り戦略を探る ㊤ 展望編「元の状態には、戻らない」~経営統合、M&Aも視野に~

数十年に一度の大きな混乱が生じた場合、大事なことは「決して元の状態に戻ることはない」と考えることである。 巷では、新型コロナショック(パンデミック)のニュースで溢れており、待望であった東京オリンピックの1年延期も決定され、日本(特に東京都)における感染はいよいよ第二の波を迎えようとしている。そして、日本以上に、米国やイタリア等の欧米諸国の感染の広がりは日々激しさを増している。政府や各都道府県の首長が、在宅勤務や外出自粛を要請している中で、私自身もすっかり会食の機会も減り、自宅等で今後の経済や事業戦略を熟考する時間が増えてきたが、皆様も同じ状況ではなかろうか。 この記事では、人口減少による「労働力人口の不足」及び「消費市場の縮小」、そして「マイナス金利」といった三重苦を抱える地方銀行のビジネスが、新型コロナショック後の混迷の時代にどのように変容していくのであろうか、について考えてみた。

5

村上春樹さんから学ぶ経営⑤君から港が見えるんなら、港から君も見える

今回は、「差異化」について深堀りしていく予定でした。が、その章は後回しにしまして、第4回「危機と指導者」で言及した「心」(そして利益)について、もう一度取り上げてみたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中